英語はイキとリズム

コトバはエネルギーが流れています。
全身のチャクラを開き、エネルギーを受け入れます。
英語のイキとリズムのつくり方がわかります。
英語の耳が開き、美しい英語発音になります。
相手の言っていることが、聞き取れるようになります。

英語は、音と映像から、入る!

文字を見て音を聴くと、脳は、音キャッチをさぼります。

文字より、表情や映像を観ながら音を聴いてください。

文字に頼らず、<英語音感身体>で音を聴くようになります。


顔の諸筋肉をやわらかくする

音を正しく聴いても、顔が日本人顔では発話できません。

顔を小顔にしてください。

顔表情には、喜怒哀楽の感情があります。

英語は表情筋の動きが速く、多様に変化します。

頻繁に眉の上下動、声帯の上下動を伴います。

映画をみていると、小学生でも視認できます。


英語音をしゃっべていると、自然に小顔になります。

セルライトが、デトックスされます。

英語真音が、構音構話できるようになります。


英語の強弱リズム、音節を身体化します

英語は、話し言葉のリズムがたいせつな言語です。

例えば、whatfunisittorideandsingasleighingsongtonightと

英語の波の音には、切れ目はありません。

文字を見ながら、音を聴くと、切れ目があると錯覚します。

3次元映像、メロディ、リズムをつかってワード抽出します。

例)4拍+3拍、多密少疎のリズムです。

楽しいね、乗って歌うのは、そりの歌、今夜
^What>funit>isto>rideand>singa>sleighing>songto|night!

whatは弱く、isが強く読まれます。

song+tonightではなく、songto+nightで読まれます。

英語リズムがわかると、単語音の自動抽出ができます。
                 

ポーズをつけて、センテンス全体をリズム読み

長いセリフをポーズをつけて、英語リズムで喋ります。

文字はみず、宙で、一気にしゃべります。

発話構音筋肉と手足の身体動作を脳は記憶します。

脳は、面白いこと、楽しいこと、悲しいことを記憶します。

映像をみて口まねしていると英語音感身体が生まれます。

例)日本語音声を聞いて意味をとり、英語音声をまねます。

月に代わって

お仕置きよ



英語音感身体ができたら、はじめて活字をみます

Sailor Moon:

In the name of the Moon,I'll punish you.

英単語の並べ方には、簡単な規則があります。

全体と部分を意識しながら、発話します。



英文人体構造図

音は、耳から入るよりも、頭頂より入り、足に抜けます。

A頭⇒ I         エネルギー源の明示

T首⇒ will ●punish  エネルギー流開始

C胴⇒ you       エネルギー流通過箇所

D脚⇒ ◆in the name of the Moon エネルギー流終了


英語音感身体ができるまえに、文字をみないでください。

文字⇒音に脳が動き、カタカナ発音になります。


                  サウンドイメージアプローチ

             クレルランゲージリサーチ

                http://crell.jp

                      三井慎介


NEW !
テーマ:

Hey,beat it,spook.

This don't concern you.


英語音感身体ができるまでは、活字をみてはいけない。

日本語音声で意味を知るのはよい。

beat it⇒失せろ

とむすびつく。

活字をみると、beat+itを考えて、意味不明のため、辞書をひく。

英語が面白くなくなる。


ダメダメ学校英語教育をうけると、簡単な音がききとれないし、

活字をみてdon'tで立ち止まる。

doesn'tではないかと考える。



A Hey,

T beat

C it

D spook


A This

T don't concern 関係せず⇒関係なし

C you

D -

AD
いいね!(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

Whatには、指示用法とつなぎ用法がある。


「一体何が」の場合、指示用法である。




英文人体構造図

A You

T are doing

C ☆what the hell

D ◇to my car


☆が、左シフトしたと考える。


音声的に

doing to は、

ドゥイングトゥ

ではない。


doi ng to


圧着しているので、カタカナ表記できない。

適当に聴こえたように発音すればいい。

ネィティブも適当に聴いている。



AD
いいね!(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

文字をみて学習すると、thatのもつ英語感覚が

育たない。

映像と音を抱き合わせて、認識する。




A I

T am going to ●get やっつける

C that son of a bitch あやつ

D -


thatは音声が聞こえる場合は、代名詞用法。

音声が聞こえない場合は、つなぎ用法。(関係代名詞)


いいね!(23)  |  リブログ(0)

テーマ:

runではなく、ramである。

このような微妙な違いを、即座に理解するには、文字が役立つ。

こうなると、脳は、文字を欲しがる。

英語が、お勉強(暗号解読)になる。

この辺が、一人学習の弊害である。

コーチと一緒に学習したほうがいい。




A I

T am going to ram 押し込める

C him

D -


run 轢く



いいね!(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

学校英語の文法頭では、簡単な英文も

わからない。


What's that thing he is on?


he is onが、どこにかかっているかわからない。


学校英語のやり方(粒志向)をやめて

波志向をしよう。


話者は、何に驚いているのか?


何だ、あれは?


これは、日本語とおなじ並び。


補足説明をくわえる。


日本語とおなじだ。


学校英語では、

関係代名詞の省略、

関係代名詞の継続用法、制限用法などを

習う。

これでは、簡単なものに、複雑な思考を与えている。





A What     何

T is        ですか

C that thing  あれは

D he's on?   乗っているのは


onを、「上に」とイメージしていると

一呼吸遅れる。

動詞として理解する。


乗る⇒noru⇒no⇒反転on

と、ヘリクツで覚えても、なんら支障はない。





いいね!(17)  |  リブログ(0)

テーマ:

学校英語では、見慣れない用法。

let,have,make以外にも、原形動詞がくる。


文法頭になると、かえって英語がわからなくなる例。




A -

T Look at

C him

D ●go




いいね!(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

冒頭Well,it'sは聴き取れない。

ウェルイツとは、間違っても言っていない。


Wlt’s、自分の耳で聴こえたように言えばいい。


cost youだけをはっきり言えばいい。




A Well,it        そうなると

T is going to cost  高くつくぞ

C you

D -



いいね!(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

英語を波として理解する。


ひとつは、ベクトル。


方向と到着地。


in here

in there


out here

out there


英語では、使い分けされ、それは映像確認ができる。


in :中、中に

これは、inを粒としてみた訳。


in:外から中へ移動

これは、inを波としてみた訳。




A I thought I        たしか

T told you          言ったはずだ

C never to come in here 二度と来るな

D -

いいね!(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

字幕をみると、リエゾンはわかるが、

強弱がわからない。




A My God,he

T is

C a dream.

D -


英語リズムの関係で、

he's a は、弱く読まれる。


だから、聞き取れなくてもいい。


いいね!(9)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。