整骨院,治療院のコーチングコンサルタント太田大介のブログです。整骨院集客,自費移行のお悩み等の解決致します!

マーケティングやセールスが苦手な治療家のための
「やさしい整骨院経営のすゝめ」
600軒の整骨院を廻ってきた太田が先生方に恩返し
をするためにノウハウを公開中!

こんにちは、太田です^^

今回のテーマはこれです




整骨院集客(集患)
紹介の2つの盲点とは?(紹介カード)


まず、紹介カードについては僕は反対意見です。
なぜなら、紹介は原因ではなく、あくまでも結果。

“起こす”ではなく“起こる”
ものだと考えているからです。



今回の「紹介の2つの盲点」の前提としましては・・・

「目の前の患者さんに満足していただく」
ここからが“スタート”だと考えてください




そのスタートからの2つの盲点とは何か?




それは・・・
======================

①院のカードがない
②紹介してくださった方を称えない

======================
です。


今、先生の院で一番集客できている媒体は何ですか?


ネットからの集客。
チラシでの集客。
通りがかりの集客。


・・・

・・・


おそらく、紹介(口コミ)が1位ですよね


にも関わらず、
紹介を軽視されてる先生が多いのです


“2つの盲点”
があるのは
とても、もったいないことです(T_T)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【2つの盲点とは】



①院のカードがない


紹介カードではなく、ショップカードのイメージです。

満足された患者さんがカフェで友達に話すときを
イメージしてみてください!


「この前、こんな綺麗な整骨院行ってきてん」
「この前の整骨院の先生イケメンやってん」


とこんな会話が行われてそうですよね?


そこで、院内の写真が載ったカードや
先生の顔写真が入ったカードが必要です。


「〇〇さんも行ってみれば!」


となったときに地図や受付時間がわからなければ
紹介しようがありません。



そのために必要な院のカードです。

・財布に入る大きさ(常備していただくため)
・2枚以上はお渡しする(本人と渡す方用)



※今後はカードでなくても「スマホサイト」があれば
その代わりになりますので「スマホサイト」必要ですね



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


②紹介してくださった方を称えない



~質問~

患者さんからの紹介を減らす方法はわかりますか?



答えは


・・・


・・・


・・・



~答え~

 紹介してくださった患者さんを〝無視する”です。




本当にここが盲点なんですが、
紹介してくださった患者さんを称えておられますか?


ちゃんと称えれていない先生が多いのが現状です


逆に紹介を増やす方法は簡単ですよね?


 紹介してくださった患者さんを〝称える”です。



称える方法については・・・
各自、先生方にお任せ致します(~o~)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



以上、“2つの盲点”ですが、
いかがでしたでしょうか?

必要性と以外とやっていなかったことに
気付いて頂けたかと思います


ぜひ、この機会に実践されてみてはいかがでしょうか?




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

整骨院サクセスコーチ 太田 大介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります