ちょっと時間が経ってしまいましたが、
 
 
2月9日、お肉の日、
 
 
私の可愛い可愛い可愛い愛犬の
 
 
のびたは
 
 
生きてたら、16歳でした。
人間だったら、高校入学だったな。
 
 
 
可愛い、今でも可愛い。
 
 
 
せめて17歳まで、この世で一緒にいたかった。
 
 
 
彼は色んな誓約の中で、この世での
与えられた使命と時間を全うしたんだろうなと思っています。
本来ならば、もっと短い犬生だったようですが、
私を心配し、予定よりももう少し長く
居てくれたようです。
 
 
 
重たい体だったから、時間を延ばすことは
とんでもなく大変だったろうに。
のびたは大らかで優しく、
男の子らしい、責任感の強い子でした。
 
 
 
ここのところ、夢に現れることも
すっかり無くなっていたので、
 
 
 
会いたいな〜、会いたいな〜と思っていたら、
先日、夢の中に
真っ白なロンチー(ロングコートチワワ)の姿で現れて、
途中までのびただと気づきませんでした。
 
 
 
もう、生まれ変わりの準備をしているのかな?!
 
 
 
よく、周りの方から
もう、犬を飼わないの?
可愛いよ〜。飼おうよ。
なんて言われたりもするのですが、
 
 
 
自分の中では、まだまだピンとこなくって、
無理せず、自然にその時が来たら、
きっとその時はすんなりとまた一緒に暮らす時が
来るだろうから、今はそれでいい。
 
 
と思っています。
 
 
 
私はバリバリの犬派ですが、
犬は本当に可愛い。
見た目や仕草以上の愛しさがあります。
お世話をするのは苦労もあるけれど、
それ以上に愛の恩恵があり、
この素晴らしさを体験するのと、しないのとでは
 
 
 
自分の中の豊かさが
全然違ってくる事を経験しています。
 
 
 
のびたとは自分にとって、
必要なタイミングで出会っているので、
もし、出会いがあるのであれば、
また、自分にとって絶妙で必要なタイミングで
出会うんだろうなと思っています。
 
 
 
今、一緒に過ごしている方が羨ましくもあったりするけれど、
一緒に暮らしている皆さんには
目の前のエンジェルと素晴らしきかな時間を
思いっきりたくさん過ごしてほしいなと思っています。
 
 
 
 

どくしゃになってね…

 

 

 

LOVE&JOY  by corina

 

AD