1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年06月30日(木)

招待状だジョー

テーマ:結婚式内容



  しばらくお休みしてしまいました・・・。

  

  この潜伏期間にやったこと。



  1.招待状発送準備

  2.妹、上京にて姉妹会開催

  3.仕事×100




  

  1.に関しては、式場で作成してもらった招待状を

  それぞれセットして封筒に入れ、宛名を書いて

   切手を貼るだけなんですが・・・・、

  とにかく仕事が忙しかったので、時間がなく、1晩で完成させることに。


   そしたら、


  意外と大変!




   まず、私が返信用のはがきに50円切手を貼ったのですが、


   疲れた・・・。






   あとは、


   封筒の封を閉じる  ×50部

   封筒に切手を貼る  ×50部

   宛名書き       ×50部




   という仕事ですが、




  新郎にやらせよっと。







  私 「切手と封筒の糊付けやってくんない?」




  新郎 「俺ね、切手とか貼るの

      苦手なタイプなんだよね~」




  私 「じゃあ、筆で宛名を書いて」




  新郎 「俺、左ききだから、

       筆で字が書けないんだよ」










  私 「じゃあ、


     婚約破棄ね」








  

   新郎、切手と封筒に取り掛かりました。



   ただ、切手の裏に、水をつけるための「海綿」がないことに
 

   気づき、急遽、代用品を出動させたが、






   使いにくっ








          代用品  ↓







 
    

       



  

      ゲジ眉のコイツ、   

     全然、うまくいきません。






   ポイッ、じゃねーよ

 
       (八つ当たり)






     明日の大安にいよいよ発送です。


  
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年06月23日(木)

絶対に負けられない戦いがある・・・

テーマ:ブログ


  絶対に負けられない戦いがある・・その1







  先日の箱根旅行で、浴衣を着た新郎を見て。



  私 「わっ、恥ずかしい~、浴衣の襟、逆に合わせてやんの!」





  新郎 

  「えっ、左の襟が上だろ。


    合ってるじゃん!」






  私 「違うってば。いくら和風な顔してるからって、



   アナタ、心ハ日本人ジャナイネ!

   (外人なまりで)」







  新郎 「俺は左襟が上のまま、大浴場に行ってくる!

       キミは右襟を上にして女湯に行きなよ」







  私 「 左が上なのは、死人でしょ~、



   やーい、シ・ニ・ン!

   それ、シ・ニ・ン!」







  

    数分後・・・。







  女湯


  浮かぶ死体が・・・。


  









      死因=恥


   



         ちーん・・・

     






   

  

  絶対に負けられない戦いがある・・その2







   居酒屋のメニューに


    「十割そば」




    と、書いてありました。



   十割そば=つなぎを使わず、水とそば粉だけで打ち上げる蕎麦。

           ↑ 多分・・・。




   私 「じゅうわり蕎麦かぁ・・・」






  新郎 「わっ、恥っずかしい~!


       じゅうわり蕎麦とか読んでやんの!


     これは ト・カ・チ蕎麦


     って言うんだよ~ん!( `∀´)







   私 「絶対に違うって!トカチって何だよ。」




   新郎 「おっし、じゃあトカチ蕎麦、頼んでみようぜ~」






  2人 「すみませーん、コレください」






   メニューの 「十割そば」 を指差すふたり。





 
     店員



  「じゅうわり蕎麦




      ですね、かしこまりました」




   








     私



  「めーーーーーーん!」









        

    



  

   注)  「麺」 だから・・・


             ↑ うま・・くないね・・






 

     ただ・・・、その後・・・・、



     よく通る道で、最近見つけた



     「十割そば」




     の看板。




     通るたびに、




   私 「あれ、何て読むんだっけ?」




  新郎 「えっと・・・・、









    トカチそば




       だったよね (^▽^)」





   という会話がなされるため、


    新郎の脳が、本気で心配になってきた今日この頃。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年06月22日(水)

(ルッ)コラー!野菜食えー!

テーマ:新郎について



   まだあまり仲が深くない人と食事をしている際、


   シーン


   と、なってしまう瞬間があると思うが、

   そんなときに
 
   私が口にする話題。




  「食わず嫌い王に出たら、

   何を答えにします?」





   つまりは「嫌いな食べ物は何?ってことなんですが、

   当り障りのない誰にでも使える話題な上、そこから
 

   「あの食べ物はあーだ、こーだ」


    と、会話がつながるので、100%間違いなく失敗がない
 
   話のとっかかりなのである。

   ストレートに「好きな or 嫌いな食べ物は?」と聞かない

   あたりは、私なりのこだわり。



   ちなみにアタシの場合は、


   あんこ=餡子




    でして、饅頭とかアズキバーとかオシルコとか苦手です。

   でも、多分それ以外の食べ物は何でも喰えます。


  
   


    新郎と付き合って間もない頃、ご飯を作ろうとして、

   「食わず嫌い王に出たら何?」



    と、聞いたところ、



   「肉と魚以外は全部」



     という、ライオンみたいな答えが帰ってきました。



    まあ、野菜より肉が好きな人は多いので、その程度かと思ってたら、








 

  ほんとにほんとに


  ライオンだー ♪



                  by富士サファリパーク









    マ~ッジで、肉と魚以外が、全然ダメなことが判明。


    葉ものの野菜ダメ、根菜類もダメ、きのこ類、海草類もダメ、


    酢の物、漬物もダメ、


    とにかく肉と魚以外はダメっつーこと。




   

    私 「あの人、肉や魚以外だと、

       何で栄養を取ってきたんでしょうか・・?」






  義母 「多分、牛乳ね・・・」




  


   

   つまり、新郎の食生活、





   牛がいれば



  コト足りてた



   っつーことか。




      チチとニク。





   例えばメインを肉料理にしても、他のおかずの

   サラダや味噌汁(具のワカメや野菜)がアウトなので、

   何を用意していいかわからん!




   観念した私が


  私 「ねえ・・、

     野菜で食べられるものってないの・・?」



   と、聞いたところ、以下の返答が。











  新郎 「ルッコラ」













    だからぁ、







  
  

 イタリア人ぶるな










    思い切り 「小松菜」 って言いそうな顔のくせに。








    そんなマニアックな野菜を単品で食べさせているのだが、

    

    ルッコラのヤツ、量が少なく、決して安売りしないという



  高飛車な野菜である。





    そこで私が目をつけたのが、


    そんな「野菜界の叶恭子」みたいなルッコラのそばに売っていた





  「サラダほうれんそう」




    おひたしにするほうれんそうと違い、生でそのまま食べれるもので、
  
    ただ、結局、普通のほうれんそうほど安くはないのだが。



    こっそり、 「サラダほうれんそう」 を出してみたところ、






  新郎


 


  「今日の







   ルッコラ







  おいしいね








 ヽ(。´▽`。)ノ 」












     うわーっ、




  めちゃくちゃダサーっ










     以来、ルッコラとほうれんそうの

     タッグが組まれている我が家。



   
    満足げにほうれんそうを食べながら、





  新郎



  「俺、キュウリと


   ほうれんそう


   一生食うことは


   ないな ( ̄ー ̄) ニヤリ 


    










  だから、

  ほんとにダセーって。




   




    違いのわからない男



        ダバダーバダバダーダバダー

       ダバダーダバダー

       ハァ~ン ♪





   


   

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005年06月17日(金)

私の彼は左きき

テーマ:新郎について




  自分の友達に、彼や旦那を紹介する際、

  「彼はこんな人」と説明する話って

  何かありますぅ?



  もしくは、ノロケや自慢と思われない程度に、

  彼をアピールできるエピソード的なもの。




  結婚が決まってから、

  自分の友達に新郎を会わせること、

  紹介することが増えてきた。


 
  その際、初対面同志の彼らを結びつけるとっかかりとして、

  私が話す新郎の特徴とは。




  「うちの彼はぁ~、

   左ききなんだよぉ~」




  

  うちの新郎は左ききなのだ。

   私はこれは


  立派なブランドだ


  と、思っているので、ちょっと得意げに話してしまうのだが・・。




  
   でも、コレを言われた友達、もしかして、


  麻丘めぐみの「私の彼は左きき」


   を聞いたときの、全国民の反応と一緒だろうか。






         ↓麻丘めぐみ「私の彼は左きき」



        
      





  麻丘 「小さく投げキッス する時もする時も
   
       こちらにおいでと 呼ぶ時も呼ぶ時も 

       いつでもいつでも 彼は左きき」














 国民 「だから何・・・?」







   しかも投げキッスすんな。








  でもね、確かにただの左ききだったらつまんねーのだが、

   新郎は



   メインが左の、両きき



  だから、カッコイイと思うのです。








  私 「テニスでラケット

     持つ時は持つ時は





   私の私の彼は右きき」






     でもね・・・・、







  私 「卓球でラケット

     持つ時は持つ時は





   私の私の彼は左きき」









  この事実を知ったとき、私はすごーくビックリしたのですが。

  だって、テニスと卓球、同じラケットスポーツですよ。


  だから、このエピソードは、必ず人に話すのです。





  新郎は、鉛筆や箸は左で持ちます。

  バットやボール投げは右、サッカーで蹴るのは左、

   新しく何かを始める時は、右か左か、しっくりくる方を確認するらしい。



  テニスも右でやってはいますが、左側にボールが来た時など、

  いきなり左手一本でボールを留めたりするので、左手でも

  できなくはなさそうです。







   前に、私の親友に、初めて新郎を会わせました。


   3人でご飯を食べながら、私がいつものように、




   「この人、両ききなのよ。


   それねー、かなり好きなとこなんだわ」




  と、親友に話しました。




  親友 「へー、彼の両ききなとこがお気に入りなのね」






  新郎 「そうなの?


       それって、









  夜のエッチな







  意味で?」













    初対面の親友、ビックリ。



  



     露出度の激しい若い娘を見ながら


   指をくわえる時もくわえる時も 




  コンビニで後ろの方に並んでる


   お気に入りのエロ雑誌、


   取る時も取る時も





  

  私の私の彼は左きき



    歌) cozoo



いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005年06月15日(水)

逃避行の果てに

テーマ:ブログ

      


  

   昨日に引き続き、


 ザ・現実逃避



  
   をお届けします。




  がっ、


  正直言って特に何も面白いことはないんで、

  あんま期待しないでください。




  泊まったホテルはメゾネットタイプになってまして、


  玄関開けたらサトウのご飯、

  玄関開けたらベッドルーム

  で、階段降りたらリビング和室




  寝室からリビングを撮影するとこんな感じ。



  

     




  写真で言う下の部分に和室、背中のガラス窓の

  むこうにお庭があります。



  んでもって、お庭の隅には露天風呂。

 

  とにかくめちゃ広い。








  私 「ここは


     ネバーランド


     かしら・・?」









  

     部屋のお庭にある露天風呂で入浴。




      



       新郎、入浴シーン。






   最初は、右手の庭から入浴シーンをとってたのですが、


  

  私 「ちょっと・・・。前、隠してくんない?」


  新郎 「大丈夫、写らないでしょ」




  と、言うので、普通に撮影してみたところ、




  シンロウ 


  オブ


  ジョイトイ?






   かなりビミョーな作品ができあがり・・・。


   故に後姿をアップしてみました。




   

   翌日は、富士山の5合目まで車で行き、

  その後、東京へ帰る私達の車は、そのまま・・・、




  いざ、式場へ!!

















 2人「招待状の






     印刷を








    お願いしに







  参りました!」


   











   担当 「手作りじゃなかっ・・・」


 2人 「いえっ、
    
     お願いしますっ!」







   担当 「わかりました・・。急いで発注しますね・・」



  
   

      

              以下、いいわけ

         ↓




    いやぁ~、式場に頼んでも、

    そぉ~んなに高くなかったんですよぉ~、

   私のクソプリンターは、3枚に1枚は失敗作だったしぃ~。

    式場に頼んじゃえば、きれいにうまく印刷できるしぃ~、

   早いしぃ~、


   とどのつまりは、式場でお願いしたほうが






 早いの うまいの やっすいのぉ~



    

    
          




    すみません、

    逃げました、あきらめました、






  屁のつっぱりは

  いらんですよ!


いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005年06月14日(火)

新郎軍団、熱湯風呂

テーマ:新郎について


  リアルな世界に戻って参りました。

  





    先程、社内にて



  課長

  「ねえ、

  この前頼んだ書類、まだ?」





    リアルです。 







    昨日まで、新郎と一緒に逃避行をしていました。




 



  


        







  私 「ここは

     天国かしら・・・?」









     いえ、この桃源郷は、




  箱根の大湧谷




     であります。





     ベタな箱根旅行です。





    大湧谷は、約4,000年前、箱根火山活動の最末期に

    爆裂してできたらしい。

    今も激しく火山ガスが噴出、白い噴煙が上がっています。









        




   名物の黒たまごを食べる。


   1つ食べると7年寿命が延びるらしい。








   私 「新郎クン、キミも、一家の主として、


       健康で長生きしてもらわないと


       困るから食って」








    ふたりで6個食べました。






  

        




    火山活動で沸いている硫黄臭たっぷりの熱湯が、

    いたるところにあります。
 
    ボコボコと蒸気が吹き上げています。







   新郎 「ちょっと触って


       みようかなあ。


       熱いと思う?
(真顔)
















 私 「うん。







    確実に。」











   
    熱湯の温度は90度って書いてあるけど・・?



   黒たまご食べたぐらいで、



 己の寿命に


 自信持ちすぎだから。








    自殺寸前の新郎との、箱根の旅は続く。

  


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005年06月11日(土)

探さないで下さい

テーマ:結婚式内容




   いよいよ、招待状の締切りが

   近づいてきました。






    とりあえず、新郎と一緒に取り掛かります。





        




         ↑


        やる気まんまん30歳男子




 

   「俺、こういうのこだわりだすと

    ハマっちゃうタイプだから」








    ためしに買ってきた用紙を、プリンターに

    入れて印刷してみました。





   プリンター

   「ウィィィィィィーーーーーン」







    プリンター

 「ゴゴゴゴガガッツゴッガガガッ」







     
     プリンター


  「グシャリ










        







    招待状、折れまくりで印刷完了♪






    うまくいくと思ってたのに・・・・、




  折れ折れ詐欺・・・。


   
           ↑うまい?







   新郎 「あーやめたやめた、無理無理」





   
   というわけで、明日から



   

  現実逃避 IN 箱根







  「招待状の原稿を送ってください」 by 式場担当者

  「兄貴のニューヨーク転勤前にみんなで食事」 by 新郎両親

  「引越の手伝いをしてください」 by 新郎兄嫁







  まとめて無視します。  



    



     帰ったらちゃんとやるからぁぁぁぁ~。
 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年06月10日(金)

さわやかカップルでっす♪

テーマ:新郎について



  死んでましたパート2・・・・。




   昨日までずっと死んでました。

   仕事、テニスの試合、ビデオの原稿、

   その他諸々もろもろモロモロ・・・。

   忙しいなあと思ってたら、すっかりダウン。

   
   今日あたり、だんだんと良くなって参りました。



   さて。

   大学時代のクラスメイト、男6人に



   「結婚することになりました、

    相手はテニスでダブルス組んでる男」



   と、メールしたところ、




   「旦那の詳細を求む!!」



   という内容の返信がどんどん来ています。




   しかも、彼らみんな、



   「テニスで知り合っただと?


   その爽やかさは何なんだ?」



    と、ヘンな喰いつきです。




    野郎たち、大学時代は、かなりの遊び人。

   合コン三昧で、次から次へと女を泣かせる

   プレイボーイ達だったのです。



    ほとんどが数年前に結婚しましたが、





   「俺達はみんな、ナンパや合コンという


    きっかけで結婚したのに、お前の



   テニスという爽やかさが


    新鮮すぎる」






    というワケらしい。








   爽やか・・・・?


   私と新郎が・・・・?












    テニスサークル内で、数人の女に手を出し、







   新しく入部した私にもちょっかいかけ、







  「あいつの魔の手に捕まるんじゃない!」






  というアドバイスを散々言われた



   にもかかわらず、






  その男と結婚しようとしてる。


  この出会い、







  爽やか?






   



    先日完成させたという、9月の結婚式で流す


   私達のヒストリービデオですが、


   「ふたりのなれそめ編」


   でも、当時の電話やメールでのやりとりが克明に

        描かれています。






    最初に新郎からアタックを受けた(言い方、ダサっ)


   際の、私からの返信メール。





  

  



 私 「思い切り和風な顔立ち





    のくせに、やることは




   
    イタリア人みたいだからイヤ」










   






  

  非常にグローバルな


  フラレ台詞です。










     そんなこともありましたねぇ・・・。





    いやいや、新郎クン、今はおとなしいもんです。

    (騙されてる・・・・?)

  

    あの頃はきっと何か熱病にかかっていたんでしょう。

   

    言うなれば、私は




  黄熱病の治療を発明した


  野口英世みたいなもん?








    その熱病の再発⇒離婚、


    とならないよう、気をつけてほしいものです。



 
   


いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005年06月08日(水)

キタ━(゚ ∀゚ )━!!の国から ~遺言2005~

テーマ:結婚式内容



  死んでました・・・。





   ここ数日、ブログをアップするという

   非営利的な作業には全く手をつけられず、





  ◎ ヒストリービデオの

    原稿を仕上げる




  ◎ 5月の結婚式で、モリッと送られ

    てきた親戚からのお祝いへの

    内祝い送付作業




  ◎ 招待状の作成について、焦るのみ






     という三大ストレス作業に加え、




 

   ◎ テニスの試合、という肉体労働、

   ◎ 忘れがちな会社員という身分、

   ◎ 適当な主婦業

   ◎ 新郎兄一家のニューヨーク転勤手伝い








    なんか







    一気に











 キタ━━(゚ ∀゚ )━━!!!














  ⇒ 発熱ダウン


  ⇒ 舌に巨デカの口内炎







    ママー、いたいよー






    

     で、今のところ、



   ヒストリービデオ原稿だけ完成 ヽ(´∀`*)ノ






   125枚の写真と、7曲のBGMからなる私達の歴史、


   上映は9月10日。



    かみんぐ すーん。





    

   しかも、


   新郎にも一度も見せずに


   発送しちゃいました。






   新郎クンも、招待客の皆さんと一緒に当日見て下さい・・・。







    尚、ヒストリービデオの





    トップの写真は、


    新郎両親の学生時代デート写真



         注) 約43年前








    2番目の写真は、


    新郎両親の和装結婚式写真



         注) 41年前









    3番目の写真は、


    花嫁両親のグアム海外挙式写真


    
       

    うちの親の結婚式、30年前ですがグアム婚。

    時代の最先端です。


    しかも写真、父親が母親を



   「お姫様抱っこ」




    しています。



    

     なんか、キモいです。






    とりあえず、


    また落ち着いたら記事にしまっす。




    9月挙式の皆さん、そろそろ大変になってきてません・・?


      

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2005年06月03日(金)

エルム座の仮面怪人

テーマ:花嫁について


   もうすぐ父の日。





   新郎父には、去年もプレゼントしたが、

   結婚後(未入籍ですが) 初めての「父の日」となると、

   更に、嫁の俺様の器量が試されるってもんだ。



  でも一体何をあげたら良いのでしょう・・・?





   新郎に相談してみました。


   私 「何がいいと思う?」

  新郎 「わかんねーなー」




  私 「そうそう!お義父さん今、

     アレにハマってるじゃん!」






   先日、お義母さんが言ってました。



  義母 「お父さんね、あの映画

      ハマっちゃってハマっちゃって。

      私と見た後にも、ひとりで3回も

      映画館に行ったのよ。

      しかもサントラCD聞くために、

       ラジカセも買ったし、今度出るDVD

      見るために、DVDプレーヤーも買うって

      言ってるわ」





  
 

    これから出るDVD、お義父さんが買う前に予約してあげる、

    ってのはどうかと。

    本人がもらって嬉しいモノだとわかってるから、こっちも安心だし。



    

    新郎 「おっ、いい案だね~」


    私 「ねっ。あの映画、えーーっと、映画のタイトルは・・・」


    新郎 「えーっと、アレだよ、アレ、アレ・・・」




    二人の頭の中には、もちろん浮かんでるのです、

    映像もテーマソングも。



        
   


  

        




      じゃじゃーん、じゃじゃじゃじゃじゃーん♪






    私 「なんだっけな、映画のタイトルは!」


    新郎 「思い出せないっ、なんだっけ・・・」





   










  私 「仮面舞踏会だ!」














     



             










   新郎



   「少年隊かよ!






       違うっ!確かに仮面みたいなの

       つけてるけど」









    
    私 「仮面って言葉はタイトルに入ってないよね・・・。



     でもお化けみたいな


     幽霊みたいなイメージ




       が、タイトルに入ってたような・・・」







    新郎  「うーん、そうだっけな・・・・?」








   私 「どうしてもビジュアル的な面


      から浮かんじゃうんだけど、









   【エルム街の悪夢】







      ではなかったよね・・・」


















  新郎 「確実に違う」











 
 
                


                  ↑

              だって、似てない?





   注)二人ともストーリーは全く知りません。





    



    その夜。


    寝る前になって、



  また例の映画タイトルが気になりました。





    前々から、思い出してもまたすぐ忘れちゃうんです、このタイトル。

    相当、私とは相性が悪い映画です。



    


    そのまま就寝。そして夢を見ました。


    広島の私の父親が、すごく酔っ払って暴れています。

    なだめようとする私。

    しかし父親は全然落ち着きません。



    なぜか私は、

    「歌を歌って、なだめよう」



    と、思いつき、歌を歌うのですが、うまく声が出なくて苦しい。




   歌ってるけど、苦しい、


   歌ってるけど、苦しい・・・・。











       ねえっ、ねえっ、







     ねえっ、ねえって、








     ちょっと、ねえっ・・・・・











  新郎 「起きろっ!!」









     私 「あれ・・・?夢・・・?」



     新郎 「すんごいうなされてた、っていうか、

          苦しそうにしてたから起こした」



     私 「私、どうしてた・・・?」











   新郎



   「オペラみたいな歌、


   裏声で歌ってたよ」




















        

  ビンゴ!!















        

  「オペラ座の







   怪人!!」











     あー、すっきりした。



     でも、また今、このブログを書こうとして、


     「オペラ座の怪人」というタイトルが


     出てきませんでした・・。





     何だよー、フレディの奴~ (違)





    お義父さんには、「エルム街の悪夢」でなく、

    「オペラ座の怪人」のDVDをあげたいと思います。


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。