中目黒整体レメディオが教える 大転子 骨盤 膝下O脚のなおし方

下半身太り、X脚、体のゆがみ、反り腰、骨格 骨盤矯正 東京都目黒区青葉台1-27-10 8F 03-5773-5977

骨盤の広がり ゆがみの原因:

まず、『骨盤の広がり』という骨盤のゆがみは、仙腸関節上で起こっているゆがみ。いわゆる【関節のゆがみ】です。この『骨盤の広がり』というゆがみ方はあまり単独で起こることはなく、他の骨盤のゆがみと合わせて起こります。
これは、仙腸関節を作っている関節面の形状に起因します。仙腸関節を形成する仙骨の関節面は内側へえぐれるようなアーチを描いています。
これにより仙骨と関節を作る寛骨が、関節面の上を前方に回るように動くと寛骨全体は外側へ開いていきます。同様に後方に回っても寛骨全体は外側へ開きます。ですので、骨盤が広がるというゆがみは、他の関節のゆがみの副作用と考えていただくと分かりやすいと思います。骨盤をなおす >>

骨盤の広がり ゆがみの特徴:

骨盤が広がったことで、もう一つ副作用的に起こる現象があります。それは大転子(骨盤の横の出っ張り)が外側に出てくるいうことです。これは骨盤が広がったことでバランスが崩れたため、大腿骨が内側にねじれながら外側に広がることで、広がった骨盤を外側から支えようとするためです。それにより大転子(骨盤の横の出っ張り)は外側に浮き出るのです。
※よく間違われるのですが、大転子(骨盤の横の出っ張り)は骨盤ではなく、太ももの骨(大腿骨)の一部です。
骨盤が広がったことで大転子(骨盤の横の出っ張り)がゆがむ。さらに骨盤を支えるために大腿骨(太ももの骨)が内側にねじれる。この状態が長く続くとお尻が垂れ下がります。またO脚になる、もしくはO脚を悪化させる原因になります。
ビフォーアフター >>

骨盤のゆがみによる、下半身太り 脂肪のつき方 >>

骨盤矯正、O脚矯正
ホームページへは、こちらからどうぞ ↑↑↑
いいね!した人