おもしろ畳!?

本来の畳ではなく、可能性を考えて、廃材も使ったりして、駄作ですが、色々試してみます。
時々チョッピリ情報や変わった施工例もアップしております。

変形、細工物は(^_^;)最近作ってないけど変わった施工例やちょっとした情報をアップします。

テーマ:

今回の5回めの2月の授業は、

重要文化財などの古い畳でヘナヘナになった畳を、

新しく入れ替えしないで使う為の裏締めという修復の勉強です。

 

教材の畳が、どれくらいヘナヘナかというと

両端を台にそっと乗せて私の畳は中央部で9センチほど下がってます。

 

その後、古い畳縁や畳表を剥がし表面の画像です。

職人さんが藁を並べて手で縫って締めた畳床です。

関東式と違う所等が多々ありますが、

画像左側に写っている板を縫い付けている穴が、

非常に少ないのにびっくりでした。

これは、金沢では珍しくない事で畳を入れた時の金額によって変わっていたそうです。

私の畳は締め直しされているので9センチほどしか下がりませんが、

仲間のは15センチちょっと撓んだ物もありました。

 

裏返して床面に置き足で踏んで確かめて、

凹んでいる部分を探しチョークにて印をつけました。

 

その部分に藁を適量置いていきます。

最初は切った藁をこの向きに。

 

次にこの向きに均等に藁を薄く均等に並べていきます。

 

その後に菰(こも)を置いてシワがない程度に軽く引っ張ります。

この画像の針が沢山刺さっているのは、

縫う列のチョーク印を目立つ様に私だけ刺してました。

(片側だけ)

写真撮るためだったのですが、

そのまま刺しっぱなしで抜きながら作業してました。

この様にズレない様に軽く針で刺してから、

一定の間隔の決めた縫い方で約160箇所縫っていきます。

 

みんな黙々と縫ってます。

畳の端の方は、思った位置に針が上がりやすいので、

縫うのが楽なのですが、中の方になると腕が伸びきり

思った位置に針をあげるのに苦労しました。

 

縫い終わった畳床(たたみとこ)を床(ゆか)に置き、

縫った約160針の糸を足で踏んでどんどん締めていきます。

この様な感じで足で締めていくのですが、

この姿勢は体が起き上がっていてダメな体勢です。

糸があまり長くなってくると、

体が起き上がってしまい上手く締まらないです。

注意を受けてしまいました。^^;

締めて糸が余ってくると繋ぎ目で解いて糸1本抜いて結び、

さらに締めこんでいきます。

やっと締め終わりました。

畳を縫っている糸を足でドンドンと踏んで締めていくと古い畳なので、

畳の周りに沢山砂?埃?出て来ます。(笑)

 

縫った糸を締め終わるとこの様に畳床がしっかりとして、

また使うことができる様になるんです。

 

足で畳を勢いよく踏みながら糸を締めていく作業は、

メチャメチャ疲れましたが、

実はこれ序の口作業なんです。^^;

来月は、もっと大変な作業になりますので、

体力をつけておかないとですね。

現在身体中筋肉痛ですし、左手は糸を引っ張っていた指部分は、

水ぶくれになってます。(T . T)

 

実際一般家庭などで使われている畳は、

現在ここまで柔らかくなった場合は、

補修する時間をかけてまで使う事はなく、

新しい物に入れ替えてしまいます。

 

私の親父の若い頃は、畳床が麻の糸で縫ってあった為、

糸が湿気で切れていたりすることがあったりすることがあった為、

ここまで丁寧な裏締めではありませんが、

結構補修はして使っていたそうです。

 

7期生の福井県の先輩、金沢湯涌江戸村の方、愛知県の畳屋さんも見学に来ていたりして

私がへたった時には愛知県の畳屋さんにチョット手伝ってもらっちゃいました。^^;

ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年春より勉強を始め、私にとっての色々なイベント事等で、

勉強もままならなかった部分もありましたが、

なんとか、独学で合格することができました。

終わって、ホッとしました。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰しております。

フェイスブックの方でタグ付けしていただいていたので、

そのままになってしまい、

気がついたら一切金沢職人大学のことを書いてなかったでした。^^;

 

10月の授業は、

入学式の後、畳に関しての授業をしていただきました。

内容は、畳の歴史から地域差などの勉強でした。

私は見てなかったのですが、

ちょうど、テレビで関西間と関東間の境目などやった後だったので、

その様な話も加味しての授業でした。

 

11月の授業は、

忘年会があるので、早めに金沢入りして金沢湯涌江戸村

「手床で入れた新畳」や建物の作りなど見学して、

公衆浴場浅の川温泉湯楽でさっぱりして、畳科の忘年会に参加させていただきました。

お泊まりして次の日、寸法取りの座学でした。

畳屋さんは新しい畳を作って部屋に敷き込むために、部屋の寸法を取るのですが、

その取り方は、いろいろな方法があるんです。

 

部屋に直角の十字を決めて採寸をする方法には、

その十字をレーザーやパタパタと4方向へ広がる道具を使って測る方法。

その道具を使わずに、基準の十字に糸を張るための計算方法や

計算を使わずに直角に糸を張る方法。

他には、

ピタゴラスの定理を使った方法で、

糸を張り採寸する方法でもいくつかの方法等がありますし、

部屋の歪みを計算して部屋の4辺に糸を張る割り本方法などあります。

私は、普段は割り本法(わりぼんほう)をつかったり、レーザーを使ったりしてます。

 

ちなみに、先生は石川県、生徒達は東京都、福井県、香川県、愛知県と居ましたので、

地域によってどの寸法取りが主流と、言い方の違い等色々と、

違いが有るので話も膨らんでとっても楽しかったです。

 

12月は採寸の実習でした。

今シーズン初めて見る雪の金沢入りでした。

授業は長町武家屋敷跡の建物中の部屋の採寸実習と、

計算をしないで糸を直角の十字に張る方法などを勉強しました。

この写真は、部屋の辺の長さを測っているところです。

この後対角線を測って割り出します。(割り本法)

 

珍しい建具なので、パチリ

張り替えはどうやるのかな?

 

お昼休みに外を歩くと、

土の塀を守るための菰が使われている菰掛け見ることができました。

 

みんな経験者でしたので授業が少し早めに終わることができたので、

雪の兼六園に連れて行ってもらいました。(初めて)

私たちのように時々しか来ない人では、タイミング良く雪の兼六園を見る事は難しいそうです。

むちゃくちゃ寒かったけどめっちゃラッキーでした。

 

1月の授業は、

古い畳の構造の勉強のために、各自1つづつバラして勉強しました。

私のバラしたものは、補修の新聞紙が昭和3年のものが入っていたので、

おそらく大正時代に新畳として入れられたものだと思います。

畳床自体は、1枚づつ藁を並べてから機械で縫った初期の機械床でした。

(おそらく手回しの機械?)

手編みのコモを並べてあったり材料の並べ方もすごく勉強になりました。

ちなみに、仲間の畳は全部手で縫い上げた手床(大正12年の新聞が入ってました。)や、

裏に莚(むしろ)を当てて縫って締め直しを2回(莚2枚)したものが有ったりと、

そちらも覗きながら違いの分かる勉強で楽しかったです。

 

最後に、左側が莚(むしろ)右側が菰(こも)

中央部分が手床の裏面になり掛け縫いという縫い方なんです。

 

では、また来月のものアップしますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

遅くなってしまいましたが、

あけましておめでとうございます。

(友人の作った木目込み人形です。)

昨年は、ブログの方あまり書かずに1年が経ってしまいました。

思い起こしてみると、

色々と忙しかった1年だった様な気がします。

抜けている事などありますけどお時間のある方読んでみてください。

 

1月は、前の年に、ご依頼いただいたのに、出来ず、お待ちして頂けた仕事が続きました。

 

2月から、インテリアコーディネーターの試験を受けようと勉強するために問題集などを用意をしたのに、

積ん読状態。^^;

 

3月後半にはボチボチと勉強を始めましたが思いの外、忙しく勉強が進まない日々が続きましたが、

まだ、勉強は余裕をこいておりました。

 

4月は、以前行っ紙の博物館に、紙の勉強をもう一度しようと思い別件のセミナーと同じ日にして

仲間と行ってきました。

紙の博物館では、偶然にも和紙から糸を作り織物織っている櫻井貞子先生と知り会うことができました。

そこで、かな料紙の小室さんのご子息と会うこともでき、別件のセミナーでは、やはり充実した内容でした。

当店初の純金縁を使った施工、手漉き和紙の障子張替えがありました。

 

5月は「畳刺父ちゃん」さんに誘っていただき「房総のむら」へお手伝い。

毎回勉強になる時です。

後日また櫻井先生が来られるとのことで、紙の博物館へ行き、

前回お話に聞いていた紙布の畳縁を見せていただきました。

後日、静岡の襖工場へ見学に行ってきました。

仕事上扱っているものなので、すごく勉強になりました。

そして、TTMで初の奈良県へ8角形の畳の研修に参加。

これは、日本中から志の高い方たちに混じって、

畳漬けの研修で、毎回すごく楽しみな研修なんです。

 

6月はちょっとインテリアコーディネーターの勉強を頑張っていたのですが、

金沢職人大学畳科への入校を希望していたら、

定員以上の応募のため7月に実技選考が行われることになり、

密かに実技の練習をし始めました。

 

7月品川の小学校へ環境アレルギーアドバイザー、シックハウス診断士としてちょっとしたお話と、

畳コースター作りに行ってきました。

その次の日、金沢へ実技選考に日帰りで行ってきました。

なんとか定員5名に残ることができ、10月より月一回3年間通うことになりました。

次の週には櫻井先生の作られた畳縁を使ったお宅へ見学しに行ってきました。

紙布の畳縁の丈夫さにびっくりしました。

 

8月は埼玉県小川町の細川紙を勉強しに行ってきて、そこに櫻井先生の紙布が展示されていてびっくり。

インテリアコーディネーターのほうは、勉強が思ったほど進んでなく、

迷ってましたが、ギリギリのところ勢いで申し込んでしまいました。

 

9月は残業の後、居眠りしながらの勉強が続きました。^^;やばい。

 

10月は、仕事も詰まっているのに、色々とめっちゃ忙しかったです。

4日金沢へ入学式。その後すぐに1回目の畳についての授業をしてくださり授業が終わりすぐに帰って来ました。

8日にインテリアコーディネーターの1次試験。

70数パーセント程度出来ていたので、合否はわかりませんが、

念のため2次の勉強を始めました。

10、11日はアレルギーエキスポでしたが、仕事の都合上初日は搬入のみで2日目だけ終日参加

15、16日は熊本へ畳表の品評会に合わせての研修のため熊本へ出張

21、22日は次の週は毎年恒例のsugitatamiさんのところのイベントお手伝い&畳談義のためお泊まり。

29日足立区の防災訓練に「災害時に5日で畳5000枚の約束」で参加。

当たり前ですが、仕事も詰まって残業もづづき増したので、

大して勉強ができなかったです。(>_<)

 

11月インテリアコーディネーターの1次試験の合格通知が来ました。

11、12日と職人大学の2回目の授業「寸法取りについて」に行って来ました。

残業も普段より早めに夜8時くらいには切り上げる様にして、

毎日勉強してました。^^;

 

12月、3日試験なのに、前日まで課題が時間内に終わらず解答も間違えていたりとしてました。

ですが、前日に包丁研ぎのお客さんが私の問題集を見て、

「2次ですね。洋室に強いインテリアコーデイネーターはたくさんいるけど、和室に強いインテリアコーデイネーターは僕は有りだと思ってます。」って言ってくれたのがめちゃ嬉しかったです。

それを心に刻んで当日頑張って来ました。

合否の結果は2月半ばなんですけど、初夢?ではなんと不合格の文字が(>_<)

 

今日は、家族が笑っていられる1年になる事をお願いしに日本橋の七福神めぐりして来ました。

 

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

m(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご無沙汰してます。

あの試験から気持ちの方すっかり落ち着き、

毎年変わらずの仕事に戻りました。

 

今回は、数年前に突然畳縁を購入したいと、

ご来店いただいてからのお付き合いの東京都のK様です。

 

バッグinバッグです。

購入してくださる方がたくさんいらっしゃると言うことで、

私があえて説明をすることではないですが、

ポケットは外に1つ中の両側に分割したポケットがついてます。

とっても使い勝手の良さそうなバッグです。

しかも、この畳縁は通常の畳縁よりも軽い素材なので

重さの負担も少なく、底板も入っているのでしっかりとしてます。

色も、写真よりも、もっと映えるオレンジなのでバッグの中でも目立つので使いやすいと思います。

K様ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、インテリアコーディネーターの2次試験終わりました。

時間内で課題は終わったので、
合否は別でとりあえずホットしました。
何せ前日まで、論文も字足らずですし。
図面も一生懸命描き終わったら時間もオーバー、
答えも思いっきり勘違いで間違ってたし、
図面の色塗りは2日前初めて色鉛筆選んで塗り始めたりと。
もう、神頼みで受けたので、終わってホットしました。
結果は2月半ばなので、お待ちいただいていた仕事。
明日から残業して順次進めますにで宜しくお願いします。
ありがとうございました。
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

普通の畳縁って幅は約8センチなのですが、

画像左側の立涌柄の畳縁は、幅が10センチタイプのものなんです。

他にも幅広のタイプがありますが、

あるものを送らせていただいたら、

すぐに作って画像を送ってくださいました。

 

バチ入れです。

幅広の畳縁で太いサイズのバチにサイズぴったりだそうです。

 

蓋の部分の固定方法も、

おしゃれですよね。

 

画像送ってくださりありがとうございました。

 

川崎市のK様

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、sugitatami(杉田畳店)さんが参加される、

大網白里市産業祭に行きます。

畳の相談、小物販売、コースター作りと行ってます。

お時間のある方は遊びに来てくださいね。

 

2017年10月21日 /9時30分から15時00分

大網白里市運動広場
〒299-3219 千葉県 大網白里市 南飯塚477番地1

産業文化祭

 

天候が悪ければ22日になりますが、

どうなんでしょうかね?

久々にゆっくりと仲間と話す事ができるので、

そろそろ用意して向かいます。

 

しかし、当日告知とは・・すいません。^^;

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

大変ご無沙汰になってしまいました。

ちょっと、まとめてご報告になります。

 

実は、金沢職人大学の畳科に通うことになりました。

10月4日入学式に行ってきました。

3年間月1回通って勉強してきます。

この学校は、

古い畳の修復や、お寺さんとかで使う紋縁から縁御神座までと、

なかなか勉強のできないことを教えていただける学校なんです。

通うのは大変ですが、とっても楽しみです。

こちらでも勉強の方アップできればと思っております。

 

そして、本日8日インテリアコーディネーターの試験を受けてきました。

なかなか頭に入らない年なのに完全独学で^^;

仕事が終わってからの勉強は居眠りで30分もできなかったり、

お付き合いや息抜きと言いながらお酒をいただいてしまったり、

他の事で、全く勉強に集中できる気分にならない日もあったり。

気がつけば、勉強は、予想問題だけ、2回できただけで、

最終チェックは頭に入るわけもないですが、

ポイントの本を、朝から読んでみましたが、

半分まで目を通して家を出る時間^^;

時間の方も説明開始少し前に会場に到着、

あっという間に試験が始まってしまいました。

全く身に覚えのない問題や回答が怪しい問題も

ありましたが、

とりあえず、記憶にある限り全力を尽くしてきました。

(その記憶が怪しいのですけど^^;)

合否は怪しすぎますが、万が一通った場合の2次に向けて勉強を始めないとですね。

こちらも、引き続き頑張ります。

 

そして、10月10、11日と新宿京王プラザホテル4階

にてアレルギーEXPO&災害時の住環境・生活環境EXPOがあります。

アレルギーの方では、畳見直しネットワークとして、畳の相談や小物販売、コースター作り(ワークショップ)を行なっております。

会場での放送にも参加いたします。

災害の方では、「5日で5000枚の約束」として活動の説明を行なっています。

実際に持ち込まれる畳を持ち上げたり座ったりすることができます。

少し離れたブースになりますが、子供が積み木で遊べるところに畳を敷いて遊べるようにしてます。

こちらの畳は災害時に運ばれるタイプの畳を並べてあります。

アレルギーエキスポチラシPDF

 

この後にも、まだ予定がありますので、頑張ります。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この記事も先日の話ですが、

家の近所の方が、ちょっと遠い別宅の畳を綺麗にしたのですが、

1週間に一回程行き風通しをする程度で住んでいないので、

うっすらカビが出たのでどうすれば良いかと相談しに来てくれました。

色々とお話を伺いその方の最善の対処法などをお話した後に、

店頭に置いてある畳縁のカード入れを購入後にふと、

事務所内の見本の畳縁バッグを見て、

数日後に渡すプレゼントに、全く同じ配色のものが欲しいと言われ、

喜んでいただければ良いなと、急いで作成いたしました。

 

この私の作った畳縁バッグをプレゼントに選んでくださりありがとうございました。

 

明日は、サンシャインシティーの噴水広場にて、

畳ワールドin東京2017

楽しいイベントですので、お時間のある方は是非遊びに来て下さいね。

 

昨年は参加できたのですが、

仕事の都合でお伺いできません。(T . T)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。