夏に家族が増えそうです

テーマ:

ブログの記事をアップするのは1年ぶりとなります

ご無沙汰していました



タイトルに書かせてもらいましたが 夏に家族が増えることになりました

今妊娠5ケ月(18週)で来週から6ケ月に入ります

自分の事なのに自分のことではないような不思議な気持ちがします



ちょうど1年前の記事で陽性反応が出ましたと書いたのですが

結果残念なことに流産となっていました

4個の卵ちゃん達の中で一番良い5日目胚盤胞の移植だったのですが

心拍確認後成長が止まってしまいました

それが昨年の5月末のことです



その時点で凍結卵ちゃん達はまだ残ってはいましたが

5日目胚盤胞の子がだめだったのだからもう良い結果はないだろうと

諦めてしまいました

3度目の流産という結果に治療を続ける気力がなくなってしまった

というのが正直な気持ちでした




その後治療を少し離れました

ソウハ手術後は治療が出来ないこともあったし

夏の時期は思い切り羽を伸ばして治療の事を考えたくありませんでした

治療費が底をついた というのも正直な話です



秋頃 ポツポツとクリニックへ足を運びましたが

心の中は 子供のいる生活 は諦め 

夫婦2人でこの先の人生を行こう と 迷いがなく思えていました

残っている凍結受精卵を移植することは夫婦の責任だと考えていたので

責任を果たすという意味でクリニックへ行きました



クリニックの先生からは ドミノ(採卵+凍結受精卵の移植)を

すすめられましたが治療費が足りず採卵できなかったことも事実です



ようやく師走を迎えようという頃

凍結受精卵を移植するだけとなりましたがお迎えしました

6日目の胚盤胞でした



移植する前から

「5日目胚盤胞で染色体異常だったので

今回も同じような結果になる可能性がある」 と言われていました

移植する前にこういうお話があるのは本当に悲しいことでした



師走に入った判定日 陽性を頂きました

その日は主人の誕生日でもありました



6週で心拍確認が出来ましたがいつもその時期でつまづいていた経験から

先生に 現時点での率直なお話をお願いします と

涙ながらに伺ったこともありました



そして無事に8週でクリニックを卒業しました



5ケ月に入る頃、羊水検査を受けました

妊娠を継続できた時にはこの検査を受けようと夫婦で決めていました

妊娠がわかってから検査結果がわかるまで

主人と喜びを口にすることが出来なく

心の中にどこか”ダメだった時の心の準備”をしている私達でした



結果は幸いなことに 異常なし とのことでした



嬉しかったはずなのに診察室で子供のように泣きじゃくってしまった

結果を聞くのが怖くて仕方なかったのだと思います



検査まではずっと寒い時期だったし 風邪をひきたくなかったし

ご近所にふっくらしてきたお腹を見られるのも控えたかったのもあります

根元から白髪が10㌢近く伸びてしまった為

帽子をかぶらないと外にでることはできません



そして もし検査結果がよくなかった場合。。。この事を考えると

家に居ること を優先していました

ベビちゃんには少し可哀そうな時間だったかもしれませんね



でも 産まれて来れる運命であるベビちゃんであれば

きっと大丈夫。。。という思いがあったのも確かです



羊水検査の結果がわかった後

戌の日の大安だった日 朝早く水天宮へ安産祈願へ向かいました

御祈祷してもらっている最中 嬉しくて涙が出ました

祈祷をしてくださっている神主さんの姿とあの光景は

忘れることはないと思います



その後、OPNE前のスカイツリーを足元まで行って見てから

水天宮に戻り念願だった 玉ひでの親子丼 を食べることが出来ました



夕方前には自宅へ戻り、その足で主人の実家へ報告

主人のお父さんもお母さんも喜んでくれました

嬉しくてもっと泣けてしまうかと思ったけれど笑顔で会えました

私の父への報告は今週になりそうです

母の墓前にも手を合わせて報告ができそうです



このブログは今回の記事と

無事に出産できたらその旨の報告の記事で終わりにしようと

考えていましたが今まで妊娠に至るまでにやってきた事など

思い付いた記事を書くかもしれません



陽性反応後から今まで買わなかったもの しなかった事があります

安産祈願を機に、これからやっていきたいなと思っています

AD

ご無沙汰していました

震災から1ヶ月以上が経ちました

この約1ヶ月 ブログも書く気持ちが起きませんでした



少し時間のあるときに皆さんのブログ巡りはさせて頂いて

ペタ残していましたね



ブログを書いていなかったのにいつもペタしてくださった方

いつも気にかけてくださってブログへ来てくださった方

ホントにありがとう!感謝しています




少し治療のこと書かせてください



昨年秋に転院・採卵3回・2ヶ月の治療お休みし

4月に移植周期に入りました



今周期、ホルモン値が少しよろしくなかったので

移植の7日前 移植当日から7日間お薬でホルモン補充がありました



ホルモン補充に胚盤胞移植

すべて初めてでした



移植後は2日間はほぼ寝ている状態で安静

その後も外出も控え家の中で普通に過ごし

昨日 クリニックにて陽性を頂きました



NAOKI先生から よい数値が出ています と

お話があり βhcg71.1 とカルテに書いてありました



先生の横にいらっしゃる看護師さんもニコニコされてうなずいていて

そんな看護師さん達にいつも気持ちを和ませてもらっていた事を

思い出しました



震災後 大変な思いをされている方が沢山いらっしゃる中で

授かったお腹の中の命

強い子に違いない 必ず産まれてきてくれる この子は大丈夫

そう信じています

それまで私がしっかり守らなくては!

と新たな気持ちが心の中にあります



今のところ体調ももよく気分も落ち着いています



移植に至るまで 沢山の出来事がありました

その事はのちほど記事で書いていこうといます



今後も普段通りの生活が出来るように心がけます



簡単ですがご報告です





被災されている方々が一日も早く安心して生活出来る日が

訪れる事を心からお祈りいたします

AD

今出来ること

テーマ:

手短に。


昨夜 夕方にpcメールで連絡が取れなかった主人は

約6時間半都内から歩いて深夜2時前に帰ってきました


同時刻に妹も都内から歩いて帰ってきたそうです

妹はさいわいスニーカーを履いて通勤していたので

歩くには問題なかったようです



被災地の映像がTVから流れてきます

想像を超えている事態に自然の怖さを

感じます



他の方のブログに詳しくかいてありました


救援物資のこと 

これからの起きるかもしれない停電に備えて

電気を出来るだけ使わないこと

人が救出されるイメージを持つ


他にも沢山ありました



自分に何が出来るのか

今 出来ること していきだいです

AD