フクロウを見て感じたこと(^^)

テーマ:
先日”フクロウ・カフェ”についてブログに書きましたが、現在都内で”フクロウ・カフェ”は人気上昇中らしく読者たちからそれなりの反響がありました(^o^)

前述の如くフクロウは猛禽類と呼ばれる、どちらかというとどう猛な肉食の野鳥なので、ペットとして鑑賞するにはやや気が引けます(>_<)

ところがフクロウは、ネズミなど小動物を捕食するのは一日一度お腹が空いたときだけで、あとはじーっと木の上でたたずんでいます(^_^;

このカフェには10匹程度のフクロウがいて、一番目立つ場所には我々がイメージするいかにも”フクロウ”らしいフクロウたちがいました。

そして貫禄あるいかにもフクロウらしいフクロウたちの横に下写真のような、ちょっと個性的なルックスのフクロウたちもいました(^^)

そして僕は人気があるのはこの典型的なフクロウらしいフクロウたちよりむしろ、下写真のようなユニーク個体であることに気づいたのです(・o・)

と申しますのも、僕はこの”フクロウ・カフェ”で最初はフクロウたちを一通り見回したましたが、すぐにフクロウたちよりもむしろ、フクロウたちを観察するお客さんたちを観察し始めたのです(^_^;

驚いたことに典型的なフクロウにほとんどのお客さんたちは一瞥を与えるもののほとんど興味を示さず、それよりも下写真の滑稽ルックスのフクロウに強い関心や愛着を示したのです(・o・)(・o・)

これを我々の世界に例えると、僕たちはモデルさんや芸能人のような”完璧ルックス”の人達に憧れますが、それは映画やテレビなどの仮想現実(バーチャルリアリティ)の世界であり、現実の生活にそんな”完璧ルックス”の方が表れたら気が休まらないし、若干距離をおいて接しようとするでしょう。。(>_<)

人間社会でも”完璧ルックス”よりむしろ愛嬌があって、ちょっと個性的なルックスの方がずっと一緒にいても飽きにくく、その個性的ルックスを見ているだけでも心が弾むのではないでしょうか?

という訳で人間も下写真のフクロウ同様、”完璧ルックス”よりちょっと滑稽な方が人気があるという事実を知れば、むやみやたらに”美人”や”ハンサム”を羨ましがる必要はないと僕は喜んでいます\(^O^)/
{3FBC94A9-E43A-4C49-ACF5-9ABBF66B4581}

AD