数字の「2」が5つ並んだ平成22年2月22日、大阪市北区の大阪中央郵便局では記念押印が行われ、市民らが“ぞろ目”の消印を求めていた。

 午前9時の営業開始前には、入り口前に約20人が並び、窓口では、2にちなんだ20円切手や今年の干支の寅の切手を張ったはがきなどを持ち込み、職員に消印を押してもらっていた。

 郵便局によると、今月2日も実施したが、2が5つも並んだ22日の方が人気が高かったという。大津市の会社員、南出成崇さん(34)は「今日が誕生日なので一生の記念になります」と笑顔で話していた。押印は午後9時まで。

【関連記事】
関西人、目立ちたがりの証拠? 車希望ナンバー利用最多 東北の倍に
JR語呂合わせ乗車券好評、次は「めでたいのう」 22.2.22記念
2月23日に「富士山の日」記念行事 静岡・富士宮市
ノムさん有馬的中!来年は「オネエちゃん」出会いに期待
有馬記念当てる!ノムさんは背番号買い

2歳児監禁死、父親に懲役11年=裁判員「つらかった」-東京地裁(時事通信)
参院選にらみ連携=政策協議開始へ-公明、みんなの党(時事通信)
首相発言「大きな後押し」 夫婦別姓で法相(産経新聞)
雑記帳 占いカードで足利学校を知る(毎日新聞)
<設標船ほくと>最後のブイ交換作業を終える 引退へ(毎日新聞)
AD