いままでありがとね

結婚して22年。
2012年10月4日に子宮体癌で亡くなった最愛の妻の闘病の記録と
今までいっしょに過ごしたかけがえのない時間の記憶を綴っていこうと思います。



テーマ:

先週木曜日に東京から連れて帰った息子ですがいつまでもここにいても


答えが出るわけもなく会社も待ってくれませんから本人が納得しているかは


私にはわかりませんが来週月曜日に東京に送っていきます。


だから、この週末が息子は友達と会える残された週末です。


今週の水曜日に息子に来週月曜日に送る話をしてから、息子は


1日中どこにも行きません。


金曜の夜からは友達も仕事が休みに入るはずで会えるはずなのに


今日もどこにも行きません。


息子が今なにを考えているのか理解できず不安になります。


今日も、息子は友達と会うのだろうと期待して昼間私は一人で


出かけてきました。






花の香りが園内いっぱいに広がっています。



先日ブロ友さんが記事にUPしていた「幸福への道」


幸せのひとかけらでも落ちてないかと歩いてみましたが、


落ちていたのは散り始めたバラの花びら。






周囲は幸せいっぱいのカップルや家族連れ。




今の状況から逃げ出したくてできることならこのアルパカと


入れ替わりたいと一瞬思いましたが、きっとアルパカにも


人に言えない悩みや苦しみもあるのかもしれません。


むすことの2人での生活は残すは明日1日となりましたが


息子の様子をみる限り果たして会社に復帰できるのだろうかと


不安いっぱいですが、仮に今の会社を辞めるにしても


生きていくためには働かなければなりません。


今までは、先読みし、息子が自分から言わないので私が手を出してきました。


それがいけないのだと思い、今回は息子が何か言ってくるまで、


一切手を出しません。


それが今の息子を変える手段だと信じています。


にほんブログ村



にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

先月末にJR大人の休日倶楽部の割引切符『東日本フリーパス』を


買っていました。


4日間、青森から伊豆までの東日本エリアのJR全線、新幹線も乗り放題で


特急、新幹線の指定席も6回まで指定できて¥15,000です。


破格のキップですよね!


まあ、50歳以上で大人の休日倶楽部会員限定キップで、


年会費2000円払っているので使わない手はないということで。


これでお台場の国際見本市会場で行われる展示会にいってこようと


おもって、この日を楽しみにしていましたが・・・



先週、急きょ息子を東京から連れて帰り、それどころではなくなりました。


息子は今週末までで、月曜日に東京に送っていくことにしました。


この先どうなるか、不安だらけですが、本人の結論が出るまで会社は


待ってくれません。


どうするにしても、これ以上家にいても結論は出ることはないので


東京に送っていきます。


それで今日は東京での展示会をやめて、青森のブロ友さんのとこに


お邪魔してきました。


突然の訪問にもあたたかく迎えてくださって感謝でした。


帰り、盛岡で新幹線の乗り継ぎのため下車したので


なかなか見ることがない”はやぶさ”と”こまち”の連結シーンを


じっくり見てきました。


はやぶさのグリーンとこまちのピンクが映えます。


”チュッ”って感じですね。


こんな光景にも癒されます。








にほんブログ村



にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子をみていると、24年前の生まれた日のことを思い出します。




平成3年12月29日の日曜日の夜、出産予定日をすぎている妻を家に


置いて会社の同僚とスキーから帰った私。


妻にさんざん嫌みを言われ、義父母も呆れ顔の針のむしろのなか、夕飯。


それから2時間ほど経ったころ妻がトイレから、大声で呼ぶ声。


「破水した」


大急ぎで支度して、妻をのせて病院に。


朝になっても陣痛がなくて、まだしばらく生まれそうにないのと、


その日12月30日は、会社の仕事納めの日だったので、会社に出勤した。


大掃除が終わり、納会の前に妻のことをしゃべったら、大騒ぎになり、


「いますぐ帰ってえっちゃんについていてあげて」と言われ、そのまま、病院に直行した。


ちなみに、妻も同じ会社の同僚だったので会社のみんなが妻のことを知っている。


病院につくと妻は病室にいなくて、分娩室にはいっていた。


12時近くだったので、妻の分の昼食が配膳されてきた。


カレーだった。


1時間ほどして、看護婦さんが


「うまれましたよ、ご主人さま、ハイ、男の子ですよ。」


これが・・・


おっかな、びっくり抱いた。


しばらくして妻が病室に戻ってきた。


気の利いた言葉も思い浮かばず「ごくろうさま」くらいしか言えなかった。


その日の病院の昼食のことだけははっきり覚えている。


妻はカレーとコーヒーが大嫌いだ。


病院食のカレーは私が食べて、代わりに売店から妻の好きそうなものを買ってきた。


会社は、翌日から年末年始の長期休み。


1月4日の退院まで、毎日朝から夜まで面会時間いっぱい病室で妻と息子と


幸せな時を送ったことを思い出します。


私の指をせいいっぱい握る息子のちっちゃな手。



今は私の倍もでかい図体の息子だが必死に私の指にしがみついているのかもしれない。


にほんブログ村


にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、娘のアパートにいったあと、ちょっといいことがあったのです。


息子との連絡の手立てがなくなって息子の友達が何か知っているかもしれないと、


友達に聞いてみようと思い立ちました。


でも、友達の連絡先など知りません。


息子が昨年新車で買った”ハリアー”この車、友達のお爺さんが経営している


自動車整備工場を通して買ったのです。


当時、私は息子の自動車ローンの保証人として銀行に行ったときに、この整備工場の


経営者のお爺さんと1度面識があり、名刺をもらっていたことを思い出しました。


それで、その会社を訪ねることにしました。


車で家から15分ほどの場所。


走りながら息子の気持ちを考えていました。


親が友達のところにこんなことを話にいかれたら・・・


息子の尊厳を思うとここまで介入していいのだろうかと自問自答し、結局半分ほど走って


行くことをやめました。


その夜やはり考えることは息子のことばかり。


翌日、結局、友達の家を訪ねました。


息子と連絡がつかなくなっていることを話して何か息子の事がわかったら


連絡をくれるようにお願いしてきました。


その夜、友達からの連絡もなく、翌日息子のいる東京のアパートに行ってきたのです。


息子といっしょに岩手に帰る途中、店で晩飯を食べているときにその友達から


心配して私の携帯に電話があり、息子から離れたところで、


実は今息子と一緒にいることを伝えました。


翌日、再び友達から私に電話がありました。


息子から何の連絡もなくて私が友達になにか話をしていることも息子は知りません。


友達も私が友達に息子のことを聞きにいったことを息子には言えないから、


息子から連絡がなければ友達も動きようがなくていました。


それで昼間息子に私からどうせ家にいるんだったら友達には連絡しておけと言いました。


昨日の夜、娘のアパートに私が行ってる間に友達と連絡したみたいで、私が帰ると


息子はさっきまでいらないといっていた夕飯の焼そばを食べていて、


「これから友達と遊んでくるから」


ちょっとだけ普段の顔に近い表情に戻りました。


「ああ、いっといで」


今も息子は友達と遊んでいて家には帰っていませんが、


息子にとって心の急速充電になることを願っています。


こんな息子を心配してくれる友達が集まってくれて息子を支えてくれています。


お金なんかに比較もできない大切な友達に感謝。


にほんブログ村



にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。