世界ウイグル会議
ラビア・カディール総裁
セイット・トゥムテュルク副総裁
ウミット・ハミット副総裁
来日、シンポジウムに参加しました


ウイグル、東トルキスタンの悲劇
中国共産党の悪事と国際社会の
冷淡さと金や欲のため
中国におもねる国々のこと

東トルキスタンの歴史と難民や教育、文化、
信仰を破壊されている現状を再認識することができました。

日本が東トルキスタンのためにできること、やらねばならぬことは何か
今一度、日本人として支援を考えていきたいと思いました。

司会、準備、企画をされたあぼともこさん、ありがとうございます












AD

 

シベリア抑留経験者、荒木正則先生の講演会に行きました。

産経新聞主催、

荒木先生
「戦後70年、日本人はアメリカ、ソ連の洗脳から
目覚め、歴史、伝統文化を取り戻せ」という
熱い魂のお話に拍手喝さいでした。

歌手の梅谷陽子さん、もう1人のシベリア抑留の音楽家、田中さんの歌も素晴らしかったです

AD
拉致啓発活動 延期のお知らせ& ウイグル連盟主催講演会のお知らせ
たいへん申し訳 ありません

明日、 シベリヤ抑留 荒木正則先生 講演会と


ウイグル連盟主催
大阪シンポジウムがあるので

拉致啓発街宣は 延期とさせていただきます。


拉致啓発街宣は、6月11日 6月25日の 2回と
させていただきます

よろしくお願いいたします

ウイグル連盟主催
日本ウイグル連盟主催シンポジウム アジアの「孤児」-ウイグル政治亡命者の現状と日本の役割

大阪シンポジウム
日時:2016年5月28日(土) 18:00開場
会場:大阪大学中之島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール
入場料:1000円

東京シンポジウム
日時:2016年6月2日(木) 16:30開場
会場:参議院議員会館 1F 講堂
入場料:無料
*東京会場では事前申し込みが必要になります。当日ロビーにて入館証をお渡しします。
[連絡先]e-mail:info@uyghurjapan.org 携帯:090-7752-7020,080-4196-8973

仙台シンポジウム
日時:2016年6月4日(土) 13:00開場
会場:青葉城本丸会館
入場料:1000円

【共催団体】 呉竹会アジアフォーラム、杜人の会、宮城ビジョンの会、利他利他有興会
【協力団体】 日本ウイグル地方議員連盟、日本会議、南モンゴル自由民主運動基金、内モンゴル人民党

【登壇】
ラビア・カディール(世界ウイグル会議総裁)
セイット・トゥムテュルク(世界ウイグル会議副総裁)
ウミット・ハミット(世界ウイグル会議副総裁)

【司会】
(大阪会場) 安保智子氏(NPO法人 利他利他有興会 代表理事)
(東京会場) 藤井厳喜氏(呉竹会 アジアフォーラム代表幹事)
(仙台会場) 和田政宗氏(参議院議員)

【東京会場パネリスト】
西村幸祐氏 評論家・ジャーナリスト
坂東忠信氏 元刑事・現全国防犯啓蒙推進機構理事・外国人犯罪対策講師


AD

祝★中曽千鶴子 高裁一部勝訴!!一部敗訴 日教組と 本人訴訟で一部勝訴しました。

ご報告が遅れましたが 判決は4月の末


祝★ 高松高裁 中曽千鶴子 一部勝訴!!


日教組に 一部 勝ったよーーー♡

一部 負けたけど w



















朝鮮総連との癒着に対しては、厳しく、強い抗議をしました。
強い口調の抗議ではありましたし、抗議の態度には問題はあったかも
しれませんが

決して、民族差別や、人種差別、憎悪ではない、
北朝鮮、朝鮮学校支援への抗議であり、日教組が政治活動することへの批判、日教組の考え方への批判であったと、
抗議内容の正当性は認められた というのは

徳島の実態をよく知る 徳島地裁の判決でした。

高松の高裁判決でも、それは否定はされていません。



日教組弁護団 45人と、たったひとりで戦って

一部 勝訴、一部 敗訴
まあまあですね

時効については認められませんでしたが


徳島県教組は、請求額の
5分の1 しか認められませんでした。

徳島県教組は 5分の4 負けたってこと
私は 5分の4 勝ったってことね

しかも弁護士費用は、お相手は
15パーセントしか認められてない
85パーセント 私の勝ちです❤


訴訟費用についても 5分の4が 組合
5分の3が書記長の女性

全面勝訴だと、訴訟費用は全額
負けたほうが払うそうですが

今回は、訴訟費用は ほとんどが、
徳島県教組、日教組の支払いです。


やったね★


歴史上、日教組弁護団と、一人の女が戦って
一部勝訴 ははじめてかも

快挙★

6年近く、戦ってまいりました

徳島県教組は、日教組の一単組ですが、
歴史上、日教組と、一個人、一市民の女が、本人訴訟で
一部勝訴したのは
はじめてじゃないかな!

嬉しいです。


特にこの抗議内容について、

誰よりも徳島の実態を知る 徳島地裁において

徳島県教組が
「民族差別だ、朝鮮人差別だ、ヘイトスピーチだ」と言ってきた事が
裁判で、全面的に否定され
徳島県教組への抗議は、民族差別でも朝鮮人差別でもヘイトでもない

裁判官が認めたことは、嬉しいことです。
あたりまえのことなんですが。


高裁でも、人種差別的行為には加担していないという
判断がありました。






徳島県教組が、朝鮮総連にあしなが募金からのキックバックで得た
支援金150万円をわたした事への抗議に対して

徳島県教組が 2000万円の損害賠償及び慰謝料を請求する
民事訴訟を提起したのですが

私は、個人的に本人訴訟で弁護士をつけず、すべて自分で
準備書面も作成し、証拠も集め、裁判で戦いました。

裁判では、民族差別だ、朝鮮人差別だと供述する相手に対して
警視庁の拉致ポスターを掲げて「拉致被害者をかえせ」と
日教組と朝鮮総連との癒着に対して抗議したのですよと反論しました。


実は、本人訴訟で相手側に質問したり、追及するのって
ほんとに楽しかった。 まるで弁護士になったみたいでしたもん。

高松高裁では、女性差別だというおばさん弁護士の
論理が笑えました。





私は誰にも応援を頼まなかったので、傍聴席はいつも
動員された日教組や 極左、左翼、まっ赤赤 そして

さすが、相手が、朝鮮総連関係だけあって 警察やら公安やら
新聞記者やら・・・・・たったひとりの戦いでした。

帰り道は、いつも、怪しい組織に拉致されたり殺されたり
するかもと注意しながらでした。


とにかく、おめでとう。自分。
お疲れ様。自分。

正義は勝つのであーる

他の人は、最高裁に上告したそうですが

私は、もう面倒なので、おしまいにしまーーーす。


高松高裁の裁判官さん、これからもお仕事頑張って下さいね。

相手側の 在日朝鮮人教授らの弁論 全面却下は
なかなか良かったです

朝鮮総連と日教組の深い関係、朝鮮学校の闇、

私の陳述で知ってくれて有難う
ございます。

書記官さん、警備の裁判所の方々も有難うございました。
書記官さんは、ロザンの宇治原に似てて、優しかったです

そして徳島の裁判官さんたち、早渕弁護士さん
徳島の国選弁護士さん、
高松の国選弁護士さん、東京の国選弁護士さん

徳島地裁の皆さまも、徳島県警の皆さまも
有難うございました。

これからも 日教組の悪と 戦います

日本の子供たちのために。

そして拉致被害者のためにも
中国共産党による迫害で苦しむ 少数民族、三民族のためにも
北朝鮮、中国で苦しむ カトリック信徒や強制収容所にいる
人々のためにも

頑張ります

義により倒るるとも 不義に生きず

もうすぐ 私の守護聖人、聖ジャンヌダルクが裁判により
火あぶりにされた 5月30日です
お守り下さってありがとうございます





*******************************************


韓国のテレビ局が、
日教組、徳島県教組(徳島県教職員組合)を

「朝鮮総連系列教職員組合」と報道しました。

海外から、日教組は、そう思われているという事です

5月28日 17時30分~ 川西市 秋田美輪さんを救う川西市民の会 拉致啓発

2016年 5月28日 17時30分~ 川西市 秋田美輪さんを救う川西市民の会 拉致啓発& 北朝鮮 抗議街宣
拉致被害者全員奪還のため、もっと多くの人に 拉致問題を知ってもらい意識を高めることが必要です
我々は、拉致被害者、特定失踪者全員奪還のために 戦いつづけなければならない。
日本人は苦しむ被害者を見捨てることのないよう 目覚めなければならない
5月28日 土曜日 今回 17時30分~ 啓発活動します。

「秋田美輪さんを救う川西市民の会」 拉致問題啓発街頭演説、署名 秋田美輪さんを救う川西市民の会 & 秋田美輪さんを救う会 日本海 合同街宣

愛媛の岩城さんが、秋田美輪さん救出のためのポスターを 作成して下さいました。 岩城様、有難うございます
日本海、鳥取・香住でご活動されている中川健二さんと 川西&日本海、合同で拉致啓発です。 。

「秋田美輪さんを救う川西市民の会」 拉致啓発街頭演説、署名活動 場所:川西能勢口駅北側、ドコモショップ前 雨天の場合は、川西能勢口駅からアステ川西への二階の連絡通路で 行います。 内容:拉致啓発街頭宣伝、署名活動

特定失踪者 秋田美輪さん
秋田 美輪 失踪年月日 昭和60(1985)年12月4日 ふりがな あきた みわ 生年月日 昭和39(1964)年1月25日 性別 女 当時の年齢 21 身長 155センチ 体重 43キロ 当時の身分 神戸松陰女子大学文学部国文科4回生 特徴 両眼とも眼鏡をかけて1.2 失踪場所 兵庫県神戸市神戸松陰女子大学校門(阪急神戸線六甲)
失踪状況 大学で午前の授業を受けた後、1時過ぎに学食で 友人と食事をとり校門近くで友人と別れた。夜8時過ぎに 「友人宅へ泊まる」との電話が家にある(実際には泊まっていない)。 翌日朝8時15分兵庫県警城之崎署から竹野町弁天浜で 本人のバッグ発見との連絡。当時は自殺とされたが、 何も見つかっていない。バックの置いてあったところから 海岸に10メートル位足跡があった。発見される前に 雨が降ったがバックも近くにあった本人の靴も濡れて いなかったという。地形や潮の流れから入水自殺で あれば遺体が上がるはず。竹野浜、竹野駅、城崎駅で 目撃者がいなかった。平成15年11月13日、兵庫県警に告発状提出。
特定失踪者・秋田美輪さんの姉「両親が元気なうちに会わせたい」 2014年7月 産経 http://www.sankei.com/west/news/140701/wst1407010067-n2.html
拉致被害者の再調査をめぐる日朝政府間協議が 7月1日から始まる見通しとなった。北朝鮮による拉致被害者や、 拉致の可能性が排除できない県内の特定失踪(しっそう)者の 家族たちは、再調査の行方を見つめている。北朝鮮で元気に 暮らしているのか-。日本に残された家族たちは待ち続けている。
神戸松蔭女子学院大学(神戸市灘区)4回生だった 秋田美輪さん=失踪当時(21)=の姉、吉見美保さん(54)は 「期待はあるが、何度も裏切られている。きちんとした情報を 知りたい」と訴える。
美輪さんは昭和60年12月4日、大学の校門前で友人と 会ったの最後に消息を絶った。翌朝、川西市にあった実家に 県警から電話がかかってきた。100キロ以上も離れた竹野町 (現豊岡市)の弁天浜で、秋田さんの靴とかばんが見つかったという。
父の正一郎さん(82)と母の嶺子さん(80)は現地に 駆けつけた。県警などは入水自殺した恐れがあるとして周辺を 捜索したが、美輪さんは見つからなかった。 当時、結婚して愛知県に住んでいた吉見さんは、初めての 子供を身ごもっていた。そのため、両親は吉見さんに心配させまいと、 妹の行方不明を直ちに伝えなかった。吉見さんが知ったのは翌月だった。
「本当に自殺なのか…」。美輪さんが自殺する理由に 心当たりがなく、家族は戸惑った。なぜなら、美輪さんの大学の ロッカーには、行方不明翌日に出す予定の卒業論文が置かれて いたからだ。
翌月には、吉見さんが出産のため実家に里帰りする予定で、 「私が帰ってくるのを妹は楽しみにしていたはず」と力説する。 両親は毎年、12月4日前後に弁天浜を訪ねた。自宅では、陰膳 (かげぜん)を据えていたこともあったという。
平成9年、横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されたとの報道 されたことなどから、両親は美輪さんが拉致されたとの疑いを 持つようになった。両親は救う会に相談し、15年に美輪さんは 特定失踪者として公表され、容疑者不詳で国外移送目的略取容疑で 県警に告発。体調を崩した正一郎さんに代わり、最近は吉見さんが 岐阜県内で署名活動をしている。
正一郎さんは、北朝鮮の全面調査を安倍首相が発表して以来、 たびたび「政府から何か連絡はあったか」と尋ねるという。 吉見さんは「美輪はどういう扱いを受けているのか。ちゃんと した暮らしをしているのだろうか。両親が元気なうちに会わせたい」 と涙ぐんだ。 
大阪護国神社 春季例大祭 参拝してまいりました。

カンパナ・マウリツィオさんと久しぶりにお会いして
ともに参拝させていただきました。

敬愛する南弁護士様も来賓として参拝なさっておられました。

巫女様の浦安の舞はとても美しく、

神社は厳かでした。 浦安の舞は天皇陛下の御歌を舞にされたもので
浦安というのは平和な日本のことです。

この平和が続くために、尊い若いお命を捧げ
日本を守るための礎石となられたご英霊に心から感謝します

柳澤宮司さまは、天皇陛下に皇居に招かれ、戦後70年のねぎらいのお言葉を
いただいたときの事をお話され感動しました。

境内にある、ニューギニアで戦死した叔父の仲間の舞台の石碑に

お祈りしました。 叔父は日本と朝鮮半島の子供たちの幸せのため
教育に尽くし、彼らを守るため戦い散ったのです。






第五十八回 日本唱歌を歌う日の丸行進の会

素晴らしい五月晴れの中、熊本、東日本の震災に祈りをこめ、
復興・救援の自衛官・警察官の方々などに感謝を捧げ

大阪の中心、御堂筋を行進しました。

妹とおそろいで、紫の着物を着て歩きました。

西村眞悟先生、桂福若師匠もご参加

川西市出身の初参加の方、秋田美輪さんを救う川西市民の会の
メンバーも参加、

多くのご参加で素晴らしい行進となりました。

ご参加された皆さま、お疲れさまでした。
私たちの日本を愛する心の祈りは天に届くでしょうか

<






































映画「64‐ロクヨン‐前編」見てきました。
すごく良かったです。特に警察官の方は、見るべきですね
実際とは違うだろうけど、感動しました。傑作です

元警察官でいつも過労だった、今は寝たきりの
父親のこと、考えながら見てしまいました。





川西市 市議会だより

一般質問より 転載

「後援名義の不許可理由を問う」

自治市民クラブ 北上哲二 社民党

質問

これまで、阪神各地では、某在日コリアンアーチスト団体による公演が
行われており、昨年も市民や自治体、各種団体の協力のもと
近隣市で上演されている。
さまざまな問題をめぐって韓国、北朝鮮両国と政治的緊張が高まり、
ヘイトスピーチ等の人権侵害が社会現象となる中、このような市民レベルの文化交流により相互理解を深めることは意義深いと考えるが、
本市では、24年の上演には市と教育委員会が後援していたのに対し
昨年は断っている。昨年は後援を不許可とした理由と、その結果が与える影響について認識を伺いたい。

答弁

教育、学術、文化並びにスポーツの振興等に寄与する事業で、
公共性または公益性が高く、市民文化の向上に貢献すると認められる事業に対して後援名義の使用を許可しており、当該団体の公演については、24年は後援を許可した経緯があるが、昨年の公演では収支見込書の内容において、広告料やチケット販売による収入が多額となっていた
ため、公共性、公益性や収益性を総合的に勘案し、後援は適当でないと判断した。この判断が結果的に差別や偏見を助長したという疑念は
払拭できない部分があるが、決して政治的背景等が理由ではない。

答弁

昨年については、後援名義使用に関する規定における「営利目的や
売名行為を伴なわないこと」という項目に照らし、適当ではないと
判断しており、仮に内容や目的が政治や宗教に関連がある場合は、
法律の適用により不許可とするが、今回はそうではないと明言して
おきたい。



上記の、質問にある 某在日コリアンアーチスト団体による公演
というのは

北朝鮮、朝鮮総連の関連団体 金剛山歌劇団のことです。

以前から、私は 金剛山歌劇団の後援はしないでほしいと
要請を送っていますが

私の要請があるなしにかかわりなく、川西市が良識的判断をしたと
いうことだと思います

質問に 韓国、北朝鮮両国と政治的緊張が高まりとありますが

そもそも、この歌劇団は、北朝鮮系の歌劇団であり
韓国とは関係ありません

もし、韓国の子供と日本の学校の交流するようなイベントを
市民が企画したとして、その収益性が明瞭で
公益性もあるのであれば、川西の一般市民が多く観客となるような

純粋なダンス公演や音楽公演ならば、後援は許可されるはずです


韓国と日本は、 日韓合意で歩み寄り、対北朝鮮で 日米韓の
連携が強化されることはあっても、政治的緊張は
高まっていません。

ヘイトスピーチは、2012年頃より、反韓国の名目で
行われていることであり、

北朝鮮の核実験やミサイル問題、核実験に対する抗議は
ヘイトスピーチではありませんし、日本のみならず
韓国も、国際社会も批判していることです。

在特会の民族をひとくくりにするヘイトスピーチに対しては、
大阪では橋下市長、そして日本政府も 右も左も関係なく
一般市民も許されないことと
きちんと認識しているので

韓国と日本の政治的緊張が高まっているというのは間違いですし

そもそも、北朝鮮による拉致犯罪、ミサイル、核実験、
北朝鮮自国民や朝鮮学校生徒への著しい人権侵害をしているのは
北朝鮮ですから、

文化交流で、北朝鮮と日本の
相互理解が深まるというのは間違いです。

というのは、私個人の見解ですが



川西市の答弁にあるように、

文化交流、相互理解が目的ではなく

営利目的と売名行為であり、公益性、公共性が認められないのです


伊丹市で行われた

金剛山歌劇団の 昼、夜 二回の公演に参加した方

複数名から お話を聞いたところ、

昼、夜 どちらも、席が埋まらず、がらんとしていたとのこと。

また、この公演を支持している側の
在日の方からも直接、お話を伺ったところ

金剛山歌劇団の ダンサーの女性は、出演料では生活が苦しく
アルバイトをして生計をたてているので応援したいということでした。

過去にも
膨大な広告費やチケット販売の売り上げがあるにもかかわらず

一般市民が見にいくこともなく、出演者にも満足な出演料が
支払われないのは、疑問ですし
朝鮮学校出身の歌劇団員にとっても、不憫なことですね

およそ公共性、公益性もあるとは
いえないでしょう。

川西市の良識ある判断だと思います

差別や偏見を助長した疑念とありますが

私は、現在、川西市において、子供や女性、一般の在日の方が
差別や偏見を受けているとは思いません。

川西市には、立派な在日の方も多く

偏向的な政治活動や北朝鮮の悪政に関わることなく
拉致問題を憂うような、反日ではない

普通に暮らしておられる在日の方が ひとくくりに差別されることは
許されないことですし、特別視することなく自然に
共生社会はなりたっています。 教育現場でもそうです。

現在、川西市では
在日外国人に対する 偏見や差別はなく、増長されるという
心配もないでしょう

特に、民団の方も 韓国籍の方も 朝鮮学校、朝鮮総連を批判し、
一般の在日の方も、北朝鮮のミサイルや核実験、拉致犯罪は
許さないと思っているのです。
明日の日の丸行進に

西村慎悟先生、落語家の桂福若師匠も ご参加です

ぜひ多くのご参加をお待ちしています

私は、また妹といっしょに着物でコールします❤







第五十八回 日本唱歌を歌う日の丸行進

日時 平成28年5月15日(日) (毎月第3日曜日開催)

集合場所
大阪市西区・新阿波座公園(地下鉄四ツ橋線本町駅の西の端、
23番出口を出て左折すぐ)

集合・集会
13:00(確定) 受付:12:30
行進開始:13:40 終了予定:14:40
コース: 南久宝寺町通り~御堂筋~心斎橋~難波(解散)

行進の目的
郷愁をさそう日本唱歌を歌うことで「日の丸」に親近感を感じていただき、自衛官の皆様に感謝の気持ちを伝えています。
このパレードは沿道の人々に日本人としての目覚め、自虐史観からの目覚めを願うものです。
日の丸行進での私たちの日本再興への祈りが伝わり、日本はいつか再生を遂げていることでしょう。
それが私たちの夢であり、目標です。

行進の内容
動物着ぐるみたちが愛嬌を振りまきながら先頭を歩き、沿道で日の丸小旗を配って非常に好評です。
鯉のぼりや花飾りで華やかにし、最近は着物姿の女性が数人参加され、ますます日本民族の行進らしくなっています。
沿道へ向かって笑顔で手を振り、そのためか外人や観光客、日本の若者たちが写真を撮り、手も振ってくれる人が増えてきました。

主張の内容
「日の丸を掲げましょう」「国歌を歌いましょう」「がんばろう日本」「自衛官、警察官 ありがとう」

5月の唱歌
「日の丸の旗」「ふるさと」「鯉のぼり」「背くらべ 」「桃太郎」「浦島太郎」
6月の唱歌
「日の丸の旗」「ふるさと」「夏は来ぬ」「あめふり」「てるてる坊主」「めだかの学校」

注意事項
小雨でも決行(レインコートは準備)

参加費 無料

毎月開催
第59回は6月19日、7月は17日(常に第3日曜日)集合:13時予定「新阿波座公園

主催:
日の丸行進の会 連絡先・会代表: 石黒大圓 090-1146-7351
協賛:
頑張れ日本!全国行動委員会・京都府本部・大阪支部