私、大門正明、デビューして40年を超える俳優。これまで演じた役は二枚目三枚目、犯人、刑事、時代劇、現代劇、数知れず。しかれども学生時代に巡り逢うた演劇への敬愛と夢は未だに覚めやらず。還暦を過ぎて、己は未だ演劇青年のつもり。

 ところで、私は俳優の他にもう一つ生業として経済誌(カンパニータンク)のインタビュアーを30年以上やっている。これまで対談した社長は五千名を超える。雑誌社(国際情報マネジメント)からギャラを頂き社長と対談するのだがコレが面白い。対談を通じて今まで五千名の社長さんの生き様を垣間見てきたことになる。相手は色々な職種、老若男女、の社長さんである。本に出る理由も各々違う。会社を創立したばかりで、将来のビジョンを本にし、文字にして残す為に取材を受けた社長。私は何名か社長さんと時を経て再会して再度の対談をした経験がある。神奈川で会った塗装業の社長さんとは独立したばかりの時、自宅と事務所兼用のアパートで対談した。周りで小さな男の子が二人走り回っていた。10数年後、自社ビルの社長室で再会した時、走り回っていた二人の男の子は大人になって社長の両脇に社の幹部で座っていた。昔の対談記事が載っている本が、私の書いた[仁輔友以]の色紙と一緒に社長室にありました。彼はかって本で語ったビジョンを実現させていたのです。二度目の対談では二人の息子さん達に将来実現させるべき夢を再び本にする為語っていただいた。私にとって良き思い出の対談でありました。

 会社を次の世代へ引き継ぐ時、次世代へのメッセージを本にする為に取材を受ける社長さんもいた。
世間に一言物申そうと本に載る為、取材を受けた社長もいた。
対談の中で自社の製品をアピール登場させ、その記事を広告宣伝の材料にする為に取材を受けた社長さんもいた。

 取材を受けた理由は様々。
本として形にする時は勿論それなりの費用が社長さん達の負担になる。分かり易く言えば、社長さん達の社長さん達による社長さんでなければ載る事の出来ない本の共同出版のお手伝いをしているような感じ。でもそこには出会いがあり、ドラマもある。
明日はどんな人物に出逢えるのか。

一期一会。
人は面白い。
人生は面白い。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-22 13:15:30

ハムレット

テーマ:ブログ
夏至の日に往復250kmの独りドライブ。
武田信玄と息子勝頼の墓参りをしてきました。
山梨甲府まで今回の芝居の主人公達に礼を尽くしに参ったのです。
ハムレットを武田勝頼に見立てての芝居。
今の武田家の当主の方が案内してくださいました。
信玄の墓と違って悲劇の息子勝頼の墓石はひび割れ欠けてチョッピリ寂しかったかな。
現地で落ち合い同道した演出家は寂しい墓に花を手向け、良き芝居作りを誓っていたのでしょうか。
勝手にハムレットを武田勝頼にしてしまう赦しを乞うていたのでしょうか。

もう直ぐ稽古が始まります。

芝居作りはお祭り。

祭りだワッショイ。


信玄31才の時に作られた等身大の武田不動(恵林寺)。
特別(案内人は武田様)に手が触れる所まで入れて頂きました。
恐れ多くて触れる勇気はありませんでした。



正明
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-19 14:39:11

友よりの便り

テーマ:ブログ
「同い年の友人からの便り…我がブログに添付掲載致し候。」

猫の額程のベランダに 100均で買った支柱と網を張り、ゴーヤと朝顔の苗を植えた。
その横に大葉とパクチーの苗。
毎朝(と言っても昼近い が)それを眺めながらコーヒーを飲むのが日課だ。
災害や病気に苦しみ頑張っている友人、舞台に汗している友人、小説を書いている友人、紙芝居を語っている友人、手話の通訳検定をとった友人、化粧品の営業に泣く友人、引きこもりの子を持つ友人、社会の不正に立ち向かう友人。

『友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て妻としたしむ』啄木

一緒に親しむ妻もなく、 友が皆我より偉く見ゆる日が続いている。


「我が自慢の友よ。貴方の文を勝手に人目に曝せし事。お許しあれ。」

正明
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-04-27 20:32:41

終焉!?

テーマ:ブログ
時を経て何度となく読み返す愛読書?に
《自我の終焉》(J:クリシュナムーティ著)がある。
30年以上前から手の届く場所に置き、折りに触れて開くのだが長い時間は読めない…つまり私大門にとっては面白くない…それなのに常に枕元にある本、不思議な本である。
インドの偉人の思想に翻訳者の力を借りて触れてみるのだが…未だに絶対自由への道には程遠い自分が居る。

終焉の文字は同じでも…男の子も60代半ばを過ぎると寂しいモノである。
生業にしていた仕事(俳優)は減って、その分、人との接触も減ってくる。
人間は本質的に群れるモノ。
よって年をとり寂しい思いを強いられる。
だが私の場合は俳優以外に会社を起こして、今もそこには若い仲間達が存在しているのだ。
創業者としても年齢からしても、仲間を若者を指導しなければならぬ立場に居るのだが…我が輩は如何なものであろうか。
最近、戦後我が国で優れていた宰相として田中角栄が話題に上っている…
彼の言葉に
「優れた指導者は人間を好き嫌いはしない。能力を見分けて適材適所に配置する。肝心なのは大事を任せられる人を見つけることだ。」
がある。

ホントに全くその通りだ。
身に沁みて、心して拝聴仕る言葉である。

話は変わるが、今、人生何度目かに読み返している本は…
9月にやる予定の芝居《ハムレット》。
私大門はハムレットの年齢ではない。
私の役はデンマーク国王クローディアスだ。
物語はデンマークではなく日本、戦国時代、甲斐の国。
芝居は遠征先で武田信玄が火縄で撃たれる場から始まる。
ハムレットは信玄の息子武田勝頼、クローディアスは信玄の死を隠し影武者になる信玄の弟、武田信兼である。

乞うご期待!

正明
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。