philosophia(philos愛好する+sophia知)→学問愛のブログ

知的好奇心の探究カフェ~人間哲学の散歩道~

NEWEffective Managementのススメ!
Pia倶楽部のコンセプト< パーソナル・イノベーション・アビリティ>
l P:パーソナル→プロフェッショナルへ
l i:イノベーション→インフィニティへ
l a:アビリティ→アクションへ

  2016年6月の<Pia倶楽部勉強会>のお知らせですビックリマーク時計


 ①【中級者コース:「効果的経営へステージアップ!」】 


   20:00スタートフラッグ 5/10(火) 済

   

   次回は、6/14(火)を予定していますベル     


  課題本:名著集『ポスト資本主義社会』P.F.ドラッカー(ダイヤモンド社)

  

  範囲:第Ⅲ部 「知識」

            第11章「教育の経済学」          


    ※「ドラッカーの講義1943‐1989」と「ドラッカーの講義1991‐2003」を

     副読本としてオススメします!


  ※ドラッカー・マネジメントにおける「知識の経済学」を読み解いていく

       アプローチになっています。(半年間6回の予定です)


   ★参加費:3,000円(ワークショップ形式)  場所:庄屋篠栗店

    ※参加希望の方は、事前にご連絡いただけると助かります。

    またご自分の飲食代は自己負担です。



NEW【初級者コース:「はじめてのドラッカー」】 


   課題本:『図解でわかるドラッカー』藤屋伸二著(宝島社)


   序章「経営学の父~20世紀を生きた社会生態学者」
   

   20:00スタートフラッグ 5/12(木) 済
   

   次回は、6/9(木)を予定していますベル 
    

   ★受講費:1,000円   場所:庄屋篠栗店


NEW【上級者コース:「弥生会計プロフェッショナル」を使いこなすコース】


 (財務管理からさらに計数能力を磨き、管理会計にシフトできるようになります) 

   

   次回は、6/23(木)を予定していますベル


   ★受講費:10,000円   場所:個別に対応します。



※参加希望の方は、下記の募集要項を読んでいただいて、

簡単申し込みフォーム 」 にて必要事項を記入の上、ご連絡くださいメール

折り返し、レジュメノートを添付送信いたしますメモ


ダウン


募集要項の詳細は、コチラ からサーチ



テーマ:
こんにちは、philosophiaキャップですにひひ



特別展<真田丸>真田幸村を堪能した後は、常設展へ。

まずは、実物大に再現された

<日本橋>







<中村座>



<助六由縁江戸桜>



江戸時代の本屋(浮世絵・草紙販売)



<二八蕎麦の屋台>




<寿司の屋台>・・・現在のにぎり寿司の3倍くらいの大きさ



<寺子屋>



<日本初の上水道>・・・地中に埋められた木樋を繋いで江戸市中に給水






ここからは、ジオラマで再現された

<三越の前身 三井越後屋>



店内の様子



店先の通り



店の裏には、大きな蔵




<両国橋>・・・隅田川の打ち上げ花火の時は、さらにたくさんの屋形船で混雑




<江戸城下>




<大名屋敷>









<江戸城>












challenge → change → chanceの精神で!

アメブロのペタの代わりに下のボタン「読書備忘録」を

クリック応援フラッグしていただけると嬉しいです。にひひ

ジャンル別ランキングに参加しています。アップ

今日の記事が「いいね!」と思った方は、

応援チェッカーフラッグクリックをお願いたしますぺこり
         ダウン

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

  
にほんブログ村





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、philosophiaキャップですにひひ



東京駅でお土産を購入した後は、

前日の上野の<若冲展>で3時間待ちのため

時間的に寄れなかった両国駅へ移動電車



江戸東京博物館へ行きます。



見所は、2016年大河ドラマ特別展<真田丸>です。にひひ

両国駅からは、歩いて5分ほどです。



実は、この<江戸東京博物館>は、徳川江戸城の天守とほぼ同じ高さ(約62m)




受付では手回り荷物を預かってくれるので助かります。合格




雨の日雨は、外国人の観光客が倍増するそうです。叫び

江戸時代を体験することができるので、

雨の日だからこその観光スポットのようです。ひらめき電球

特別展<真田丸>イメージパネル



入場口前までしか撮影カメラできませんでした。あせる



詳しい内容は、コチラ⇒ 特別展真田丸


全国各地より高野山蓮華定院をはじめ、昨年訪れた長野県真田宝物館、真田氏歴史博物館、

大坂城天守などから真田ゆかりのお宝が一堂に揃っているのは、圧巻でした。クラッカー

初めて観た合戦図(大坂夏の陣)の巻物の中に、真田幸村(信繁)を見つけたときは、

テンションアップ上がりました。(笑)

特別展を観覧後は、自分お土産に特別図録を購入。



この図録で、大河ドラマの後半戦もより楽しく視聴できますね。音譜



challenge → change → chanceの精神で!

アメブロのペタの代わりに下のボタン「読書備忘録」を

クリック応援フラッグしていただけると嬉しいです。にひひ

ジャンル別ランキングに参加しています。アップ

今日の記事が「いいね!」と思った方は、

応援チェッカーフラッグクリックをお願いたしますぺこり
         ダウン

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

  
にほんブログ村




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、philosophiaキャップですにひひ



本降りの雨で江戸城内堀は、 ほんのさわりだけしか廻れませんでした(^^;

次の移動のため、JR東京駅へ戻ります。駅


地下通路には、こんなものが!(C型SLの動輪部分のようです)




東京駅丸の内南口(辰野金吾氏設計)




リニューアルされた丸ドーム




見とれてしまいます!




2Fにある<虎屋東京>






東京土産は、やはりこれにしました。

かさばらないサイズがちょうど良いです。

東京ステーション限定のパッケージ(手帳サイズ)



東京駅丸の内駅舎をワイズベッカー氏(パリ在住)が

デザインしたものだそうです。駅

そして、初夏限定の珈琲入り羊かん



<虎屋>さんは、

関ケ原少し前の天正14年(1586年)に京都で創業し、

時の後陽成天皇より京都御所出入商人として賜ったそうで、

豪商三井三郎助やあの尾形光琳もその味を賞味し、

明治の東京遷都の際に、御所御用の菓子司として

東京にも進出されたそうです。メモ




2Fから見ると立体的に見えるようになっていました!目





challenge → change → chanceの精神で!

アメブロのペタの代わりに下のボタン「読書備忘録」を

クリック応援フラッグしていただけると嬉しいです。にひひ

ジャンル別ランキングに参加しています。アップ

今日の記事が「いいね!」と思った方は、

応援チェッカーフラッグクリックをお願いたしますぺこり
         ダウン

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

  
にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、philosophiaキャップですにひひ



東京2日目の朝は、あいにくの雨模様雨となりました(^^;

レンタサイクル自転車で江戸城内堀一周&東御苑を散策予定でしたが、

予定変更して、徒歩(かち)で散策することにしました。


まずは、エネルギー補給の朝食を頂きます。割り箸



チェックアウト後、昨夜と同じように八重洲口から丸の内連絡通路で

和田倉橋を目指します。

お濠には白鳥白鳥が泳いでいました!



<和倉橋>





典型的な枡形です。




当時は、櫓が建っていた櫓台石垣




和田倉公園を抜け、皇居外苑通りを渡ると

<巽櫓>が見えてきます。



桔梗濠越しに見えるのは、大名が登城するのに使った<大手門>です。



左手には、<桔梗門>







蛤濠沿いに進むと



はるか向こうに<坂下門>が!




ズームして見ると



振り返えれば、丸の内ビル群ビル群。が立ち並んでいるのがよくわかります。



クロマツ黒松林沿いに進むと




<二重橋>(現在の皇居大手門)が見えてきました。橋







ズームすると<伏見櫓>と<多門櫓>もよくわかります。



個人的に好きなアングルは、



二重橋濠沿いに歩くと

<外桜田門>が見えてきました。


内側の正面から見ると




堂々たる櫓門です。


当時の<西の丸>を守るにふさわしい櫓門で、



櫓台の石垣もすき間なく積まれた<切り込み接ぎ>




威風堂々



かなり大きな枡形ですが、



向こう側は二重橋濠が廻っていて、



土塀がないタイプで、出丸のように感じます。

高麗門が見えてきました。





近寄ってみると、内側のその造りがよくわかります。

横には、雁木の石段もあります。



高麗門の表側



櫓門の傍には、<外桜田門>の石碑があり、




反対に目をやると

桜田濠と土塁(右手皇居側)が続いています。

大都会とは思えない風景です。



離れて見ても<外桜田門>は存在感がありますね!

教科書にも出てくる誰でも知っている事件で、

時の大老井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」があった場所。





凱旋濠に沿って祝田橋(日比谷方面)へ戻ります。



途中には、全国(北海道~沖縄まで)の花の案内板がありました。

自分の住んでいる県花は何か?探してみると面白いですよ!

ちなみに僕の住んでいる福岡県花は「うめ」です。

大宰府天満宮の菅原道真公の飛梅が有名ですから。



祝田橋交差点に、東京都の石碑




ここからは、やはりあの方にお会いしたいと思い、



<楠木正成公>です。



外国からの団体さんは、みなさんこちら側から記念撮影されていましたが、

皇居に背を向けては失礼になるということで、

実はこちら側が正面なんです。(笑)



江戸城内堀は、ほんのさわりだけ廻りましたが、

楠公レストハウスで、100名城スタンプを頂きお土産を購入しました。

ここは、皇居外苑の国民公園の一つで、

一般財団法人国民公園協会が運営しています。

大型観光バスがたくさん停まっていました。

ここからは、次の移動のためJR東京駅駅に戻ります。

楠公レストハウスのHP:http://fng.or.jp/koukyo/service/nanko-rest.html


challenge → change → chanceの精神で!

アメブロのペタの代わりに下のボタン「読書備忘録」を

クリック応援フラッグしていただけると嬉しいです。にひひ

ジャンル別ランキングに参加しています。アップ

今日の記事が「いいね!」と思った方は、

応援チェッカーフラッグクリックをお願いたしますぺこり
         ダウン

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

  
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、philosophiaキャップですにひひ



若冲展でその極彩色と超絶技巧を堪能した後は、

不忍池を散策してからホテルでチェックイン。

今回、お世話になった<スーパーホテルLohas八重桜の湯>さん




東京駅の八重洲中央口より徒歩3分とかからないアクセスの良さと

大きなお風呂とツインベッドでゆっくりできて快適でした。にひひ





東京の夜を満喫しようと八重洲口から丸の内連絡通路を通り、

和田倉噴水公園へ足をのばしました。噴水












しばし、東京の夜景を楽しんでからタクシーで

お目当ての洋食屋さん<煉瓦亭>に到着。

一度は行きたかった池波正太郎氏も通った

銀座でも老舗(明治28 1895年創業)の洋食屋さんです。食事





二階席に案内されました。




うれしいことに、池波氏がお気に入りだった

窓側のテーブル席だったのです。

まずは、食前酒としてビールを注文。beer!



ナプキンも昔の洋食屋さんを彷彿させるアイテムです。

「GINZA3」がオシャレです。音譜




ポークカツかオムライスか迷ったのですが、

店員さんに伺うと、がぜんオムライスにしました!





というのも、この元祖オムライスは、

ケチャップライスを玉子で包んだものではなく、

玉子とご飯と具をあらかじめ混ぜ合わせて、

オムレツ状に焼いたもの。



見た目にしっかりと焼けて、

玉子が焼けた香りもするのに、中は玉子リゾット、

はたまた玉子かけご飯のように、絶妙にとろとろ。

酸味とコクのあるケチャップが懐かしさとアクセントを与えて、

唯一無二の一級品の味でした。うまうま(#^.^#)

ちなみに、ケチャップは、カゴメ系でなくデルモント系かも!?



精算するときに当時から活躍していたレジスターが

現役で動いているのにはビックリ!でしたが、

お店のレトロ感とマッチしていました。

記念に「栞と名刺」を頂きました。



   


帰る時には、オーダーストップ後のようで、

入口には、英語表記の<closed>の札が。目


ホテルまでの帰路、銀座通りを歩いていると

世界のブランドショップが次々と・・・












夜景と銀座を堪能した東京の夜でした。夜景にひひ



challenge → change → chanceの精神で!

アメブロのペタの代わりに下のボタン「読書備忘録」を

クリック応援フラッグしていただけると嬉しいです。にひひ

ジャンル別ランキングに参加しています。アップ

今日の記事が「いいね!」と思った方は、

応援チェッカーフラッグクリックをお願いたしますぺこり
         ダウン

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

  
にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。