chuang20のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
私は陸奥を説得しようとしておりました。言葉と思いで味方につけようとしていたのでございます。
「なんだ?言ってみろ。」
「もし抗ウイルス薬を手に入れたとして、それで陸奥さんの大切な人たちをゾンビ化から守ることはできるでしょう。しかし、ゾンビたちの脅威が無くなるわけではないはずです。やつらに襲われたら肉片まで食い尽くされるんです。ゾンビたちに怯え、声も出せず、鳥籠のような場所でひっそりと生活しなければなりません。人間の尊厳を再び手にすることはない。絶望の中の生活は続くんですよ。」
 私の言葉を聞いて、ようやく陸奥は真剣な表情で私を見つめ返しました。
 私は手ごたえを感じながらしゃべり続けます。
「何も変わりない。それでは何も変わらないんです。子どもたちが思うままに自然の中で跳ね回ることも、赤ん坊が泣きじゃくることもできない世界のままです。そんな世界で誰が希望を見出せますか?」
 陸奥は微かにですが、何度も頷きました。そして、
「お前に何ができる?」
試すような、それでいて哀願するような陸奥の言葉。
 私は一呼吸置moncler メンズ
moncler モンクレール
moncler レディース
いて、今まで以上のはっきりとした口調で、
「私はゾンビたちを操作することができます。」
「操作???。」
「ええ。この地にゾンビたちを集結させたように、私たちはゾンビを操ることができるんです。陸奥さんの家族たちが住むところからゾンビを動かすことができるんです。」
「そ、そんなことが可能なのか?」
「もちろんです。そして、永遠にその場所にゾンビを立ち入らせないこともできます。」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード