「誰かがやる」ではない。「僕らがやる。」

HP:
http://coccoccoc.web.fc2.com/


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013年04月26日(金)

Connection of Nepal

テーマ:活動報告
ナマステ、田澤です。



行ってきました、ネパール。


いいとこでした、ネパール。


なぜネパールかというと、

今僕のシタールの師匠のサワンさんがネパール人で
(この人⇒http://time-office.com/profile/sawan.html)

そのサワンさんに、

「今度ネパールで演奏するんですが一緒に演奏しませんか?」

と言われ、

二つ返事で、

「行きます」

と。


そんなわけで、ノリと勢いで行ってきました。


とはいうものの、全世界の国々の子どもを糸で結ぶという目標を立てた今、CoCにとっては未踏の国であるネパールに行って子どもをつなぐことができるチャンスでもあるわけです。

ノリと勢いではありますが、そんな大事な任務も背負いつつ、ネパールへと飛んできました。




ネパールといえば、、、


そう、、



エベレスト。



世界にその名を轟かせるエベレスト。



もちろん、心行くまで堪能してまいりました。



こちらがその、、、




$ココからはじまる。ココから繋がる。


エベレストビール。


南アジアチックな?独特なビールの香り。


いいお味でした。僕は好きです。


肝心のお山の方のエベレストは拝めなかったのですが、マチャプチュリヤやダウラギニやアンナプルナといったその他の有名なヒマラヤの山々は素晴らしい姿を見せてくれました。


$ココからはじまる。ココから繋がる。





さて、ネパールというと僕らが2年半前に自転車で走った北インドのルートから手をのばせば届くような場所にあったのですが、ビザの関係で行けずに終わった国です。


ネパールってインドと近いし、ほとんどインドと変わんないのかなぁと思っていたのですが、実際行ってみると、インドの香りがするけど、なんだか違うといった印象。

ネパールとひとくくりにしてしまうけど、実はあんな小さな国の中に60ぐらいの民族が住んでいて、言語の数もその分だけあるんだとか。
一応共通言語として、どの民族でもネパール語というヒンドゥー語とほとんど変わらない言葉を使うことができます。

首都のカトマンズも、もともとはネワール語を話すネワール人が住んでいた場所。
今はいろんな民族がたくさん移り住んでいるけど。

山岳部や田舎の方に行くと、それぞれの場所ごとにいろんな民族が住んでいます。


ちなみに、シタールの師匠のサワンさんはネワール人。

インド人よりもそんな黒くないし、ほりも深くない。

もちろん、ネワール語とネパール語の両方話すことができます。

でもネワール語はネパール語はまったく似てない。
方言とかそういうものではなく全然違う言語なのです。

それぞれの民族の言葉も全く違うので、これは確かに共通語が必要ですね。


町を歩いていると、女の人はインドと同じようにサリーやパンジャビドレスを着ていました。

$ココからはじまる。ココから繋がる。



服屋さんで売っているものもインドととても似ている。

ただ、みんなの顔を見てみると、インドっぽい人もいるけど、チベットっぽいような、浅黒い中国人のような人もたくさんいました。

今は大きな街にはたくさんの民族が住んでいるし、ほんとにいろいろな人種がミックスです。



宗教はというと、インドのヒンドゥーと極めて近いものが感じられましたが、さすがブッダが生まれた国だけあって、仏教が深く根付いている国だと思いました。


町のいたるところにちょっとしたお寺があって、そこにはブッダがいたり、ガネーシャがいたり、シヴァがいたり、クリシュナがいたり。

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。

仏教でもあるしヒンドゥーでもある。

日本で仏教と神道が融け合っているのと似ています。

仏教の影響なのか、インドとちがってなんとなく人あたりがやんわりとしているのです。

思い出してみると、2年半前インドにいたときは毎日24時間臨戦態勢で、したたかでガツガツとしたインド人と戦いながら、いつ突っ込んでくるやも知れぬトラックに怯え、無秩序に入り乱れるリクシャや暴走オートリクシャや、悠然と道の真ん中で寝る牛たちをかわしながら走る日々でしたが、ネパールは違いました。

たしかに、インドと同じ、なんとなくぐちゃっとしてて秩序から解放された自由な空気はあるのですが、人間がインドよりも穏やかなのです。

言語もほとんど変わらないはずなのに、しゃべり方がやわらかい。

だから、とても居心地がよかったです。

ネパールはリピーターが多いという理由がわかります。



そんなネパールですが、今回はなんといっても、日本・ネパール芸術交流会という名目で、日本と現地のアーティストとともに演奏会や展示を行う、パタンという街にある宮殿のお庭での文化交流会が一番のメインイベント。


このイベントに関わったのは、彫刻家や染め師やインド古典舞踊のダンサーや三味線奏者など、個性あふれるメンバーがたくさんですが、僕もそのなかにキーボードでちゃっかりと混ぜてもらっちゃいました。

ココからはじまる。ココから繋がる。

$ココからはじまる。ココから繋がる。

日本とネパールのアーティストによる素敵なパフォーマンスが披露され、たくさんのお客さんにも足を運んでいただき、とてもすばらしいイベントになりました。

僕もとても良い勉強になりました。



交流会後はそんなユニークなメンバーの方々と一緒にネパール周遊ツアー。



チトワン国立公園で象にのったり、

$ココからはじまる。ココから繋がる。
(水か食べ物にあたり上からも下からも垂れ流しの瀕死状態で、なんとか垂れ流さないように1時間半も象にゆられました)




仏教の四大聖地のひとつである、ブッダが生誕の地、ルンビニに行ったり、

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。
(2年半前にブッダガヤーとサールナートに行ったので、残りのクシナガラに行けば四大聖地制覇です)




雲海とその向こうのヒマラヤからのぼるキレイな朝日を見たり、

$ココからはじまる。ココから繋がる。





Holiというお祭りで色粉まみれにされたり、

$ココからはじまる。ココから繋がる。

$ココからはじまる。ココから繋がる。





リクシャこいでみたり、

$ココからはじまる。ココから繋がる。



とにかくネパールを満喫しました。





そんな旅行の合間をぬって、もちろん、子どもたちに糸を結んでもらいました。

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。

$ココからはじまる。ココから繋がる。



観光地をめぐるのもいいのですが、僕はやっぱりこうやって、地元の町中をぶらぶらしながら、現地の人とおしゃべりしたり、子どもに糸をむすんでもらったりしているのがやっぱり楽しいですね。

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。




お別れの日はサワンさんの実家でごちそうになり、サワンさんの甥っ子さんや姪っ子さんにも糸をつないでもらいました。

$ココからはじまる。ココから繋がる。

$ココからはじまる。ココから繋がる。

$ココからはじまる。ココから繋がる。




なんと、サワンさんのお姉さんは小学校の先生をしていて、その小学校に行かせてもらえる、





予定だったのですが、、、




テスト期間とどんかぶりでタイミングが合わず、、、


でも、お姉さんに糸つなぎの活動に興味をもってもらえたので、今度ネパールに来たらぜひ小学校に来てくださいとのことでした。


ぜひ行かせていただきます♪



いや、でもホントにネパールは良い国でした。

住みたくなるぐらい良い笑

また、行きたいです。


今回の旅は演奏もなんとか乗り切ったし、ネパールの子どもをつなぐという任務も果たせたし、
、よかったよかった。

旅を通していろんな方々と知り合えたのもよかった。


今回、交流会を企画してくださった関係者の皆さんと、誘っていただいたサワンさんに感謝です。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2013年04月20日(土)

ちょうど2年前 Just two years ago

テーマ:ありがとう
ちょうど2年前の今日、ぼくたちはユーラシア大陸の最西端の地、ポルトガルへ旅立ちました。

そしてそこから2万キロ、1年に及ぶ旅が始まります。


準備期間1年半、実施1年、そして実施後1年。

CoCを通して本当にたくさんのことを学べました。

たくさんの人と出会い

たくさんの繋がりができ

たくさんの笑顔がうまれ...




帰国してからの1年は正直不安でした。

準備の1年半はただただ夢に向けて突き進めばよかった。

旅の1年は全力で旅を楽しみ、子どもをつなげることにすべてをかければよかった。

では帰国したら?

なにをすればいい?



けど、やることはシンプルだった。


ぼくたちは糸をつなぎ続ければいい。

自分たちが感じてきたことをもっと色んな人に伝えていけばいい。




そうして一年。



毎日めちゃくちゃ楽しかった!


そして新たな夢ができた。

世界中を糸でつなぎたい。

糸をつなぐことになんの制約もない。

生まれた場所も、宗教も、人種も、皮膚の色も、ジェンダーも貧富の差も関係ない。


完全に平等。


ぼくたちは世界を糸でつなぐことで、ちょっとでも世界が平和になればそれでいい。


ココからはじまる。ココから繋がる。-image



2013年4月20日
出発からちょうど2年後



ココからはじまる。ココから繋がる。-image


Just two years before
20 of April,2011

We started our great journey ' Go across the continent of Eurasia' by bicycle.

20,000km
11 months
31countries

and done the CoC project which is connect kids with short strings and make a long string.

now,
the length is 1,350m
about 7,000 kids connected.


We have a dream that we continue to connect them and make a looooooooooong string in all over the world.


in our project,

whatever the religion
whatever the skin color
whatever the gender

doesn't matter at al!!


we are all one
we are all friends



20 of Apr,2013

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年04月08日(月)

happy greetings for you

テーマ:つながり
I got a wonderful letter from Alcorisa,Spain.

It just tagged me on a photos.

But it's enough because it made me happy so much.

ココからはじまる。ココから繋がる。

ココからはじまる。ココから繋がる。

we met two years before, during our great journey.


Because of heavy rain we could not ride a bicycle anymore at that time and stay a day at Alcorisa.

Next day we met on the top of the mountain near the town and they invited us for the paella party.

They spoke Spanish.
We spoke Japanese.

but we surely communicated with each other.


I felt,

We only need a heart to heart communication.
Don't need a language.



Hey you guys,
Happy greetings from Japan.
I will come to Arcorisa next party:)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。