皆様、こんばんはピンク薔薇

 

 

札幌市近郊恵庭市:「なおこ心理相談室」の臨床心理士の足立直子です。

 

 

北海道は、すっかり秋めいて、

日が暮れるのも早くなりました。

少し寂しい気分になりますね。

秋は、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、文化の秋…

少しでも、楽しく秋を過ごせられたら、

嬉しいですねルンルン

 

 

さて、前回は、皆様と自己愛性パーソナリティ障がいの原因・要因についてみてみましたぽってりフラワー

 

 

今回は、自己愛性パーソナリティ障がいの治療について、

皆様とみていきたいと思いますニコニコ

 

 

オッドアイ猫精神療法

精神療法は、自己愛性パーソナリティ障がいの患者さんの治療の柱となります。

治療者との対話を通じて、自分の心の内を見つめ直して、

等身大の自己イメージを獲得していくことを目標とします。

 

 

オッドアイ猫薬物療法

精神療法は治療の中心になりますが、即効性は期待できません。

そのため、今、悩んでいる症状を和らげ、当面の危機を乗り越えるために、お薬の力を借りることもあります。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)を中心に、症状に応じて、様々なお薬が使われます。

 

薬抗うつ薬

薬抗不安薬

不安や焦り、イライラ感が強い場合に使われます。

薬抗精神病薬

自傷行為など、衝動性が強くみられる場合に使われます。

薬気分安定薬

うつ病や躁病の改善や、躁うつ病の予防のために用いられます。

 

薬物療法はあくまでも、辛い症状をとるための対症療法です。

自己愛性パーソナリティ障がいは、お薬だけでは治りません。

精神療法が柱となります。

 

 

オッドアイ猫家族療法

患者さんもご家族もまた、自己愛に問題を抱えておられることが少なからずあります。

自己愛の病理は、家族の関係性の中ではぐくまれていくものでもあるので、

煮詰まった家族関係は、家族のメンバーそれぞれに影響を与えます。

 

こうした関係性の改善を図ることで、

家族がもつ問題解決能力の力を高めようとするのが、

家族療法の目的です。

 

決して、家族の中で犯人探しをしようというわけではありません

 

それよりも、家族は治療の最大の協力者、と考えます。

 

 

オッドアイ猫夫婦療法

自己愛性パーソナリティ障がいの患者さんは、中年期以降、夫婦関係の危機に直面することが少なくありません。

 

本人も、パートナーも溜めこんでいた不満が噴出してしまいます。

 

熟年離婚に至るケースも少なくありません。

 

夫婦療法は、そういうご夫婦の自分たちの関係性を見直す良い機会になります。

 

 

オッドアイ猫入院治療

入院は辛いものですが、下記のような利点があります。

 

・患者さんの実態をつかむ

病院生活で、患者さんが意識的、無意識的にみせる振る舞いには、

その心の内が反映されている、と考えます。

治療スタッフは、普段は見えない患者さんの実態をつかむことが出来ます。

 

・病院内で起こることを治療に反映できる

治療スタッフは、患者さんの振る舞いや対人関係などから、その病理を読み取ることが出来ます。

患者さんが、その病理を理解できるように、治療に役立てることが出来ます。

 

・入院での規則を守る、治療スタッフと人間関係を築いていく、という点も入院治療でしかできない利点です。

 

 

以上5つが

自己愛性パーソナリティ障がいの患者さんの治療として、

挙げられます。

 

様々な観点から、その時に必要な治療を受ける、ということになるでしょうおすましスワン

 

 

治療期間は長くなる傾向にあるので、

焦らず、急がず、ゆっくりと

治療に臨んでいただきたいと思いますぽってりフラワー

 

 

パーソナリティ障がい全般に言えることですが、

スパッと治す、というイメージよりも、

ゆっくり自分の心の内を見つめ直し、

自分も周囲の人も楽になるように、

治療に励んでいく…、

というイメージで治療を受けていただけたら…、

と思います流れ星

 

 

治療に励んでいる患者さんに敬意を表して…花束

 

 

少しずつ、手を取り合って…。

 

 

 

ピンクマカロン皆様にお知らせですピンクマカロン

 

E-mailでお問い合わせ下さる場合、パソコンからのメールが拒否設定になっておられると、

こちらからの返信が返ってきてしまい、連絡がとれない場合があります。

 

そのため、パソコンからのメールを受け取れるように、拒否設定を外して下さると幸いです。

 

またその様な時のために、電話番号も教えて下さると幸いです。

 

 

なおこ心理相談室 」 臨床心理士 足立直子

 

 

「なおこ心理相談室」のホームページはこちらです→☆

 

 

 

 


にほんブログ村

 


カウンセリング ブログランキングへ


発達障害 ブログランキングへ