骨格診断・パーソナルカラーから学ぶ、40代、50代からの大人ファッションレッス ン

Color&Style1116
骨格診断士、パーソナルカラー診断士をしております
何を着て良いか分からない
私達世代の悩みを解決します

NEW !
テーマ:

 

「可愛いお顔でらっしゃるから

こちらの可愛いのがお似合い」

 

と言って可愛いコ-トを勧められる

そんな経験をお持ちの方

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛い(外見)は

幼いもの、小さいものに感じ易い感情

 

その幼い子の主たる特徴

 

1.大きな頭
2.頬が丸い
3.目と目が離れている
4.顔のパーツが低い位置にある
5.丸くずんぐりとした体型

 

 

 

 

 

 

一方ストレ-トの方の特徴を思い出してみます

(皆さんがそうとは限りませんが

比較的多いと感じています)

 

身体に対し、比較的大きな頭

の方が多い

 

ハリがおありなので

頬が丸い方が多い

 

メリハリを活かさないスタイリングをすると

丸くずんぐりした体型になりがち

 

ここに童顔(比較的ストレ-トの方に多いと感じています)と

小柄(小さいからかわいい)が加わると

「可愛い」は加速します。

 

 

 

 

 

本日診断のS様(50代前半)

 

 

小柄で童顔

可愛らしいご印象のストレ-トタイプ

 

 

 

 

 

将に可愛いを勧められるタイプ。

 

 

トレンチやタイトなんて

ご自身の柄ではないとお感じ

 

けれどafterでは十二分に

素敵に、カッコよくなられ

 

そして、カッコよくなられても

可愛いはちゃんと残り

両方でより一層魅力が増されたのを感じました。

 

S様仰います 早く気付けて良かった と。

 

 

 

 

 

顔の様子も十分に印象を左右します。

けれど、それとスタイルアップ

イメ-ジアップとはまた違ってきます。

 

総合的に診て

初めて大人の似合うは完成します。

 

 

追記

「可愛い」はプラス要因、調整の必要はほぼありません

調和(可愛いと調和させる方向へ進む)は

ストレ-トの方の場合

スタイルアップや骨格からのイメ-ジアップを優先とし

色や柄程度がお勧めになります

 

他タイプの方は又別になります。

 

 

 

 

 

S様のお嬢様は20代

やはりストレ-トタイプ

 

 

 

 

 

 

若い間は

キャンパスとの兼ね合い、世代との兼ね合い

色々おありかと思います。

 

その上で、今後のご自身の可能性を広げる意味でも

可愛いだけで済ませるのは勿体ない

様々なスタイルにチャレンジして頂きたく思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)