経営コンサルタント紹介エージェント会社「コンサルジェント」のスタッフによる広報ブログです。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-21

12月『今からでも、まだ、間に合う、銀行取引を楽しくする方法』by柴口敏一氏

テーマ:おすすめ情報!

こんにちは!スタッフにしだですシュナ

 

確認ですが、まだ11月ですよね・・・寒すぎますうーんDASH!

最近は誰に会っても「寒いですね~」というのが挨拶になっていますウサギ

 

今朝は、風が冷たすぎたのでダウンコートを引っ張り出しましたキョロキョロ

今からこれでは真冬になったらどんな寒さになるのか、気が気ではありません雪

 

 

さて今日は、企業再生コンサルタント柴口敏一さん の毎回満員御礼という

大好評セミナーの最新情報をお伝えします招き猫

 

今回のテーマは「今からでも、まだ、間に合う、銀行取引を楽しくする方法」銀行

 

金融機関を味方につけ、東京オリンピックの後の大不況を楽しみに出来るのは

 

・・・・・あなた次第です指さし

 

この話、社長なら、絶対に聴くべき!!

 

もう銀行取引なんて怖くない腕。

 


………………………………………………………………………………………………

 

12/5「今からでも、まだ、間に合う、銀行取引を楽しくする方法」


一刻も早く新情報を掴みましょう!
しょせん金の話なのに、夜も寝れない社長への救済


ひらめき電球講師より

金融機関を味方につけ、東京オリンピックの後の大不況を楽しみに出来るのはあなた次第。

経営の3原則「人」「物」「金」この金こそが、資金調達です企業繁栄、生き残りは、
銀行を味方に付けられるかがポイントです。


※当日はオフレコ満載のため録音禁止です※



■講義内容

アップ最新金融情報アップ


1.金融再編成がそろそろ終焉が近い

貴方の企業に合った銀行とは?
再編に必死で金融戦国時代を生き残ろうと頑張っている銀行さん
貴方の企業を将来のパートナーと思ってくれる銀行??
「地域金融機関改革チーム」を創設
「日本型融資 排除」撲滅を掲げている。

2.銀行支援を確保する方法

金融庁が金融機関に企業を支援指示
しかし、全ての企業を対象には出来ません
選ばれる企業銀行が選ぶ3つの必須アイテム
銀行員にかざせる印籠がこれです

3.企業が揃えなくてはならい書類を行員が作っている

4.資金調達を有利にする体制は整っていますか?

5.人的コミニュケーションは完璧ですか?
銀行員には転勤がある

6.銀行を信用しすぎると地獄をみますよ
リスクを考えてのお付き合いをしていますか?

7.銀行の世界の常識を理解していますか?

金融庁の指導で少しずつ変わることに期待していると、潰されますよ
「日本型融資をしている金融機関は削除する」という言葉の恩恵を
受けれるまで生きていましょう
そのためには、

8.事業継承マニュアルを政府が発表、

引き渡さない元気な高齢社長
「どうする?店じまい?」後継者居てても、潰してしまう社長
後継者にバトンタッチしていく時のリスク対策も大事です
廃業支援チームに狙われない方法どう借金をなくせばいいのか?

9.企業は生き物、いつ即死するかも分からない
万が一の備えは大丈夫ですか?

10.銀行員も決算書を読めない時代、人工知能が代わる時代です

11.銀行が仕掛ける罠を知らないと夜が寝れなくなりますよ

知るか知らないかで企業の運命が変わる!?

 

 

◆日程:平成29年12月5日(火)

◆時間:18:30 ~ 20:00(受付18時より)
◆場所:大阪市立生涯学習センター 大阪駅前第2ビル5階 研修室
◆定員:各20名
◆参加費:5,000円(定員になり次第締め切り)
 

【講師】
企業再生コンサルタント柴口敏一
柴口 敏一 (しばぐち としかず)/ 企業再生コンサルタント


某銀行で30数年、6店舗の支店長、本部責任者、債権回収専門部隊の責任者を歴任後、2003年退職。銀行員時代の経験、特に管理部での債権回収の責任者として3年の経験を活かし、銀行時代の罪滅ぼしのために立場180度転換して救済に努める。2004年より企業再生コンサルタントを開始。特に管理部(債権回収の責任者)の約4年の経験を現職に活用。相談実績約3,600先以上。関西を中心に活動、全国からコンサルティング依頼がある。再生企業120社以上、債権放棄額:510億円超。

 

◆お申し込み・お問い合わせ:下記の「大神令子社会保険労務士事務所」へ、

電話・FAX・メールいずれかの方法で

 

★申込記載事項:参加者名・住所・電話・メールアドレス。参加申込みされた方へは、

受講票をメールで後日お送りします。

 

【お問い合わせ】

「経営問題研究会」大神令子社会保険労務士事務所
http://www.oogami-sr.com/seminars.html

 

〒530-0047大阪市北区西天満3-6-3西天満福岡ビル2階
TEL:06-6933-5689/FAX:06-6933-5789
E-mail:info@oogami-sr.com

 


………………………………………………………………………………………………

 

☆☆企業再生のことなら「経営堂」へ☆☆

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-11-20

11月『マネジメントゲーム(会社経営2期分の疑似体験)講座』by横田健士郎氏

テーマ:おすすめ情報!

こんにちは!スタッフにしだですシュナ

 

ポカポカ陽気だった土曜日、お散歩がてら日比谷公園で行われていた

さかな祭りをのぞいていきましたうお座

 

高騰しているイクラ丼や魚介系ラーメンなど多くの出店があり賑わっていましたが、

何より、セブン銀行のATMの移動車が会場際に横付けされていて、驚きましたポーン

 

こんな車があったのですね。初めて見ましたnanaco

 

祭事のスポンサーとはいえ、どんだけ来場者にお金使わす気なんでしょう~7&iHLDGS.

実際にカップルがお金をおろしていましたヨ目¥

 

 

さて社員研修・セミナー講師探しの「研修堂」 より、おすすめセミナーをご紹介します招き猫
本日は、マネジメントゲームインストラクターとしてMG研修で活躍中横田健士郎さん のセミナーです晴れ

横田さんは、参加社の全てが経営者の立場に立ち、経営のリアルな疑似体験を通して、

楽しみながら経営者感覚(=マネジメント能力)を身につけられる事で仕事に対しての

意識を変えることを得意とされていますグッド!

 

BS/PLを理解でき数字を活用した思考回路が身に付き、事業計画の必要性と

時間の大切さを実感し、経営マインドが高まるそうですよニコニコ
 

また経営疑似で体験した事を現実の業務にアウトプットする事で、一味違った意見や

行動が出来るようになるとのことニコニコ
 

そして今回のセミナーテーマは、「マネジメントゲーム」ハチ

 

ソフトバンクの孫氏が幹部層全員に受講させているというビジネスゲーム

(経営シミュレーション)タイプの大変ユニークな研修プログラムですニコニコ

 

ボードゲームで楽しみながら身に付ける経営戦略を体感くださいチョキ

 

………………………………………………………………………………………………

11/20 福岡

 
『マネジメントゲーム(会社経営2期分の疑似体験)講座』


○セミナープログラム

ソニーが1976年(昭和51年)に開発したビジネスゲーム(経営シミュレーション)タイプの

大変ユニークな研修プログラムです。

 

当時まだベンチャー企業だったソニーが、エンジニアにマネジメントのノウハウを短期間で、

面白く体得させるためにはどうすればいいか?を考えぬき、社内研修用に創りあげた研修です。

 

現在では、ソフトバンクの孫正義氏を初め、著名な経営者や上場直後の若手IT社長などが

MG研修を受講し、その体験談をブログなどにアップしています。

 

特に孫氏は熱烈なMG研修の愛好者として知られています。

 

自身でも100期以上を受講し、かつソフトバンクの幹部層全員に(Yahoo!経営層なども含む)

毎年のように受講させています。 

 

一番大きな特徴は、「ゲームを通じた」「経営体験」ができることです。

 

モノポリーのようなボードを使ったゲームをすることで、実際の経営を体験し、

擬似的に様々な企業経営経験を積めます。

 

「体験」することで、「自ら気づく」こと、そして「課題を認識する」ことができます。

とあるアンケートでは「今一番求められている人材は起業経験者」というものがあります。十分理解できます。

 

一方で、その起業経験者は、おそらく「会社を倒産・精算」したことがある人だと言い換えられます

(成功して企業売却をしたという方もいらっしゃると思いますが、統計上はごく少数だと思われます)。

 

MG研修は、そんな倒産という人生のリスクを負うこと無く「起業経験」を積むことができます。

○対象者
 

社会人3年以上の方

 


○期待できる効果

●こんなことを学びます

(1)会社全体の仕組み(業務の流れ)を理解できます。

今まで担当外だった部署の流れがわかるようになります。

(2)時間の大切さを実感できます。

(3)経営者の立場が理解できます。

(4)利益を上げるための訓練により、様々な能力が身に付きます。

 

実際の経営を体験し、擬似的に様々な企業経営経験を積めます。

「体験」することで、「自ら気づく」こと、そして「課題を認識する」ことができます。

 

○講師からのメッセージ

 

 

業務は工業形式に則り、「材料の仕入れ」→「仕掛品」→「製品化」→「販売」を行って行きますが、

「機械の仕入れ」、「人材採用」、「研究開発」「広告」を上手く活用し、黒字・利益を上げる為の

行動を行います。 販売は完全入札制(競争)になります。

 

マネジメントゲームは期待に応えられる後悔のない研修プログラムです。

 

●持ち物

(1)鉛筆もしくはシャープペンシル

(2)消しゴム

(3)電卓(スマホやタブレットはNG)

(4)蓋つきの飲み物(ペットボトルなど)


◆開催日:2017年11月30日(木)
◆時間:16:00~21:00

◆場所:博多テスト会場フリースペース(福岡市博多区綱場町1-16 多田ビル3階博多テスト会場)
◆定員:5名
◆参加費:12,000円


 

【講師】
横田健士郎
横田 健士郎(よこた けんしろう)/マルチスタイル株式会社代表取締役

マネジメントゲーム 認定インストラクターとして、MG研修を九州エリアをはじめ、関西エリアでも実施してい参りました。基金訓練と申します、職業訓練でのワークガイダンス講師、学習塾の運営、検定会場の運営など教育事業の経験を積み、一人一人の状態を確認しながら成長へと導く指導方法を行っています。マネジメントゲームは、まさに一人一人が経営者の立場に立ち経営の疑似体験を行いますので、参加される皆様全てが何かを得られるような指導方法、間違えが発生し易い、期末処理や決算書の記入を正すところまで対応しますので、少人数制の講座になります。

 


◆詳細&お申し込み:

http://multistyle.co.jp/training-mg/



【お問い合わせ】

マルチスタイル株式会社

〒812-0013福岡県福岡市博多区博多駅東1-1-33はかた近代ビル7階

TEL:092-260-9708 FAX:092-260-9716

………………………………………………………………………………………………


☆☆ビジネス講座なら「研修堂」☆☆

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-11-16

『社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営』by佐藤肇氏

テーマ:おすすめ情報!

こんにちは!スタッフにしだですシュナ

 

今日の東京は秋晴れ晴れ

銀杏並木も色づき、行楽シーズン真っ只中ですねおねがい

 

宮内庁より12月2日(土)から10日(日)までの9日間、皇居・乾通りの

一般公開を行う、という発表がありましたichou☆☆

経路は皇居内の坂下門から乾門までの750メートル程だそうですが、今回

サクラやモミジの木を増やしたそうなので、さらに見ごたえがありそうです音譜

 

前回行けなかったので、今年はチャレンジしてみようかと思いますminionチョキ

(入門時間は午前10時~午後2時半)

 

 

さて今日は、日本経営合理化協会さんのオススメ商材をご紹介します招き猫

 

 

 

………………………………………………………………………………………………

 


社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営

 

『社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営』
 

どんな経営環境でも社員の給料を上げ、同時に増益を達成する財務のカリスマ社長が、

小さな町工場を東証一部企業へと育て上げる中で実践してきた「佐藤式人件費コントロール」

を公開。導入各社の成功実例とヒナ型実習で分かりやすく説く注目の書。


晴れ詳細→ https://secure.jmca.jp/sale/1191?&id=106


 

著者/佐藤 肇 (さとう はじめ) 氏について

佐藤 肇 売上高5百億円弱(2015年実績)ながら、経常利益率10%超えの東証一部企業、スター精密の社長。工作機械の世界シェアを握る、知る人ぞ知る優良メーカーであると同時に、どんな経営環境になっても安定雇用・高賃金を貫く。リーマンショックの影響で85億円の大赤字という最悪期にも、社員7百名の人員削減・給与カットは一切せず、翌年に業績V字回復を果たす。日経新聞社による賞与支給額ランキングは上位の常連。2014年冬のボーナス支給額は、トヨタ、クボタなど有名大企業に並ぶ6位。社長業の激務の傍ら、20年にわたり塾頭を務める日本経営合理化協会主催「長期経営計画作成ゼミ」には、盤石な経営体質を創り上げる佐藤式経営ノウハウを学びたいと、全国から経営者が殺到。現役の東証一部企業トップから直接指導を受けられる稀有なセミナーとして、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気を博している。 昭和26年生まれ、学習院大学卒。著書に『先読み経営』『経営の定石』(いずれも日本経営合理化協会刊)。
 

 

【著者より】

本書は、「社員の給料を上げ、同時に会社の増益も達成する」という、悩ましい経営課題の明快な解決策を、社長の実務としてまとめた書である。

いま日本では、十数年つづいたデフレ経済から、政策的なインフレ経済へと大きく舵が切られようとしている。 このところの円安基調は、グローバル市場を相手とする大企業の業績を大幅に改善したが、地方企業や中小企業の収益改善はまだまだの状況だ。

ところが、すでに消費税が上がり、諸物価が上がって、サラリーマンの財布を直撃する一方で、業界によっては人手不足が目立つようになり、さまざまな形で「賃上げ圧力」が急速に強まってる。 それなのに「社員の給料を上げてやりたいが、ない袖は振れない」と、社員の待遇改善が後手に回ると、有能な社員が離反し、業績改善がさらに遅れる。

 

そもそも中小企業の賃金は「少ない原資を、少ない人数で分ける」のが鉄則である。小さなパイを大勢で取り合えば、社員の待遇改善など望むべくもない。

 

パイを大きくするため「増益」を狙うには、「増員」もまた必要な場合があるが、昨今の厳しい経営環境の中で安易に人を増やすと、たちまち収益を圧迫し、企業体力を一挙に弱めかねない。

 

そこで、小さな町工場だった我が社を、社員700名の東証一部上場企業へと育て上げる中で私が実践してきた、
 

・社員の給料を上げながら、
・人件費総額をコントロールして、
・確実に増益できる経営法

 

について、本書にノウハウのすべてを公開した。

 

そもそも、賃金原資の効率的な分配や増員計画だけなら、人事や総務担当長の仕事である。いかなる時代にあっても、社長は「最小の人件費で最大の利益を稼ぎ出し、同時に、社員の処遇を高めてさらなる増益に結びつける責任者」であり、「固定費としての総人件費の抑制」と「社員一人当たりの人件費の引き上げ」を矛盾なく両立するために、全体の事業計画とリンクさせて、総人件費をコントロールしなければならない。

 

本書では、この社長の実務としての人件費コントロールをわが身のものとしていただくために、製造業、卸・小売業、ービス業、建設業などさまざまな業種で、実際に成果をあげている具体事例を各所で紹介している。

さらには、自社で実践するための、わかりやすい人件費計画のヒナ型見本と作成要領もあわせて解説している。社長が、この経営法を身に着けることができるならば、厳しい経営局面においても利益を上げつづけ、同時に、社員を大切に処遇しつづける、強固な企業体質を築けると確信している。

 

本書がお役に立てば、とても嬉しく思います。
2014年12月  佐藤 肇


コスモス詳細→ 『社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営』


………………………………………………………………………………………………

☆☆社員の給料に関するご相談は「経営堂」☆☆

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。