前田ドラム教室 大阪 初心者 スキルアップ十三 北摂 豊中 池田 箕面 淀川 吹田 茨木 高槻 Funk ジャズ サンバ ロック 神戸 摂津

基礎を身につけたい
練習方法がわからない
ドラムの事をもっと知りたい
もう一度、本格的に取り組みたい
楽譜が読めるようになりたい
・・・こんな方にぴったりです!!


テーマ:

Stay tune

CMで使われてブレイクしたSuchmosのヒット曲

Mさんは無名時代から何回もライブに行ってるくらい好きなバンドだそうで、課題曲に選んでただいま練習中ルンルン

僕がざっくり合わせてみました。

シンバルが響きすぎるので、裏にガムテープを貼っています。

スネアはLUDWIG LM402音符

結局これがいちばんしっくりきますニコニコ

 

Mさんが撮ってくれました~

次は君の番だ!!!!ウインク

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

お問い合わせ↓↓↓

mail:st.maeda@nifty.com
tel 090-8123-6207

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

●"Lynyrd Skynande"

連休セッション

最初は友人を元気づけるためのセッションだった集まりが、

気がつけばライブまでやっちゃった

 "Lynyrd Skynyrd" Tribute Bandの

 "Lynyrd Skynande"

 

本家は「レーナード・スキナード」と発音します。

大阪のバンドやし、シャレで

「レーナード・好きなんで」

 

おやじバンド花盛り♪

このメンバーならトリビュートバンドで全国区になりそうです。

 

インターネットの力とはすごいもので

アメリカのトリビュートバンドの奴らの検索に引っかかって

FBで友だち申請がきました。

 

「お前らすごいな!

本物そっくりやんけ!」

って本物そっくりを目指してる奴らから言われると

うれしいもんです^0^

こんな奴ら

https://www.youtube.com/watch?v=WFzMvYxP_EY

VOのEric、むちゃエエ奴。

演奏で勝っても、ルックスでは負けか(笑)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

お問い合わせ↓↓↓

mail: st.maeda@nifty.com

tel: 090-8123-6207

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学生の頃の記憶

先日のレッスンノートにこんなことを書いてました↓

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

「自分の小学生の頃は記憶が断片です。
でも小さい頃の経験は大人になってから無意識にすごい影響を与えているとおもいます。

 

その日常の景色の断片にドラムのレッスンもあるのですよね。
良い思い出となって

Nちゃんの人生の糧の一部になってくれたらといつも考えてます、、、
がっ
ま~先のことはわからないので、

目の前のレッスンに集中することにしてます(笑)」

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 

ルンルンいま僕は小学生の生徒さんが10人いらっしゃいます。

じゃなくて9人です。もう一人はまだ保育園(笑)

 

自分が小学生の頃を思い出すと、楽しかったこと

嫌だったこと等々、記憶の断片しか出てきません。

 

毎日学校で何してたのだろう^^;

 

そんな記憶の断片の中で、先生に誉められたり

絵のコンテストで賞をもらったりしたことは

そのときの感情とともにすごく鮮明によみがえってきたりします。

 

”おまえ、箸の使い方がうまいな”

って一言が心の支えになってたときもありました(笑)

この4月で中3になったTくんは小5のときに来ました。

丸4年通って来てくれてます^0^

 

今じゃ身長もぼくと変わらないくらいになって

「ワタリドリ」を平気な顔して演奏できるようになってます口笛

 

その彼がはじめてきた時、

すんごい素直に僕の言うことを聞いてやろうとしてくれてました。

 

スポンジに水が吸い取られるように、

僕の言葉や伝えるテクニックが

彼の中にす~っと入っていくのが感じられました。

 

「あ~こりゃへたなこと言われへんな、

不完全な僕やけど、全部自分の言葉で話さないと、

話したこと全部に責任持てることしか話したらあかんな~」

 

強烈にそう感じたのでした。

 

彼の可能性に満ち溢れたこれからの何十年の人生の初期に

「ドラムをやってよかった、前田ドラム教室に通ってよかった~」

って感じてもらえるにはどうしたらよいか?!

思わずそう考えてしまいました(;^_^A

 

・・・・・精一杯やるしかないじゃん!!

 

その僕の「一生懸命」が彼に伝わることが一番大切だよな、

とね。

ドラムの技術、うまくなることは2番目でええ。

 

彼が成長したときの記憶の断片に

楽しかったドラムレッスンの風景が浮かんでくることをイメージして、レッスンしよう!!

 

とても強くそう思いました。

 

逆に言うと、面白くなくなったら無理に来る必要はないわけです。

苦しい思い出が残るだけですから^^;

 

いつでも一生懸命ではありますが、

特にお子さんのレッスンでは、そんなこんなで

上記のことをいつも考えてレッスンしています。

 

おもんなかったら、無理せんでええよ~って最初に言ってますが

みんな辞めへんから、気がついたら10人になってしまいました爆  笑ルンルン

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

お問い合わせ↓↓↓

mail: st.maeda@nifty.com

tel: 090-8123-6207

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。