他院で

鼻中隔延長術を行ったのですが、

希望より鼻尖が高く、

鼻柱が傾いていたため、

当院を受診しました。

 

前回の手術痕を切開し、

延長部の修正を行いました。

 

↓初診時

 

 

↓修正手術より2週間後

 

 

鼻尖部は瘢痕の増殖で

太くなっていたため、

線維組織の減量術も行いました。

 

術後2週間であり、

再度瘢痕が増殖しないように

内服治療と

テーピングによる圧迫固定を

行っています。

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

鼻尖中央を細くしたいと仰る患者様が
多いのですが、
この患者様は
鼻尖部のボリュームを残しつつ、
鼻尖を下方に向けることを
希望されました。
 
そのため
鼻尖部の脂肪切除は行わず、
鼻翼軟骨形成を行った上、
鼻尖と鼻柱上部に
耳介軟骨を移植しました。
 
 
↓術前 正面
↓術後6ヶ月
 
 
 
↓術前 右斜め前から
↓術後6ヶ月
 
 
 
↓術前 側面
↓術後6ヶ月
 
 
術後6ヶ月が経ちましたので
経過観察を終了しました。
 
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

団子鼻に対して、
鼻尖部の皮下脂肪を減量し、
鼻翼軟骨を中央に
縫合しました。
 
術後の経過です。
 
術後1ヶ月、
術直後に比べ、
鼻尖が大きくなったのは
瘢痕の増殖のためです。
 
これははごく普通の経過であり、
脂肪を減量することによって
皮下に線維組織が
増えるためです。
 
術後2ヶ月になると
鼻尖の大きさに変化がなくなりました。
 
瘢痕の増殖が止まったためです。
 
この患者様は術前より
リザベンを内服しており、
術後は指導した通り
テーピング固定も行っています。
 
瘢痕の増殖は止まっており、
今後、少しずつ
瘢痕が消退していくと
考えられます。
 
 
↓術前
 
 
↓術後1ヶ月
瘢痕が増殖し、
鼻尖が大きくなりました。
また繊維組織が増えたことで
鼻の穴が小さくなったように
見えます。
 
↓術後2ヶ月
瘢痕の増殖が止まり、
鼻孔が開いてきました。
 
ステロイド局所投与を行わず、
瘢痕は軽快の方向にあります。
 
今後瘢痕は少しずつ消退します。
 
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 
海外で
鼻根から鼻尖にゴアテックスを入れた上、
鼻中隔延長術を行い、
鼻が想像以上に大きくなったので
来院されました。
 
また使用する軟骨が
他人の軟骨であると
術前に説明を受けていたのですが、
帰国後不安になり
すべての摘出を希望されました。
 
↓摘出した異物
これほど多くの異物が入っていることは稀です。
 
①②は他人の肋軟骨で
鼻中隔延長に使われていました。
特に①は太く、鼻尖が太くなっていた原因でした。
 
③④はゴアテックスで、
鼻根から鼻尖にかけて入っており、
2枚重ねになっていました。
 
↓術前 斜め前から
↓術後2ヶ月
 
 
 
↓術前 側面
↓術後2ヶ月
 
異物を抜去しましたが、
皮下組織が多く切除されていたため
瘢痕の増殖も著しく、
鼻先は硬くなっています。
 
今後、
鼻尖の瘢痕減量術、
鼻中隔軟骨ー鼻翼軟骨固定術を
検討しています。
 
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 
 
鼻尖縮小術、
軟骨移植術、
小鼻縮小術を行った患者様の
術後経過です
(修正の患者様ではありません)。
 
↓術前の正面
↓術後8か月
鼻柱上部に軟骨を移植することで
鼻尖が下がった印象になりました。
 
小鼻は
鼻翼基部の外側と内側を
切除しました。
 
↓術前の斜めから 切除部位
↓術後8か月
鼻翼基部外側の縫合あとは
目立ってませんでした。
 
 
↓術前 下から
↓術後8か月
団子鼻は改善しました。
またオープン法や
鼻翼基部のくちびる側や内側の
キズあとも判らなくなりました。
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 
 
 
5年前、他院で
上顎骨と下顎骨の
骨切り術を受けたのですが、
術後に
鼻尖が頭側に移動し、
鼻先が扁平に見えるように
なったそうです。
 
患者様のご希望は
頭側に移動した鼻尖を
下方に向けることで、
CT検査を行ったところ
鼻中隔軟骨は
大きく偏移してました。
 
手術はオープン法によって、
鼻中隔軟骨の偏移を整復した上、
延長術を行いました。
 
↓術前 正面
↓術後 2週間
 
 
↓術前 斜め前から
↓術後 2週間
 
 
 
↓術前 側面
↓術後 2週間
 
術後2週間のため
腫れが残ってますが、
今後改善します。
 

 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

この患者様は
昨年9月2日に紹介した方で
術後の経過は良好であり、
追跡診療が終わりました。
 
鼻先が丸く、
鼻尖縮小を主体とした
鼻尖形成術を行いました。
 
 
↓術前 右斜め前から
↓術後6ヶ月
 
 
 
↓術前 左斜め前から
↓術後6ヶ月
術後2~3ヶ月で
鼻先は一時的に
かたくなりましたが、
現在はやわらかくなりました。
 
 
↓術前 下から
↓術後6ヶ月
オープン法による
鼻柱の横切開の
キズはほとんど残ってません。
 
また鼻先のしびれ感は
術後2ヶ月頃までありましたが、
現在は知覚の異常は認めません。
 
 
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 
全切開二重術を
行ったところ、
二重ラインより睫毛側の皮膚に
たるみができたと仰る患者様が
来院することがあります。
 
この場合、
二重ラインより
下方の皮膚切除を行うことで
改善します。
 
しかし
二重ラインのキズに幅があると
この修正によって
二重の幅は広くなることがあります。
 
このような場合には、
キズとなった二重ラインの
形成を行い、
再癒着しないように
ご希望の二重ライン上に
埋没法を行います。
 
その後皮膚の余りを考慮して
再度全切開を行います。
 
以下の患者様は
今までに他院で
埋没法を1回、
全切開術を1回受けました。
 
二重ラインは
瞼縁より10㎜のところにあり、
切開部は陥没し、
癒着していました。
 
そのため
今回は現在の二重ラインを形成し、
埋没法で新たな二重ラインを
作りました。
 
↓術前
二重ラインより睫毛側の皮膚には
たるみがあります。
↓術前 二重ラインのキズあと
キズあとを形成し、
ご希望のラインに埋没法を行いました。
 
 
↓術後4ヶ月 開瞼時
二重幅を変化させず、
たるみが消失しました。
 
↓術後4ヶ月 閉瞼時
赤矢印が以前の二重切開線
青矢印は埋没法の痕
この手術の欠点は、
以前全切開したキズあとを切除しないため、
その瘢痕が残ることです。
一方切除しないことで、
二重幅に大きな変化を与えないことが利点です。
 
この患者様は
今後青矢印の埋没法のラインで
再度全切開を行うことになっています。
 
 
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 
 

団子鼻の治療のため

来院された患者様です。

 

手術はオープン法で、

鼻尖部の皮下脂肪を切除し、

脂腺を含む真皮層を

血行障害を発症しない程度に

減量しました。

 

その後

鼻翼軟骨形成を行い、

低い鼻尖部に

耳介軟骨を移植しました。

 

また鼻柱上部にも軟骨を移植し、

鼻尖を斜め下方に向けました。

 

↓術前 正面

↓術後3週間

 

 

 

↓術前 斜め前から

↓術後3週間

 

 

 

↓術前 側面

↓術後3週間

 

 

 

↓術前 下から

↓術後3週間

 

患者様は結果に

満足されています。

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

11月27日の紹介した患者様の

その後の経過です。

 

他院で

鼻中隔延長術をお受けになり、

当院で

①大きくなった鼻部

②延びすぎた鼻尖

③傾いた鼻柱

・・・・を修正し、

2ヶ月が経ちました。

 

↓術前 正面

↓術後2ヶ月

 

 

 

↓術前 斜め前から

↓術後2ヶ月

 

 

 

↓術前 鼻柱の傾き

↓術後2ヶ月

 

大きくなった鼻先を形成するとともに

延びすぎた鼻尖と

傾いた鼻柱を治療しました。

 

経過は順調です。

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co