テーマ:
2016年夏

新しい認定インストラクターが誕生しました。



この日は、東京から駆けつけてくれた

瀬尾エミ子さん。

そして、神戸の後藤宏一郎さんの

お二人が、認定証を手にされました。






仮面心理学入門クラスを開催できる

認定インストラクター。


仮面心理学@KIDSクラスを開催できる

KIDSトレーナーの

2つの講師養成コースがあります。



入門クラスを受講・修了いただくと

認定インストラクター養成クラスに参加できます。


仮面心理学@KIDSトレーナーは

入門クラス・KIDSクラスの両方を修了すると

受講できるシステムになってます。



講座をプレ開催いただいたり


ペーパーテストを受けて頂いての


認定となるのですが


この期間ばかりは、鬼眞子です。



仮面心理学はとても、優しい学問だと思ってます。


反対から見れば、とても厳しいものです。


使い方次第で真綿にも刃にもなる。


だから、


自分の在り方をとても問われると思うのですね。


講師を、仮面心理学入門クラスを開催するって


どんなことなのか。


伝えたいことは何なのか。


そこを、一緒に確認していきます。


30数名のインストラクターがいますが


みなさん、仮面心理学の一番大切なところ


きちんと伝えてくださってるのがとても嬉しい。


私が入門クラスを卒業できるのも


インストラクターたちのおかげです。



応援に来てくれた、先輩インストラクターが


お話を聞かせてくれるのも


私のひとつの楽しみだったりします♪


9月にはKIDSトレーナーも誕生予定♪


ありがたいことです。


そして、次回のインストラクタークラスは


日程が決まっています。


2017年3月21日~24日の間の2泊3日で

合宿形式の集中クラスを開催します。

場所は札幌。


明日から2日間、大阪で


来週末には東京で入門クラス開催です。


東京はお席が1つだけあります。


滑り込み大歓迎です。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
4日間の北海道

台風と共に上陸し、
台風を避けて帰阪しました。


仮面心理学@KIDSクラスを
暑苦しくしゃべり倒して
色彩心理をお伝えして
美味しいものいっぱい食べて
そして、念願の知床に行ってきました。


知床ブルーと言われる美しい蒼

ここだけ、この美しい色。


知床は太古の時代から
手付かずの自然が多く残る場所。

ものすごく不思議で
ものすごく細胞の喜ぶ場所でした。


オシンコシンの滝。

台風のもたらした大雨のせいで
いつもより激しい水量だったそうでね。

言葉をかき消してしまう大きな爆音。

それでも、そこにいるだけで
人間の小ささや、優しさや、大きさや
いろんなものを感じさせてくれる。


自然と遠ざかる生活をしてた私は
ここで、アメリカにいた時と同じような
精霊の声が聞こえる時間を
取り戻したように感じてね。

細胞が喜ぶってこんなことなんだなぁ、
アメリカのお家は、いつもこんなことを
届けてくれる場所なんだなぁ、と思いましたね。


知床には幻の滝、と言われるものが
たくさん存在するんだそうです。

雨が降った時だけ現れる滝。

大雨の後だったので、たくさん
本当にたくさんの幻に
出会わせてもらったのです。



激しい雨は、湖の、河川の水位をあげる。

濁流となった河の上流から流れる倒木は
勢いよく、いろんなものを引っかけたり
倒したりしながら下流へと進む。


勢いが激しいから、それは
まるで相手を飲み込むかのように進む。

受け取る方も必死になる。

被害が出ないよう、あらゆる手段を講じる。


その河も、やがて普段通りの
優しい大きな流れに変わる。


そうすると、見ているだけで癒されたり
流れをどうにかしようなんて
構えずに見ていることも、できる。


コミュニケーションも同じだな。
と、思います。


ものすごく乱暴なボールが投げられたら
どうやってキャッチして
どうやって相手に返そうとするかな。


やわらかいボールが渡されたら
受け取る時どんな気持ちになるだろう。
どうやって返そうとするかな。


1時間のクルーズで、出会うことは
わずかな確立なんですよ!
と、興奮気味に教えてくれた船長さん。


対岸にヒグマがいました。


メディスンカードでクマは内省を
伝えに来るアニマル。


自分の中のコミュニケーションの取り方を
改めて、見つめようね、と思ったクルージング。


ドライブと船の上にいる間だけ
快晴のプレゼントをくれた
自然の精霊に感謝した1日。


今度は、陸路で森を感じに歩きたい。


北海道の皆様!!ありがとうございました。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)