看護師を辞めたいほど仕事がつらいあなたのためのお悩み相談室~転職するかどうか迷っているあなたをサポートします

毎日のように、仕事を辞めたいと思い続けていて苦しい
失敗ばかりしていて落ち込んでいる
看護師としてやっていく自信がない

そんなあなたの悩みを解決し、これからの人生を前向きに進んでいくためのお悩み相談を行っています。

ブログでは決して書かない「深い話」を

こちら↓からお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします
これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決
「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!
これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

テーマ:

●この状況、あなたならどのように視点を変えますか?

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

ナースプラス様で、

「「ネガポ」なコトバ」の執筆も

担当させていただいております!

 

ネガティブに思えることでも、

視点を少し切り替えるだけで、

元気になれる考え方に生まれ変わります。

 

あなたのお悩みも視点を変換して、

不安を明るく吹き飛ばしてしまいましょう!

 

今回のテーマは


「彼氏に甘えたくても 甘えられない……」

「メニューを決めるのが遅い……」

「潔癖症なんです……」

 

です。

 

あなたなら、この状況をどのように

考えると元気になれそうですか?(^-^)

 

ヒントは こちら から!

 

 

↓あまり、誰も書かないような深いお話をこちらからお届けしています(^-^)

2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●聞きたくても聞けないなら聞かなくていいですよ^^

 

こんばんは。

 

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

カウンセリングでご相談される悩みの上位に

位置づけするのが

 

「聞きたいことがあっても、どうしても先輩に

聞くことができない」というものです。

 

実はこれ。

 

新人看護師さんの悩みに

限ったことではありません。

 

以前、私が企画しているコーナーから、

このようなメッセージをいただきました。

(無料相談ではありません)

 

-----

 

私は、今年で3年目の看護師です。

3年目になると、ある程度仕事にも慣れ、

楽しくなる頃だと先輩方からお聞きします。

 

しかし、私はその気持ちに共感できず、

むしろ

 

「ここの病棟は自分に合ってい

ないんじゃないか?

もっとゆったりとしたところで働きたい」

 

と思ってしまいます。

 

今の職場環境は、悪い方ではないと思います。

 

でも質問できる先輩とそうでない人が

私の中ではっきりしてしまい、

どうしても聞けないのです。

 

それは、「この人に嫌われたくない」と思うと

緊張して小さな声になったり、

伝えなければならない事も伝えられず、

インシデントも数え切れないほど書きました。

 

他人中心な自分が情けないです。

 

-----

 

メッセージをありがとうございます!

 

確かに、私の場合も3年目から仕事が

楽しくなってきたなぁ・・・と思い返して

います^^

 

でも、受け止め方は人それぞれですし、

置かれている環境も違いますから、

先輩の気持ちに共感できないということも

あると思いますよ^^

 

「聞きたいことがあるのに、聞けない」

 

そんな悩みを友達や先輩など、

周りの人に相談しても、たいてい

返ってくる返事は、

 

「患者さんや周りのスタッフに迷惑をかけて

しまうし、自分も結果的には損をするんだから、

ちゃんと聞かなきゃダメだよ」とか。

 

「仕事でわからないことを聞くのは当然でしょ?

いつまでも聞けないでいたら、仕事なんて

身につかないし、いつまで経っても成長なんて

できないよ」

 

などといったところでしょうか・・・。

 

確かに、そうかもしれません。

 

でも、「・・・そうですか・・・そうですよね・・・」と

納得し、すぐに実行に移すほど人の心は

単純ではないですよね^^

 

患者さんのため。 自分のため。

 

スタッフに迷惑をかけないためなのは、

頭ではわかってる。

 

「でも、どうしても聞けないんだよ~(涙)」

というのが、 本音なのではないでしょうか。

 

実は私の場合、基本的に

「質問したくない」と思う

先輩や後輩には質問しません。

 

えっっ?!と思いました?(^w^)

 

だって、聞きづらい人と聞きやすい人だったら、

当然、聞きやすい人に質問したくなりますよね。

 

あなたは、どうですか?^^

 

こういう、「感情」が絡む問題の場合、

「仕事なんだから、聞けないなんて

言ってられない でしょうよ・・・」という正論は

通じないことが多いのです。

 

で、「どうしても聞きたいことが聞けない」という

悩みを抱えている方があまりにも多いので、

逆に、「聞きたいことを聞かずして仕事を

するためには どうしたらいいのか?」という

視点で一時期、ずっと考えていたことが

ありました。

 

結論を言います。

 

わからないことを聞かないまま

仕事をすることは可能ですが、

やはり限界があります。

 

私は、昔から聞きたくない先輩ばかりと

一緒の勤務のとき。 どうやって聞かずして

仕事ができるのか

ということばかり考えていました。

 

でも、例えば、苦手な先輩が

リーダー業務をしていて。

 

どうしてもその人に聞かなければ

わからない場面に遭遇することがあります。

 

そんなとき、私は 「あ。もう無理。

仕事が全然進まないから聞く」 と

『英断』するのです。

 

今回の大切なポイントは

 

①聞きたいのに、聞くことができない

→そんな自分が許せない、そんな自分は

ダメだと思ってしまう

 

という視点ではなく、

 

②聞けないからできるだけ

聞かない方法で動く

→無理だとわかったら時点で英断する

 

という考え方なんですね。

 

①と②のなにが違うかというと、

 

①は(自分には)「できない」「許せない」「ダメ」

というネガティブ系の考え方

 

②は「動く」「英断する」というポジティブ系の

考え方です。

 

先輩や後輩に聞けない。

もしくは聞きたくないのなら、

聞ける人を探す。

 

聞きたい人に聞けるまで

何とか聞かずに待つ。

 

連絡ノートや指示簿、看護記録などに

聞きたいことの答えがないか探す。

 

ありとあらゆる方法で聞かずに

済む方法を探してください。

少なくとも私はそうしてます。

 

でも、それが自分や患者さんあるいは

他のスタッフに影響を及ぼしかねない

段階を「どこで見極めるか」が大切です。

 

この見極め方さえ間違えなければ

大丈夫ですよ^^

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

●相手の悩みに良いアドバイスができない自分がつらい

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

人から相談を受けたり、悩みを

打ち明けられたとき。

 

それが大切な人であればあるほど、

何とかしてあげたい。

 

少しでもその人の役に立ちたいと

思っているにも関わらず。

 

実際に話を聴いても何一つ、

うまいことが言えない自分に

がっかりしたり、無力感を

抱いたことはないですか?

 

とくに、自分が口下手であると

感じる人ほど、そのように

思ってしまいがちです。

 

逆にいうと、そのような人は、

せっかく、意を決して私に相談を

してくれたのだから、相手が楽に

なれる言葉がけをしなければならない。

 

「相談して良かった」と思えるような

アドバイスをしなければならないと

思っているのかも知れません。

 

しかし、自分に置き換えて考えると、

仮に自分が誰かに相談したいときは、

相手に何を求めて相談するのでしょうか。

 

もちろん、「解決策を知りたいから」

「他の人の意見を参考にしたいから」

というのも、もっともなご意見でしょう。

 

しかし、「なぜ、解決策を知りたいのか」を、

もう少し掘り下げていくと、

 

自分が「安心したいから」(安心感)、

自分の考えを整理し、すっきりしたいから(爽快感)。

 

他にも、人と繋がることでの満足感などと

いった「感情」があることが見えてきます。

 

つまり、相談をするときに、

本当に心から相手が求めているのは、

必ずしも「解決策」ではないのです。

 

人は誰かに「話す」というアウトプットを

するだけで心が軽くなる場合も

多々あります。

 

また、別にアドバイスがなくても、

「何かスッキリしたなぁ。」と思うのは、

相手がいてくれたからこそ。

 

話ができる存在がいる。

話を聴いてくれる人がいるだけでいい

場合もあります。

 

相手の心に寄り添うことは、

必ずしも、良いことを言うことではないし、

アドバイスをしてあげることではないのです。(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●「私ばかりが責められている・・・」とよく感じますか?

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

スタッフから声をかけられたとき、

 

「・・・もしかして今、私のことを

責めた?(涙)」

 

「あーあ・・・。絶対に責められたよね・・・」

 

「そんなに責めなくたって・・・(涙)」

 

と思って落ち込むことはないですか?

 

例えば

 

①「さっき頼んだ伝票、まだ検査室に

流してないよね?」

 

②「まだ帰れないの?」

 

③「それって、ドクターに報告した?」

 

④「点滴の落ちが悪いからちょっと早めたよ。

あとで見ておいて」

 

⑤「まだバイタルとか、測ってないよね」

 

などと言われたとき。

 

あなたは、①~⑤の中で

「・・・責められている・・・」と感じたものは

ありましたか? 

 

もしあるとしたら、いくつありましたか?

 

で、種明かしをすると①~⑤の発言は、

あなたを責めるようなことは、

ひとつもありません。

 

「いやいや坂口さん責められてるよ。絶対」 と、

もしも思う場合は、ちょっと注意が

必要かもしれません(^-^;)

 

単純にスタッフは

 

①「さっき頼んだ伝票、まだ検査室に

流してないよね?」

 

→流したか流していないかを聞いている

 

②「まだ帰れないの?」

 

→帰れなさそうなあなたに声をかけただけ

 

③「それって、ドクターに報告した?」

 

→ドクターに報告したかしていないかを

聞いただけ

 

④「点滴の落ちが悪いからちょっと早めたよ。

あとで見ておいて」

 

→滴下調整したことを伝えただけ。

 

⑤「まだバイタルとか、測ってないよね」

 

→測っていないということを確認しただけ

 

なんです。

 

ところが、常に「自分が責められてばかりいる・・・」

と思う場合、相手が確認や報告の意味で

聞いたことさえも 悪い方向に解釈する

クセがあります。

 

①「さっき頼んだ伝票、まだ検査室に

流してないよね?」

 

→早く伝票を流さない私のことを責めてるんだ・・・

 

②「まだ帰れないの?」

 

→仕事が遅いことに呆れられてるんだ・・・。

 

③「それって、ドクターに報告した?」

 

→医者に報告しなかったことを

責められてるんだ・・・。

 

④「点滴の落ちが悪いからちょっと早めたよ。

あとで見ておいて」

 

→滴下調整もちゃんとできないと

思われてるんだ・・・。

 

⑤「まだバイタルとか、測ってないよね」

 

→そんな基本的なことすらできない人

だって思われてるんだ・・・。

 

どうでしょうか?

 

実は、スタッフからすれば、 何の悪意も

意地悪も責めるつもりもないのに、

過剰に「責められてるんだ・・・」 と

解釈しちゃうことってないですか?

 

私、実はよくあります^^

 

仕事中に「さーかぐーちさーん!」と

呼び止められただけで、

 

「・・・ひぃぃ!また何かやっちまった?(涙)」と、

ビクビクするタイプです。

 

でも、そのお陰で、人の言動に対し、

事実と解釈を分けて考えるのは

とてもうまくなりました。

 

「まだ○○の件、やってないんだよね?」と

聞かれたとき。

 

「やっぱりやってないのってダメだった?

もっと早くやるべきだった?」と、

一瞬、オロオロすることがありますが、

 

「ん。待てよ。『やってないんだよね?』は、

事実かどうかを聞かれているだけで、

別に責められてはいないよね」

 

というように、すぐに意識を

戻せるように なりました。

 

「でも、坂口さん。相手は明らかに責める

ような言い方でしたよ?」と思うことも

あるかもしれません。

 

でも、もともとの言い方がきつい人だと、

仮に優しいことを言われても

「私ができなさすぎるから、

もう呆れて見放されてるんだ・・・」 などと

疑ったりもしますからね(^-^;)

 

というか、そういうときは、相手の真意を

過剰に汲み取ろうとするのは、

疲れるのでやめています。

 

だって、本当に改善して欲しいことが

あるなら、それをきちんと伝えてくれれば

いいだけの話ですし・・・。

 

「何を言われても責められている」と

感じることが多い場合は、これ、絶好の

訓練チャンスです。

 

今度、同じようなことがあったら、

「事実」と「解釈」を分けて考える

ようにしてみてくださいね(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●嬉しいできごと

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

最近、クライアントさんから

近況報告をいただくことが

増えています。

 

なかには1年以上前に

セッションをさせていただいた

クライアントさんからも(嬉)

 

「今幸せに働けているのも

去年たくさんサポートして頂けた

お陰なのでお礼のご連絡をしないと!って

毎回思いつつ。。 去年は沢山サポート

してくださって ありがとうございました」

 

「坂口さんのお陰で今年も元気に

過ごせていますというご報告が

今年もできたこと 本当に嬉しいです♪」

 

など、嬉しいお言葉をいただきました(^-^)

 

また、現在、セッション期間中のクライアント

さんからも、重要な体感と気づき、そして

環境の変化があったとご報告をいただき、

とても嬉しく感じました。

 

メルマガに関しましても、

感謝のお言葉を

いただける機会が再び増え、

とても嬉しいです。

 

今年は個人的にいろいろなことが

あり、活動も遅々としていましたが、

こういう風にご報告やお便りを

いただけると励みになります(^-^)

 

あまりにも嬉しかったので、

近況報告として書かせていただきました。

 

ブログやメルマガでは、私自身の

プライベートはほとんど語らない

「謎」(でもないか(爆))の女ですからね(^w^)

 

来年はもっとプライベートなことを

書こうかな~(独り言)

 

いや、今年から書いていこうかなー。

ドラマの話とかドラマの話とか

ドラマの話とか・・・。

(ちなみに、テレビっ子の私は

ドラマやバラエティーを週に35番組

録画し、ほぼ2倍速で再生して観ています。

年末は当然、特番の録画で忙しいです(笑))

 

てなわけで来年もどうぞよろしく

お願いいたします。

 

(↑って、1年のあいさつ早すぎるわいっっ!)

 

あ。もちろん、来年まで更新しないわけでは

ありません(^-^;)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●失敗を避けていたはずなのに、失敗するのはどうして?

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

唐突ですが、質問です。

 

あなたは自分の人生に対し、

 

「できるだけ、傷つかないように」

「できるだけ、失敗しないように」

「できるだけ、恥をかかないように」

 

と思いながら、生きていませんか?

 

残念なことに、そう思いながら

生きている人は。

 

人一倍、傷つくし。

人一倍、失敗するし。

人一倍、恥をかきます。

 

もちろん、「傷」「失敗」「恥」 だけじゃないです^^

 

「怒られたくない」

「バカにされたくない」

「嫌われたくない」

 

・・・などなど、「~しないように」とか、

「~たくない」系も同じね(^-^)

 

で、どうして、「~になりたくない」と

思っているのに、「~になってしまう」の

かといいますと。

 

「意識の焦点をあてているものは、

それが なんであれ、強調される性質を

持っているから」 なんです。

 

つまり、「失敗したくない」と常に

恐れおののいている人は、 「失敗」に対し、

ものすごく 執着しているんです。

 

ここでいう「執着」とは、

 

「それを特別なものだと思い込み、

考え続けること」です。

 

これね。

自分が普段から意識して考えて

いることだけじゃないんです。

 

無意識の領域でも、「失敗」という概念に対し、

恐れおののいていると、

 

・・・やはり、失敗しちゃうパターンなんだな。

これが。

 

「じゃあ、逆に、「成功する・・・」「うまくいく・・・」 と

思っていれば、いい感じになるんですか?」

という質問が浮かぶかと思いますが、

そういうわけでもなかったりするんです。

 

その理由は顕在意識より、潜在意識の

力が勝っているので・・・という話なんですが、

今回のテーマとは逸れてしまうので、

割愛します。

 

さてさて。

 

ここまで、読んでみて、怖くなりました?

 

でもね。 安心してください。

履いてますよ・・・(古?)

 

ではなく、 安心してください。

 

実は、とある考え方をすることで、

「執着状態」から抜け出すことは

可能なのです。

 

それは、どういう考え方かというと。

 

「傷」「失敗」「恥」などの経験を

むやみやたらに忌み嫌わない。

ということ。

 

ぶっちゃけた話、ここから先の

あなたの人生。

 

傷つかない。

失敗しない。

恥をかかない。

 

ことなんて、「無理」です。

 

だって、「傷つく」を経験しないと

「傷つかない」を知ることはできない。

 

「失敗する」を経験しないと、

「失敗しない」を知ることはできない。

 

要するに、「幸せ」は「不幸せ」という

言葉の対極に位置するものだから、

「不幸せ」を経験しなければ、

「幸せ」を体感することは

不可能なのと 同じ。

 

「でも、そうなると、私はイヤというほど、

失敗を経験したよ?」

 

「十分に傷ついたよ?なのに、

また傷つかなきゃならないの?」

 

という話になるのですが。

 

その時点で、すでに「失敗」「傷つく」=

「悪いこと」という解釈になってしまっている

わけですよ。

 

もうね。

ループ状態なんです。

 

もう一度、言いますね。

 

これから先、多かれ少なかれ、

あなたの人生で 「ネガティブ」だと思う出来事を

避けて通ることはできません。

 

必ず、起こります。

 

 だけど、いっちばんの大事なポイントは。

 

「ネガティブな出来事が起きても

いいんじゃね?」ということ。

 

だって、避けて通れないんだもん。

避けて通れないものを 無理やり、

避けて通ろうとするから、

恐れや不安で縮こまって生きる人生になる。

 

障害物に当たらないように。。。 と小さく、

縮こまって歩く人生って、

息苦しくないですか?

 

小さな目先のメリットをつかんでいるつもりが。

実は、でかいデメリットをずーっと、

つかみ続けているだけかもしれないということも

あるかもしれないと考えてみてくださいね^^

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:

●夜勤時の睡眠リズムの上手な調整法

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

ナースプラス様でコラムの執筆を

担当しています。

 

あなたは、夜勤をしていますか?

 

明けで帰宅したら何時に寝てます?

 

深夜入りの日は何時に起きて

何時に寝ますか?

 

夜勤が生活のサイクルに

組み込まれていると、 「寝れない」という状態は

翌日以降の体調に影響を及ぼします。

 

今回のコラムテーマは

「夜勤時の睡眠リズムの上手な調整法」です。

 

詳しくは こちら から

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●やり忘れていることを思い出すコツとは

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

業務の終わりに、

「あれ・・・。何かやり忘れたことは

ないかな・・・」 と振り返りをするとき。

 

「う~ん・・・。なんだっけ・・・」

 

「何かやり忘れていることが

あるような 気がするんだけど、

思い出せないな・・・」

 

「ま、いっか♪何かあったときは、

そのときそのとき♪」 と思いながら

家に帰ると。

 

「は!!やばっっ!!」と思い出して、

焦るときってないですか?

 

とくに夜勤明けは、 思考能力が停止し、

「・・・???」の状態になることって、

多いですよね(笑)

 

でも、大切なことを忘れると、

患者さんからの信用を損ないますよ(汗)

 

私が日勤からの業務を引き継いだ

あとに、

 

「日勤の看護師に頼んだのに、

どうなったかの返事がいつまで

経っても こない!!

どうなってるんだ!!」

 

と、憤慨している患者さんからの

クレームを受けることって、

けっこう、多かったりします(^-^;)

 

思い出したい・・・。

でも、思い出せない・・・。

 

そんなときは、どのようにすると

よいのでしょうか?

 

大切なのは『細分化』です。

 

細分化とは

「項目ごとに区切って考えること」 。

 

例えば、

 

・患者さんに伝え忘れはないか

 

「あとでお返事しますね」とか、

「確認しておきます」といって、

返事を伝え忘れたことはないか。

 

・スタッフなどの関係者に

伝え忘れはないか

 

患者さんに、エアコンの調子が悪い

ことを師長に言い忘れた!とか。

 

食事変更の件、栄養科に電話するの、

忘れてた!など、他部署への連絡で

忘れていることはないか。

 

・注射・点滴類

 

点滴のロック、したかな・・・?

 

インスリン、ちゃんと打ったかな・・・?

 

患者さんのベッドサイドに

注射針とか置き忘れていないかな・・・?

 

・栄養

 

経管栄養(胃瘻なども含む)、

ちゃんと終わらせたかな?

 

きちんと後片付けをしたかな。

 

・バイタルの再検

 

熱発している人の再検はした?

 

溶けたアイスノンは片づけた?

もしくは新しいものと交換した?

 

・記録物

 

書き忘れた記録、ない?

書きもれはない?

 

などと、項目別に分けて

考えることが大切です。

 

細分化したものを

付箋(メモ紙でもOK)に、

<最終確認リスト>

として以下のように

書き出しておくと良いでしょう。

 

<例>

 

・伝達(患者)

・伝達(スタッフ)

・注射・点滴

・栄養

・バイタル

・記録物  などなど

 

で、もっといいのは、あなたが

今日、担当していた部屋を

頭の中でイメージすると、

効果はもっと上がります。

 

患者さんのお部屋・・・

患者さんの身の回りの状況・・・。

ベッドの位置・・・。

 

そう。くまなく、今日、あなたが

いたところをリサーチする感じです。

ぜひ、試してみてくださいね(^-^)

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●自分のやりたいことがわかりません

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門カウンセラーの

坂口です。

 

「やりたいことがわからない」という

悩みを持つ方に対し、思うのは、

 

「やりたいことを探す前に、

自分がやりたくなくてやっていることを

極力、減らすことが先なのでは」

 

と思います。

 

もちろん、生きていくとうえでは、

自分がやりたくないことも

やる必要があります。

 

「やりたいことがわからない」という

思いの裏に何があるかというと。

 

「やりたくないこと」を、

『やらなければならない』と

言い聞かせ、 「やりたくないという思考」

そのものに、 異常にエネルギーを

注ぎ過ぎているから。

 

思考にエネルギーを注ぎ過ぎているとは

どういうことかといいますと、

 

「あー。イヤだ」

「あー。つらい」

「あー。しんどい」

「嫌なものは嫌なんだよ」

「だけど、やらなきゃ

どーしよーも ないし」

「でも、つらいし」

「ほんっっっっと、イヤだ!」 などのように、

 

「やりたくないこと」に関連する思考

ばかりが、頭のなかを占拠して

しまっている。

ということでもあります。

 

頭のなかが、イヤなことだらけで

一杯だと、そりゃ、「やりたいこと」に

気づく余裕なんてなくなるよね(^-^;)

 

しかも、「やりたい」っていうのは、

思考で「ああ。そうか」と納得できる

ものではなかったりします。

 

「やりたい」という気持ちは、

思考ではなく、感情・欲求の部分です。

 

だから、「無理にやりたいことを見つけよう」と

した時点で、それはすでに 「思考の領域」で

モノを考えているので、 たいてい、自分に

とってしっくりときません。

 

だから「やりたくない」というテーマに

まつわる思考ばかりにエネルギーを

注いでいては、 「やりたい」ことには

なかなか気づけない。

 

ほんとにやりたいことって、

自分の人生で どれだけリラックス

しているかによって 見つけやすさも

変わってくるのです^^

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●看護師VS介護福祉士?!

 

こんばんは。

看護師の悩み解決専門

カウンセラーの坂口です。

 

今日は、ずっと昔に行っていた

無料相談の 回答を

ご紹介しますね。

 

(現在、無料相談は行って

おりませんのでご了承願います)

 

-----

 

組織には、さまざまな個性をもった

人々が働いています。

 

そのなかには、自分に合う人もいれば、

そうでない人もいることでしょう。

 

自分らしさを保ちながら、

どのように周囲と調和していけばいいのか。

といったテーマで悩む方も少なくありません。

 

今回はペンネーム「まーちゃん」さん

からのご相談です。

 

◇ご相談内容◇

 

私は、デイサービス勤務の看護師です。

1日から臨時職員として勤務し始めた

ばかりです。

 

そこは、35歳から60歳代の職員がいて、

3年~10数年勤務している感じです。

 

「見て覚えて」的な感じで、聞かないと

教えてくれません。

 

幸い、私は、他で、デイ勤務経験があり、

それを評価され就職が決まったのもあり、

そのせいか、何もいわれません。

 

私は、まだ、利用者さんのサマリーさえも

みせてもらってないです。

 

なので、自立歩行可か?

トイレ介助時、付き添いが居るのか?等。

いちいち聞き、確認しています。

 

何より、しんどいのは、介護者同志、

フォローがないことです。

 

60代の方に、冷たくて、自分たちの

好きなようにされています。

 

私は、周りを観察する。。。

くらいしかできません。

 

なぜなら、退職する60代のナースは、

「見て覚える」時代の方なんでしょうね。

 

聞く前に、さっさと済まされていますから。

 

ナースは、パートの30前半の人と、

4カ月前に就職された常勤の方です。

 

この方は、ベテランで、

私とも考え方が似ています。

 

なので、退職されるナースが

いなくなれば、色々改善しよう、

と言ってくれます。

 

介護スタッフのドンがいて。。。

その人の、気分次第、

仕事が回る、ことにも気が付きました。

 

嫌われないよう、持ち上げているのが、

見ていて分かります。

 

私なりに、気をつけていきたいですが、

このタイプ、苦手です。

 

私は、群れるタイプでもありません。

媚びるのも嫌です。

 

今後、仕事がしやすいよう、

また、他人の評価もきになります。

 

どのように、解決したらよいでしょうか。

よろしくお願いします。

 

ちなみに。。。

 

ドンは、職場結婚して、そこには10数年

勤務されてる女性です。

 

男性は少なくて、25、36歳が2人、50歳です。

 

女性は、33歳ナース、介護職、

38歳のドン、39歳、46歳、50歳、

62歳の方です。ご参考まで。。。

 

長くなりました。

いつも、元気をいただいております。

ありがとうございます。

 

◇私からのメッセージ◇

 

まーちゃんさん、

ご相談ありがとうございます。

 

私の文章から、元気をいただいて

いるとのこと。 とても嬉しいです。

ありがとうございます!

 

さて。本題に入らせていただきます。

 

病院においても、もちろんそうですが、

デイサービス、介護老人保健施設、

特別養護老人ホームなどの場合は特に、

働く人達の年齢層もとても幅広いのが

1つの特徴と言えるのかも知れませんね。

 

また、看護師と介護士の連携についても、

様々な問題点のある施設もあり、私自身も

介護福祉士さんやヘルパーさんらと

共に働いた経験もあるので、ある程度の

イメージはつきます。

 

スタッフの退職と共に、環境も変化していく。

そんな過渡期に来ていたのかも

知れませんね。

 

そして現在は、「介護スタッフのドン」が

いらっしゃるとのこと・・・。

 

あるスタッフの気分次第で、

仕事の回し方にも差が出てくるのは、

よくあります。

 

何を怒っているのか知らないけれど、

面白くない顔でムッとしている。

 

あるいは、気分で物を言ったり、

時には話しかけても無視をする・・・。

 

そんなスタッフがいて、とてもやりにくかった

経験があります。

 

実は、私自身、残念なことに

「看護師と介護福祉士の関係性」が

良好な職場というのは、あまり聞いたことが

ありません。

(私自身が知らないだけかも知れませんが)

 

大抵、関係性が良くない原因の多くは、

「介護士なんだから、これ位やって当然」

「看護師はこれ位のことすらしてくれない」という、

双方の業務内容についての認識のズレが

生じていることが挙げられます。

 

これは、管理職クラスの人間も含めて、

看護師と介護士の役割の明確化や、

捉え方についての統一と浸透を図る

必要があるのかも知れないとも感じますが、

そもそもが、お互いに「権利ばかりを主張し合う」、

つまり、助け合い、理解をしようとし、

歩み寄るという姿勢が不足していることが

根本的な原因なのかも知れません。

 

ですから、やはりどれだけ同じ職場の

スタッフに敬意を持てるかというところが、

スタートラインになるのかも知れないと、

様々な紛争(?!)を見ていて感じます。

 

確かに、職場には苦手な人は少なからず

いるかとは思います。

 

あるいは、「苦手」を通り越して「大嫌い」な

人もいたかも知れません。

 

しかし、「人は皆、平等で愛すべき兄弟。

そう。人類皆、兄弟!だから、好きになる

努力をして下さい!」というのは簡単ですが、

それが出来たら苦労はしませんよね。

 

ですから、苦手な人は苦手なままでも

良いと思いますし、群れるタイプではないし、

媚びるのも嫌とのことですから、

それでいいのだと思います。

 

 今後、仕事をしやすくするには、

大きく分けてポイントが2つあります。

 

1つは、苦手な人がいて、

群れるタイプでもなく媚びるのも

嫌なまーちゃんさんが、どれだけ

心をフラットにして、周囲と調和していくのか。

 

そして、もう1つは、決して媚びることなく、

相手の良い所を積極的に伝えることができる

のかということだと思います。

 

つまり、「動じない自分」

「人の良い所を認めて、伝えることの

できる自分」をいかに創り上げるかという過程。

 

それを、微調整をも含め、「楽しむ」のです。

 

文面を見る限り、恐らく、まーちゃんさんは

観察眼が鋭く、客観的に周囲の状況を

冷静に見ることのできる方だと思います。

 

ですから、「この人の発言や態度の裏にある、

本当の思いは何だろう?」などと考えることで、

人間理解が今以上に深まるのです。

 

観察眼が鋭いということは、自分の内面を

観察することも、本当は得意なはずです。

 

ですから、自分の周囲に居る人達が、今、

自分の目の前に存在しているのはなぜか、

そして、そこから導き出される「自分の課題は

何か」も、自分なりに気づくことができれば、

解決の糸口も早いような気がしています。

 

「微調整」というのは、「どうやって、感情の振れ

幅を少なくするか」という

バランスのことを指します。

 

具体的にいうと、例えばですが、

「私は人に媚びない」が度を超えると、頑なになり、

周囲からはツンとした態度に見られる人も

少なくはありません。

 

また、「群れるタイプではない」が度を超えると、

ちょっとした仲間の食事会にも、あっさり

「私は行きません」と断る場合も、

なきにしもあらず。ということです。

 

(もちろん、そのような人は、「自分に嘘を

つかない」という意味では問題は

ありません。本人がそれでいいなら、

それでもいいのです)

 

しかし、「自分は何と言われようと、

自分のポリシーを貫きたい」というよりも

「周囲とうまくやっていきたい」の気持ちが

強いのであれば、

 

「私は、群れるタイプじゃないけれど、

群れても群れなくても、どっちでもいいや」、

 

あるいは「媚びるのは嫌だけど、

媚びても媚びなくても、どっちでもいいや」など

というように、白か黒かではなく、あえて、

グレーゾーンをつくることも、場合によっては

必要になってくるのかも知れません。

 

つまり、どこかに「ゆるみ」がないと、

人から何か言われた時に、

過剰に反応して、本来の在りたい自分から

ブレてしまうのです。

 

動じない自分というのは、

人に何を言われても、自分の意志を曲げずに、

貫き通すことではありません。

 

「動じない自分」というのは、

誰かに何かを言われても、

相手の思いを受け入れつつ、

「あなたはそれでOKです。でも、

私はこの方向でいきます。しかし、

もしもそれで、お互いがぶつかり合うことが

あるのならば、ほんの少し、

お互いにとって良い方法を一緒に模索

してみませんか?」

 

そんなイメージです。

 

恐らく、まーちゃんさんは、自分をしっかり

持っているだけではなく、人との和を大切に

する方だと思っています。

 

どんな人が苦手で、

苦手な理由は何か。

 

他人の評価が気になるのは何故なのか。

そして、それはいつからなのか。

 

どういう時に自分が不快に感じ、

どのように普段は考えているのかなどを

日常の中で丁寧に探っていくと、

解決の道も近いのかも知れないと感じます。

 

何かのお役に立てれば幸いです。

 

ブログでは決して書かない「深い話」を
こちら↓からお届けしています(^-^)


2年目以上の看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

2年目以上の看護師さん専用「仕事の悩みを解決する方法」


誰も教えてくれない「看護教育の方法」をお伝えします

これだけは覚えておきたいプリセプターのための看護教育7つの心得

新人看護師さんの仕事・人間関係の悩みを解決

「仕事がつらい新人看護師さんの悩みがすっと楽になる方法」

新人看護師さん必見!

これだけは知っておきたい『新人看護師さんの7つの心得』
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。