放射線の有効利用

テーマ:ブログ 2012-06-22 00:29:44
アメーバピグ スナップショット



先日、お母さんの友人が「乳がん」の手術を受けた。

結果は無事に成功!ニコニコクラッカー

早期発見が功を奏し、腫瘍は小さかったようだ。

ただ、再発や転移の可能性もあるので、当分は抗がん剤や放射線治療を施すとのことひらめき電球

医療の分野で“放射線”は、有効に利用されている。

が、しかし、

1回の照射で、0.05~0.15ミリシーベルトの被曝があるのは事実ではある。


う~ん・・・

難しいところではるが、やはり定期的に


ポルノグラフティー“ マンモグラフィー”を受けた方が良いらしい。^^;




♡「乳房」+「撮影」=“マンモグラフィー”といふ言葉が造られたそうだクラッカー

私の“大きさ”では、「板」に挟まりそうにないからしょぼん

JOYさん女医さんに診てもらいたいわ!べーっだ!合格
(特に、産婦人科医病院で男の先生はアリエンッティー!www(@_@;)汗。。。)


AD

コメント

[コメントをする]

1 ■医者なんて嘘つき

ってのが持論だったんだが、少々困った事態になってる。というのも医学博士先生とメル友だからだ。
連絡ない時は無いんだが、PC関係の相談には一番で相談してくるし、焼肉食してもらう約束もしてる。

で、医者は人間って事。神様じゃない。優れているのは医療検査機器と精度とマニュアル。
医学だって進化してるのだから、大学で習った論理なんか180度変わるんだから、医者より自分の病気をネットで調べた患者の方が博識だ。

医者も人間だ、だからパチンコで負けたからワザと健康な他人に癌と宣告して臓器密売にしてても、発見されない。

医者にかからないか、信用できる医者を作るかである。

私も、下半身の病気を看護婦や女医には見せたくない、産婦人科は女医のみで良いと思う。

ごめんなさい。嘘です。看護婦や女医に見せたいです。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード