ゆるされざるもの

須磨の海と空・365日

お知らせ


<テーマ>


1.ゆるされざるもの・・・日記のようなもの。定点撮影、須磨の海と空の写真。


2.映画・・・映画のレビューです。



 Webサイト:Shunji Takahashi Photo Gallery


テーマ:
 昨日、AKBの総選挙があった。普段彼女たちに注目しているわけでは無いが、この日ばかりは気をそそられる。順位の行く末も気になるが、どんなスピーチがなされるのか、そこに関心の中心がある。同じような人は少なくないようで、AKBなんてほとんど興味の無い人が、翌日職場でスピーチ内容を話題として取り上げていたこともあった。
 今年は、気持ちの余裕もあまりなくて、あらかじめ観る予定にはしていなかったのだが、食事の時間と重なってチャンネルを合わせた。10位から見始めたが、印象に残ったのは二人。8位の島崎遥香が去年までとは違った雰囲気で、成長したのだなと思わされた。ぶつかる子ほど、多くを学ぶ。折れたり、退場させられたりしなければだが。7位の須田亜香里の深い内容には、今回一番心打たれた。幸せそうな笑顔がまぶたの裏に焼き付いた。

 彼女たちのスピーチももちろん印象深かったが、しかしそれが吹っ飛んでしまうほどの強いスピーチに出会った。テキサスの高校で、卒業生が行ったものだ。CNNのサイトに載った記事。彼の地では話題になっているようだが、日本のサイトでは、取り上げられているのを見かけなかったので、ここで紹介することにした。日本では、若い人がスピーチするのを目にする機会は、それこそAKB総選挙くらいしか無いが、アメリカではわりと日常的なことのようである。高校や大学の卒業式でも、選ばれた卒業生代表が数人壇上に立ち、それぞれスピーチを広げるという習慣があるようだ。しかし彼女のスピーチはその中でも、異例のものだったようだ。

記事はこちら。いつまであるかわからないのでお早めに。
http://edition.cnn.com/2016/06/10/us/texas-undocumented-valedictorian-trnd/

臨場感を味わいたい方はビデオでどうぞ。記事からもリンクがあるが、こちらだと彼女のスピーチだけが見られる。それと、コメントから賛否両論あることもわかる。
https://www.youtube.com/watch?v=WsC5fHwo7lQ

 彼女はスピーチで、自身がan undocumented immigrantであることを打ち明けた。英語を直訳すると、証明書類を持たない移民(彼女の場合メキシコからの)ということである。私の知識は拙い。スピーチだってちゃんとは聞き取れていないし、そもそもundocument immigrantとillegal immigrant(違法移民)がどう違うのか、それともどの程度に同じなのかよくわかっていない。しかし、それが公に認められた存在ではないことは確実だ。それを、堂々と同級生や来賓の前で、あるいはビデオを通して全米に宣言した。
 アメリカにはあからさまな差別がある。ドナルド・トランプが「メキシコとの国境に壁を作る」、しかも「メキシコに金を出させる」と選挙戦で突拍子も無いことを宣言し、しかしそんな発言をする彼が、共和党員の強力な支持を受け、大統領選における党の代表候補者となる国である。とりわけ保守の勢力の強いテキサスで、恐らくこれまでにも様々な差別を肌に受けてきただろう。公にするなら今しか無いと覚悟した、その切迫した感じは、映像からでも伝わってくる。
 もちろん全体的にすばらしい内容だったが、個人的には、学校が安息の場所(haven)になったという、その表現に打たれた。自分にも似たような経験がある。それが重なったのだ。インターネットが無くても、洗濯機が無くても(朝から晩まで働くシングルマザーの家庭で妹の面倒を看るなど、家では家事を相当手伝っていたようだ)自分自身のベッドを持って無くても(ベッドルームは家族三人で一つだったらしい。日本では珍しくないが)、学校では勉強することができた、図書館に感謝しているという彼女とはまた違う理由ではあるものの。私の場合、偏見に足を引っ張られること無く人々と自由に交流できたのが、35歳で入った大学だった。日本には、アメリカと同じようにはっきりわかる人種的(例えば朝鮮人に対する)差別もあるが、それとは違った、もっと目に見えにくい隠微な形の差別がある。大学で私は羽根をもらった。2年で170以上の単位を取った(編入学における認定分の50単位あまりを除いて)。だけでなく、深夜のアルバイトをしながら、拙いものだが写真で3回も個展を開いた。年齢的に色眼鏡で見られることも少なくなかったにせよ、それは比較的穏やかなもので、毎日のように新しい知人ができた(悲しいことに少なくない若い学生達が、その特権に気づかず享受せず、灰色の日常を送っていたようだが)。夢を見ているように素晴らしい期間だった。いや、それはもしかしたら彼女と同じ形なのかもしれない。ある種の記号によって分類され、偏見にさらされる者にとって、学校が安息の地となることは。そしてだからこそ、その場で他の者とは異なる羽ばたきをすることができる。もちろん彼女が卒業生代表[valedictorian]になったということは、トップクラスの成績を収めたことをも意味しているのである。
 このところ、先の見えない状況、いろいろと行き詰まっていた。しかし、子供のような年齢の彼女のスピーチに、勇気をもらった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

6:37 f8・1/2 60 0℃

0℃以下は、先月末の寒波以来。冬が最後に力を振り絞った。そんなに頑張らなくてもいいのに。光の春は、もう既に来ている。
太陽の上に柱が立った。今回400日あまりの撮影を通して、一番くっきり出た太陽柱かもしれない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

6:40 f8 8 4℃

昨日と2℃しか違わないとは思えない寒さ。風がそれほどあるわけでも内。体調が悪いわけでもなさそうだ。それらとは違う寒さの素のようなものがあるのかもしれない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。