「デンマークの認知症ケア 医療・ケアサポート最前線」が29日午後1時半から、東京都港区虎ノ門のニッショーホール(日本消防会館)で開かれる。

 基調講演はバンク・ミケルセン記念財団理事長の千葉忠夫氏による「社会福祉国家デンマーク」など。シンポジウムでは、デンマークの家庭医、認知症コーディネーター、理学療法士らと新田國夫・新田クリニック院長が「認知症医療・ケア連携の現状とこれから(仮題)」と題し、両国の現状と課題を語り合う。

 参加費3000円。申し込みは20日までに、氏名(ふりがな)、職業、所属先、電話番号、FAX番号かメールアドレスを明記し、FAX03・3986・8172か、Eメール(cs-sc@mx3.alpha-web.ne.jp)で「地域生活サポートセンター」まで。先着700人。問い合わせもFAXかメールで。

【関連記事】
医療必要な要介護者 病院も特養も行き場なし
もっと気軽にお寺へ エクササイズや高齢者支援
若年性アルツハイマー病「もの忘れ」の頻発は要注意…専門外来へ
認知症の運転中止 家族向けマニュアル作成
就労デイサービス 仕事で意欲、生活改善も
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

米軍ゴルフボール飛び出し、防衛相に対策要請(読売新聞)
首相動静(6月12日)(時事通信)
両陛下、陶磁器試験場に(時事通信)
コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取  (産経新聞)
引っとらえびせん、どうぞ=振り込め電話「お菓子いぞ」―警視庁(時事通信)
AD