学生団体eat_happy ~食から農の魅力を伝えるイベント集団~

「おいしいものを食べれば、誰だって楽しい!」
eat_happyは食から「楽しい」を繋げていく団体です。 
各種イベント参加者募集中!twitterアカウント→eat_happy_pr


テーマ:

みなさんこんにちは!

数日前に風邪ひいていた小畑です。

季節の変わり目、ルルと玉子酒が手放せなくなりそうです(笑)

 

☆大事なお知らせ☆

半年近く読んでいただいたeatの日曜農ブログですが、このたび10月よりタイトルも内容も一新して再始動しようと検討中です。

新しいeatブログを、改めてよろしくお願いいたします。

 

さて、今週はこれからが旬のコマツナについてです。

 

◎コマツナのプロフィール

コマツナは、東京都江戸川区の小松川近辺で品種改良されたことが名前の由来です。

古くから関東で栽培さてましたが、今では関西にも広がり全国区の野菜です!

 

最近は一年中栽培・出荷されていますが、本当の旬は冬の寒さに当たったものです。

 

 

◎コマツナの栄養

βカロテンやビタミンK、ビタミンC、カルシウムやカリウムなどを豊富に含んでいます。

ホウレンソウとよく比べられますが、βカロテンはホウレンソウより4倍も多く摂れ、ビタミンCも、コマツナは生で食べられることから結果的に多く摂れるとされています!

 

 

◎たかがコマツナ、されどコマツナ

みなさんは、コマツナとホウレンソウどっちが好きですか?

癖のないコマツナと筋張りを感じないホウレンソウとで意見が分かれると思います。

 

では、コマツナの筋張る感じは一体どこに原因があるのでしょうか。

なんと、その原因は人間にあります。

 

昔、コマツナは茎が弱くすぐに折れてしまうため、長距離の輸送には向いていない野菜でした。

しかし、遠くまでおいしいままで運びたい!というのが人間の欲。

輸送方法が大きく変わらないなら野菜の性質を変えてしまおう。

そんな発想だったんじゃないかと思っています(笑)

 

あるとき、コマツナとチンゲン菜やタアサイを交配(受粉)させて茎のしっかりしたコマツナを作り出そう!

と思った人が、実際にやってしまいました。

その効果で、袋に入れて運んでも茎がしっかりしている「コマツナ」が完成しました。

 

 

◎おいしい昔のコマツナを食べるには?

今市販されているコマツナは、種子も青果もすべて改良された品種です。

なので、自分で育てるためにはネットで種子を買うしかありません。

 

実際に買って育てたことがあるのですが、土が悪くてあまり大きく育ちませんでした。

少し違うかな???程度の感じになってしまったので、今度余った種子で立派な小松菜を育てます!

みなさんも、プランターで簡単に育てられるのでぜひやってみてください!

 

eatのSNSもよろしくお願いします。

twitter

facebook

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんこんにちは!

宮崎で人の温かさと大自然に触れてきました、eat_happyの小畑です!

 

日曜日に、お世話になっている農家さんでイベントをしたのですが、その帰りが思いのほか遅くなってしまいました…

今回は月曜日午前0時半の更新になります…

 

さて、先週のハクサイに引き続きクルクル結球する野菜、キャベツについて書こうと思います。

 

◎キャベツのプロフィール

キャベツはヨーロッパ出身の野菜です。

古代ローマやギリシャでは、胃腸の調子を整える薬草として育てられていました。

 

日本には幕末に入ってきました。

当時は外国人居留地で育てられ、日本人が口にすることはなかったそうです。

その後、北海道や軽井沢で少しずつ普及してきたのですが、日本人にはまだまだなじみの薄い野菜でした。

 

では、今のように当たり前の野菜になったのはいつだったのでしょうか?

転機は戦後でした。

食料増産と食の洋風化に伴ってキャベツの需要が激増し、1980年代にはダイコンとほぼ同じ生産量(キャベツ130万トン、ダイコン180万トン)にまでなりました!

 

 

◎キャベツの栄養

ます、キャベツと言ったらビタミンC!

日に当たるとできる成分なので、外側の葉っぱのほうに多く含まれます。

およそ3枚で成人の一日摂取量が摂れます。

 

食物繊維もキャベツの代名詞的成分ですね。

しかし、含有量は意外と多く無く、ピーマンやニンジンより低い可食部100gあたり1.8gです。

 

ほかに、キャベツに多く含まれているのはビタミンUという成分です。

ビタミンUは別名「キャベジン」と呼ばれ、胃液の分泌を抑え、粘膜を修復する効果があります。

胃腸薬にも配合される成分なので、古代ローマで「薬草として」栽培されたのも納得です。

 

 

◎面白いキャベツたち

「キャベツ」と一口に言っても色・形・大きさが様々です。

 

ところでザワークラウトって知っていますか?

ドイツの家庭料理で、キャベツを乳酸発酵させたものです。

そのザワークラウトに長らく使われている品種が、「フィルダークラウト」です。

 

てっぺんがとんがった珍しいキャベツです!

ちなみに今年の春育てて、見事虫にやられました…

 

札幌大球甘藍…巨大!なキャベツで、北海道で加工用、家庭用に盛んに栽培されていたのですが、核家族化とともに消費量が少なくなり、今では食べ切りの小さいキャベツに押されてしまっています。

 

毎週書いてて思うんです。

珍しい色の野菜はカラフルで目に楽しいな、って。

でもキャベツの場合、紫キャベツが一般化しすぎて珍しさがそこまでないデスネ…

pHの実験で使ったりもするそうですね!

 

 

 

◎春キャベツっておいしいけど、何が違うの?

柔らかくておいしい春キャベツ。葉がしっかりしていて、煮ておいしい秋冬キャベツ。

どちらも季節の味ですよね。

 

実はこの二つ、育てるうえで大きな違いはありません。

春用の品種でも、秋冬収穫できるものが多いからです。

 

気候による変化だと思うのですが、春キャベツは甘味が強く、結球が緩いのが特徴です。

一方、秋冬のキャベツは寒玉と呼ばれ、ぎっしり強く結球しているのが特徴です。

寒さに耐えるために強く巻いて春を待ちます。

 

◎小畑の失敗談のコーナー

キャベツはいろいろな病気にかかります。

多くは雨ではねた泥と、虫に食われた跡から感染するので、しっかり対策しておきます。

しかし今年は、虫対策はしたものの泥の対策をしていませんでした。

すると、キャベツの葉の付け根が白くなりはじめました。

 

ヤバい!と思って根っこから引き抜き、外の葉をはがすと真っ白に!

カビの胞子に感染した、菌核病かなぁと思いながら泣く泣く、適切に処理しました…

 

 

これから寒くなって、野菜が糖分をため込み始めます。

お野菜も人間も病気に気を付けて過ごしましょう!

 

eatのSNSもよろしくお願いします。

twitter

facebook

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは! eathappyの小畑です。

私は今、なんとeatのファームステイで宮崎に来ています!

宮崎と言えば…キュウリ、ズッキーニ、サトイモが収穫量の全国シェアNo1!



でも、今回は全く関係ないハクサイについて書きたいと思います(笑)





◎ハクサイのプロフィール



ハクサイは中国原産の野菜といわれています。

北の方からカブが、南の方からチンゲンサイがやってきて、受粉した結果ハクサイになったそうな…

その当時は今みたいにぎっしり巻く性質はなく、葉っぱが開いたものを食べていました。



◎3種のハクサイ…あなたはどっち派?



ハクサイにはしっかり巻く(結球する)タイプ(結球ハクサイ)

ちょっと結球するタイプ(半結球ハクサイ)

なんとまったく結球しないタイプ!(不結球ハクサイ)

の3つがあります。

ちなみに、一番初めの白菜は不結球ハクサイで、品種改良で徐々に結球するようになったそうです。





◎珍しいハクサイ!



愛知白菜…結球ハクサイで、不結球ハクサイから改良されました。

長崎白菜…半結球ハクサイで、長崎の雑煮には欠かせない食材です!
長崎ハクサイ_長崎市

オレンジクイン…中があざやなオレンジ色!の白菜です!なんと生で食べられる…らしい…
オレンジクイン_タキイ




◎なんで「白菜」って呼ぶの?



スーパーで見かけるカット白菜。

なんとな~く中の葉が、全体的に黄色っぽくないですか?

実は、昔の白菜は中の葉が白かったので「白菜」と呼ばれていました。

それがいつの間にか。「黄色い方がおいしそう」と種子のメーカーが考えて、黄色い白菜をおいしい種類!として売り出しました。

そこから黄色いハクサイがブームになり、昔ながらの白いハクサイが姿を消していきました…



◎黒い点は食べてもいい!?



白菜の芯に黒い点があるのをよく見かけませんか?



あれは「ゴマ症」といって、育つときにある種の栄養が多すぎると起こりやすいと言われています。

土に栄養が多すぎたからと言って人間が摂れる栄養が多くなることは(たぶん)ないですけどね(笑)



家族や友達がゴマ症を取り除こうとしたら止めてあげてください。

ほぼ取り切れないですから…



◎小畑の失敗談のコーナー



実家が雪の降る地方なのですが、ハクサイは雪の下でもしっかり生き抜きます。

なので、毎年育てている野菜の一つです。



ハクサイは肥料養分をたくさんため込んでずっしり重い球になります。

ある年、肥料を変えてみた年がありました。

肥料によって効き方が違ってくるので、様子を見るため少し少なめに使ったのが失敗の原因。

その年のハクサイは、本来なら結球する品種なのに全く結球せず、ヒドイできになってしまいました…



みなさんが育てようと思った時には、肥料を多めに入れると良いと思います!

それでは、引き続き夏のファームステイ楽しんでまいります! ありがとうございました!





eat のSNSもよろしくお願いします。

twitter
facebook
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。