水族館の殺人:青崎有吾

テーマ:
蒸し暑くて鬱陶しい梅雨に読むにはまずまずの作品。
水族館に行きたくなった。
推理ものとしてもほんとに良く練られていて、最後の最後に真の「動機」の解明もされて、スッキリ!

★★★★☆
---------------------------------------
夏休みも中盤に突入し、向坂香織たち風ヶ丘高校新聞部の面々は、「風ヶ丘タイムズ」の取材で市内の穴場水族館である、丸美水族館に繰り出した。館内を館長の案内で取材していると、サメの巨大水槽の前で、驚愕のシーンを目撃。な、なんとサメが飼育員に喰ついている! 駆けつけた神奈川県警の仙堂と袴田が関係者に事情聴取していくと、容疑者11人に強固なアリバイが……。仙堂と袴田は、仕方なく柚乃へと連絡を取った。あのアニメオタクの駄目人間・裏染天馬を呼び出してもらうために。平成のエラリー・クイーンが贈る、長編本格推理。好評〈裏染シリーズ〉最新作。
水族館の殺人
AD

ギャラリスト:里見蘭

テーマ:
これも1週間もの。重松君を連想しながら読了。
ストーリーは日本画の最後の巨匠の作品がクリスティーズで安くオークションにかけられるところから始まり 画商と絵画投資ファンドの駆け引きがメイン。
そこここに近代までの著名な画家が出てくるので、絵に興味があれば一層楽しめると思う。絵のことなんかカラキシ知らない僕でも、一応村上隆は知ってるしね。
芸術の市場性というか、どうやってえの価値・値段が決まるのか、世界の大金持ちはどんな心持で絵画を求めるのか、日本の閉鎖性とか、もろもろの芸術の世界が垣間見られて面白かった。
ただ主人公の真治がラストにこうなっちゃうのかとちょっと後味が悪かった。
芸術とカネのかかわり、どっちにもかかわらない僕にも興味深かった。
★★★★☆
----------------------------------------
日本画最後の巨匠・門馬岳雲の作品が、クリスティーズのオークションで売り飛ばされた。それも、日本では考えられない安値で。これを契機として暴落する日本の美術市場。仕掛け人は、天才ファンドマネージャー・江波志帆。彼女の狙いはいったい…。グローバル化の波が押し寄せる美術市場で、画商たちの戦いが始まる!
ギャラリスト
AD
これは衝撃的だ。おっそろしく暴力的だが魅了されてしまった。
ほんとに加害者に甘い日本社会だとは思うけど、復讐するにはとてつもないエネルギーと時間が必要で、さらに一人では難しい。それを可能にしたのがこの小説。しかも中学生という設定。
櫂と文稀が最後は和解するのかという甘い期待もすかされて、文稀が回復するのかどうか怪しいラストが待っていて、うまいなぁと感心してしまった。
現実にはとても難しい「いじめ」に対する復讐劇。ある意味スカッとするところあり。恐る恐るですが「お薦め」です。
★★★★☆
---------------------------------
中学3年生の緒方櫂は、従兄妹の未来を奪った加害者に復讐を誓った。自分の左目は見た者を石にする“邪眼”だと称する高橋文稀は、15歳の誕生日に自殺する計画を立てた。夜の公園で出逢った二人は、文稀が死ぬまでの間、櫂の復讐に協力する契約を結ぶ。予行演習として、少年法に守られ罰せられない犯罪者たちを一人ずつ襲っていくが、彼らの制裁は次第にエスカレートしていき―。復讐の意味を問いかける衝撃作。
セカイが
AD

十字の記憶:堂場瞬一

テーマ:
1週間の通勤時間帯で読了。先が気になる安定した堂場ワールド。
内容は新聞記者と刑事が、かつて見過ごしてしまった同級生の心を救おうと、互いの立場を超えて奔走する復讐劇追及物語。横たわる市長一族の利権と市の私物化を暴く話でもある。でも、それぞれの要素に対する動機づけが弱い、特に夜逃げした女子を引き留められなかったことに対する贖罪要素が根本だけど、「えっ、それほどのこと」と思ったので、モヤッとしながら読み終わった。
★★☆☆☆
------------------------------------
新聞社の支局長として20年ぶりに地元に戻ってきた記者の福良孝嗣は、着任早々、殺人事件を取材することになる。被害者は前市長の息子・野本で、後頭部を2発、銃で撃たれるという残酷な手口で殺されていた。一方、高校の陸上部で福良とリレーのメンバーを組んでいた県警捜査一課の芹沢拓も同じ事件を追っていた。捜査が難航するなか、今度は市職員OBの諸岡が同じ手口で殺される。やがて福良と芹沢の同級生だった小関早紀の父親が、20年前に市長の特命で地元大学の移転引き止め役を務め、その後自殺していたことがわかる。早紀は地元を逃げるように去り、行方不明になっていた…。
十字の記憶

王国は誰のもの:安萬純一

テーマ:
わずか3日で読了。ってことは「面白かった」のかな?先が読みたくなることは確かだった。
読みやすいし、探偵役が魅力的だし、グリム童話の要素も詰め込んだミステリーって新しくて面白かった。
最後も爽やかに終わり、莉世の今後が気になったけど、丈の正体が魔女の息子だったり、王様の病気が・・・だったりって、なんか禁じ手だなぁという展開多し。妙に楽しく読み終えたので
★★★★☆
---------------------------------------
わたしはどこにも行き場のない人間だ―そう思い悩む女子高校生の莉世は、帰宅途中に大きな帽子をかぶったひ弱そうな少年・丈と出会う。家からほど近い、蕪坂という大金持ちが築いた王国に招かれた丈に同行することになった莉世。ところが中世欧州風に造られたリッフェントローフ城内で、不可解な殺人事件に巻き込まれてしまう。パーティの晩、王が何者かに殺害されたというのだ!王位を巡る権力争いなのか?容疑者はなんと、吸血鬼、狼男、ミイラ男、ゾンビと怪人だらけ。彼らを地下牢に閉じこめたはずなのに、第二、第三の殺人が発生して…。鮎川賞作家・アマン先生が満を持して放つ、“超変”ミステリ!
王国誰

BLOOD ARM:大倉崇裕

テーマ:

字も大きくて僅かに通勤時間2日で読み終えた 。内容はミステリー と言うよりも SF 。限界集落も近くにある 山に囲まれた町で何かが起きている 。頻発する地震 、原因不明の停電 、行方不明者の続出 。ガソリンスタンドでアルバイトをしている 沓沢は その夜 、黒岩谷を越えた隣町へ軽トラックでタイヤの配達へ向かう 。そして ひとつの集落が壊滅した恐るべき光景を目撃 。謎の美女 御堂 怜子 とともに 怪物に立ち向かう 。沓沢の祖父 、過去に 思いもよらない秘密が 。という展開だが、とにかく面白くて先に何が起こるかページをめくるのにワクワクした。 とはいえオトナ向けというよりは中学・高校生向けといった趣。

★★★☆☆

----------------------------------------------

ある山々に囲まれた地方の街で不可解な地震が頻発していた。ガソリンスタンドでアルバイトをしている沓沢の周りでは、奇妙な出来事が次々と起きていた。そして山へ向かった沓沢は、恐るべき現象に遭遇する。
BLOOD ARM

十三匹の犬:加藤幸子

テーマ:

犬の視点から書かれていて、その後で飼い主が独白するというスタイルで一家の歴史が時代とともに犬を介して語られる。正直ちょっと読み疲れた。

★★★☆☆

---------------------------------------

札幌から北京、そして戦後の東京へ。十三匹の犬たちが語る家族との出会いと別れと一家の歴史。物語の語り手は、一家で飼われてきた歴代十三匹の犬たち。戦前の明るい空気の札幌、戦争中から敗戦後の混乱の中での北京、引揚げ後の米軍の占領に始まる戦後から平成までの東京を舞台に、愛らしい犬だけでなく、臆病な犬、凶暴な犬、殺された犬、様々な犬たちが紡ぎ出す、その犬の一生と家族の歴史。十三章からなる長編小説。

13匹の犬

骨風:篠原勝之

テーマ:

鉄の彫刻で知られテレビ出演もあってその風体は良く知ってるゲージツ家の篠原勝之さん。

彼が「文学界」に書いた短編小説と書き下ろし3篇が1冊にまとめたもの。

とにかく驚いたのは文章力。書き留める力はタダモノではない。

殴られ続けていつもおびえて接していた父が死を迎え、骨(粉)となってモンゴルの草原でまかれる表題作「骨風」から、孤独のうちに亡くなった弟との葛藤をつづった「影踏み」まで全部で8編。

身近な死を客観視し、淡々と描写する。周囲の人々もタダモノでは無い人ばかりだし、活写する能力も凄い。

片方の耳が聞こえないうえに嗅覚も失った幼児のときの病気を背負いながら、父親の虐待にも何とか屈せずに生き抜き、でもどこかに「家庭」というものに憧れを抱えてゲージツに打ち込む。僕にはとても真似のできない生き方がそこにあって圧倒された。

★★★★★

-----------------------------------------------

十七歳、家出少年の人生は、挫折、家族解散、借金返済の自転車操業。
愛猫、ビンボー暮らし、ゲージツ、室蘭、深沢七郎、モンゴル草原、青函連絡船、
編み物、ベネチア、父親、どぶろく、スキンヘッド、弟、甲斐駒ケ岳……
老いてなお逃げ続ける脚力で描き切った、崖っぷちの連作集!
文芸誌掲載作から名短篇を集めた『文学2014』アンソロジーに選ばれた
表題作。鉄と戯れ、ゲージツする日々、蜂に刺され鹿が迷いこむ山の生活。
家族と己の生と死を、タフに見つめつづける全8作。
第43回泉鏡花文学賞受賞。
骨風

森笠邸事件:福田栄一

テーマ:

1週間の通勤時間で読みきり。登場人物も多くなく、屋敷内の事件なので誰が後ろで糸を引いているかはおおよそ検討がつくが、屋敷内に入れない二人が真相に迫っていくところも面白くて、続編としては上出来だと思う。肩の凝らないミステリーとしてお薦め。

★★★★☆

---------------------------------------

篠戸市の名家・森笠家で若い男が監禁されていた。男は移送寸前に逃走、広大な敷地で姿を消してしまう。そして、陸の孤島=森笠邸で恐るべき惨劇が!―所長の嶋岡が調査中に階段から転落した事件を機に、姪の美菜子が所長を代行、所員たちの結束も強まり、事務所自体はいい方向に進んでいる。また、嶋岡も徐々にではあるが回復傾向にあった。ところが、以前つき合いのあった地元の名家・森笠家から呼び出しを受けた美菜子は、当主の森笠和史から嶋岡の名誉にもかかわる監禁事件の調査を命じられたのだった…。注目の青春ミステリーの旗手が描く、絶対絶命探偵日常小説!


森笠邸

警視庁外郭団体“犯罪史編纂室”に集まられた“脛に瑕持つ警官達”。電脳世界と言っても過言ではない昨今…空間を飛び交う様々な電子情報を武器に犯罪を未然に防ぐ…千秋が操る“繭”ってX-MANのチャールズが使ってたアレ(ミュータントを探すのに使ってた機械)みたいなモン?等とイメージを膨らませる…刑事ドラマとSF映画を一緒にしてさらに家庭内虐待や電脳世界の危うさ怖さに、ミステリー色をちりばめた様な物語でした。何となくポリスに新藤はからんでいるんだろうなあというのと、りえもひょっとしたらとは思ったものの、まさかの岩崎。キャラクター設定もわかり易く、この時代にマッチした内容でかなり面白く読み終えた。ただ謎解きではないし、敵味方がハッキリしているわけではなく、さらに言えば武志の妻は何故警官を撃ったのか、まだまだ解き明かされない謎が残ったままなので続編があるかも。

★★★★☆

------------------------------------

東京・吉祥寺の雑居ビル。警察庁の外郭団体、犯罪史編纂室。そこに集う面々は、「ちょうかい」、すなわち「懲戒免職」レベルの危険な警官たちばかり。そんな彼らの真のミッション、それは、「これから起こる犯罪を未然に防げ」というものだった。しかし、彼らを束ねるのは、瞬間記憶の持ち主なのに、まさかの鳥頭という、最凶キャリア女子だった―。

ちょうかい