ネガティブ、アナログ人間

東方神起のユノとチャンミンが大好きです。
二人のあまりの格好良さに、二次元の世界のようで、日々妄想しています。
ここにでてくるお話は、あくまでも妄想であって、本人達とは、全く関係ございません。

基本アナログでネガティブです。


テーマ:

※海賊で思い付くのがないので、こちらのネタに逃げる私をお許しください。←こらこら。

同じテーマで、素敵なお話をあげてらっしゃるところはこちらです。

http://yunomin.seesaa.net/s/article/393913356.html

これは、今連載中のchildhood friendの二人が、子供のときのお話です。



ーーーーーーーーーーーーーーー


僕が小さい頃、遊び相手は常に幼なじみのユノだった。

母親が幼い妹に手がかかり、出掛けられない僕を連れ出してくれたのもユノ。

自分の友達と遊ぶときも、僕の手をひき、仲間に加えてくれた。

あるとき、海賊ごっこが流行り、ユノはいつも船長の役。

僕はなぜか、捕らわれた姫の役だった。

他にもいくらでも役があったけど、ユノの言われたとおりにしていたっけ。



ユ「俺は海賊船の船長!ドンへは、俺の家来ね。ソンミンは、海賊船を捕まえようとする警察ぅ。ホジュンは、王さまで大きな船の持ち主。」

チ「ユノ、、、僕は?」

ユ「じゃあ、チャンミンは、お姫様ね。」

チ「お姫様って、女の子じゃないの?」

ユ「だって、この中じゃ、一番小さいじゃん。」

チ「うん、、、でも。」

ユ「大丈夫。俺が守るからさあ。」

ソ「ユノ、変だよ。なんで海賊が守るの?海賊は、お姫様を誘拐するんだろう?」

ユ「俺は、すごく偉い海賊なんだ。だから、女、子供に手出しはしない。」

ド「変なの。」

ユ「チャンミンは、王さまの娘だけど、海賊が好きになって、海賊と暮らすの。」

ホ「えー、おかしいよー!」

ユ「いいんだってば!それでいいよな、チャンミン。」

チ「うん!」

結局は紙でつくった刀で、闘うんだけど、少しそれが羨ましくて。

ユノは、僕の手をひき、次々と倒していく。

でも、負けそうになると、公園の遊技場にあるトンネルのようなところに僕を隠して、

「ここで、待ってろよ。すぐに迎えにくるから。」と言って、再び闘いに戻る。

ユノの言葉は絶対だった。

嘘をついたことがない。

だから、僕は安心して、そこにいたんだ。

ある日、天候が怪しくなり、急に雷が鳴り響き、みんな怖がって家に帰ってしまった。

僕も雷は苦手だったけど、我慢できた。
だって、ユノが迎えにくるから。

だが、ユノはなかなか来ない。

外を覗いてもユノは居なかった。

まさか、ユノまで、帰っちゃったの?

僕は、大きな声で泣いた。

雷が怖いからではなく、ユノに置いてかれたことがショックだったんだ。

少しして、雨はさらに激しくなった。

「ユノー!エーン!ユノー!」

大きな声で泣いても、激しい雨は僕の声を遮った。

不安でたまらなかった。

だが、少しすると、「チャンミン!チャンミーン!」

遠くで僕を呼ぶ声が聞こえた。

ユノだ!

「ユノー!ここだよ!」

「チャンミン、迎えに来たぞ!」

「ユノー!」

びしょ濡れのユノが、大きな傘をもって、迎えにきたのだ。

「ごめん、チャンミン。またせたな。」

本当にあのときは、ユノが、かっこよくて、本物の海賊みたいにみえた。

そして、現在、この海賊は、女の心だけじゃなくて、男の心まで奪っていくんだ。

何の前触れもなく、、、。





Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

チョコチップさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。