「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」は16日、政権選択時代の政治改革課題に関する提言を公表した。同日午後、鳩山由紀夫首相にも手渡す。提言は、衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に関し「政権を掌握して初めて明らかになる事実もある。想定外の難題も発生する」と指摘。夏の参院選に向けて「見直しが必要であれば修正すべきだ」と提案した。
 同時に「政権発足と同時に総点検に着手し、結果を踏まえて実現すべき公約を再確定し、首相自身で国民に説明すべきだった」と、公約点検作業の遅れに苦言を呈した。
 鳩山政権については「首相の指導力が国民から疑問視され始めているのは看過できない」と強調。「政治家が発言し、議論していることをもって『政治主導』とみなす雰囲気がある。政務三役が何でも抱えようとする姿は、『政治主導』とは似て非なる『政治家主導』だ」と批判している。 

ものつくり大の学生が振り込め詐欺疑似体験ソフトを試作(産経新聞)
<自民党>「国民安心税」公約 消費税率上げ医療などに(毎日新聞)
井上氏、たちあがれ日本は「参院選に影響なし」(産経新聞)
発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)
山崎さん無事帰還 「重力の強さ感じた」 完璧任務、夫「誇り」(産経新聞)
AD