「サンプルフォーム」
fx 比較

脳を鍛え健康に保つ秘訣などの情報をお届けしています。
ビジネスに、プライベートに使える秘訣が満載☆

携帯脳トレ!メルマガは無料です。ぜひご活用くださいね!携帯

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年11月24日(金) 20時36分10秒

イベント「障がい者採用(多様性)がクリエイティブな社風を創る!」

テーマ:セミナー・公開講座

高齢者や障がいのある方に向けた各種サービスを行っている合資会社ステージケア様が主催の以下のイベントの第1部で講演をさせていただきます。

 

テーマ:「脳科学者が紐解く!企業のイノベーション!障がい者採用(多様性)がクリエイティブな社風を創る!」

日 時:平成29年12月17日(日)

    第1部 12:30〜15:00 セミナー

    第2部 15:00〜16:30 パネルディスカッション

場 所:大阪産業創造館4F イベントホール

 

詳しくは、以下のチラシをご覧ください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月25日(金) 15時11分11秒

教訓は意識の向き先を変えるスイッチ

テーマ:脳科学

私たちの脳は、何に意識を向けているかで、使われる脳回路が変わってきます。行動は同じでも、意識の向き先が違うと、使われる脳回路が違ってくるのです。

 

たとえば、忙しい時にかぎって洗濯物が山積み...。

そんな時、どんな意識で洗濯をするか?

 

「この忙しい時に、なんでこんなに洗濯物を出すのよ~」

と、ブツブツ言いながら洗濯物を干すのと、

 

「洗濯物を干す時の、この腕の上げ下げは、筋トレになるわ~」

と思って干すのでは、脳へのインパクトが全く異なります。

 

前者は脳のブレーキをかけながら洗濯物を干すことになるのに対して、後者は脳のアクセルをオンにして洗濯物を干す状態になるのです。

 

そうなると、やはり、後者の脳の使い方ができるといいですよね。そのために役に立つのは、先人の教えです。

 

心が折れるような出来事に遭遇した時、「物事はあなたに起こるのではない。あなたのために起こるのだ」と子どもの頃、習った教訓が頭をよぎります。

 

すると、「私の(人生修業の?)ために起きているのかもね一」と気持ちを切り替えることができるのです。

 

私たち人類は、このようにして、自分たちがより良く生きられる脳回路を使いながら生き延びてきたのではないかと思います。

 

先人が伝えてくれているさまざまな教訓は、私たちの意識の向き先を変えるスイッチ☆このスイッチをもっと活用して生きていきましょう!

 

素晴らしいリーダーの脳の使い方(意識の向け方)については、書籍『なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか?』をご参照いただければと思います。

 

 

 

 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月22日(火) 11時20分31秒

夏休みの自由研究

テーマ:学び・教育・学習

8月も後半に入り、夏休みの宿題をそろそろ頑張らなくちゃ・・・という子どもたちも多いのではないかと思います。私(クレア)も宿題は夏休みの終わりに取り組む子どもでした。

 

ところが、イチローと昔話をしていてビックリしたことがあります。それは、イチローは、夏休みの自由研究を1年かけてやっていた!というのです。さすが、研究者になる人は、研究に対する思いが強いですね!!!

 

どんなテーマで夏休みの自由研究をしていたのでしょうか?イチローに突撃インタビュー~☆

 

【小学6年生】
海の近くに住んでいたので、近くに保護区となっている島がありました。その島の藻場に浮遊している、プランクトンの種類を調べました。

【中学1年生】

その島に生息するカニを調べて、40種類以上のカニを見つけました。中には、普段は外洋を漂っていて、海岸には生息していない「オキナガレガニ」という種類も見つけました。

【中学2年生】

その島の周辺に住む魚を一年間かけて、種類の変動を調べました。毎週末、朝早く起きて、漁師さんの網にかかった「売れない魚」をもらってきては、自分で分類しました。四季を通じて、魚の種類が変化するのを見るのが楽しかったです。

 

【中学3年生】
その島に生息する鳥を調べました。渡り鳥もいるので、一年かけて、鳥の種類や数の変動を調べました。仕上げに、夏休みの丸二日をかけて、一日中朝は朝日が昇る前に海岸に出て、島の上を行き交う鳥の観察を始めて、日が沈んで、真っ暗で鳥の種類が見分けられなくなるまで、双眼鏡を持って、同じ場所で観察をしました。
-------------------

 

だそうです!

はぁ~!すごいですね~!

 

イチローの探求心は大人になった今も健在です!

これからも、私たちの日常生活がもっとハッピーになって、さらに幸せで豊かな社会を実現していく脳の使い方をご紹介していきたいと思います☆

                     (By クレア)

 

 

 

 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月17日(木) 18時52分50秒

空気は宇宙からの愛☆

テーマ:今日の出来事

クレアです。私は緊張すると呼吸が浅くなることがあります。

そんな時は深呼吸を心がけているのですが、

先日、深呼吸をしていたら、不思議な感覚を味わいました。

 

誰も「これはオレの空気なんだからお前は吸うな!」という人はいません。

(限られた空気しかないような場所に閉じ込められた場合は、そういう人も出てくるかもしれませんが…😰)

 

空気は私たちに平等に与えられていて、

私たちは空気がないと生きてはいけない。

 

そう思った時、

空気って、宇宙が与えてくれている愛なんじゃないか?!

と感じたのです。

 

私たちは、目に見えない空気という愛に囲まれ包まれて生きている❣️

その愛を体の中に送り込むのが呼吸。

この作業は、自分にしかできないことだなぁ、と。

 

そんなことを考えていたら、呼吸をすることがとても愛おしく感じられました。

 

緊張するような時は深呼吸をして、

より一層たくさんの愛を体に送り込もう!

こんなにもたくさんの愛に囲まれているのだから、

怖いことなど何もない!

 

空気は宇宙の愛だ☆と感じた出来事でした。

 

今日もありがとうございます!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月01日(火) 00時00分01秒

脳科学の講演・脳トレ研修について

テーマ:講演・研修
私たちの講演・研修は、お客様のニーズに合わせた内容でお届けしております。講演スタイルは、一方的に講演者が話をするのではなく、脳科学者の岩崎一郎が脳科学の理論について話をした後、妻でメンタルコーチの岩崎クレアによる簡単なワークを行うという実践を交えたワークショップ形式です。理論を脳にインプットした後、実際に脳を使ったアウトプットを行うことで、学びが脳に定着しやすい構成になっています。

(1)講演

◆お申込みは、こちらのお問い合わせフォームからお願いいたします。

これまでに、以下のようなテーマで講演をさせていただきました。

【経営を伸ばす脳の鍛え方】
最新の脳科学研究から、チームとして高いパフォーマンスを出せる脳の使い方があることが明らかになっています。それは『集合知性』と呼ばれるもので、多くの人が心を一つにしたときに個人の知性とは関係なく、想像を超えた力を発揮することができる、というものです。集合知性が発揮されると、チームに一体感が生まれ、メンバー個々人の脳も活性化し、天才知性の人たちを凌ぐ力が生まれます。本講演では、組織内で集合知性を発揮するために、どのような脳の使い方をすれば良いのかなど、脳を鍛える体験ワークを交えてお伝えします。

<参加された方のご感想>
・脳科学の視点からの経営に関するレクチャーは、目からうろこでした。今後は、もっと社員を幸せにする経営を実践していきたいと思います。
・当社は個人実績を重視していましたが、みんなのために頑張れる組織を作りたいと考えを新たにしました。
・自分一人で頑張ろうとせず、スタッフと皆で会社を強くするために頑張ります。


【集合知性を発揮して組織を活性化するビジネス脳科学】
集合知性を発揮している組織には、集合知性を発揮する脳の使い方ができるリーダーが必要不可欠です。では、集合知性を発揮する脳の使い方とはどのようなものなのでしょうか?本ワークショプは、リーダー向けに、部下の脳のアクセルを活性化する方法、人の才能を伸ばす脳の使い方、未来のイメージを脳にインプットする方法、集合知性の体感ワークなどを交えてお届けします。

<参加された方のご感想>
・本を読んで理論的には利かいできたとしても、なかなか身に付かないことを、今回のように実際に体験することで、脳にインプットできるということがわかりました。
・集合知性を体感し、このようなチームを作っていきたいと思いました。
・弊社で今、直面している問題に対して、具体的かつ即戦的な形で教えていただけました。


【子どもたちが幸せで豊かな人生を生き抜いていくための脳の鍛え方】
人が幸せに生きていくためには、認知能力(IQや学力)よりも非認知能力(人間力)のほうが重要だということがわかってきています。非認知能力は、どうしたら鍛えられるのでしょうか?講演の中では、具体的に家庭や教育現場ですぐ使える、非認知能力を鍛える脳の使い方をお伝えしております。

<参加された方のご感想>
・親の姿を見て子どもは成長するということが脳科学的に理解できました。子どもと一緒に非認知脳力を鍛えていhttp://stat100.ameba.jp/common_style/img/editor_large/colors/FF0000.gifきたいと思います。
・今まさに子育てに悩んでいたので、運命に導かれたのかな♡というくらい、今の私に必要な考え方が心にスーッと入ってきて癒されました。
・体験型テーマパークに来たようで、楽しく面白く参加させていただきました。非認知脳力を身につけることは子どもも自分にとってもプラスになるので今日から頑張ります!

【フィロソフィを脳科学で裏付ける】
「フィロソフィや理念を社内で共有しようとしているが、子どもの頃の道徳教育みたいだとか、思想は個人の自由だと言って受け入れようとしてくれない社員がいる」というお悩みをよく耳にします。そのような方に、実はフィロソフィを実践していくと脳のこのような部位が鍛えられる、という話をすると、科学的に裏付けられているならやってみようか、と思う方もおられます。本講演では、御社のフィロソフィ・理念を脳科学で裏付けることで、フィロソフィに興味を持っていただけるようなお話をいたします。

<参加された方のご感想>
・毎朝、フィロソフィを輪読しているが、なぜそれが必要なのかが理解できた。脳を鍛えるために、これまでとは違う気持ちで取り組んでみたいと思う。
・フィロソフィの脳科学的な根拠を知ることができ、さらに学びを深めたいと思った。
・つい忘れがちな、人として大切なことをあらためて思い出させてもらいました。


【未来を切り開く脳の鍛え方】
未来に対する漠然とした不安、不透明感のある時代に、ものごとを前向きに捉え、道を切り開いていくためには、どのような脳の使い方をすればよいでしょうか?脳の使い方のクセを知り、その違いを力に変えていく秘訣をお伝えします。

<参加された方のご感想>
・脳の使い方にクセがあるという話を聞き、全ての人を肯定してくれているようで、前向きな気持ちになりました。
・脳は使い方によって、どんどん進化し、力を発揮できることがわかりました。
・ご夫婦のコンビネーションが絶妙でした。もう年だからと諦めていた脳も鍛えれば、まだまだ進化すると勇気が湧きました。


【利他が脳を活性化する】
他者のためにという利他の心が大切なことは誰もが理解していると思います。ところが、仕事・商売となると売上げをあげるために自分の利益(自利)を優先しようとしてしまうものです。自利がなければ利他は成り立たないという考え方もあります。自利と利他、その時、脳はどのように動いているのでしょうか?自分も相手も幸せになる、そんな脳の使い方をお伝えいたします。

<参加された方のご感想>
・感謝の大切さを、科学的に説明してくださり、とてもわかりやすかったです。
・社会的に大きな成功を収めている人の脳の使い方、人間関係についても学ぶことができ、これからの人生に活かしていきます。
・今すぐに実践できるBabyステップを定めることができ、とても実践的な内容でした。


【脳が元気になる安全管理】
土木・建築業界等で毎年行われる安全大会で、安全を守るための脳の使い方についてお話させていただいております。靴をそろえたり、安全確認の点呼をする、といったことは、実は脳科学的に大変意味のあることなのです。毎日、唱和している安全のための標語などには科学的な裏付けがあることをご理解いただくことで、より安全に対する意識を高めることにつながります。

<参加された方のご感想>
・安全と脳科学がこんなにも関係していることを知り、安全を意識することを身近に感じた。
・いつも社長が「くつを揃えろ!」とうるさく言っている意味がやっとわかった。
・チームで仕事をしていくことの大切さがわかった。もっといろんなことに興味を持って生きたいと思う。

上記以外にも、以下のようなテーマで講演をさせていただいております。(これ以外のテーマでもお話できますので、こちらからお気軽にご相談ください)

【仕事もプライベートもうまくいく!脳が元気になる秘訣】
【集合知性を発揮するリーダーシップ】
【フィロソフィと脳科学】
【未来を切り開く脳の鍛え方】
【未来を切り拓く経営脳の鍛え方】
【素晴らしい未来を築く脳の鍛え方】
【より良い人間関係を築く脳の使い方】
【脳科学者から学ぶ!脳トレセミナー】
【脳が元気になる安全運転】
【脳が元気になる安全管理】
【幼児教育の大切さと脳科学】
【言葉の力と脳科学】
【利他の心が人生を幸福と豊かさに導く】
【坐禅が脳を覚醒させる】
【脳でわかる男女のコミュニケーション術】
他多数
(2)研修
講演は単発であるのに対し、研修は、月1回、半年~1年と継続して行うことで、脳に新しい回路をデザインできるようなカリキュラムになっています。脳の回路は繰り返し使うことで鍛えられ、習慣化されていきます。日々の忙しい業務の中、1度、話を聴くだけでは、その時は良かった!と思えても、すぐに忘れてしまいがちです。本研修は、毎日届くフィロソフィメールや、習慣化支援により、継続的に意識の向け方を変えることによって脳のトレーニングをしていきます。

カリキュラムは、会社・職場のお悩みや解決したいこと、こうなりたい!といったビジョンをヒアリングさせていただいたあと、カスタマイズしてご提供します。研修期間は、事前に現状の状況(脳の使い方)を診断させていただき、最適な期間をご提案させていただきます。

【脳科学に基づいたリーダーシップ研修】【脳科学に基づいたコミュニケーション研修】【脳科学に基づいたパートナーシップ研修】【脳科学に基づいたフィロソフィ勉強会】他多数

まずは、こちらのお問い合わせフォームからご相談ください。

(3)実施企業・団体様(敬称略、あいういえ順)
株式会社アイリックコーポレーション、アヴネット株式会社、アルプス中央金庫、株式会社エルエーシーコーポレーション、青梅青年会議所、京セラ株式会社、桐生トラック協会、群馬県庁生活協同組合、京浜急行電鉄株式会社、佐倉商工会議所、株式会社JALエンジニアリング、サンフロンティア不動産株式会社、杉並倫理法人会、杉の子幼稚園、ゼットエー株式会社、東京メトロポリタン・ビジネス倶楽部、東群運送株式会社、株式会社トライ・インターナショナル、長野82銀行、日本航空株式会社、日本公認会計士協会神奈川県会、株式会社根岸運送、株式会社乃村工藝社、株式会社パスポート、蜂谷工業株式会社、BMS実務経営研究会、福島工業株式会社、富士通ネットワークソリューションズ株式会社、株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ、株式会社富士通ミッションクリティカルシステムズ、株式会社ベクトル・ジャパン、株式会社ムラヤマ、最上CAN株式会社、幼児教育研究会株式会社、横浜西ロータリークラブ、横浜ライト工業株式会社、株式会社レガーロ、他多数

(4)費用
費用については、講演や研修の準備のためにかかる工数によって変わってきます。ご依頼いたいだ会社・組織の皆様に最適な内容をカスタマイズしてお届けするからです。ご依頼者様のご予算の都合もあると思いますので、まずは、こちらのお問い合わせフォームから一度ご相談ください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月25日(日) 20時45分00秒

意見がぶつかる時、どうやって乗り越えていくか?

テーマ:動画

「夫婦で仕事をしていると、ぶつかる時もあると思うのですが、そういう時、どうやって乗り越えているのですか?」

 

講演の後の懇親会で、このようなご質問をいただきました。イチローが真摯にお答えしています。ご参考になれば幸いです!

 

 

 

 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月24日(土) 11時55分00秒

キャー!虫がいるー!!

テーマ:パートナーシップ

変なタイトルですみません^^;

今日は土曜日なので、私たち夫婦のパートナーシップの一コマをお届けします。

 

先日、クレアが台所でお皿を洗っていると、視界に何やら動く影が!

 

「キャー!虫がいるー!!」

と思わず、声をあげてしまいました^^;。

 

私の中のイメージでは、こういう場合、彼が助けに来てくれて、

「ほら、もう大丈夫だよ」

と虫を取ってくれる、と想像していました。

 

ところが・・・

 

イチローは、「大丈夫?」と言ってすぐに来てくれました。

優しいですね♪ここまではイメージ通り☆

 

それから、イチローは、おもむろに眼鏡を外し、観察モードに。

「これは、蜘蛛の一種だ」

 

(それは、いいんだけど、早くしないと逃げちゃうよ?と、クレアの心の声)

 

イチロー「この子、どうする?」

クレア「捕まえてー」

イチロー「人間に害を与えない虫だよ。他の虫を食べてくれるよ」

クレア「わかるけど、そこに生息されても・・・」

 

などと会話をしている間にも、その虫は素早く移動しています。

 

しばらくして・・・

 

イチロー「もう大丈夫だよ」

クレア「そう!よかった。ありがとう~」

イチロー「洗濯機の裏に行っちゃったから」

クレア「え゛・・・」

 

我が家の脳科学者は、私がイメージしているのとは異なる言動をよくしてくれますが^^;、それがまた日常生活に驚きと発見をもたらし、楽しい人生を創ってくれているのでした。(By クレア)

 

 

 

 

 

 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月23日(金) 11時55分00秒

良い恋愛は仕事にも良い

テーマ:脳科学

 恋には脳の反応速度を上げるパワーがあります。米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校のグラフトン博士らの研究をご紹介しましょう。

20歳前後の女性36名に、画面に表示される単語が英語かどうかを見分けてもらう実験を行います。単語の表示時間は0.026秒で、本人には何も表示されていないように見えるほど短時間です。

単語を表示する直前に0.026秒間、人の名前を表示させて実験を行いました。この時、被験者の女性が恋している男性の名前が表示された時と、単なる友人の名前が表示された時では、単語を判断するのにかかる時間が恋人の名前が表示されたほうが0.03秒ほど早くなったのです。

さらに、恋人の名前が表示されている時の脳を調べてみると、やる気やモチベーションに関わる脳の部位が活性化していたことがわかりました。

この実験から、良い恋愛は脳の反応速度を上げるとともに、やる気や判断力のアップにつながり、仕事にも良い影響があると言えそうです。

「良い恋愛」というのがポイントで、苦しかったり後ろめたさを感じたりすると、逆に脳のブレーキがかかってしまいます。脳を健康に保つ良い恋愛をしていきましょう。

 

この内容は、書籍『はたらく人のコンディショニング事典』のP160に載っています。

 

 

 

 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月22日(木) 11時55分00秒

絶好調の人が周りにいる時、どんな反応をしますか?

テーマ:コミュニケーション

野球には、“Hitting is contagious.”という言葉があるそうです。絶好調の選手がいると、その勢いがチーム全体に伝染するということです。

実は、それが科学的に正しいことがわかってきました。

米国カリフォルニア大学サンディエゴのボック博士らの研究をご紹介します。

野球史上で1945年以降に毎試合ヒットを打った選手を調べてみると、シンシナチ・レッズで44試合連続ヒットを打ったピート選手に始まり、ミルウォキー・ブリューワーズで39試合連続のモリトー選手、フィラディルフィア・フィリーズで38試合連続のローリンズ選手、ボストン・ブレーブスで37試合連続のホームズ選手など、多くの選手が知られています。

連続30試合以上に渡ってヒットを打った選手とその時のチームの打率、それから、絶好調の選手がいない時のチーム打率を比べて、統計的に意味があるかを調べています。

この研究からわかってきたことはなんと・・・・

絶好調の選手がいるときには、平均でチーム打率が11ポイントあがるのだそうです(n=151)。

これは、たまたま技術力があるチームだった、相手チームが立て続けに弱かったということではないことがわかっています。

なんとなく、このようなことを感じている人は多いと思いますが、科学的に検証しても、やはり絶好調の選手がいるとチーム全体の調子も上がるのです。

ですから、ご自分のチームや会社に絶好調の人がいる場合は、足を引っ張るようなことをせずに、その人が絶好調な状態をできるだけ続けられるようにサポートしてあげると、チーム全体の調子も上がってくるということです。

 

絶好調の人が周りにいた時、あなたはどんな反応をしますか?

 

 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月21日(水) 11時55分00秒

感謝できない時は・・・

テーマ:脳科学

今日はよくあるご質問のQ&Aをお届けします。

 

 

Q:感謝すると脳が元気になるとわかっているのですが、なかなか感謝できない時があります、どうしたらいいですか?

 

A:そういう時もありますよね。脳科学的に見ると、感謝する時に活性化する脳の部位は、自分に誇りを持つ時に活性化する部位と同じであることがわかっています。

自分に誇りを持つとは、「自己信頼」する時と言ってよいでしょう。また、誰かに感謝するというのは、「他者受容」が起こる時です。つまり、人に『感謝する』ことは、自分を受け入れることでもあるのです。

なかなか感謝できない時、他人や環境のせいにしてしまうような時というのは、自分自身を受け入れることができない状態でもあるのです。でも、その状態が一生続くわけではありません。「自己信頼」が高まれば、「他者受容」できるようになります。

 

ですから、「感謝できない」という時は、「そういう時もあるよね」と、そんな自分を認めて、それでも一生懸命頑張って生きようとしている自分にOKを出してあげましょう。

 


 

非認知脳力を高めて集合知性を発揮する脳の使い方を身に付けよう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。