☆旦那も私も大阪人☆

韓国で働いています。→ 2011年、日本に帰国。→
2014年結婚、妊娠。

読者登録、コメント、大歓迎ですニコちゃん

(アメンバー登録は読者登録をしてくださってて、ふだんからコメントのやりとりなどをさせてもらってる方に限らせていただきます。)


テーマ:
退院しました!


月曜日に出産して、土曜日に退院です。
本当にあっという間すぎて、びっくり!!


病院のお食事おいしすぎたし、お食事のときに他のママさんたちとおしゃべりする機会が増えて、ようやく仲良くなってきたなぁ、っていう中での退院なので残念です↓↓


ふたりの方とだけLINE交換できたので、落ち着いたらまたお会いしたいなはーと







出産レポ続き↓↓



出産の中で、いちばん恐怖に感じていた会陰切開が、噂通り、痛くも何ともなく終わりました汗


そして吸引してもらいつつ、
いきむ!
いきむ!
いきむ!
いきむ!









それまで1回の陣痛で2、3回いきんでたのですが、そのときはこれが最後って何となくわかったので、カスカスになってる残りのパワーをふりしぼり、母としての根性もふりしぼり、それでも足りないので、どっから持ってきたかわからない未知のエネルギー(大地のエネルギーとでもいうのでしょうか汗)をフル稼働して、前歯が折れるかというほど歯を食いしばり、頭の血管が1000本くらい切れたんじゃないかというくらい力んで、


もうあかん、、、
失神する、、、


っていうところまでいって、ようやく、ようやく、ようやく、ようやく、
とぅるん~、っとマイベビちゃん誕生ひよこ星はーと


もう号泣。。。
したのは旦那さんで、わたしはというと 出産の感動よりも、


出た。。。
やっと終わった。。。
はぁ。。。


って感じで、感動ではなく、達成感でもなく、ただただ疲労感と終わってよかった感だけでした汗


しかも取り上げてくれた先生がぬるっとして、赤ちゃん落としかけたので、

「ちょっとちょっと汗

なんて突っ込んでいました汗


出てきたとき、泣き声がなくてちょっと心配しましたが、先生もわたしの心配をすぐに察して、

「羊水飲んでしまってるからね、全然大丈夫よ」

って言ってくれて、その通り、赤ちゃんの口からなんか吸引機みたいなんで吸ってくれて、すぐに泣いてくれましたおんぷ


うれしかったなぁハーチョ


そしてすぐに、
4080グラム
宣言されました汗


え?
4080?
うそやん!?


って聞き返しましたが、もちろんうそじゃなかったです笑



生まれたての赤ちゃんは想像してた弱々しい赤ちゃんとは違い、すでに貫禄十分で、

今日は一ヶ月検診かなんかでお越しに??

って聞いてしまいそうなくらい、たくましかったです笑



そしてベビちゃんのお顔を見せてもらい、ベビちゃんはすぐに洗いに連れてかれました。


旦那さんは、助産師さんに抱かれてる赤ちゃんのあとを付いていって、疲労困憊で、あそこを切られて、ずたぼろの嫁はほったらかされてしまいました汗


旦那さん、もうすでにベビちゃんにメロメロひよこはーと



そしてなぜか急にわたしも感動的な気分になってきて、

「赤ちゃん出てきたー」

といって、泣いてしまいました汗




それまでの陣痛がウソのようになくなり、無事、出産は終わりましたキラキラ


って思わせといて、ここからがまた地獄!!


これまた噂通りの会陰切開の後の地獄の縫合爆弾


めーっちゃ痛い!!!!!
もう、ここでもまた悶絶バフッ!小バフッ!小バフッ!小バフッ!小バフッ!小

いたいー!!

ってわめいてたら、先生に、

「ほな適当に早く縫おか!?
   うんこもれるけど。」

と言われ、


すんません、ていねいにお願いします。。。


とお願いしました汗



どうやらベビちゃんでかすぎて、肛門までいってしもたらしく、縫合に30分くらいかかりました。
(これも体感で汗


でもその間ふたりの助産師さんが、ずーっと手を握っててくださいました。


助産師さんって、本当に天使おんぷ♪




やっとやっと会陰縫合が終わったーっと思ったら、そこから次は胎盤を出す作業↓↓↓↓


もう本当に、出産って生んで終わりじゃないんだなぁと冷静に実感。



出産に関して、もっと義務教育中に教える
べきやわ、特に男にね。


出産がどれだけの大仕事なんかをあやふやにではなく、もっと具体的にわかってもらわないと、割が合わない!!



そういう意味で、旦那さんに立ち会ってもらって本当によかったです。


事実、そのあと旦那さんは何回も感謝の言葉を口にしてくれるし、わたしにばっかり負担をかけてごめん、みたいなことも言ってくれるし、今、すごい休養をすすめてくれて、ベビちゃんの世話に関することは何でも積極的にやってくれていますあげ



話はそれましたが、お腹の上から助産師さんにぐいぐい押され、ようやく胎盤も出てきました。


このぐいぐいもかなり痛いです↓↓


しかも、出産、会陰縫合、胎盤摘出、ってそれぞれ痛みの種類が違うんですよねぇ。


自分で言うのもなんですが、
女性って本当に偉大キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ





これが4080グラムの貫禄じゃい!はーと


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Baby」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
病院での生活が思ったより快適ですキラキラ
このまま退院したくないなぁ、なんて思っていましたが、今日退院するママさんと昨日お話する機会があったのですが、追加での支払いがかなり高いとか!

そう、わたしの病院、ちょっと高いんです。。。

わたしは何も知らず、いちばん近所にある病院を選んだだけなんですが、実はなかなか贅沢な病院だったみたいで汗


とりあえずいったんお金のことは忘れて、入院生活を楽しもう。。。








出産レポ続き↓↓



ひたすら陣痛に耐えたあと、陣痛がきたときにいきめと言われ、たぶんこの時点で午後1時頃だったかな、たぶん汗



そして、いちばん辛かったのが、ここから始まるいきみ逃しというやつ。


さっきまでベビちゃんを下ろすために、陣痛が来る度、
いきんで!
って言われていたのに、次は力が入ってるからベビちゃんが下りてこないと他の助産師さんに言われ、
陣痛が来ても力をいれるな
と言われました。。。


元気なら、
「どないやねん!!」
って突っ込みたいところですが、フラフラ状態なんで言われるがまま、次はいきみ逃しをすることに。


これが、本当に辛い!!
陣痛で痛くて、力が勝手に入るのに、力をまったく入れるなと。


身体の作り的に無理があるでしょ!!


痛くて痛くて仕方がないのに、力を入れずやり過ごす、これの繰り返しを2時間以上したような気がします↓↓↓↓↓↓


途中、陣痛の間隔が開いてきたので、陣痛誘発剤を入れて陣痛の間隔を縮め、辛さも倍増!!


しかもいつまでやるのかわからなくて、ゴールが見えない状態でやり続けるのは本当に本当に本当に地獄でしたI


このいきみ逃しが出産でいちばん辛かったかもIII



何回も、
いきませてー!!!!!
とお願いしましたが、
ベビちゃんが下りてこないのでいきんでも意味ないよ
と言われての繰り返し。


そしてそして午後3時頃、ベビちゃんが下におりてきたらしいのでようやくいきんでよし!とのお許しが出て、出産体制に。

ちなみに自分ではベビちゃんが下りてきた感覚はまったくわかりませんでした。


でもまたここでスーパー地獄を経験!!


いきんでも、いきんでも、ベビちゃん出てこず。


1回の陣痛で、2、3回いきむをひたすら繰り返す。


これもこのとき初めて知ったのですが、何もないときにいきんでもだめなんですね。
ちょうど陣痛がきたときにいきむと、ベビちゃんが出てこれるそうです。

人体の不思議!



体力はとっくの昔に限界をむかえていて、いきむ力なんてないよー!と思いつつ、母としての根性だけで力を出していました。


いきむのを繰り返し、
その度助産師さんに子宮口を広げてもらい、
それでも爆弾理、
を繰り返し青スジ


すると、ようやく担当の先ドクロドクロドクロ場。

(担当の先生って本当に出産する瞬間しか来ないんですね汗


助産師さんから話を聞いて、
「ほな吸引使おうかー」
って。


もっと早く来て、もっと早く使ってよ!!!!!!

そして吸引装置らしきものをセット。



それから噂の会陰切開。


みなさんがおっしゃる通り、切られるとき何の感覚もなかったです!
めちゃめちゃおびえていたのに、早くベビちゃんを出したいので、むしろ、
はよ切ってくれ!
って感じでした汗


あそこを早く切ってくれ!って思わせる出産って、すごい汗2




続く
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出産から2日経ちました。
今日から完全母子同室。

母は全身筋肉痛と会陰切開と痔で苦しいです。。。


病室での気分転換はテレビかネット。

ってことで、出産記録しますおんぷ








13日の午前4時頃、子宮口がまだ3、4㎝しか開いていないと言われましたが、助産師さんに、
「もしかしたら午前中に生まれるかもねぇ」
とも言われました。


旦那さんは、
意外と早いなおんぷ
と思ったらしいんですが、わたしは陣痛がすでに辛かったので、
そんなにかかるの!?
と思いました。


で、ここからの記憶がすでにあいまい汗


ただひたすら定期的にくる陣痛に耐えてたことしか覚えてないです↓↓


朝ご飯もお昼ご飯もまったく食べられず、旦那さんが食べていました。


陣痛の痛みはどんどんひどくなっていくのに、子宮口がなかなか開かず。
そしてベビちゃんもなかなか下りてこず。


午前中に生まれるかも、なんて言われていたのに、ただひたすら痛みに耐えて、午後になりました。


この頃、陣痛が来る度にいきんで、ベビちゃんを下ろしていこうと言われ、何回もトライしましたが効果表れず↓↓↓↓


時間計っていないので全然分かりませんが、体感的に3分~5分おきにくる陣痛に絶叫、&体力を奪われ、もう全身麻酔して、腹裂いて、取り出してくれ!!
なんてことをずっと考えていました汗


旦那さんはずっと隣で寄り添ってくれていましたが、マッサージが超下手!!


出産に必須のテニスボールとゴルフボールを準備していって、使おうとしてきましたが、まったく気持ち良くなく、やめてもらいました汗


世の旦那さん、これほどイラつくことはありませんよ!
奥さんが出産のためにあれこれ調べて、痛みに耐えているんだから、せめてマッサージのやり方くらい、前もって自分で調べるくらいしてあげてください!!


というメッセージを世の旦那さん方に捧げたいです笑


結局、横向きに寝転がってるわたしの背中側で助産師さんが背中からおしりにかけてマッサージをしてくださって、旦那さんは手や足をマッサージしてくれました。


これはこれでよかったですけどねあげ


とにかく陣痛は想像していたより何倍も辛く、いろんな方の出産レポを読んだり、雑誌とかでイメトレをさんざんしてきたつもりですが、それをはるかに上回る辛さ。


とにかく絶叫し、のけぞりかえり、旦那さんの腕をつかみ、後から見たら、旦那さんの腕、傷だらけでした汗


ソフロロジーとかいう静かなお産をイメージしてたのですが、真逆のお産になりました笑




続く
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日出産。
めちゃめちゃ疲れてるはずなのに、あまり寝られなくて、朝も6時に起床。


新生児室にあずけてるベビちゃんに会えるのは8時。

今の間に自分とベビちゃんの記録を残しておきます。







4月12日日曜日、出産日前日はいつもと何ら変わりなく過ごしていました。



前日に泣きながら掃除したベビちゃんのお部屋の残り部分を掃除。

畳の部屋にカーペットをしているので、カーペットをめくって、畳からお掃除。

前日のことがあるからか、旦那さん率先してお掃除。
珍しい!




それから、お昼はパンケーキのお店へ。
パンケーキより、旦那さんが注文したロコモコのほうがおいしかった汗



そして夜は我が家の週末恒例の旦那さん特製お鍋おんぷ
特製と言っても、ただ旦那さんが作ってくれるというだけで、特徴は何もないです笑


そのお鍋を食べているとき、お腹が痛くなってきました。
しかも定期的に。
これが噂の陣痛??


しかもその痛みが来てるときは、ちょっと笑うのもひきつるくらいの感じ。


でも初めての陣痛だし、それが本物かわからない!


なので、陣痛アプリで計ってみると、最初は1分の痛みが30分ごとにきて、そのあと急に5分~10分おきに痛みがきて、ちょっとずつ確信に変わりました。

その時点で午後8時。


でもその時点では旦那さんと普通に話せるし、陣痛が来たと病院へ連絡して、まだ早いって帰されるって話よく聞くので、少し様子を見てみることに。


その後、5分~10おきに約1分~2分の痛みがずーっと続いてたんですが、痛みがだんだんとひどくなってきて、夜中には痛みがくると声をあげてしまうくらいに。


で、結局午前4時に旦那さんを起こして、病院へ連絡して行きました。


行く途中、車の揺れも辛いぐらいの状態で、歩くのもやっと。


すぐにLDR室に通されましたが、子宮口はまだ2、3㎝しか開いてないと言われました汗


こんなに痛いのにまだそんなものかとビックリしました。


続く
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
出産予定日から2日過ぎた本日夕方、
無事、ベビちゃんを出産いたしましたひよこ


木曜に検診したときは3500グラムだったベビちゃん。
その4日後の今日、月曜日出産したんですが、なんと、


4080グラム!!



若干の誤差が出たのか、
たった4日でベビちゃんが成長したのかわかりませんが、
この大きさからして、出産の壮絶さを想像してください汗



とりあえず今は会陰切開の痛さに悶絶中です汗




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。