私、大門正明、デビューして40年を超える俳優。これまで演じた役は二枚目三枚目、犯人、刑事、時代劇、現代劇、数知れず。しかれども学生時代に巡り逢うた演劇への敬愛と夢は未だに覚めやらず。還暦を過ぎて、己は未だ演劇青年のつもり。

 ところで、私は俳優の他にもう一つ生業として経済誌(カンパニータンク)のインタビュアーを30年以上やっている。これまで対談した社長は五千名を超える。雑誌社(国際情報マネジメント)からギャラを頂き社長と対談するのだがコレが面白い。対談を通じて今まで五千名の社長さんの生き様を垣間見てきたことになる。相手は色々な職種、老若男女、の社長さんである。本に出る理由も各々違う。会社を創立したばかりで、将来のビジョンを本にし、文字にして残す為に取材を受けた社長。私は何名か社長さんと時を経て再会して再度の対談をした経験がある。神奈川で会った塗装業の社長さんとは独立したばかりの時、自宅と事務所兼用のアパートで対談した。周りで小さな男の子が二人走り回っていた。10数年後、自社ビルの社長室で再会した時、走り回っていた二人の男の子は大人になって社長の両脇に社の幹部で座っていた。昔の対談記事が載っている本が、私の書いた[仁輔友以]の色紙と一緒に社長室にありました。彼はかって本で語ったビジョンを実現させていたのです。二度目の対談では二人の息子さん達に将来実現させるべき夢を再び本にする為語っていただいた。私にとって良き思い出の対談でありました。

 会社を次の世代へ引き継ぐ時、次世代へのメッセージを本にする為に取材を受ける社長さんもいた。
世間に一言物申そうと本に載る為、取材を受けた社長もいた。
対談の中で自社の製品をアピール登場させ、その記事を広告宣伝の材料にする為に取材を受けた社長さんもいた。

 取材を受けた理由は様々。
本として形にする時は勿論それなりの費用が社長さん達の負担になる。分かり易く言えば、社長さん達の社長さん達による社長さんでなければ載る事の出来ない本の共同出版のお手伝いをしているような感じ。でもそこには出会いがあり、ドラマもある。
明日はどんな人物に出逢えるのか。

一期一会。
人は面白い。
人生は面白い。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-28 19:53:14

早慶戦

テーマ:ブログ



11月23日は秩父宮ラグビー場で早慶戦。
例年の事。
名物外苑の銀杏並木が最も美しく色づく時だ。
今年は25対23で早稲田が勝利した。
慶應のミスで勝たせてもらったような試合であった。
どうも、己が若き頃は今の現役達よりもっと上手な選手だったような気がしてならない。
事実は決してそうではなかったであろうに…
年をとるというのはそんな傲慢不遜身勝手なことなのかもしれない。
共に写る同期の写真に半世紀の時を思い知らされる。
背番号12の沼知、13の松尾は気の早い奴らで今はもう彼岸にダイビングトライしてしまい、早慶戦の日に同期に決して一同に会することはない、否、きっと2人は空の上から共に観戦していたであろう。
12番13番は星になったが、因みに私大門は背番号14番である。

50年前の若かった季節。
場所は秩父宮ラグビー場。
緑の芝生に走り、ぶつかり、共に闘った仲間が…
写真の中で色づいた銀杏の如くに写っている…。

 
 



正明

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-09-27 11:59:11

男子会

テーマ:ブログ



9月20日 後ろの空を見て下さい。台風です。

場所は家から130km離れた茨城のCC.ザ.レイクス。遠いゴルフ場迄朝早くから起きて台風の中を気が狂ってると周りから罵倒されながら集まった仲間達であります。プレーの間だけ雨が止んでいたツイテルツイテルの仲間であります。台風故にゴルフ場はガラガラ、ツイテルツイテルの仲間達であります。賞が出ました。ドラコン賞が1本ニアピン賞が4本。私大門はドラコン賞とニアピン賞を3本獲得(びっくり)これで何で優勝ではないのでしょう?私は7人中4位、ちょうど真ん中の順位。ゴルフはハンデがありますから。私は家族としかゴルフはやらないのですが。台風の日の仲間とのゴルフ、とてもとても楽しかった。仲間とのゴルフ、又、参る事に致しましょう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-10 12:04:56

ブランド(誇り&精神)

テーマ:ブログ
ブランドとは何ぞや?
生まれて10年以上存続する会社は数%しかない。
創業12期目は頑張っていると言ってよいのではなかろうか?
人は増えたが…イヤイヤ人数ではない。
少人数でも創業者は小さな巨人を目論んでいた。
現実は厳しくそうはいかぬ。
頭数だけ増えているが今も会社は小さな巨人ではない…。
ソロソロブランドを意識するべきか。
同じ社名の下に同じビジネスを提供し続けて10年以上が経っている。
これは数%の確率を勝ち取って来た誇るべきブランドへの可能性と捉えてよいのではないか!?
たが、ノイジーマイノリティが生じている…。
どこにでも何にでも生じる現象だが…。
それらへの対処の為に諸々変化しようとの意見がある。
大義とは何ぞや?
精神と誇り。
創業者はプライドとスピリッツを合わせ持った社員にブランドの創作構築を是非に望む!!。
己に誇りを持った者にしかブランドの構築は出来ない。
変化する種は最強!!だが変化とは社名を変えたり商品名を変えたりする事ではない。
各々のポジションと立場において誇りを伴ったクオリティーへの日々の努力。

創業者はそう信じている。

正明
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。