時代は変わるってはなし

テーマ:

今月末で「フミヤ」を閉めることになった。


化粧品は、去年の6月をもって商品を清算し、きょう 体操服も清算した。


昭和28年からやから、ここの場所で61年


その前は、「荒木商店」として 今の「ことば蔵」の場所、宮ノ前商店街で・・・


僕の曽祖父が 小学校の校長をやりながら 開いたお店って聞いている。


小間物屋で 結構なんでも売ってはったらしい。


祖父が戦前かなり大きくしたようだな。


きびしく几帳面な祖父で、ものを大事にし 僕なんかは よく怒られたものだ。


戦後、ものがない時代。

宮ノ前商店街には 川西・尼崎からも人がきて たいそう賑わっていた時代があったよう。


昭和28年に 何故、この場所に移ってきたかは、親父にも祖父にも聞いていない。


でも おじいちゃんは 見通していたのかもしれないな。


いろんな人に迷惑をかけるほど 酒好きの親父。


そして、黙々と働くおかあちゃん。


おじいちゃんは、僕が中学に行く頃には もう引退して、荒牧に家を建てたはったな。


「フミヤ」は この場所に移って、モノを揃え 福助の下着からWranglerジーンズまで(笑)


昭和40年代からは化粧品に力をいれ、阪急伊丹駅にテナントとして入る予定だったようだな。


人員の事などが原因で、それを断念し ダスキン・訪問販売の化粧品などにシフトしていった。


時代も ダスキンや訪問販売の時代に ちょうど入った頃だな。


これからって時に、おかあちゃんは亡くなり(僕が22んとき)


それから、姉が「フミヤ」を支えてきた。


おかあちゃんが死んだ2年後、もうひとりの姉啓子も 海で亡くなり・・・・・


それから ぼくが「フミヤ」に戻ってきた。


あれから34年


きょう ひとくぎりがついた。


思えば、時代とともに「商い」をいろいろ変化してきたものだな。


で、次だな。








AD

クロスロードカフェは 8月30日が記念日。


12周年になる。


ブログを読みかえすと・・・


ああ、去年は「ふちがみとふなと」さんにライブしていただいたんやあ、とか 一昨年は 手づくりクッキーをプレゼントしてたんやあ、とか 毎年 なんやかや

やってたんや(笑)


今年は・・・というと、なんやかやバタバタしてたということもあるが さらりと通りすぎたな。


でも。


間違いなく 12年やねんなあ。


明日というか きょう帰ってくる、次男の啓は まだ6歳か7歳やねんな。


長女の亜裕も小さかったんや。


佳純が小6ぐらいやな。


クロスロードカフェがやってきた事。


伊丹の催事のチラシを店内に置いたり・・・


ライブをしたり・・・・


些細な小さなことを いろんなお店が続いてくれたのが ほんとうに嬉しいな。


クロスロードカフェが やったことは それぐらいかも

しれないな。


あの頃も 今も 云っていることは 同じ。


伊丹はおもしろい!! もっともっと伊丹をおもしろく!!



オープンのときのチラシ。


僕らの大事な友人である、志乃ちゃんが 作ってくれた。


彼女は 当時 伊丹に来たことがないのに(笑)


すごいな。



==========================


阪急伊丹駅より徒歩5分・JR伊丹駅より徒歩5分。

猪名野神社と伊丹シティホテルを結ぶ道。


阪急伊丹駅で降りた人とJR伊丹駅から来た人が「ようっ!」て挨拶する道。

その十字路にあるカフェで、いろんな人が出会い、

いろんな想いがクロスするように・・。

三軒寺広場のポケットに、小さなお店を開きました。

自然木のテーブルを囲んで、おしゃべりするもよし、大きなガラスの引き戸越しに、道行く人を眺めるもよし、
ここは、誰もがほっこりできる場所。

晴れてる日も、そうでない日も。


クロスロードカフェは、2002年8月30日にオープンしました。

すべての友人に Special thanks

有田亜李子 <維新派>・・・・構想、支え、よりどころ。
豊川忠宏<スペース草>・・・・内装デザイン、木工。
岡博史<インパクトD>・・・・・内装デザイン、トンカチ。







AD

亜裕のはなし。

テーマ:

今朝は関空まで。


娘がきょう出発するので。


フィンエアーでフィンランドヘルシンキまで。


そこで乗り換え ストックホルム そこからは電車で ベクショー


龍谷大学の交換留学生として一年間


荷物が多くなって加算料金ってのはご愛嬌(笑)


ながいけど・・・・ どんな顔して戻ってくるのか 楽しみだな。


バンクーバーにいってる次男は もうすぐ帰国


こちらも どんな顔して 帰ってくるのかな。


長男も大学を入れて もう5年半東京暮らし。


彼は 3年後ぐらいかな。


伊丹で なんかやるつもりで戻ってくる。


それぞれに しんどいことも多いだろうけど なんやかや 思いをもちながら 頑張ったはる。


がんばれ。


僕も ジタバタしながら生きていかなあかんな。


10年先をみつめて。


まだまだ やることおおいな。













シオンでも聞きたいな(笑)





いつだってびっくりさせて
心配させていけないね
それだって嬉しくなるから
父さんがいたらきっと怒られる

いつでもここにいるから
帰って来ていいんだよ
そう思えばあとひとつふたつ
できる我慢もふえるでしょ

がんばれがんばれ


長い雨がやっと上がったから
犬と散歩をしてきたよ
ちっちゃい頃のおまえのまねして
水溜まりで遊んだよ

気が強いくせになんだか
泣き虫だったね
ボロボロ涙こぼれてるのに
泣いてなんかないっていいはって

がんばれがんばれ


はやいようで

長いようで

これまでも

これからも


庭先に植えたコスモス
きれいに咲いてくれたよ
父さんに変わって毎年
種をまいているからね

いつでもここにいるから
帰って来ていいんだよ
そう思えばあとひとつふたつ
できる我慢もふえるでしょ

がんばれがんばれ


「がんばれがんばれ」 by SION










AD