ぽっかり


毎日わたわたな育児生活でパソコンを開くこともめったにしなくなり、放置しすぎたままのこのブログ。
たくさんの方達にお世話になって続けてこられたのにほったらかしてちゃ
あかん!書くなら書く!やめるならちゃんとご挨拶してからやめる!
ちゃんとしないと、と思いながらもどちらもなかなかできず。

そんな私のブログ生活どうのこうのどころじゃない大事な競技生活についての
引退という決断を今日発表された高橋選手。
大ちゃん引退!という最初の一報を聞いた時は、なんだかぼんやりした
感じで「ああ…大ちゃん決めたんだ。さみしいけど、大ちゃんの考え抜いた末の出した結論だしそれが一番だよね」
と、少しさっぱりしたような気分だったんですけどしばらくしてから
会見一問一答を読んでいたら寂しさがあふれてきちゃってどうしようもないです。

コメントのいたるところにファンや他の選手達など、周りの人達への
思いやりに満ちた高橋選手の優しく細やかな人柄がにじみ出ていて、
それを読んで心があったかーくなりながら、寂しさがぶわーっと。

高橋選手、本当にお疲れ様でした。
華麗な、とか表現力が、とかの安っぽい決まり文句では言い表せない
心揺さぶられる演技の数々と、誰からも愛されるその人柄にたくさん
の感動の涙と笑顔、そして同じ日本人であることの誇りをもらいました。
本当にありがとうございました!



ソチでの浅田選手の魂のフリー以降、なんだか力が抜けちゃって、
他のフィギュアブロガーさんの記事で情報は追うし、浅田選手の姿を記事やテレビで拝見してはその充実した
キラキラした表情にウルウルしたりしちゃってる私ですが、
なかなか自分で感想などを記事にしたいって意欲がわいてこずにいます。
思えば私がこのブログを書く目的の根源が、浅田選手を取り巻く環境の不穏さ(主にアレ。)への怒りを吐き出したい、お知らせ
したい、というところからきてたからなのかなー?
お休みと決めた今シーズンの浅田選手は、そんな不穏さから離れて
本当にリラックスして過ごされているように見えるので、もはや私の出る幕はないということで(笑)

浅田選手がそんな充実した休養期間を経てどんな結論を出されるのかはわからないけれど、
アスリートのファンをしていたら必ずいつか迎えるその日…覚悟はしているつもりだけど、その後も大会を見るたびに不意に浅田選手と高橋選手の姿を探しちゃうんだろうな。


あーっ!寂しいぞーこんちくしょー!
うわーっ!
と一叫びしたいところですが、横で息子(いつの間にやら一歳四ヶ月)が寝てるのでぐっとこらえて私ももう寝ます。グスン。
おやすみなさい。


iPhoneからの投稿
AD

ありがとう

テーマ:
心から、心からそう言いたいです。

大好きな大好きな浅田選手、本当にありがとう。
あなたがこのソチで見せてくれた姿の全てを、日本に生まれてきてくれた
ことを誇りに思います。
そして、バンクーバーからの苦しい苦しい四年間、応援している中で
何度も何度も苦しく、悔しい思いをしてきたけれども一度も浅田選手の歩む道を
疑うことなく応援し続けてきた自分をも、今は誇らしく思うことができます。



浅田選手はただ一人、女子シングルというカテゴリでは語れない
異次元のステージで戦ってきて、そのステージでのラスボスで
ある「自分」に打ち勝った。
それが4年に一度のオリンピックの舞台だったなんて、これ以上なく
ドラマティックな私たちファンへのプレゼントですね。

もしあのショートで完璧なジャンプが決められていて、フリーでこの演技が
出来ていても、金メダルが浅田選手に渡される事はなかったでしょう。
そんなことは予想できていたし、最終グループの選手たちに与えられた
あの点を見れば確信できます。
でももうそんなことはどうでもいいや。
みんな本当にこの大舞台で自分の持てる力全てを出し切っていて素敵でした。
アレも含めて。
タンゴのプログラムだということをすっかり忘れさせ、最後の最後、
フィニッシュポーズを見てようやく「あ、そういやタンゴだったのね」
と思い出させてくれる、それはそれは素敵なプログラムでした。

そういえばあの人、試合後に浅田選手のフリーの演技を見て「こみあげるものがあった」
「お疲れ様でした」と語ったそうですね。
そんなニュースに目を通していてももう以前みたいなどす黒い
感情が沸いてこなくなった自分にちょっとビックリしています。

キム・ヨナ選手、かの国に生まれ、スケートの資質に恵まれてしまったがために
どんな名誉を手に入れても、どんなにお金を手に入れても、どんなに「満足だ」と
語っていてもどこか常に不幸そうな影を背負ってるように私には見えてました。
生まれる場所が違っていたら、もっと楽しく、本当の意味で世界中から愛され、
なにものにも代えがたい名誉をつかんでいたのかもしれません。
なにはともあれ、現役生活お疲れさまでした。
毎年毎年同じような振付をひたすら義務的に繰り返し続ける、見る方もやる方にとっても
苦行とも思える作業を続けてこられた苦労、お察しします。
どうぞ安らかに・・・(え?)
二度と浅田選手の視界に入り込まず、絡まない形で反日ファンタジーな自国民の
自己満足のために用済みとされるまでの間ご奉仕なさってくださいね。


・・・人間、やっぱりそう簡単にどす黒さはとれないみたいσ(^_^;)

そういえば、ISUのフェイスブックに恐ろしい件数のコメントが「リー」とか
「パク」とか「キム」とか系の名前の人達から書きこまれてますねw
なになに?
「Dirty Olympic!」 ?
「くそジャッジ!」 ??
「恥を知れ!」 ???

いやぁー・・・じわじわきます。
やっぱすごいわ、このメンタリティ(笑)
はたから見てるぶんには最高に面白い人達ですけど、今回の被害者である
ソトニコワ選手は気の毒に。困ったらプーチンにふんづけちゃってもらいなさい!


というわけで、あんなに苦しめられ続けてきたにもかかわらず一言も
不満を口にすることなく、「私なりの恩返しができたかな」と澄んだ目で語れる
浅田選手がまぶしすぎる私です。あはw

さーて、今夜は楽しい楽しいエキシビですね!
リラックスして、心おきなく楽しみましょう♪♪♪
AD

ソチ目前

ど・・・どうも・・・
ご無沙汰し過ぎて「ブログを書く」の項目をクリックするのをだいぶ
躊躇してしまったしらたまです。(おずおず・・・)

息子もようやく満七ヶ月を過ぎ、だいぶ育児も落ち着いてーーー・・・




なんてくるもんかー!落ち着くってなんなんやー!うぉぉぉぉーーー!!!




と、相変わらず一日に数回程度こんなふうに叫びながら初めての子育て
に奮闘しております(涙)
とにかく生後一月半くらいから今に至るまでずっと、ほんと夜も昼も連続して
寝られない子なんですよね~。今も夜10回近く起こされます。
昼寝も膝の上か抱っこでのみなので、寝不足も慢性的過ぎてもはや
よくわからない感覚に陥ってます。
が、そんな寝方で大丈夫なん??という母の心配をよそに息子はスクスク・・・
いや、プクプクプクプク育ちまくって既に10キロに迫る勢い。
デカいです。

でもね・・・やっぱり可愛いんです。
たまらんのです。
自分を求めて泣いて呼ぶ姿も、夜中にオッパイ求めてハフハフしてくる姿も
抱っこされて心底嬉しそうにしている姿も何もかもが一生懸命で、
その姿が時々三途の川が目の前に現れそうになる私をギリギリのラインで引き戻して
くれてるってもんです。

以前このブログで弱音を吐かせてもらった親族の心の病の件、あれからいろいろ
状況の変化はありつつも未だに状況は良くなったとは言えないままで
時折私の心にドーンとのしかかってくることがあるんですが、
息子の育児と家事に追われ、その姿に癒され、余計な事を考える時間が
そもそもあまり無いのが逆に良いのか、そういう面でも子供に救われてます♪
(その節は本当にたくさんの方に励ましていただきありがとうございました!)

そんな愛息子(すいません、親バカ通り越して親たわけ者です)も
昨日ようやく初寝返り。
しかしその瞬間を私、まさかの見逃し!(チーン)
キッチンでコーヒー淹れててふと目をやったら既にこうなってました↓



なんてこったい。

おや?寝返ってる息子の奥、テーブルの上になんか見えますねぇ?
なになに?
浅田真央、ラストダンス??
(わざとらしい)

そうです、今真央ファンに話題のNumberでーす。
一昨日、夜中の授乳の合間にリビングに出てきたらこっそり置いてあって感動。
夫よありがとう。
2ページほど空気読めないページが無理やり突っ込んでありましたけど
それ以外は素敵な写真に素敵な内容盛りだくさんでしたねー。
特にローリーやタラソワ先生、ジョニーの真央談なんかはにんまりホロリ。

2月に入っていよいよソチ五輪開幕まであとわずかとなって、以前ほどフィギュア
情報を詳細にチェックしきれていない私でも緊張感が日に日に高まって
落ち着かなくなってきましたが、不思議とバンクーバーの時ほどの胸の苦しさ
というか、恐怖感みたいなものは少ないような気がします。
テレビでは相変わらず、懲りもせずに需要の無い「ライバル対決」で
空々しく勝手に盛り上がってますが、なんだかそういうものへの怒りも
わいてこなくなってるのが不思議です。

思うことはただ一つ。
修造さんが書いてたように、“自分に期待”している浅田選手がその
期待にこたえ、最高の笑顔を見せてくれること。
スケートの神様に愛された浅田選手なら、できる!!!
ソチに届けー!この思いー!!
頑張れ浅田選手!頑張れチームジャパン!頑張れ正々堂々と戦う本当のアスリート達!

では、横で息子をあやしてくれてる主人から「そろそろ限界」との
コメントをいただきましたので持ち場に戻りたいと思います~。
あ・・・叫び始めた・・・
AD

ハイテンション

テーマ:
(AM9時に記事作成開始)

NHK杯の結果のせいか、はたまた生後4カ月を過ぎたここにきて再び
ここ数日、深夜の授乳間隔がなぜか1時間おきに戻って連日ほぼ徹夜状態な
ためか・・・
朝からずっとハイテンションです。
そして先程からやっと息子が今スヤスヤなのに、徹夜の自分一人が逆に目がさえて
眠れないっていう・・・。
日中、どっかで意識が飛ぶ時間帯がくるんだろなぁー・・・(+_+)

ま、せっかくハイテンションなんだからその時間を無駄にするのもあれなので、
ざざーっとNHK杯の感想を思いつくままに書きだしてみます。ヒャッホイ!ヒーハー!


ペアとダンスはまだ録画を見れてないんですけど、
男子は日本勢ワンツーフィニッシュで嬉しい限りですねー♪
にしても殿のSPのあのスコアが出た瞬間にはどん引き。演技が終わってから点数が
出るまでの殿の喜びに満ちた顔から~の変化が悲し過ぎるし胸が痛すぎでした。
夫よ、それを見ながら息子に、
「みてごらーん、これが努力と成果を無残にふみにじられた人間の表情だよ~。
大人になったらこんな世界が待ってるんだよ~」
とか変な事教え込むのはおやめなさい。

ショックとともに、何かを悟ってしまったような表情にも見えました。
そんな中で本田さんの解説は穏やかにつとめる口調の中にもやりきれない思い
みたいなのが垣間見えましたね。詳細は覚えてないですけど
回転不足がとられてスコアが伸びなかったのは残念だけど、スコア以上の内容
だったと思います、的な。
テレビの解説者としていろんな制限がある中で精いっぱい本心を伝えようと
してくださってたと思います。

でも、これまでメンタル面の弱さで力が出せない織田選手を数々(嫌っちゅうほど)
見てきたので、こんな出来事にも気持ちを折ることなくフリーで素晴らしい演技をし、
自力で2位の座をもぎとってくれてホント良かった!
ウィリアムテルということで、ラストのステップでは私の頭の中でどうしても
ランビエール氏が軽やかに殿の横を並走してきはるんですけどね・・・w

熾烈を極める男子日本代表争い、誰が選ばれ誰が落選しても胸が痛いけど、
個人的にはやっぱり長年日本フィギュアを盛り上げてきて今季で引退表明をしてる
高橋選手と織田選手の2人には特にソチに行ってもらいたいんです。


ムラムラはちょっとまた悔しい結果に。
良いジャンプを持ってるのになかなか本番で最後まで決めきれない、かつての
不安定さがまた戻っちゃってるかな?
フリーをSHOGUNに戻してきたのは良い選択だと思います。海外受けも良いし、
何より男らしく力強い魅力を持つムラムラにピッタリ。
思いっきり上から目線で欲張らせてもらうなら、無良選手の力強い演技にさらに
メリハリというか、キビキビした動きが加わるとPCSでももっと勝負できるように
なってジャンプに対するプレッシャーを軽減できるようになるんじゃないかと
思うので、例えばバレエでもダンスでも何でも良いんですけど、一度徹底的に
専門的なレッスンを受けてみてくれたりなんかしないかなー、とか期待してみたり。
というか既にやってたらゴメンナサイ。いや、ほんまドシロウトの上から発言
すんません。しらたま自重しろ。


そしてそして、スケアメとはまるで別人だった高橋選手。
この短期間でこんなにも技術のズレや心のズレを修正し、ものすごい集中力で
会場中の空気を変える力、これはもうすごいとしか言いようがないですね。
これぞまさにエースと呼ばれるに値する男、ダイスキタカハシの底力。
SPは文句なくシビれた~・・・。
しかも、最近はもはや黒魔術師にしか見えなくなってたモロゾフコーチ(失礼)が
あんなピュアな少女みたいなお顔で涙する姿を見るだなんて・・・。
大輔さん、あんたすごいよ。ほんとすごいよ。

そしてフリーのビートルズメドレーも、ミスはあったけどスケアメの時とは全然違って
高橋選手が現役生活の集大成にこれを選択した意味がすごくよく伝わってきて
涙ジュワワー。
勝手な解釈かもですけど、これまでの高橋選手のスケート生活を振り返り、
激しく情熱的に観客を魅了する高橋選手、ケガや不調で苦悩する高橋選手、
それを乗り越え再び滑る喜びを見つけた高橋選手、ラストはそんな全ての高橋選手を
支えてくれた人達への感謝の気持ち・・・
そんなストーリーが曲が切り替わるごとに次々と繰り広げられてるようで、
The Long & Winding Road では映画のラストシーンを見てるような
胸をギューっとしめつける感動が迫ってきました。
これをソチで滑る姿を見たら、どんだけ泣いちゃうんだろう・・・。
そして今から、常に熱すぎるほどに熱狂的な声援を送り続けてらっしゃる
たくさんのD1SKファンの奥様、いや、お嬢さんたちの燃え尽き症候群が
心配です。


高橋・織田・アボット、の3人が表彰台乗り。なんか清々しいわ~。
私的に、高橋選手と現時点で拮抗した表現力を持ってる現役スケーターはアボット選手
だと思ってる(羽生選手も自分の中ではあと少し!)ので、ここのところ
ジャンプで苦悩してきたアボット選手がここ日本で良い成績を残してくれたのが
嬉しいです♪


次は女子。
鈴木選手はかなり悔しいフリーになっちゃいましたね~。
ルッツが2本ともご機嫌ナナメだったのが痛いですが、今季のショートもフリーも
鈴木選手らしいゴージャスで情熱系な選曲と振付なので今後ジャンプがよりよく仕上がって
きたら彼女の持ち味であるステップでの盛り上がりがさらにすごいことになりそう
で楽しみです。(私的にはショートかフリーのどちらか一つは鈴木選手らしくない
意外なジャンルの選曲、というのも見てみたかったですが、大事な五輪シーズンには
なかなかそういう冒険をして欲しいというのは酷かな・・・?)

特に愛の賛歌のほうは、2Aの着氷のタイミングでクライマックスの壮大なステップが
始まる構成なので全てのジャンプが決まればそれはそれはステキでしょうねー。
採点でいえば、これは鈴木選手も首をかしげてたし彼女に非はないんですけど、
SPのスコアはやりすぎじゃないかなー・・・
こういうのって大盛りされた選手本人がなんとも居心地悪そうで気の毒なので
ホントやめてもらいたいです。
なんかNHK杯は毎年こういうモヤモヤがあるなぁー・・・いや、NHK杯だけじゃ
なくどの大会でもでしたねぇ・・・(-_-;)

宮原選手は本当に立派!
どっからどー見てもシャイでおぼこいお嬢さんなのに、大舞台でもほとんど
ミスをせず練習でやってきたことをそのまま出せるこの度胸。
まだまだ身体が小さいし、体型変化は怖いですけど宮原選手は努力とその職人気質
でしっかり克服して、いつかこの内に秘めた熱いスケートへの気持ちが
表に出せるようになってきたとき大化けするんじゃないか??なんて
期待しちゃいます。
・・・でもその頃の日本フィギュア女子がどんな状況になってるか想像できないなぁ・・・
というか浅田選手のいない競技の世界を想像なんてしたら切なくて涙で前が見えまてん。


で、その浅田選手、
完璧な3Aとはいかずともその一点の曇りもない表情といぜん尽きない向上心を
目の当たりにすれば彼女に対しての心配な気持ちなんてもはやわいてこず。(ジャッジとか
その他外部に対する心配は源泉かけ流し温泉的に湧き放題ですけど。)
ラフマニノフ、あのラストのステップから一気にたたみかけるようにスピードを
あげてのスパイラル~!からのフィニッシュ、JO、スケアメ以上に鳥肌がたちました。
衣装、鐘のJO披露時のやつでしたねー。
あれけっこう好きだったので嬉しかったです♪

でも、デザインは前のほうが気に入ってるけど重かったので今回はこれにした、
とのことなのでまた変わるのかな?今新しいのを作成中なのかも??
あと、フリーで3Aを2回にする発言が出たですってー!!
いや、密かにそんな夢のプランを期待してた自分はいましたけど・・・まだ
実現されるかはこれからの手応え次第だとはいえ、あの慎重な信夫先生も
そのプランに前向きな状況だなんて、、、どこまで浅田選手は
昇り詰めてしまうんでしょうっ!
はふー、はふー、ひ、ひ、ふぅーーーーーー。
いかん、興奮でますます目が冴えてしまう。。。

なんて、この記事を書き始めたのは朝9時だったのに、途中息子が起きたり
大泣き大荒れで昼寝にもつれこんだり(でも私は目が冴えて寝れず)してる間に
現在PM四時半・・・。
結局意識が飛ぶ瞬間は訪れず。
今夜こそ私は眠れるんだろうか・・・

さて、そろそろまた息子がグズり出し、主人の手にはおえなくなりそうなので
ここいらで失礼しまーす。


*前記事にもまたたくさんのコメントありがとうございました!!

生きてます

テーマ:
どうもー。しらたまです!
とか、あれ?なんかブログ書くの久々過ぎてどういうテンションで記事を
これまで書いてたのかわかんなくなっちゃってます(汗)

ともあれ、息子が誕生しましてからあと数日で満4カ月となりましたが
私も息子も、そしてチラーズも元気に毎日生きてます~。
早いもんだ・・・でも、1日1日が必死だったから長かったといえば
長かったなぁ・・・。
そして、今もまだまだ毎日が必死です。そろそろ膝と腰が崩壊しそうです。

$しらたま雑記

体重も順調過ぎるほどに増えムチムチプリン。
頭はいぜん薄毛。
毎日快便&毎回オムツからはみ出る大惨事。
手足の力が強く、授乳のたびに蹴られて母悶絶。
夜になると私以外の抱っこ&寝かしつけは拒否の立派なマザコンぶり。

と、かくも順調に元気いっぱい育っております。
正直体力的にキツくていっぱいいっぱいですが、そのぶん
胸をキュンキュンさせるような笑顔も振りまいてくれるようになったので
膝サポーター巻きながら頑張ってますよー(笑)

と、育児の話題はこのくらいにしまして、
浅田選手ですよ浅田選手ー。
もうスケカナが始まってしまうというのに、頭の中がスケアメモードで
ストップしちゃったままです。

細かい感想を書こうにも、私が書く全ての表現が安っぽく思えてはばかられる
くらい、浅田選手の滑りには凛とした強さと迷いの無さが見えて、
ここにくるまでの道のりを思うと胸にグッとせまるものがありました。
演技面だけじゃなく、インタビューなんかでの言葉選びや口調にも変化が
あったような。
3Aの転倒や体力面の課題なんかもありましたけど、それらに対する不安は
無く、むしろ今後への期待が高まるばかりです。

まだテレビなんかは出来るだけ見せないようにしてる息子にも、
浅田選手の演技の時だけは「真央ちゃんだよ~。キレイだねー。すごいねー。」
と語りかけちゃったりなんかしてる、親バカ兼真央バカでございますw

では、そろそろまた育児に戻らなきゃ。
寝かしつけ成功したけど、いつ起きるかヒヤヒヤだ~あせる

※まだ全ての方にコメントのお返事ができないかもしれませんが
お許しくださいー!