新しい再出発

注…携帯からの投稿は不可。

過去のやすっちの日記帳から移転後の再出発ブログです。主にネトゲとか欝の闘病とかゲーム開発等色々です。

尚、通りすがり等匿名を臭わせるHNは使わないでください。2chじみた低俗な書き込みは削除対象となる事があります。


テーマ:

炎の壁(ピンク)

 

感動ポルノという定義がついにTwitterの

トレンドワード入りするほどこの手の番組が

問題化しているので、今一度単語の発案者として

この問題について明記しておきたいと思う。

 

最も誤解されたくないのは、特に精神障害者などを

番組に出すなという意味ではない。見向きもしないで

欲しいなんて思うわけはないです。一応私自身は。

 

要はやり方なんだよ。苦難に立ち向かう姿こそ美しいという

危険な美意識こそやめてくれと思うにすぎない。

 

私自身も発達障害当事者として天才型を意識して

希望にする価値観がありますが、発達障害当事者の

中には天才型を持ち出すことが苦痛に感じる方々もいる。

そんな方々にとっては私の理想も感動ポルノと

見なされる訳で、とても難しい概念だと思う。

 

最も捨ててほしい先入観というのは、健常者にとっても

この感動ポルノという概念は他人事ではない。

意外かもしれないが、意外な落とし穴があります。

 

障害者の定義から少し離れて社畜の概念について

思い出してみよう。社畜の概念については特に

健常者の悩みなんだよと思う方が多いはず。

誰だって辛いことがあるんだよと思っているはず。

 

ではなぜ健常者こそが過労死のリスクを冒してまで

社畜にならないといけないのか?その要因は何だ?

それは我慢大会を強いる同調圧力があるからではないのか?

 

一部の障害者にとっての感動ポルノの脅威というのは、

この無益な我慢大会を強いられるリスクでしかない。

単にそう考えたほうが余計な誤解を生まなくて済むと思う。

 

他人に我慢大会を強いて自分自身の我慢大会が解消される

事はありえないと気づくべきです。例えば生活保護を叩いても

最低賃金が上がることは絶対にありません。貧しい労働者の

立場で生活保護叩くのは自殺行為でしかないのと一緒です。

 

感動ポルノと言われる表現の良し悪しを単に考えるのではなく、

この不毛な我慢大会をやめさせる最善の方法を

考えることが私の真意に近いですね。

 

だから私は障害者当事者を忘却させるために

この単語を発案したわけではないと申しておきたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

時間と空間の概念は今も未解明の要素が多い。

時空の概念で特に未知の要素を匂わせるのが

ブラックホールであり、特にホーキング博士が積極的に

理論の追求を行っている世界だと思う。

 

スタートレックのQの言葉にも気になる言葉がある。

三次元宇宙の呪縛を捨てろ。さもなくば本当の世界は見えない。

そんな風に聞こえる言葉がある。Qはこの世界の神のような

存在で過去や未来に囚われることなく自由自在に行き来できる。

 

ただ、この話のQは変わり者で他のQ達による懲罰により、

人間にされている時に発した言葉ではあるのだが。

 

闇とは何か?単に科学的に考えれば見えない事である。

例えば天文学用語のダークマターというのは、別に闇属性ではない。

そもそも、科学の定義に闇属性なんて存在しない。

単に正体不明の要素に対する命名規則である。

 

一応ここで本当に言いたいことは、なぜ大衆というものは

真実に怯え、でたらめな情報を信じて安心しようとするのか。

どこの国でも皆無の要素ではないが、今の日本は特にそれがひどい。

そこでその科学的な理由に迫りたいと思った。

 

天文学的または数学的に考えれば未来は果てしない闇である。

どこまで続くかわからない。宇宙の寿命も正体不明に近く、

数多くの説がある。何千億年、何兆億年以上の

シナリオも真面目にある。そもそも、今の宇宙自体が

すでに約150億年ぐらい経過していると見られている。

 

普段の考え方で言えば夢や希望を抱く概念だが、

科学的に考えれば観測不能という概念に過ぎず、

何も見えない概念なので果てしない闇といえる。

 

更に、最近の数学または天文学から派生した新説では、

未来が分岐している可能性がある。ついにこの概念が

作り話だけの世界ではなくなった。未確定要素だが、

科学的に大真面目に考察される概念になっている。

 

この理由を知るには量子力学と波動関数の特性を

理解する必要があり、この辺りは古典数学の概念を凌駕する。

波動関数は未来の概念に似ていると思われる。だから

観測行為が特殊なものとなり、確定事項に意味を成さない。

だから確率波とも言われたりする。混沌の研究にも近いかも。

 

前置きが長くなったが、要するに未来は基本的に観測できない。

単にそれだけである。だけど心理的にはかなり重大である。

見ることができないというのは中々重大な要素です。

 

そんな馬鹿なと思うかもしれないが、自ら視力を捨てて

生きる覚悟が簡単に持てるだろうか?ある意味それに似ている。

 

光を捨てて闇の世界に生きる覚悟なんて普通できるものではない。

だから人の心理は見えない概念に無自覚に怯える。

 

結局は情報を先取りすることで損をする人が多いのは、

人間社会がそのようにできているからであり、

未来が見えない人がマジョリティだからに過ぎない。

だから一番わかり易い例は、過去にガリレオが弾圧された。

 

奇跡の力はいつも食い物にされる。闇に怯える弱い人々によって。

それはきっと、昔から変わっていないのだろう。

 

私も予知の力があるとはいえ、本当に役目を終える日が

来ると思う。それは人々が自分の意志と力で未来を見ることだ。

その勇気を一人一人が少しずつ持つだけでいい。そうすれば

もう、それだけで何もかもうまくいくのではないのか。

 

考えるだけでは駄目だ、感じるんだ。波動の力を。

とは言うものの、普通の人間が波動を感じるのは無理かもしれない。

だけど、少しだけ勇気を出せば、ほんの少しだけでも見えるかもしれない。

 

他の先進国はきっとそうしているからうまく行っていると思う。

足りないのはたった少しの勇気だけだと思う。

 

地球の長い歴史には隕石などが原因で長い闇夜が訪れた

こともある。その時地球全土は凍りつき、暗い日々が続く。

長い年月を経てやがて夜明けが来る。

数年ぶりの朝日が見える特別な瞬間が何度もあったのかも。

 

闇も認識しなければ気にならないものだ。だが、無視していれば

いずれ報いが来るだろう。審判の日は常に忍び寄っている。

勇気を出して、真の夜明けを求めて立ち上がる必要があるはず。

 

 

一時間後ほど誤字修正

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

pt_magicalmirror.avs

 

タイトル画像はWinampAVSの

自作プリセットpt_magicalmirror.avs大昔のやつです。

古すぎるので現在は非公開ですが。今の時代の

PCの動作に不向きというのも大きい。

 

最近は部活問題の訴えなどにより日本の行き過ぎた集団主義

がかなり認識されていると思う。だけどまだまだ何が悪いのか

わからない人が多いのではないかと思う。

外の世界を知らないからね。

 

タイトルには欧米を比較対象として書いたが、

要するに単に海外ってことです。多くの日本人は

海外の世界を知らない。単なる理屈としても。

というか私も体感として色々知っているわけじゃない。

 

他の国すべてが個人主義というわけではないが、

日本は世界的にも異常に集団主義が

強すぎる傾向があると思うのは確かです。

 

それと意外に認識されていないこととして、

日本国憲法の人権定義は基本的に

個人主義をベースとして設計しているとしか

思えない要素はかなり強い。多くの人は気づかないが。

 

そもそも日本の集団主義はとても危険な過去の遺物なんですよ。

それは大日本帝国という忌まわしい時代の軍国主義の産物。

当時では翼賛と言われていた概念です。これが今も残っている。

 

だから日本に存在する帝国主義みたいなものはアメリカとは

大きく中身が異なる。だから軍国主義から完全に足を洗うために

アメリカを見習うのは普通に有効です。アメリカの帝国主義は

日本の過去の過ちとは事情が大きく異なり、これは

行き過ぎた資本主義とか新自由主義とかその辺の問題。

 

ただし、日本自体も別の意味で行き過ぎた資本主義や新自由主義の

弊害が存在している。それを私は自民党式の共産主義と定義している。

 

私自身、反共教育の影響も多少は受けており、それは今でも残っている。

それを示すために消極的に共産党支持になることが多く、

意味不明に思うかもしれないが、日本共産党は割りと

旧ソ連や中国共産党のやり方に批判的なことが多いなど、

多くの人々が知らない顔がかなりありますよ。

 

私も一応日本の典型的なリベラルとは大きく異なる思想であり、

乱暴に定義すればリベラル右翼というべきかもしれない。

日本共産党との利害の一致は、自分なりの反共思想を

示すため。そのために自民党の支配政治を打破したいだけ。

私が共産主義とみなしているのは自民党だと何度か公言している。

 

これは欧米式の個人主義が自分の理想に近いからです。

日本という国ほど呆れるほどに技術者に待遇を

保証しない国はない。だからこの国の技術は廃れ始めている。

明確にアメリカに日本は人材を引きぬかれているんですよ。

でもこれは完全に日本側の自業自得でしかない。

 

だから私は、個人主義の大切さを訴えたいのです。

個人主義は自分勝手でわがままだという先入観がある人が

多いと思うけど、そんなことはありませんよ。

自由だからこそルールがある。それは当たり前だろ。

 

日本の集団主義はルールを押し付けるだけで

自由は何も与えない。そこが理不尽で歪みの本質なんですよ。

 

個人主義に存在するルールで最大のヒントになるのは

公共の福祉、日本国憲法の基本的人権とセットになる

重要な概念ですね。これは日本の弁護士などにも

ちゃんと説明できる人は誰もいない気がしている。

納得できる説明は今のところ目にしていない。

 

当たり前だけど個人主義の人権は衝突するのが大前提。

だから正当防衛も人権に入る。銃社会だって人権です。

銃社会で守られる人権もあれば傷つく人権もある。

人権とはそういうものです。だからこそ難しいのです。

 

日本の人権意識が歪んでいる原因は見た目だけの平和に

こだわること。それで見えにくい理不尽に目を背けるから。

いじめ自殺が深刻化するのも結局これのせいだと思います。

 

人権の優劣を決めるのは多数決であってはならない。

個人同士の問題だから多数決を持ち出すのがおかしい。

多数決を持ちだしたら人種問題とか絶対解決できないからね。

 

最近では宇都宮健児さんが「日本のリベラルはもっと賢くなれ」

と批判されました。低迷する野党共闘の都知事選の混乱をみて

の発言なんです。日本のリベラルは本当に知性に問題がある。

個人主義の大切さに気づかないのもこういうところにあるのかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

壊れた心

 

日本において隣人愛は死語でしかない。空虚な言葉である。

なぜそうなったのか。その原因は道徳にあると思われる。

 

隣人愛は元々キリスト教由来であり、日本の道徳とは

直接関連性を持たない。儒教と仏教の矛盾と同じように、

無自覚な融合により破綻を招いた教義なのかもしれない。

そもそもキリスト教を知らない人ですらこの概念に振り回されている。

 

マザーテレサさんの言葉にこういうのがあるみたいです。

ツイッターで引用されている言葉ですが。

 

「聖ヨハネはこう言っています「神を愛していると言いながら、見たり触れたりすることのできる人、ましてや一緒に住んでいる周りの人を愛せないで、どうして見えない神を愛せると言うのか?」「あなたは嘘つきだ」と。読むのがこわくなるような言葉の一つ、けれども、それは実にほんとうのことなのです。」

 

日本の隣人愛は嘘つきで成り立っている。まずそこが致命的。

誰もがこのジレンマに陥り、何が悪いのかわかっていない。

解決の道を探るのは哲学しかない。哲学の出番といえる。

 

日本で暮らす以上、誰もが関わる問題といえるので、

単にそういう意味だけで考えてほしいことですが、

私も一応無神論者になりますからね。

 

そこで、隣人愛が矛盾している理由を列挙していくと…

 

  1. 隣人愛とはマジョリティのわがままを正当化するツール
  2. 隣人愛とは社会的弱者の発言力を奪うルール
  3. 隣人愛とは日本では選民思想を正当化するツールである

基本的にこのような悲惨な光景となっている。

集団において都合の悪い人物を脅迫して従わせるだけ。

とても軍事的で野蛮であることに対してなんの自覚もないのである。

 

間違いないと断言できる要素としては、日本での隣人愛は

発達障害者を迫害するための道徳観にすぎない。

もはや聖書なんて関係ないのである。単に道徳の暴走である。

 

道徳の暴走は過去の時代でナチスを誕生させ、日本でも

同じような軍国主義の暴走を招いた。道徳の暴走は

非常に危険であると歴史が証明している。繰り返してはいけない。

 

私が日本の義務教育はある意味ナチスの収容所に似ていると

厳しく批判したのもそれが理由で、変わり者を排除する

空気こそがナチス化を誘発する危険因子なのである。

 

部活問題で言われるブラック部活の原因も結局は

そこから生じた可能性はかなり高いと見ています。

 

日本では隣人愛を銃器のように扱い、対話が面倒だと

思った相手に手当たり次第に銃で脅し、屈服させる。

個性を剥奪するのである。それで集団主義を安定させていく。

日本の隣人愛はとても野蛮で軍事的なのである。

それを平和の道と勘違いしている歪みを正さなければならぬ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Winamp milkdrop

 

魔法つかいプリキュアはリアルタイムでは見れませんが、

推しキュアの朝比奈みらいが数学苦手キャラであると

判明して、それもまあ予想通りの設定なので、ふと思うこと。

 

ここからはほぼ現実の話だけとなり、アニメの話では

ありませんのでご了承を。今回は数学に関して。

 

今の時代で好ましくない傾向は数学に地道な努力のイメージが

つきまとうことです。これが一番良くない。最近の数学は

マホウカイの魔法とほぼ同じです。理論よりもイメージを

重視しないと使いこなせない。本当にそういう次元になっている。

 

今回のタイトル画像はWinampのmilkdropから直撮りです。

視覚効果では好んで使われることが多いフラクタル(幾何学模様)

ですね。知らない人が多いと思うけど、そもそもデザインと数学は

ずっと昔から縁があります。特にイスラム圏のモスクの内部の

写真を見たらわかると思うけど、数学的なデザインは

伝統的に実在する。歴史としてもかなり長いんです。

 

個人的にはコンピューターがない時代でどうやって作ったんだという

疑問がかなりありますが、今回の話題とはそれはあまり関係ないですね。

 

今の時代にはコンピューターが存在しており、急速に進歩している。

今の時代はコンピューターを使いこなす人間が基本的に勝者だ。

数学から地道な努力のイメージを捨てるべきという根拠はここにある。

だからマホウカイの魔法みたいにイメージ重視という傾向になってきた。

 

もっと現実的なことを言えば、日本に住む限り、この現実を認識できない。

結局これは学校の教え方が悪い。だから私の教えるスタンスを

真似ても日本の学校で数学の成績が良くなる保証は何もないです。

だけど、実務としとて実用数学に興味があるなら考えてほしい。

日本では報われないのにプログラマーになりたいという奇特な方は特にね。

 

量子力学の進歩により、数学の世界も哲学的になってきている。

この辺に関しては学校で習う古典数学とはかなり違う世界なので、

イメージすることは難しいが、特に最近の天文学で重要な課題は

未来の分岐である。未来の分岐は基本的に累乗ベースで

途方も無く微小単位の混沌によって幾何学的に増えていくと思われるが、

劇的な大きな変動が数学としての奇跡の概念に相当すると思う。

これで未来分岐は大きく変動する。因果的な臨界のような感じだ。

 

量子力学と並行宇宙の概念としての未来の分岐は、

波動関数の観測が主な根拠になるので、その観測の特殊性に

あるが、これは確定する説もなく難しい話なので、

興味があれば直接調べて欲しいところです。

 

最終的に私が一番言いたいのは、実用レベルで数学を

使ってみたいと思うなら、ひたすら手計算に明け暮れるのを

今すぐやめてほしい。今の時代にそれは必要ない。

今は機械の時代なので、如何にコンピューターを使い倒すか。

数式を操り無駄な仕事をしない。無駄な努力をしない。

むしろ努力を否定すること。今の数学に必要なのは逆に努力の否定。

 

ひたすら怠けろ、そして新しい技術をひたすら欲張ること。

逆に努力が報われる時代は終わってしまった現実を知ること。

努力が報われる時代が終わったことがある種の厳しさでもある。

怠けた方が勝者だが、正確には単純に強い人が勝てるだけ。

努力だけで強くなれない時代という意味で厳しいのである。

 

手計算で機械に勝つのは不可能であり、無駄なあがきだから。

現実を見て勝つことに必要なことを考えるんです。

とりあえず面倒なことより楽しいことを考えたほうが有利だな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。