縁結び出雲の子宝ブログ~『こころ』と『からだ』の悩みを解決する しあわせ女子のための処方箋~

婦人科漢方専門・子宝のスペシャリスト 堀江昭佳が、西洋医学、漢方、心理学の3つの視点から、こころとからだの悩みを解決する方法をつづります。
「からだを整えるとこころが整い、結果的に夢が叶う」
1万人の夢を叶えるために、がんばっています。


テーマ:

シリーズ
『人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。』
その1
その2
その3
その4
その5


なんだかこのシリーズも長くなってきたけど、結局いいたいことはなにかというと。

タイトルの通り

『人間は一夫一婦制の生物ではない。』

ということ。
そして、その先にあるのが「自分を大切にしたらいいよ」ということなんだよね。

人間の自然な感情を社会的な制度で無理やり形作ってしまったものだから、「結婚」に無理がきてる。

結婚も
浮気も
不倫も
離婚も

人間の社会、それも農耕文明が発達していくなかで作られてきた言葉でしょう?
もともとの生物としての人類が本能として持っているものではないから。



そもそも結婚って?


ヒトという生物は集団の中で生きるように進化してきた。

金八先生の

「人という字は支えあって生きている」

じゃないけれど、
人間は集団を作る中で進化をし、コミュニティの中で互いに支え合うことで生きる生命なんだよね。
みんなで生きていくために、ルールや常識がつくられていくわけだけど、時代時代によって、常識は変わっていく。土地を所有し、畑を作るという農耕が発達した結果、一夫一婦が制度として形作られた。

宗教や、道徳、法律によって結婚が定められてきたのは、それが統治にとってメリットがあったからに他ならない。


そもそも一夫一婦制ができた背景は、所有を盤石にするためだった。
築き上げた資産を子孫に有利に受け継がせていくため。
男性が女性を所有する。
一族がより繁栄するために政略結婚が産まれ、本人たちの意志を無視して「結婚」というものができあがっていく。

『ロメオとジュリエット』なんかを見ればよくわかる。
結婚は、家と家との取り決めごと。

そもそも「結婚制度」は、ひとりひとりのしあわせのためにできあがったものではなかったんだよね。

本人たちの自由な意志に基づく結婚というのは、現代に入ってようやくできあがった価値観。
かつては、さまざまな社会的な制度や因習に縛られてた。



自由恋愛って言葉も、かつて恋愛が自由でなかったからわざわざ作られた言葉だしね。

自分が好きな相手を選ぶ。

いまではあたりまえのように感じることも、「結婚制度」に縛られた時代にはなかった。


でも、狩猟採集時代にはあたりまえだったこと。
動物を見てみるとよくわかる。
例えばクジャク、オスがきれいな羽でメスに一生懸命にアピールして選んでもらう。
好きな相手にアプローチして、好きな相手を選ぶ。


「いいな」と思ったもの同士がくっつく
これが自然なこと。

自由恋愛ができるようになったということは、人間が本来の自然な価値観を取り戻しつつあるともいえる。
だったら、旧来の自然でない「一夫一婦を永続する結婚」という形が崩れていくのも、自然なことなのかもしれない。




自分の気持ちを大切にする。


ひとを好きになったことがある人なら、誰でもわかる。

恋をして、わーーーっと盛り上がっても醒めた経験ない?
その醒め方も、
穏やかな愛情に変わっていくこともあれば、そのまま好きでなくなることもある。



その2でも書いたけど、
脳科学的に見ても愛のシステムには3つあるとも言われている。

1、性衝動
2、ロマンティックな愛(いわゆる燃えるような恋)
3、長年のパートナーに感じるようなやすらぎ(家族的な愛情っていうのかな)。

それぞれ違う。
恋と愛と性衝動はそれぞれ異なるもの。
これを一緒くたにするから、ややこしくなる。

不倫を責める議論を見ていていつも思う。

そもそもお互いに好きなのかな?
裏切られたことに対して恨んでるだけ?
まわりにいるひとが、なぜ直接の利害関係がないのに、あんなに責めるの?

セックスと愛情を混同するほうが下品なんじゃないか?
好きでもなくなった相手と生活のためだけに、一緒にいるほうが不誠実じゃない?




日本の婚姻習慣は、長らく狩猟採集生活をしていた縄文時代の風習が残っていた。
日本の神話を見てもわかるけど、すごく性に対しておおらか。
出雲大社の大国主命なんて、各地に奥さん作っちゃうもんね。

そして、万葉集の時代には、それが色濃くて「対偶婚」と言われてる。

この対偶婚の特徴

1)好きな相手と関係をもつ(特定の相手以外の関係も妨げない)

2)本人たちの気の向いている間だけ関係を継続する


とてもおおらかで、自分の「好き」という気持ちに忠実だったんだなぁと思う。
本来の一夫一婦制って、強制されるものではなくて
相手のことがとても好きで、ずっとずっと好きだったら、結果的に永続する一夫一婦になる。
無理をしない。
自然な形の愛情関係の結果として「一夫一婦制」がある。


それって、すごくすてきだよね。
みんなそれぞれに、自分の気持ちに素直に愛情表現をしてる。


それなのに、現代の「一夫一婦制の結婚」は、社会の道徳や普通の名のもとに、強制するからおかしなことになってるんじゃないかな。


結婚を含めパートナーシップなんて、蓋をあけてみればカップルごとにみんな違う。
表向きは同じように見えていても、中身は違う。
世間の一般的なかたちからずれていたとしても、本人たちの選択だ。


だから、
本人たちの合意のもとで選んだ形こそが正解であって、他者によって判断されるものではない。

ぼくは、そう思う。





おわりに:子宮委員長はるちゃんのこと。

実はね、この一夫一婦制の話を書く時に、はるちゃんにインスピレーションをもらった。


↓  ↓  ↓
『子宮委員長はるの子宮委員会』


彼女の本を読んだり、直接本人から話を聞いた時に、このひとはなんて『原初の人間のあり方』に近いんだろう。
そう感じたんだよね。

そして、それを実践して、世間に向かってオープンにしちゃう彼女に、興味津々だった。


彼女の話をブログに書いたりすると、

「はるちゃんと堀江さんって、なんか全然違って見えて、一緒にいるのが違和感がある」

って言われたりすることもある。
勝手な想像だけど、どこかアグレッシブにみえるはるちゃんと、(たぶん)おだやかにみえるぼくとか、ミスマッチに見えるんだろうな。


わからなくもない。

ふたりの本やブログのトーンも全然違うと思うから。笑
同じように、女性のことを書いてて、こんなにも色が違うのって面白い。
そして、それを一緒に並べて紹介したこの方は、すごいと思う。
↓  ↓  ↓
『女子に読んでほしい本。女性が、女性を大切にするということ。』


この心屋さんのブログ記事がきっかけになって、はるちゃんと直接会って話してみて思うんだけど、彼女には「タブーがない」んだよね。
0ではないかもしれないけど、すごく少ない。

そして、それはぼくも同じだと思う。
タブーがすごく少ないし、思った通りに行動しちゃうんだよね。
きっと。


今回の一夫一婦制のシリーズとかも、いわゆる良識があるひとが読んだら眉をひそめられかねない内容じゃない?
でも、ぼくは世間の普通とか常識、あるいは道徳よりも、本人がしあわせだと思うことや、楽しいと思うこと。
心から望むことを大切にしたらいいと思う。

そして、書きたいから書いちゃう。
そういう意味で「タブー」が一般的な感覚よりもはるかに少ないと思うんだ。


「自分を大切にする」というのは、そういうこと。
自分の心の声に耳をすませて、すなおに行動するということ。


はるちゃんのいう「子宮の声」や、ぼくの「血流を整えることで心が整う」という考え方は、形は違っても同じようなことを伝えてるんだと、勝手にぼくは思ってる。


今回の『「人間は、一夫一婦制の生物である」←うそだよ。』を面白いと思った方は、ぜひご一読をおすすめする。
そのまんまのひとがここにいるから。笑
↓  ↓  ↓
『願いはすべて子宮が叶える』






そうそう、最後に。
必ずしもぼくが言うことが正しいとは思わない。
人によっては不快に思う人もいるだろうし、
違うと思ったり、あわないと思うひともいるだろうから。

それならそれでいいと思うんだよね。
だって、自分にあう考え方を求めればいいと思うから。


ただ、いま世間の「普通」や「常識」でしんどい思いや、つらい思いをしてるんだったら、その檻をはずしてみたらいい。

それが、もしも「結婚」ということであるならば、

本来の人間のもっていた形は違うんだよ。

ということを少しでも伝えれたのなら、ぼくはすごくうれしいな。



おしまい。



☆『血流がすべて解決する』☆
3月10日にサンマーク出版さんから、はじめての著書『血流がすべて解決する』が発売!!! 
現在13刷8万部!
↓  ↓  ↓
『血流がすべて解決する』公式サイト


☆女性のためのぽかぽか薬膳茶☆

「血」を大切にする婦人科漢方理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるこころとからだを整えるとっておきのブレンドティー。子宝はもちろん。女性のバランスを整えるためにおすすめ!

↓   ↓   ↓
縁結び出雲 女性のための薬膳茶




☆しあわせ運ぶ風水薬膳茶☆
生年月日と体質から自分にあった薬膳茶を選べる。
女性のための心と体を深く知る講座が全国で開催中。
↓  ↓  ↓
日本漢方薬膳協会の風水薬膳茶講座






いいね!した人  |  リブログ(4)

テーマ:


13刷8万部になった『血流がすべて解決する』!


地元、出雲の今井書店さんではこんなにたくさん並べていただいて!涙


みなさんのおかげで、どんどん広げていただいて!
それとともに、うれしい報告も広がってる!

感謝ですー!!!



先日紹介させていただいた、ウォーキング部のママさんのお話
↓  ↓  ↓
『とてもうれしいこと。』

ブログを読まれたご本人、今津かおりさんからメッセージが^^

堀江先生、Blogに取り上げてくださり、ありがとうございます(^^)
そして、繋いでくれた友人のゆっぴーに感謝します!

私たちの幼稚園のママは、自然派のママが多く、いつも自分の体に真摯に向き合っています。
みんな、40代前後です。何かと、不調を抱えています。笑

堀江先生の本を読みながら、
ウォーキングしたり、ノートに体調の変化を記録して、
報告しあったり、みんな、ワクワクと楽しんでいます(^^)

(ちなみに、私は、ウォーキング部に参加する~!と表明して、まだ参加できていないのですが…。公園遊びで歩いてます♪)
ウォーキングができない日も、お弁当を作りながらかかとの上げ下げをしたり、ふくらはぎを鍛えています。


「実践」するか、しないか。
そこの壁は大きいと思います。

その壁を越えて、実践を継続できるのは、やっぱり仲間と楽しく♪ということが、ポイントになるなぁとつくづく感じています(^^)


実践してのママ友仲間の感想ですが、

「夜断食の効果はすごい!朝からの体の軽さが違う!朝からお腹がすいてるなんて、いつぶりだろう?」

「立って行う呼吸や、夜寝る前の完全呼吸をすることで、体がしゃんとして姿勢がよくなった。」



これからも、ママ友たちで、楽しく、緩やかに、実践していきたいと思います(^^)

わかりやすく、その気にさせてくださる素敵な本を書いてくださり、本当にありがとうございます!!


めちゃくちゃうれしいんですけど~!

本当に、実践するかしないかってすごく違うから、なにかひとつでも行動に移してもらえるひとが増えてくれたら、うれしいなー!^^



さらに!
京都でのランチ会に参加していただいたMさんからも、すごくうれしいご報告が!!!



堀江さん、こんにちは。

4/16に、京都の大ランチ会に参加させていただきました。
堀江さんのお話しは、本当に素晴らしく、熱く、優しくて
幸せな時間を過ごせました。
ありがとうございました。

その時に、妊娠しましたと
少しだけお話しさせていただきましたMと申します。

去年の春ごろからご縁授かり茶を飲み始めて、
少しずつ体が整ってきていました。

そして、夏に、排卵誘発剤を打ってもらい、
見事着床したのですが、子宮内ではなく子宮外でした。

ようやく授かった命を、
確認できた時点でサヨナラしなきゃいけないのは
とても悲しく辛いものでした。


治療は5ヶ月ほどかかり、
楽しいと苦しいの連続でした。

その最中の友人、身内の
出産&妊娠報告。
サヨナラしなければいけなかった私。
焦りと自分責め。

たくさんたくさん泣きました。

でも、たくさん周りの人に支えてもらい、
たくさんの感謝で溢れました。

5ヶ月の間、やりたいことして
自分が心地いいと思うことだけを
しました。

毎朝の始まりはご縁授かり茶。
ふぅーとほっこりして一日がスタート。

休日は、大好きなチャクラヨガや
ハイキングやウォーキングなどなど。

そうこうしているうちに、
治療も終わり、子作り解禁になりました。

そしたら、、その月に着床しました!!!

本当に本当に驚きました。

拗ねたり、自暴自棄にならず
自分を最大限労わっていたら
いつの間にか体が整っていました。


そのことがとてもうれしかったです。

私、自分を大切にできていたんだっ・・て!!


サヨナラしたたまごちゃんには、
本当にたくさんの気づきをもらいました。

わたしにとってなくてはならない5ヶ月でした。
感謝してもしきれないくらいです。

今回、一目散にきてくれたこの命に感謝し、
妊婦生活を満喫できればなと思います。

堀江さんのブログにも本当に救われました。
ありがとうございました。

これからも応援しています。

ご縁授かり茶、、やはりすごいです(=⌒▽⌒=)



Mさん、本当によかった!
そんなふうに言ってもらえて、とてもうれしい!
すごいでしょ?^^
↓  ↓  ↓
『ご縁授茶』


でもね、ご縁授茶よりもなによりも、
Mさん自身がさよならした命にやさしい気持ちを向けて。
大切な5ヶ月間にできたことが、
次への大切な一歩につながったんだろうね!

大切にした時間ひとつひとつが、明るい未来へとつながっていったと思う。
本当によかった!



もっともっと、たくさんの笑顔やしあわせが広がっていきますように!




☆『血流がすべて解決する』☆
3月10日にサンマーク出版さんから、はじめての著書『血流がすべて解決する』が発売!!! 
現在13刷8万部!
↓  ↓  ↓
『血流がすべて解決する』公式サイト


☆女性のためのぽかぽか薬膳茶☆

「血」を大切にする婦人科漢方理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるこころとからだを整えるとっておきのブレンドティー。子宝はもちろん。女性のバランスを整えるためにおすすめ!

↓   ↓   ↓
縁結び出雲 女性のための薬膳茶




☆しあわせ運ぶ風水薬膳茶☆
生年月日と体質から自分にあった薬膳茶を選べる。
女性のための心と体を深く知る講座が全国で開催中。
↓  ↓  ↓
日本漢方薬膳協会の風水薬膳茶講座




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


シリーズ
『人間は、一夫一婦制の生物である。」←うそだよ。』
その1
その2
その3
その4



こうして人類の原初の姿をみてみると、一夫一婦制ではなかったことがわかってもらえると思う。
そして、「結婚」という形が揺らいでいるのも事実。





結婚は本当に「普通」なのか。


平成22年に内閣府が発表したデータがある。
生涯未婚率(50歳時で一度も結婚したことがない人の割合)は、
男性が20.1%、女性が10.6%。

しかも近い将来、30~40%にまで上昇すると予想されてる。
結婚しないひとの割合がものすごく増えていくんだよね。


内閣府男女共同参画局ホームページより)

ちなみに、1970年代は生涯未婚率が2%だったことを思うと、すさまじい勢いで伸びていってる。

離婚率も当時の2倍近くになっているし、ひとり親世帯もこの25年間で1.5倍近くになってる。


イギリスの離婚件数の長期的推移なんてすさまじいよ~
1858年には24件しかなかった離婚が、
2012年には118,140件!
何倍だよって感じ。

グラフ見てもらうと一目瞭然なんだけど、ヨーロッパとかはキリスト教が形作ってた社会的な価値観が崩れていく結果でもあるんだろうね。



(The gurdianより)


ちなみにこの離婚に関して言うと、日本はすっごい面白いの。
グラフの形が欧米とは違うんだよ。
明治のほうが、いまよりもはるかに離婚率が高かったんだよね。



実は江戸~明治にかけては、わりと離婚があたりまえに行われていた。
明治維新後、1898年に民法が施行されて「家制度」が導入されてから離婚が激減する。
「家制度」というのは、家父長制的な家族制度で戸主に家の統率権限を与えていた制度。

なんとなく男尊女卑が「日本の伝統」的に思っているけど、おおきな大間違いで、実際には明治になって作られたたものだとも言えるんだよね。
(ただ、一概に日本の昔はすばらしかった!とか言うつもりはなくて、豊かだったわけでは決してない。細かくは書かないけど興味があったら、『日本残酷物語』を読んでみるといい。胸がギューっと締め付けられるような話がたくさん出てくるから)



それから、婚外子なんて日本と欧米はものすごく違ってる。
実は、フランスやデンマークでは婚外子の割合が過半数を超えてるし、アメリカ、イギリス、スペインなど主要先進国では3割を超える国の方が多いんだよね。



世界各国の婚外子割合より)


これは悪いことなのか?

そうではなくて、パートナーシップが「結婚」という制度に縛られなくなったためだとも考えられてる。
日本はまだまだだけど、フランスのPACS(市民連帯契約)のように、国として同棲カップルに対して結婚と同等の権利を認めるような形も増えている。
結婚していても、いなくても子どもに対する社会的なサポートが手厚くなった結果、結婚を選ばなくなったといってもいいかもしれない。


男女の夫婦という概念も変化しつつある。

アメリカでの同性婚が認められた流れから、日本でも渋谷区を皮切りにパートナーシップ証明が発行されてる。

世界各国で結婚という形の変化も加速してる。
いわゆる男性と女性が一夫一婦になるという結婚が「普通」といえるのか、すでに怪しくなってきているんじゃないかな。




自立と自由と多様さと。

結婚制度がゆらいでいる理由はいろいろあるし、ひとによって考え方は異なるだろうけれど、大きな理由は女性の経済的な自立がすすんでいることだと思う。
そして、それによってこれまで社会を縛ってきた価値観がゆらいで、多様な価値観が認められるようになってきたことがある。

保守的な見方をする人たちからすれば、

「伝統の崩壊」とか「家族の危機」

なんてことが叫ばれたりするけど、これまでの歴史を紐解いていけばそうでないことがわかる。
人類の長い歴史からみれば、「一夫一婦制」なんて農耕開始以降に形作られてものにすぎない。


狩猟採集時代。
女性が経済的に自立していたことが、男女の関係が平等であったカギだったから。
当時は貨幣経済ではないけれど、ひとりでも食べれるというのはイコール経済的自立ってことだもん。


ちなみに、ぼくは決して農耕開始以降の発展を否定しているわけでもないよ。
こんなふうにいろんな芸術や文明、科学技術が花開いたのは、農耕開始がなくてはありえなかったことだし、お米も好きだし、日本人の稲作に支えられた価値観や伝統的なものも大好きなんだから。


そして、このシリーズを書いていると、

「一夫一婦制を否定しているんですか?」

「不倫に賛成なんですか?!」


と言われたりもするんだけど、全然そんなこともない。
自分は、別に賛成も反対もしないんだよね。


じゃあ、最終的になにが言いたいかというと。


つづく





☆『血流がすべて解決する』☆
3月10日にサンマーク出版さんから、はじめての著書『血流がすべて解決する』が発売!!! 
現在13刷8万部!
↓  ↓  ↓
『血流がすべて解決する』公式サイト


☆女性のためのぽかぽか薬膳茶☆

「血」を大切にする婦人科漢方理論に基づいた薬膳茶。
たくさんの喜びの声が届いてるこころとからだを整えるとっておきのブレンドティー。子宝はもちろん。女性のバランスを整えるためにおすすめ!

↓   ↓   ↓
縁結び出雲 女性のための薬膳茶




☆しあわせ運ぶ風水薬膳茶☆
生年月日と体質から自分にあった薬膳茶を選べる。
女性のための心と体を深く知る講座が全国で開催中。
↓  ↓  ↓
日本漢方薬膳協会の風水薬膳茶講座







いいね!した人  |  リブログ(1)