いままでありがとね

結婚して22年。
2012年10月4日に子宮体癌で亡くなった最愛の妻の闘病の記録と
今までいっしょに過ごしたかけがえのない時間の記憶を綴っていこうと思います。



テーマ:

先月,運転免許証の更新の案内の葉書が届いていました。


期限は1月28日。


1年ほど前から自覚症状があり、白内障を疑っていました。


今日、眼鏡屋さんに行き、運転免許証の更新に支障がないか視力を測定してもらいました。


やはり、ボーダーラインで、新しい眼鏡を作りたいといいましたが、どうも・・・


レンズでの矯正では限界のようで、眼科を受診するよう勧められ、市内の眼科に行きました。


運転免許省の更新が近く、自覚症状で白内障の疑いがあることを申し出て、診察してもらいました。


待合室でディスプレイに流れていた『糖尿病性網膜症』この言葉にドキッとしながら待つこと5分。


診察室に入り検査を受けると医師から「白内障・・・のようですね」

 

どうも、この年にしては少しだけ早いようで歯切れが悪い。


「どうします?手術しますか?」


「お願いします」


「じゃあ、手術の日にちを決めますから少しお待ちください」


しばらく、待合室で待っていると看護師さんがきて


「免許の更新があるのよねえ。今、混んでてそれには間に合わないけど・・・」


「仕方ないです。でも、手術はお願いしますので」


という事で、2月21日、28日の2日間でお願いしました。


今は、白内障の手術は日帰りだそうですが、片目づつで2週にわたって手術となります。


困ったのは、免許更新です。


病院を出たのが12時を回った頃で、そのまま免許センターに運転免許の更新に行きました。


ダメだったら、その時に考えようと。


岩手は人口が少ないからそれほど混んでないだろうと・・・そうでもなく


午後の更新に70~80人ほどが訪れていました。


視力検査になり、3人の検査係のうち1人だけ30代くらいの優しそうな女性がいて、

 

たまたま、その女性のところに呼ばれました。


機械の中を覗く私に優しく

 

「空いている方向を言ってくださいね」


「はっ、はい」


(!全然見えない)


それでも目を凝らして


「左」


「はい正解。これは?」


「右」


「違います。上です」


「じゃ、これは?」


「下」


「はい正解」


「これは?」


「右」


「違います。左です」

 

2回連続して正解できず


「・・・」


「すこしやすんでもう一度並んでくださいね」


(だめかもしれない。)


トイレに行って顔を洗い、もう一度並びました。


(ああ、またあの女の人ならいいなあ。でも1/3の確率だし、今日はダメかも・・・・)


並んで、自分の番になると本当に偶然に女性の検査係のひとに当たりました。


「あっ、2回目ですね。それじゃ機械じゃないほうで検査しましょうね」


3mほど離れたところの視力表で検査です。


それで、2,3度繰り返してやっとのことで


「はい、合格ですよ」


この時ばかりはその女性が女神さまに見えました。


いずれ、白内障の手術で視力はもっとUPしますが、免許の更新がその前に期限を

 

迎えてしまうのでパスしてほっとしました。


にほんブログ村

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日のうちに仏壇用とお墓用に生花を買ってきました。

 

朝、お墓参りに行きました。

 

家からお墓が近く、自営なので時間も自由なため、ここまで皆勤賞です。

 

今月までは生花をお供えします。


来月から3月までは生花は凍って、すぐに枯れてしまい可哀想なので造花です。


墓地の水くみ場は冬支度になっていて、手動の井戸はビニールでぐるぐる巻きで使えませんでした。


本堂の前の水くみ場だけ水落とし栓だけビニールから出ていてかろうじて水を汲むことが出来ました。


雪の降らない地域では”水落とし栓”なんて聞いたことがないですよね。


水道が凍るほど寒くなるとこの”水落とし栓”を閉めて水道管の中の水を空にして凍結防止です。


お墓にあたたかいお茶と、紅茶をお供えしました。


そのあと、畑に行って夏の後片付けをしてきました。


トウモロコシ用の鳥獣ネットや支柱の撤去、マルチをはがし、キウイの枝を切ってきました。

畑手仕舞い

↑冬支度の畑。

 

キウイと梅の木が畑のほうに延びて日陰になってしまい、生育不良になってしまいました。

手前キウイ奥梅

↑手前がキウイの木。奥が梅の木。何年も剪定してないから伸び放題です。


今日のところはとりあえずキウイの木だけ剪定し、疲れたので梅の木の剪定は後日にしました。

キウイ

↑1個だけ残っていたキウイ。鳥さん用に。


先週は、秋田に3日ほど出張で、精神的に疲労困憊でした。


こういう時は温泉に限ります。


車で10分ほど走り温泉に入って手足を伸ばしてリラックスです。

 

こんなささやかな贅沢を妻と過ごしたかったんだよなあ・・・


明日からまた1週間がんばろう。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

CNJがんナビゲーター認定試験を受験しました。


試験と言っても解答はメールで送信する試験でインターネット上からその問題の答えを

 

探し出して答える形式なので必ず答えはネット上で見つけることはできます。


ただ、医学用語ばかりで普段はほとんど使いませんから、かなり神経を使いました。


仕事で使う頭とは別の部分を久々に使い、少しは脳の活性化につながったかと思います。

 

結果は今月19日。


仕事より疲れた~

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の日曜日はおとなりのおばあちゃんのお葬式でした。


先週の木曜日の夕方、仕事先から自宅に戻ると、おとなりに救急車が停まっていました。


おばあちゃんは曾孫さんとお風呂に入っていて頭が痛いと・・・


10分くらいして奥様が戻ってきました。


ご主人が前日に動脈瘤の手術だったそうで、入院中のご主人様の身の回りのお世話をしてきて

 

帰ってきて、そのまま、救急車に乗り換えて、ご主人様が入院している総合病院に搬送されました。


翌日、私は仕事先に行っても、気がかりでした。


今日、自宅に帰ったらお隣になにかなければいいと・・・


でも、予感は的中、ご遺体を乗せた白いワゴン車が家の前に停まっていました。


くも膜下出血でした。


おばあちゃんの息子が入院しているおなじ病院で息を引き取りました。


そのことは、とても悲しい出来事の中でも救われることでした。


同じ病院に救急搬送されたから、息を引き取る瞬間に前日に動脈瘤の手術をしたばかりの

 

息子さんが看取ることができたのです。


2日後の日曜日、喪主の息子さん不在のまま朝から火葬、午後の葬儀とあわただしく過ぎていきました。


葬儀のなかで曾孫の小学3年の女の子がお別れの言葉のときにずっと泣きじゃくってなかなか

 

お別れの言葉を発することができない光景に、涙が止まりませんでした。


ただ、私の涙の訳は・・・


おばあちゃんは92歳でその生涯を終えました。


孫がいて、さらに曾孫も11人いるそうです。


私の妻はおばあちゃんの生きた歳月の半分の46歳でその生涯を終えました。


娘の結婚式を見ることも叶いませんでした。


曾孫さんの泣きじゃくる姿を妻と重ねて泣けてきました。


おとなりのおばあちゃんまでとはいかなくても、せめて娘の結婚をみせてやりたかった。


そんな夢をかなえてあげられなくて


えつこ、ごめんね。

 

 

今日は、仕事仲間の火葬に参列してきました。


享年61。


1年9か月前に食道がんが見つかり、手術後、一時は快方に向かっていると思っていましたが

 

転移していたそうです。


娘さんは昨年結婚して今日の火葬には赤ちゃんを抱いていました。


火葬場で61で亡くなった息子の名を絶叫する母親の姿が痛々しく見るに堪えません。


奥様は取り乱すことなく、必死に耐えていました。


私と同じく伴侶に先立たれ、式が一通り終わると寂しさに襲われることをまだ知らない。


何もかもすべて受け入れなくていいから。


少しづつ、少しづつと願うばかりです。

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

日付が変わってしまいました


昨日は「いい夫婦の日」

 

 

しばらく前から決めていたこと


今年もいい夫婦の日に献血に行くこと


今日で10回になりました


記念品のお猪口をもらいました


あと10回頑張るね


そして おそろいのお猪口でいっしょに飲もうね


 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。