思いこみクリアリングカウンセラー・谷口祥子

繰り返し起こる人間関係の問題や仕事のトラブル。その原因は、あなたが幼少期につくった「強い思いこみ」。「思い込みクリアリングプログラム」では、強い思いこみをつくった根本原因を見つけ、徹底解除。スピーディに、強力に、ダイナミックにあなたの問題を解決します。






テーマ:

 

こんにちは、思いこみクリアリングカウンセラーの谷口祥子です。



先週末から月曜日まで、関西出張でした。
実りが多すぎて、めまいがしそうです!



月曜日は午前中をオフにできたので、大阪駅に新しくできた
(もう新しくないのかな?・笑)ビルの最上階にある、シネコンに。



月曜の朝1だけに、ガ~ラガラ!



「海賊と呼ばれた男」の部屋には、先客が一人だけ。
思わず挨拶したくなりました(^^;



出光興産の創業者、出光佐三氏をモデルにした
この作品、先に百田さんの小説を半分ぐらい読んでいたので
ストーリーの3分の2は知っていましたが
岡田君その他名優たちの演技で観る
「海賊と呼ばれた男」は、ひと味もふた味も違うものでした。



この映画を通じて、あらためて思い込みや“常識”を
手放すことが、大きなブレイクスルーにつながるのだということを
再確認。



石炭燃料全盛の時代に、時代の先を読み、
いち早く石油ビジネスに参入したのはもちろんのこと


鐵造(岡田君扮する主人公)の行った
下記の3つの決断に、思わずうなってしまいました。



1)創業当時、事業所所在地のエリア内でのみ販売を認めるという業界のルールがあったため、鐵造は何と、陸上ではなく境界線のない海の上で商品を売った。
⇒同業者に「海賊!」とののしられる。


2)戦後の焼け野原で、仕事がまったくない。売る石油もない。にもかかわらず、1000人もの社員を誰一人としてクビにしなかった。
⇒社員は家族だ!という鐵造に社員は感動。ラジオの修理業など不慣れな仕事もいとわず全力で復興に取り組む。


3)米国石油メジャーから持ちかけられた買収のオファーを受け入れなかったことから、圧力をかけられ、それまで取引のあったすべての米国メジャーから石油の供給を断たれる。
  
イギリス資本によって石油資源を支配されていたイランに、自社のタンカー<日承丸>をイランに送り込むことを決意。それは当時誰ひとりとして考えもしないアイデアだった・・・なぜならばイランが石油の国有化を宣言したことにより、イギリスは軍艦を派遣し海外から石油を買い付けにやってきたタンカーを撃沈。

・・・そんな背景があったから。もちろんこの鐵造の決断に、社内は騒然となる。
 

⇒綿密な戦略を立てて実行したことで、中小企業の出光が、市場価格の30%以下で原油を買い付けることに成功!国際的なニュースとなる。



どれも大きな勇気と覚悟を要する決断ですが、とりわけ3つ目のイランへのタンカー派遣は、大切な社員の命をかけた決断です。


古い社員から「撃沈されたらどうするんですか?うちの会社は終わりですよ!」と言われた時の鐡造の返しがすごい。



「しかしイランへ行かなければ、会社は終わる。同じ終わるなら行くしかないだろう!」



------------------------------------


この話に比べたら、今の時代に起こりうる危機なんてたかがしれています。
 

・会社がつぶれそうだ。ヤバイ。でも独立するのはこわい。

・セールスして、断られたら・・・と思うとこわい。

・夢を語って、バカにされたらどうしよう。


もしもあなたがこんな風に思っているとしたら
この日承丸の話を思い出してください。

 

そして、「やったらどうなる?」「やらなかったら?」
と自問自答してみてください。


どうするのがベストなのか、答えが出るはずです。


「イランに行ったら撃沈されるかもしれない」
「会社がなくなるかもしれない」
「社員や日本社会、国際社会から集中砲火を浴びるかもしれない」

そんなリスクを抱えながらも、タンカーの派遣を決断した
鐡造に比べたら、どうでしょうか?


きっと一歩踏み出す勇気が出ることでしょう!


--------------------------------------------

今回は常識を突破することに焦点をあてて書いてみましたが

 


実は一番感動したのは、愛と想いの力。

 


深い愛と絆で結ばれたメンバーが力を合わせると不可能なことなんて、ないかもしれない!と
気持ちが高揚。

 


ほぼ貸し切りの映画館で思いっきり泣けて、心が浄化されました^^

────────────────────────────
■どうせ自分は愛されない、尊重してもらえないという思い込み、解消できます!


■谷口祥子の最新刊「図解入門ビジネス コーチングの手法と実践が
よ~くわかる本」第3版

────────────────────────────

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、谷口です。



昨夜の東京は
まるで業務用冷凍庫に入ったかのような
冷え込みようでしたね。



だけど私は、とても楽しみにしていた
大切な方との約束があったので、心はポカポカ。



昨日は、レイキギタリストの松浦健さんと、
吉祥寺でお会いしました。



ハードロックバンドのギタリストだった彼が
レイキに出逢ってから、身の回りに起きた変化について
いろいろお聞きしていて、
あらためて“想い”の大切さに、気づかされました。
 

 
KENちゃんは、マンションの8階に住んでいるのですが
いつも季節の植物をベランダで育てているそうです。



今のシーズンはなんと柿!
そして夏場は、ひまわりや朝顔。
 
 

ある年の夏のこと。
KENちゃんがひまわりたちに
「おはよう。元気に育ってるね」と声をかけたり、
彼らにあげる水にレイキをかけたりして、
プラスのストロークたっぷりで育てていたら
 
 

なんとひまわりがぐんぐん伸びて
9階のベランダにも届きそうなくらいに
伸びたというのです!
 

 
KENちゃんは、9階に住んでいる人のところへいって
「ひまわりが大きくなってしまって・・・ベランダのところまで届きそうなので、
おふとんを干す時に気を付けていただけたら・・・」と言いました。

 
 
するとその人は迷惑そうな顔をするどころか
「ちょっと見てくる!」といってベランダの外をのぞきこみ
「こんな高いところでひまわりが見れるなんて・・・ありがとう!」
と感謝してくださったそうです。
 
 

愛情を注いで育てたひまわりが
上階の人とのご縁をつくり、
しあわせを届けてくれたのですね。
 

 
ポジティブな想いを持つと、表情や態度、言葉や声のトーンにそれが反映され、
まわりの人や生き物にプラスの影響を与えます。
すると彼らから、また誰かに向けてギフトが届けられます。

 
 
もちろん自分の内側を愛と喜びで満たしておけば
ポジティブな想いを持つことができますが
 

 
逆にどんな状況であれ、常にポジティブな想いを
意図的に持つよう心がけることで、
自分の中にある愛と喜びを増やしていくこともできます。
 


ただ、その際に忘れてはいけないポイントがあります。
 
 

それは、けっして、ネガティブな想いを封印しないこと。
「こわい」「悲しい」「ムカつく」といったネガティブな感情を抱くことを、
良くないことだと思っている人がいます。

 
 
でもこれらの感情は、
私たちが人として生きていく上で必要なもの。
自分を守るためのシグナルであり、
決して悪いものではないのです。
 

 
封印しないでその感情を受け入れ、
吐く息や涙とともに解放する。
そうすることで、気持ちがニュートラルに近づき
ポジティブな想いも自然に抱けるようになってきます。
 




KENちゃん、素敵な花束をありがとうございました。
デスクに大切に飾っています!

 
おかげさまで愛と喜びに満たされながら仕事ができます^^



────────────────────────────
人から傷つけられるのがコワイ、人と親しくなることに抵抗がある
というお悩み解決できます!

────────────────────────────
【2月15日まで!あと1名】新春特別価格でご提供
【強みと魅力を発掘して、ほんとうのライフワークに出逢うプログラム】 
────────────────────────────
■谷口祥子の最新刊「図解入門ビジネス コーチングの手法と実践が
よ~くわかる本」第3版

────────────────────────────
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、思いこみクリアリングカウンセラーの谷口祥子です。

 

そういえばまだUPしていませんでした!昨年末に北海道日高で
乗馬体験をした時の写真です。

 

 

 

彼はハタノゼフィロス君。2010年ごろから中央競馬と地方競馬で活躍し引退後後新冠の乗馬クラブでお仕事をしています。

 

 

済んだ瞳がとってもキレイな美男子でした~♪

 

ゼフィロス君の戦績はこちら
http://db.netkeiba.com/horse/2008105442/

 
8歳なので、人間でいうと32歳ぐらい。
思ったより大きくて迫力があり、またがるのもひと苦労。日頃放牧の時間を設けたりして、エネルギーを発散させているらしく、とてもおとなしい子でしたが、騎手はこんなに大きな生き物を自在にあやつっているのか!と驚きました。

 


「歩かせる時は、強めにムチを入れてください」といわれ、「かわいそう!」と思いましたが、軽くたたいたぐらいでは反応しないそう。

 


また馬をうまくコントロールするには、主従関係をはっきりさせなくてはならず、「コイツは下だな」と思ったらいうことを聞かないそうです。

 
実はこの主従関係を築くというのは、馬にとって非常に大切なこと。たとえば競走馬であれば、戦績を上げて、良いコンディションで長く使ってもらえることが彼にとっていいことです。
だから騎手を自分の主人と思い、騎手の指示に従っていいレースをすることが彼にとってプラスになります。

 
人間どうしの関係とはちょっと違うかもしれませんが
職場の人間関係でも、この話に学ぶところはあります。
 
 
上司などの権威的な存在に、自動的に反発を感じる人もいると思いますが、むやみに反発するのではなく、うまく上の人を立てて、自分の立場を良いものにしパフォーマンスを上げるというのがかしこい生き方だと思うのです。

 


帰りにマイクロバスで送ってくださった運転手さんが
しみじみ語った話が印象的でした。

 


「人間も気性が荒いと人が離れていくけれど、馬も同じだね~。
気性が荒くて人を乗せられないような馬は、熊本に送られて
馬肉になってしまうけど、従順な性格だったらこうやって
乗馬クラブで使ってもらえるからね~」

 


馬はカウンセリングを受けられないので
桜肉になるしか道はないのかもしれませんが
幸い人間は、カウンセリングを受けて、
問題行動を解消することができます。

 


どこにいってもまわりと衝突してしまうとか
キツイことを言って人から敬遠されていまうという人も
あきらめることはありません。

 


おだやかな性格を手に入れて、
人としあわせにつながる生き方もできるんだ
ということを覚えておいてください。

 

 

────────────────────────────
■すぐ感情的になってしまう。人間関係が続かない・・・
というお悩み解決できます!⇒ http://bee-hive.biz/clearing/
────────────────────────────
【2月15日まで!あと2名のみ】新春特別価格でご提供
【強みと魅力を発掘して、ほんとうのライフワークに出逢うプログラム】 http://bee-hive.biz/reallifework/
────────────────────────────
■谷口祥子の最新刊「図解入門ビジネス コーチングの手法と実践が
よ~くわかる本」第3版⇒ http://sv.1step-m.com/tng/link/1u9 
────────────────────────────

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)