中目黒整体レメディオが教える 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方

X脚、体のゆがみ、反り腰、下半身太り、骨格 骨盤矯正 東京都目黒区青葉台1-27-10 8F 03-5773-5977

NEW !
テーマ:
腰痛の方は非常に多いですね。立ち仕事・座り仕事に限らず多くの方に表れる症状です。ここでは、腰痛を引き起こす原因の一つである腰椎のゆがみについてお話していきます。

腰が正常な状態:


腰の正常な状態まず、正常な腰椎の位置は、左右に対してスライドやねじれもなくまっすぐに並んでいます。さらに横から見た場合は緩やかに前方にアーチを描くように前湾しています。
また骨と骨の間にある椎間板は圧迫されておらず、上半身の重さを緩和するクッションの役割を正常に果たしています。それにより、骨と骨の間から伸びている神経にも圧迫はなく、神経伝達に問題はありません。
白:腰椎 赤→:椎間板がある部分

周辺の筋肉には腰椎からのストレスは無い状態で適度な緊張と弾力があります。分かりやすく例えると、麺類でいうコシがある状態です。なおす >>

腰がゆがみ腰痛がある状態:


腰痛の原因 腰のゆがみ 筋肉疲労 神経圧迫腰に痛みがある方の場合、腰椎と腰椎の間が狭くなっています。これにより椎間板はつぶれ状態になります。
このつぶれた状態が長く続き耐え切れなくなって壊れてしまったものが俗に言う『椎間板ヘルニア』です。また、腰椎同士の隙間が狭くなったことで神経を圧迫し、運動機能や内蔵機能を低下させます。周辺の筋肉は、腰椎同士の隙間がこれ以上狭くならないように支えているため、過度に緊張がかかり筋肉は疲労していきます。

このように、腰痛の原因には骨格的な面と筋肉的な面の2種類があります。
ご自身でケアをして楽になるようであれば、これは筋肉の疲労が軽減したものだと考えてください。楽にならないようであれば、腰椎部に何か問題がある可能性がありますので、気を付けてください。
ビフォーアフター ≫

骨盤矯正、O脚矯正
 |  リブログ(0)