chuang91のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
膝廿辘秋wび、そこから先は徒歩になります。」
「徒歩???」
妻が青い顔をして反芻(はんすう)いたしました。私は運転席側を向き、
「新政府は生存者を見殺しにするんですか?生き残って必死の思いで知床に来る自国民を撃ち落とす?ありえませんよ。」
工藤が私の問いに詰まると大久保翁が口を開き、
「知床に住むことの許された住民は100万人ちょうど。これには例外は無いんじゃよ。ひとりたりとも100万人をオーバーすることは許されない。受け入れは絶対に無いんじゃ。自国民?やつらは我々を自国民などとは思っちゃいないよ。新首都に住む人間を新人(しんじん)【ニューハビタント】と呼ぶのに対し、外の旧文化にすがって生きている我々は何と呼ばれているか知っているか?」
私も妻も無言で首を振りました。
「和人(わじん)じゃ。かつてこの北海道が蝦夷(えぞ)と呼ばれていた頃、アイヌという先住民i phone 5 カバー
i phone 5 値段
iphone 5 アクセサリー
がこの地に繁栄を築いておった。それを和人という我らの祖先が奪い取ったんじゃ。今度は和人の地を新人類が奪い取る番という訳じゃな。別ものなんじゃよ我々は。」
「大久保様、そのようなことは???」
工藤のそんな横やりを遮って大久保翁は話を続けた。
「お主はヘリで知床に辿り着けると思っているようだが、それも与太話じゃ。辿り着く先は野生の大国、険しい山々だけじゃ。あそこに平地がどれほどの面積で存在するのか知っておるのか?そんな所に100万人の人間が居住できるとでも?」
「存在しない。ということですか?」
いつの間にか大久保翁の表情が真剣なも
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

[PR]気になるキーワード