動き出した時間。

テーマ:

正直、もうダメだろうなと思いながら見ていた。

あれから、よくコロスケと話していた。

「何だか、痛々しいよね」


アテネオリンピックの候補に漏れてから、

それでも前向きな発言を 繰り返していた、高橋尚子のことだ。


一時のぽっちゃりが嘘のように、見るたびに絞られていく体は

「ベスト」とカノジョが繰り返すというコトバが空回りして、ヤツレているようにも見えた。




「これで引退だよね」


そう言いながら見ていた、東京国際マラソンだったけど。

30km付近から、カノジョの走りを見ていたら泣けてきてしまった。


「あの時から時間が止まってます」

止まってしまった、高橋尚子という時計。


この2年で、どれだけの人がカノジョの周りから離れたんだろう。

どれだけの人に『もう、高橋はダメだよね』って言われたんだろう。

それでもこの人は、諦めなかったんだなぁ。

止まった時間の場所から、逃げなかったんだなぁ。


35km付近でスパートをかけたカノジョは、そのまま笑顔でゴールした。

「何でお前が泣くんだよ」とコロスケは笑ったけど。




「今、どん底にいる人も、是非目標や夢を持って下さい。

1日24時間という時間は、全ての人に平等に与えられるチャンスの時間です

二度とない今日という日を楽しんでください」



カノジョの言葉を前に、コロスケが言った。

「純粋にスポーツで、勇気をとか元気もらったのって何時以来だろう」

AD