counselorsのブログ

ライブではカウンセラーズ。時々、ソロもあり。スクールカウンセラーとして社会の出来事に対して、本音をズバリ書きます。異論反論もどうぞ。よくある「で、あなたはどっちなの?」のようなブログは書きません。元週刊誌記者でしたから時々有名人の裏話もあります。


テーマ:

   戦後72年を迎えた今、米国と北朝鮮の一色触発に平和日本も揺らぎ始めている。河野洋平氏が、対米追従一辺倒の安倍外交を危険だ!と批判(神奈川新聞)。自民党ハト派の河野外交は「政治とは戦争をしないこと」だった。憲法九条も守り「自衛のための実力行使が許される地理的範囲は日本の領海と公海、公空に及ぶが、武力行使の目的で自衛隊を他国へ派遣する海外派兵は、自衛のための必要最小限度を超えるものとして許されない」と、はっきりしていた。これをぶち壊したのが安倍だ。集団的自衛権なんて、米国のため我が国を捧げ日米同盟への依存度を深めて行く戦争ありきの新安保保障法制でしかない。

    法案が閣議決定したとき「これにより日本が戦争に巻き込まれるおそれは一層なくなっていく」と、強調した安倍のマヌケ顔が思い浮かぶ。

   長崎原爆慰霊祭の後、被爆者団体の代表から「安倍首相、あなたはどこの国の総理ですか?」と迫られた。核禁止条約に、世界で唯一の被爆国の日本が参加しないなんて各国は驚いたに違いない。トランプ大統領誕生時には、世界一早くポチ外交をした安倍が核禁止条約不参加を忖度した。新安保条約には「朝鮮半島有事の際には、在日アメリカ軍が事前協議なしに出撃できるといった密約が日米間で交わされている」と、いうことを日本国民のどれだけの人たちが知っているだろうか。

「戦争する国にしないための中立国入門」(磯村英司著・平凡社新書)を読んで、つくづく思った。安倍の祖父、岸信介が60年日米安保闘争あたりに、軍事優先の政策ではなく、永世中立国というオプションを検討すべきだったのではないか?と。

   磯村さんは「日米安保体制が同盟政策でありながら、その本質は日本の対米依存ないし対米従属であることは否定しがたく、新安全保障法制は対米依存・対米従属をより鮮明にした感がある。サンフランシスコ平和条約で独立を回復したあともなお、沖縄の基地問題などアメリカの意向を第一に考慮するような対米依存・従属が、はたして日本の安全保障を確保する最善の策といえるのか」

『戦後レジュームからの脱却』を言うならば、アメリカからの真の独立と、戦争に巻き込まれないための永世中立政策が必要と、磯村さんは提案している。

    戦争をしない決断をしたスイス、オーストリア、コスタリカ、スウェーデンに続き国連総会で永世中立国承認を目指す国にモンゴルがある。モンゴルは、中国とロシアからの圧力にも負けず、アメリカ、EU,日本、インドなど第三の隣国との関係を深める多元的外交を進めている。

    私は記者時代に、広島・長崎の原爆資料館を訪れる度、怒りで何度も泣いた。焦げた衣服、溶けた弁当箱、ねじれた三輪車…。親なら、すぐに我が子を重ね合わせて涙するのだ。毎年のように原爆慰霊祭に参加する安倍首相は、何とも思わないのだろうなあ?別に、自分に子供がいる、いないは関係ない。あの惨状を伝える遺品を見て、感じる心と想像力が欠落しているのだ。72年前の戦争で、私たちは310万人もの同胞を失った。そして誓った。どんなことがあっても、二度と戦争はするまい!と。幼い頃、祖父母たちからよく聞かされた。「お天道様(神様、仏様)に見られて恥ずかしいことはするな!」今この歳になって、この言葉の偉大さ重さをしみじみ感じる。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「流行とは、賢者が嘲笑しながらも、その命に従う暴君」(米国の小説家・アンブローズ・ビアス)流行とは確かに暴君です。誰もがスマホを片手に「歩きスマホ」が流行というより見慣れた光景となっています。恐ろしいことに、幼稚園児さえスマホを手にする時代です。私は、今年の4月に、ようやくガラケイからスマホに機種変更しました。それでも、使用するのは、身内や親しい人とのLINEだけで、調べものはiPadです。何が言いたいかと言うと、歩きながら調べものはしない!そんな行為はあり得ないのです。

 「歩きスマホ」の事故が多発するなか、ハワイのホノルル市では10月下旬から罰金制度が施行されるのを「天声人語」で、知りました。罰金額は日本円で1600円から3200円とか。

   外国人も日本人も「歩きスマホ」が、いつから当たり前と思うようになったのでしょう?あれは、まず仕事じゃないですよね。中には、仕事もプライベートも同じくらいできる人もいるでしょうが…。ドイツの哲学者カントは「流行遅れの馬鹿になるより、流行を追う馬鹿になった方がよい」と、言っています。私みたいにガラケイに拘る人間は流行遅れの馬鹿者だったのでしょうが、流行を取り入れた方が確かに無難です。でも、私たちは「歩いているとき、周囲の状況に目を配り、頭の中でさまざまな思いや考えをめぐらす」(作家・藤原智美)のも事実。

    背中に薪を背負い読書した二宮尊徳みたいに、人間は歩きながら思考できる生き物です。若者は「歩きスマホも二宮尊徳の読書も同じだ!」と、答えるかもしれません。まあ、私の住む地方の田舎でなら、歩きながらの読書もスマホも他人とぶつかる危険性はないかもしれないが、大都会での「歩きスマホ」では、駅のホームから転落死したり、自転車と衝突する事故が起きている。先日は、ムシャクシャした人が向こうから歩きスマホの人間に対して意図的にぶつかり憂さ晴らしする!と答えるニュース番組を見た。こんな人が増えてくると危惧します。だって、この「スマホ当り憂さ晴らし」は、意図的に当たり散らした方が社会的立場では正しいわけです。どう見たって「歩きスマホ」をする人の方が悪い。

    私の師匠である宗教評論家・ひろさちやさんは「流行とは、世間の代名詞です。我々は流行に楯突くのではなしに、流行に乗っかっていればいい。そして、心の中でちょっと軽蔑するのです。それが賢明なやり方」(狂いのすすめ・集英社新書)だと書いています。

    人間は完全ではありません。歩きながらスマホしなければ事故も起きないし、罰金を支払うこともない。それでも、罰則を作らないと生きられないなんて愚かなことです。

「人を裁くな!そうすれば、あなた方も裁かれることがない!」と、イエスは言いました。作家・藤原智美さんは3日間の「スマホ断ち」を提案しています。この3日間が長い!と感じる人は、すでに機械に支配されているそうです。私は「スマホを捨て(置いて)街に出よう!」と、寺山修司にあやかりたい!と思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

   怪物・清宮幸太郎の夏が終わった。清宮くんは「愛」に負けた気がする。東京都夏の地方大会で宣誓した「私たちは野球を愛しています」の言葉に、私はとても違和感を感じた。野球に限らず、どんなスポーツも好きで愛するからこそ続けられるはず。私は、軽々しく「愛」なんて公の場で語るなよ!の思いだった。自分に自信があったのか、それとも野球をひたすら好きな自分自身に酔っていたのだろうか?

    作家・伊集院静さんも清宮くんの宣誓に違和感を抱いた。スポーツ紙の一面で文字として読み「野球の神さまに愛されるように…とあった。少し驚いた。愛すると言う言葉をこういう所で使って大丈夫なのだろうか。愛するという表現ほど、言語表現の極にある言葉はない。それ故に、これほど曖昧な表現もない。どうして、周囲の大人が『それはやめときなさい。私にもその言葉の本当の意味はよくわからないし』と助言してやらなかったのだろうか。私は、日本語の使い方、誰が使うかで、違和感を持った」(週刊現代)

    愛という言葉は、恋人同士には欠かせない合言葉です。それでも、外国人のように常に触れ合い、キスをし「愛しているよ」とは、私たち日本人はできない。それとない距離感を保ち、以心伝心のような関係を好む。使いふるされた言葉ほど、使い方を間違えると災難を招くと今も思っている国が私たち日本人なのです。「言霊」(ことだま・言葉に宿っている不思議な霊威のこと)受験の時に「すべる」「落ちる」を発すると縁起でもない!と、嫌われる言い伝えのアレですよ。万葉集にも「言霊のたすくる国ぞ」とあり、言霊の霊妙な働きによって幸福をもたらす国であると書かれています。

    作家・作詞家の、なかにし礼さんから昔「歌で「愛」を表現する時はあまり思いをこめて歌わない方がいい!」と、教えられたことがある。昭和45年(1970年)に、レコード大賞をとった「今日でお別れ」だが、歌手・菅原洋一さんはレコーディングのときに、サビの部分「あの甘い言葉をささやいたあなたが」を、感情を込めややオーバーに悲しく歌った。女性経験が豊富で、モテモテのなかにしさんは違和感を抱いた。

「洋ちゃん、ここは明るく歌うべきだよ」と、駄目出しをした。菅原さんは「どうして?こんなに悲しい内容を明るく歌うなんてできないよ!ここは、思い切り女を泣かせたいな!」と、反論した。なかにしさんは譲らず「とにかく、個人的な感情に縛られて歌わない方がいいと思うよ。泣きすぎず、ケロット明るく歌った方が効果的なんだよ」菅原さんが渋々受け入れた「今日でお別れ」は、大ヒットした。

「歌には歌の神さまがいて、その神様が人を感動させる。歌手個人の解釈によって演出した歌い方で、人の心を動かせると思ったら大間違いだ。頭を解放して、心も体も投げ出して、何も考えずに、音楽と言葉と歌の神さまに身を任せて、ただただ生きている喜びを込めて、おおらかに歌う。それが正しい歌い方なのだ」(愛人学・河出書房新社)

   清宮くん、野球も歌も同じなんだよ。スポーツを愛するのは分かるけど、勝負に愛なんて必要ないんだって!勝つか負けるかでしょう。野球はチーム力だ。一人のスーパースターで最高峰まで行くのは至難なこと。準優勝は立派だ。私個人の解釈だけど、清宮くんも早稲田実業の仲間たちも、野球の神さまに愛されようとしたからじゃないの!?

    自己反省をこめて言うけど、最近の私達は、簡単に「愛」を口にし過ぎる気がします。「愛」って、口にしてしまえば軽いけど、本当は重いものなんだと思う。最後に、余計なことだけど、大学なんか進学せずにすぐプロ野球に進むべきだと思う。早稲田大学へ行ったら日本ハムの斎藤くんになっちゃう気がする。ヤンキースのエースとなった田中くんになって下さい!清宮くんの夏は終わったけど、君の野球道はこれからだよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

   配偶者と死別した人を「ボツ(没)イチ」と言う。65歳以上の男性で144万人いる。まだ若い市川海老蔵くんも「ボツイチ」だが、「入院費用を支払いたくない」との記事を見て本当かいな?相変わらず女性週刊誌らしい走り記事だろう?と思った。

  患者がどのような治療法を選択するかは医師と相談して決める。2014年の2月に人間ドッグで乳がんが見つかった段階で脇のリンパ節に転移していた麻央さん。たぶん、この段階でステージⅣだったと思う。

   私の妻も、胸骨と腰骨に転移していてステージⅣbでした。その瞬間、私は余命2年と自己診断した。週刊誌記者として、医学関係の記事も担当していたから、普通の人(海老蔵くん)より、医学知識はあり妻の症状も客観的に診断できたと思う。ステージⅣbとなれば、抗がん剤も効果はなく、ほんの少しだけの延命効果しかない。できるなら、痛みだけでも取り除く治療法を希望した。最終的には、苦痛しかない延命治療も拒否し、緩和ケアで最期を迎えさせてあげよう!と思った。でも、妻と息子は違った。抗がん剤治療を選択した。

    海老蔵くんと麻央さんも、切らずに治す治療法を選び、保健適用外の新薬から、水素水や気功などの民間療法にも傾倒したようだ。気持ちは分かる。妻も、水素水が効果があると友人から聞くと通販で購入していた。誰もが、藁にもすがる思いで「効くのではないか?」と、つい手を出したくなる。痛いほど気持ちは分かる。

   がんと闘う人は、生きられる時間の長さだけでなく、生きられる時間の質が大切に思うようになる。医師の言葉に敏感になり、数値の上がり下がりに一喜一憂する。私は、大学病院に付き添ったが、担当医の説明に表情が激変する妻の顔を何度も見た。二人で、病院玄関にあったスターバックスでよくお茶したが、気分がよい日は食欲もあり饒舌だった。先ほどまで、一時間の抗がん剤点滴の時には、苦痛の表情だったのに…。

   がんも、一人ひとり症状が違うから、医師におまかせする治療もありかもしれない。ただ、今はセカンドオピニオンが普及したから、少しでも疑問を抱いたり医者との対人関係がうまくないのなら納得するまでの医師探しや治療法に拘るのもありだ。妻は、二人の医師に関わった。

   一人目は男性医師だったが「イケメンで目が優しいの」と、楽しそうに語った。途中で病院が移動になり、二人目は独身の女医だった。「美人なのに少し天然なの。物をハッキリ言うのよね」と、苦笑いしてお気に入りだった。

   20年近く、卓球の選手として都大会や全国大会にも出場するスポーツ選手だった妻は、サッパリした人柄が好きで、たまたま担当医には恵まれた。海老蔵くんと麻央さんも、二人で病院と担当医を選び、チームとして乳がんと闘ったのだと思う。結果は分かっていたのだろうが、患者と家族は希望を捨てない。

    最愛の女性(ひと)を亡くした夫の哀しみ辛さは、海老蔵くんと同じくらい分かる。世間には、妻を亡くした後に素晴らしい言葉を残した著名人がいる。

   乳ガンで逝った歌人・河野裕子さんの夫・永田和宏さんは、裕子さんが息が止まる瞬間に「裕子と呼んだか行くな!と叫んだが、私の声に応じるかのように裕子は一度だけ息を吸ってくれた。彼女の耳に最後に届いたのが私の声であったという確信は、これからの私をいろんな場面で救ってくれることになるのだろう」(家族の歌)そして「君に届きし最後の声となりしこと、この後われを救わぬ」と読んだ。

   作家・伊集院静さんは「東京クルージング」なる作品の中で「人と人が別離するのに、その時はあまりにも悲しいことだが、目の前でその人(女性)が死んでしまった別離の方が酷な言い方かもしれないが一層あきらめがつきやすいのでは」と書いている。女優・夏目雅子さんを付ききりで看病した伊集院さんは、死後何年間は仕事もできず酒とギャンブルの日々を過ごし立ち直った。

   海老蔵くんは最期に麻央さんから「愛している」と囁かれた。もうそれで十分じゃないか!一泊5万円の個室病棟で何年間の治療費が3000万円(保険適用と非保険を含む?!)はすごい金額だが、実際は3万円だった!と、本人がブログで語っている。麻央さんの治療費とは比べものにならないが、私の妻は一泊4万円の個室に7日間。その後、緩和ケア病棟の個室(一泊1万円)で10日間過ごして逝った。

  抗がん剤治療も、保険適用でも3〜5万円が一回の治療費で出ていったから、貯金もなくなったが幸せな闘病生活を送らせてあげられたと思う。

    海老蔵くん、愛する麻央さんと死別して悲しみの日々だろう。その辛さから抜け出すには時間しかない。一年かかるかもしれないが、それが「ボツイチ」の宿命なんだ。麻央さんは、今も「愛している」と、あちらの世界で思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

   稀勢の里の二場所連続休場に、相変わらず優柔不断な力士だなあ!と思う。私は、かってブログで「稀勢の里は大関のままでいい」や横綱昇進も、もう一場所見た方が良い!と書いた。断わっておくが、私は関脇の頃から彼の大ファンであった。大関から横綱に何度となく昇進チャンスがありながら精神力の弱さでファンの期待を裏切り続けた。彼は力持ちで強いけど、まさにガラスのような精神力の持ち主。いくら稽古で力を蓄えても、一発勝負の土俵で力を発揮できないのなら真の強さではない。稀勢の里には、それが欠けている。

   佐渡ヶ嶽部屋が、まだ錦糸町の太平にあった頃に稽古風景を取材したことがある。各部屋の出稽古で魁皇や朝青龍らをバッタバッタと投げ飛ばす力士がいた。大関・琴光喜だった。まだ、先代親方の元横綱・琴櫻親方が存命で、私が「今場所は琴光喜の優勝間違いありませんね!」と声をかけると「あいつは稽古横綱なんだよ!稽古じゃ強いが本場所になると自滅する。気持ちひとつなんだけどなあ…」と語りました。大関・琴光喜は2012年の八百長問題で引退しましたが、魁皇と並ぶ最強の大関でした。私は、大好きな稀勢の里も最強の大関で終わるものだと確信していました。似た横綱がいます。鶴竜です。彼も大関時代二場所連続優勝して横綱に昇進しましたが、横綱になってからは一回しか優勝していません。実力は大関だと思います。稀勢の里も、早く日本人横綱が欲しい日本相撲協会の興行目的で昇進したものだと私は思っています。それに、ファンの待望力にメディアも乗っかった。本当のファンというものは時流に流されることなく冷静な判断をすべきです。先場所完全休場していれば、今場所はこんな無様な姿をさらさずに済んだのに…。本人なのか親方か分かりませんが決断ミスとしか言いようがありません。たぶん、興行的に日本相撲協会の無言の圧力もあったと思います。稀勢の里が横綱に昇進した時、雲竜型を指導したのが62代横綱の大乃国芝田山親方でした。私は、二人の練習風景を見た瞬間、嫌な気分になったのです。大乃国が横綱になった1980年代後半は、まだ八百長相撲が行われていた頃でした。横綱・千代の富士や現在の日本相撲協会理事長の八角親方こと横綱・北勝海の九重部屋全盛の頃。ガチンコ相撲の大乃国に対して、各部屋の力士たちは「大乃国包囲網」体制で固まり攻撃しました。確か、ダメージを受ける相撲が多く、大乃国が勝負に勝っても負けてもヒヤヒヤする取り組みでした。確か、前頭上位の板井という力士は、平然と張り手を連発していました。今、横綱・白鵬を前頭の遠藤や宇良が張り手なんかしたら大問題になるでしょう。大乃国は、この小結まで昇進した板井の張り手を恐れ常にビクビクしていましたね。そして、横綱なのに8勝7敗の成績でした。前置きが長くなりましたが、私は稀勢の里は第二の大乃国になる気がして仕方ありません。大乃国も、優勝は2回で短命横綱として力士生活を終えています。日本人は、どうしても大同を重視し、小異を捨てる考えに走る傾向があります。自分は他人とは違うのだから、自分にふさわしい道や生きかたがあるのに世間体を意識し過ぎるのです。釈迦の「自灯明、法灯明」の教えのように、自分自身を灯明とし、法(教え、真理)を灯明にして修行を続けなさい!とすれば自分自身を見失うこともないのに…。稀勢の里には、他人のことは気にせず、自分道をしっかりと歩め!と言いたい。来場所も休み、九州場所で全勝優勝してもらいたい!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。