「日本チャイルドセラピー協会」会長

『月嶋真理』のブログです。


「チャイルドセラピー」とは、

子育てをより楽しく幸せなものにするために、

活用できるセラピーの総称です。


協会では、日本中に「チャイルドセラピーの輪」を広げ

子育てを支援するセラピストの養成講座を開講しています!



星チャイルドセラピースペシャリスト養成講座

(日本チャイルドセラピー協会認定 資格講座)

子育て支援にセラピーを活用する専門家を育成します。
通学コース&通信コース生徒募集中です。

日本チャイルドセラピー協会認定の資格を取得できますが、
資格を必要としない方も、ご興味のある講座だけ受講できます。

通学&通信の組み合わせも自由です。


ご興味のある方は、資料をご請求下さい。


詳しくはこちらの記事をご覧ください。

クローバー「アロマテラピー概論」
※アロマテラピーの基礎知識、と子育て支援への活かし方、
子どもと一緒に楽しむアロマテラピーなど。

クローバー「タッチセラピー概論」
※ベビーマッサージを中心とするタッチセラピーの基礎知識、
ベビーマッサージ教室運営の仕方、発達障害児のためのタッチセラピーなど。

クローバー「カラーセラピー概論」
※カラーセラピーの歴史、色彩心理学、色の持つ意味、
カラーセラピーの実践、子育てとカラーセラピーなど。

クローバー「アートセラピー概論」
※アートセラピーの意味と意義、絵画分析法、
子どもと一緒に楽しむアートセラピーなど。

クローバー「フラワーエッセンス概論(1)」
※バッチフラワーレメディの基礎知識、具体的な選び方と活用法など。

クローバー「フラワーエッセンス概論(2)」
※タイプレメディとムードレメディ、
バッチフラワーレメディの子育てへの活かし方など。
※(1)を受講しているか、「バッチ国際教育カリキュラム」で

レベル1を受講していることが条件となります。

リクエストにより、お一人から開講します。
開講可能日時については、こちらを ご参照ください。
6時間の講座は、3時間ずつに分けて受講することができます。

通信コースはいつでもお申し込み可能です。
まず資料をご請求下さい。


星チャイルドセラピーカラーカードについて

チャイルドセラピーカラーカードは
日本チャイルドセラピー協会のオリジナルカードです。

カードは「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」
の教材として開発されましたが、一般の方もご購入いただけます。

虹チャイルドセラピーカラーカードの特長虹

1ボトルを購入しなくても、カラーセラピーができます。
2名刺大のカードなので、バッグの中に入れて、持ち運ぶことができます。
3カラーと言葉によるメッセージの両方を受け取ることができます。
4A5判20ページの小冊子&ミニエッセイ付きです。
5初めての方もすぐにカラーセラピーができます。
61枚カードを引くだけで心を癒し、明日への勇気をもらうことができます。

モニター様のご感想はこちらを ご覧ください。


料金 5,000円(送料500円別途)


星その他生徒募集中の講座


クローバープレママセラピー塾

随時生徒募集中!(通信講座です。)

妊娠中でなくても受講可能です。

「お母さんになりたい!」「お母さんになるかも?」

という方が対象となります。



クローバーベビータッチセラピー教室(ベビーマッサージ)

首が座った頃からハイハイ前の赤ちゃんとお母さんが対象です。

クローバーアロマテラピーアドバイザー養成講座
((社)日本アロマ環境協会の資格認定教室)

クローバーセンセーションカラーセラピスト養成講座


協会併設のセラピーサロンROSEMARY

会員様の心身のケアを目的に開いているサロンです。

(※会員外の方もご利用いただけます。)


施術やコンサルテーションを実施中!

【お問い合わせ先】



現在、ブログ上の「メッセージを送る」からは

メッセージが送れない設定にさせていただいています。

すべてのお問い合わせは、以下のメールからお願いいたします。


info★childtherapy.jp
(お手数ですが、★を@に変えてメールしてください。)



【サロンROSEMARY所在地】



広島市南区出汐(大学病院より徒歩5分)



アメンバー、なう、ピグは

利用しておりませんので、ご了承ください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
April 14, 2014

我が子の入学式に出るために学校を休んだ先生のこと

テーマ:教育と子育てを考える

先日、ちょっと気になったニュース。



我が子の入学式に参加するために

勤務校の入学式を欠席した高校教師のお話。



報道によると

この先生が1年生の担任であったために

波紋が広がっているようですね。



詳しい状況が分からない中で

安易に批判したり、無責任に賛成したりすることは

あんまりしたくないのですが、

個人的な経験と感想のみ書き留めておこうと思います。



最初にこのニュースを聞いた時は

確かにビックリしました。



1年生の担任でありながら

我が子の入学式に出席するために

勤務校の入学式を休むということは、

私の中ではありえないことだったからです。



「どちらを選ぶか?」

という一切の迷いもなく

当然1年生担任の仕事を優先するというのが

私の中での常識だったからです。



1年生担任でなければ

我が子の入学式に出るという選択は

ありうるかもしれない。



私が勤めていた地域では、

始業式の後、在校生を帰してから

入学式を行うというパターンだったので、


1年生以外の担任であれば、

クラスの子どもたちを下校させた後、

我が子の入学式に向かうというケースは

結構ありました。



私の場合は、

我が子の入学式は午前中、

勤務していた院内学級の入学式は午後だったので、

ちょっと慌ただしくはありましたが、

両方の入学式に無事出席することができました。


しかし、しかしですビックリマーク


その日時が

重なってしまった場合はどうするのかはてなマーク


「我が子の入学式があるので、

休みま~~す音譜


というケースは

22年間の教員生活の中で

見たことも聞いたこともないけれど


考えてみると

「1年生担任になった教師は

我が子の入学式よりも

勤務校の入学式を優先しなければならない。」

というルールがあるわけではないんですよね。



教師は年間20日の年休が認められています。

(※繰り越し分も合わせると、40日)



年休として認められている期間であれば、

「○月○日にお休みをいただきます。」

と申請する場合、管理職に対して

いちいち「○○の理由で休みます。」

と言わなければならない義務はないわけです。



その部分だけを考えると

「絶対に勤務校の入学式を優先しろ!」

「休んではいけません!」

と命令されたり


そうしなかったからと言って

罰を受けたりすることはどうなのか?



しかし、現実には、


1年生担任にとっての入学式

6年生担任にとっての卒業式

修学旅行や野外活動、

参観日や研究授業などは

どうしても休めない状況であり、


よほど特別な理由がない限り

教師が学校を休むことはありません。



少しぐらいの体調不良ぐらいで

休むことはありえないし、


親が危篤という知らせを受けても

参観授業だけは終えてから

病院に駆け付けたという先生もいました。

(これについても、賛否両論かもしれないですが…)



だからこそ今回のケースが

注目されているのでしょうし、


そういう意味では

教師自身の良心や責任感に

支えられている部分が大きいということは

言えるかもしれません。



まぁ、どんな仕事であっても

責任を持って仕事をする上で

絶対に休めない状況というのはあるわけですから

それは教師が特別大変というワケではない。



ここで問題になるのは

子どもの入学式が

「よほどの理由」にあたるのかどうかです。



「欠席するのは仕方ないよね。」

と誰もが納得するのは、


教師自身や家族が重い病気または事故に遭うとか

極端な例ですが、火事で自宅が燃えているとか


命に関わるぐらい大きな理由の場合は

さすがにとやかく言う人はいないと思うのですが、

「子どもの入学式」はどうなんでしょうね?



主婦が再就職をする場合、

「子どもの参観日や学校行事に合わせて

休みやすい職場」を求めるというお話を

聞いたことがあるのですが、


教師の場合、

我が子の学校行事への出席は

目標3割という感じかな?


3回に一度、行ければいい方で

その分、大きな節目の式には

出席してやりたいという思いが強いのも理解できます。



だから、年度末に校内人事の希望を出すときは

(※何年生の担任になりたいかという希望調査)


「我が子が新1年生で入学式に出てやりたいので、

できれば、1年生以外の担任をお願いします。」

という希望を校長に伝えたこともありますし、

私以外の他の先生も

ある程度は配慮してもらっていたような気がします。



一つの方法として

我が子が新1年生になると分かっている先生については

1年生担任を外すという選択肢はなかったのでしょうか?



わずか一日のために

そんな配慮をするのはおかしいという意見もあるでしょうが


入学式はたった一日ではあるけれど、

子どもにとっては大切な日だから

出てやりたいと思うのが親心。



一方、入学してくる子どもや親にとっても

入学式は大切な日。


担任教師が第一日目からいないという状況が

不信感や不安を招くことは想像できます。



入学式の担任紹介で

「担任の先生は、

自分の子どもの入学式に行っているので、

今日はお休みです。」

なんてことを言ってしまったら

波紋を呼ぶであろうことは分かっていたはず。


何らかの対策はとれなかったのでしょうか?



この事例を逆手に取るなら


「我が子を大事にする教師こそ

教え子も大切にできるのです。」


という学校としてのスタンスを生徒や保護者に示すことにより

やがては親になる可能性のある生徒たちに

「ワークライフバランス」の意識を高めるための

最適の教材にできる可能性もあったかもしれない。



子どもたちを巡る様々な問題において

「親が忙しすぎて、子育てに無関心である。」

「子どもへの親の愛情が足りない。」

「親は(特に母親は)仕事よりも家庭を優先にすべき。」

と言われることも多いけれど、


教師の場合は

仕事を優先することが当たり前とされ

我が子は後回しになってしまうことが多いということは

教師時代にも痛感させられていました。



この先生の場合、どうだったのかは分かりませんが、

入学式には保護者同伴を

義務付ける学校も多いようですし、

シングルマザーの場合や

父親の協力が得られないケースでは

母親が出ていくしかない状況も考えられますね。



世間一般を対象にした調査によると

今回のケースについては

賛否両論だったとのことで


「教師もまた親であり

子どもの入学式に参加する権利がある。」


という考え方が日本にも

少しずつ浸透しつつあるのかもしれませんね。



「私ならどうする?」

と改めて自分に問いかけたとき、


私ならやっぱり

勤務校の入学式に出るだろうなと思いながら


そうでない選択をした先生に対して

ジャッジすることはやめようと思っています。



いろんな考え方があっていい。

いろんな選択肢があっていい。


今回のケースでは

たまたま我が子の入学式を選択した。


その事実があったというだけのことなのだということ。



入学式はとても大切な一日だけど、

もっと大切なのは、

入学して2日目からの毎日の積み重ねです。



もしも、自分の子どもの担任が

入学式にいなかったとして、


その翌日からの子どもたちとの生活を

心から大切にしてくれるのであれば

それはそれで大きな問題ではないのかも知れないと



我が子を大切に思う気持ちを土台にしながら

教え子への愛情を育んでいく教師は

たくさんいると思う。



日本中のピッカピカの1年生たちが

素敵な先生と出会っていることを

心から願っています……。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

クローバー協会創立6周年キャンペーン 実施中です!

  こちらの記事 をご参照ください。



クローバー「ニュースレター講座」最新号は

「読書セラピー・絵本セラピー」です。


詳しくはこちらから


クローバー予約可能状況について

セラピーや講座のご予約は

こちらをご覧ください。

(※講座もお一人から予約できます。)


クローバー講座情報について

通信でも学べる「チャイルドセラピー」の情報等。


クローバーサロンROSEMARY について

セラピーと講座の会場となるサロンです。


クローバーチャイルドセラピーカラーカードについて

初心者の方も活用できる

「子育て応援カラーカード」です。


クローバーメールマガジンについて


「親も子も幸せになる!

チャイルドセラピーの魔法」を

まぐまぐより発行しています。


ブログ内のフォームに

メールアドレスを記入していただければ

簡単に登録することができます。

(携帯にも対応しています。)



クローバーお問い合わせ先


info★childtherapy.jp

(お手数ですが

★は@に変更し、ご連絡下さい。)



「チャイルドセラピー講座」へのお問い合わせは、

お名前・ご住所・郵便番号・お電話番号を

メールでお知らせください。


折り返し、講座の資料を

発送させていただきます。



こちらのページ からも

お問い合わせが可能です。


PR
April 11, 2014

登校中の児童が事故で亡くなった報道について

テーマ:教育と子育てを考える

登校中の児童が

交通事故で亡くなったという報道を耳にし

しかも、その加害者が中学校教師であることを聞いて

胸を痛めています。



何よりも目の前で我が子の悲惨な事故を

目撃してしまった母親の心中を察すると

辛い思いでいっぱいになります。



この事故の加害者は

もちろんこの中学校教師なのですが、


母である私は

お母さんの気持ちに寄り添う一方で


元教師として

この中学校の先生にも

寄り添わずにはいられない部分もあるのです。



もちろん、起こしてしまったことは

取り返しのつかないことですし

「悪意がなかった。」というだけで

罪が消えるわけではない。



どんなに厳罰を受けても

失われた子どもの命は返ってこないのですから。



ただ、この事故を

一個人の責任だけに終わらせては

いけないのではないか?



事故が起こった時期が新学期であること、


教師が転勤したばかりであること、


片道1時間半もの長距離通勤を

しなければならなかったことなど


様々な条件が絡み合って

起こってしまった事故ではないかと

思わずにはいられないのです。



教師という仕事は重労働です。

(地域差や学校差はあるにしても)



年度末・年度初めは特に忙しい!


これに転勤が加われば

多忙さとストレスは倍増します。



仕事が山積みなら

夜遅くまで仕事をせざるを得なくなるし

睡眠不足にもなってもおかしくない。



私も若い頃には

1時間半かけて通勤していたときもありましたが

通勤に時間がかかるということは

それだけで本当に疲れるのです。



私の場合は電車通勤だったので、

睡魔に襲われたら寝ることもできたけど、

車ではそういうわけにはいかないし、

聞けば、この先生は陸上部の顧問だったとか。



中学・高校の体育会系の部活動は

練習や試合で忙しく、

休日もほとんどない状態であると聞いています。



実際に加害者の先生が

どういう勤務条件だったかについては

想像の域を出ないですし、

事故の原因がはっきりしたわけではないのですが、


いつ事故を起こしてもおかしくない条件を

抱えているというのが

報道から感じた個人的な見解です。



私が教員だった時代から推測しても、

教師たちが抱える勤務状況は

人間らしい生活が楽しめるような状態では

なかったのではないか?



肉体的にも、精神的にも疲労困憊であれば

例えば、運転中に意識が朦朧としてしまったり

睡魔に襲われてしまったりすることも

不思議ではない状況だと感じます。



教員の勤務状況を改善しようとする動きが

全くないわけではないけれど、

遅々として進んでいないのが実情で


できるだけ自宅から通いやすい学校を希望しても

全員が叶えられるわけではないという現実もあり、

(※私自身も体験済みです。)


もし、様々な条件が整っていれば

こんな不幸な事故は起こらなかった可能性も

あるような気がしています。



もちろん、劣悪な勤務条件は教師だけではないし、

教師だけを甘やかすなという風潮も世間ではあるようなのですが


今回の事故を起こしてしまった点にのみ焦点を当てるなら

個人的な責任だけでなく

教師の勤務条件がどうであったかについても

調査が必要なのではないでしょうか?



教育の現場には

「長時間働くことがいい先生」という時代遅れの価値観が

まだはびこっているのではないか?



遅くまで残って仕事をするのが当たり前

持ち帰り仕事のために真夜中まで仕事をするのも当たり前

部活を担当していれば、休日がないのも当たり前


そんな状況の中で

車で一時間半の通勤が当たり前に要求されることは

教師一個人だけの問題ではないと私は考えています。



教師が人間らしい教育をするには

教師自身が人間らしい生活していることが

最低条件であると思います。



この論理は、

お母さんがよりよい子育てをするには

お母さん自身が幸せであることが大事という

「チャイルドセラピー」の理念にもつながっていくもの。



そして、社会全体で「ブラック企業」なるものが

問題になっている現状を考えたとき、


すべての人が人間らしく幸せであるために

国家レベルで労働条件の見直しが

必要になるのではないか?



そんなことも考えてしまいます。



人間は失敗する生き物なのです。



繰り返される不幸な交通事故を考えたとき、

その失敗を最小限にする努力を

一人一人の過失を超えたところで

国全体で実現していく必要が

あるのではないかということを痛感させられた事故でした。




最後になりましたが

亡くなられたお子さんのご冥福を心からお祈りしています。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

クローバー協会創立6周年キャンペーン 実施中です!

  こちらの記事 をご参照ください。



クローバー「ニュースレター講座」最新号は

「読書セラピー・絵本セラピー」です。


詳しくはこちらから


クローバー予約可能状況について

セラピーや講座のご予約は

こちらをご覧ください。

(※講座もお一人から予約できます。)


クローバー講座情報について

通信でも学べる「チャイルドセラピー」の情報等。


クローバーサロンROSEMARY について

セラピーと講座の会場となるサロンです。


クローバーチャイルドセラピーカラーカードについて

初心者の方も活用できる

「子育て応援カラーカード」です。


クローバーメールマガジンについて


「親も子も幸せになる!

チャイルドセラピーの魔法」を

まぐまぐより発行しています。


ブログ内のフォームに

メールアドレスを記入していただければ

簡単に登録することができます。

(携帯にも対応しています。)



クローバーお問い合わせ先


info★childtherapy.jp

(お手数ですが

★は@に変更し、ご連絡下さい。)



「チャイルドセラピー講座」へのお問い合わせは、

お名前・ご住所・郵便番号・お電話番号を

メールでお知らせください。


折り返し、講座の資料を

発送させていただきます。



こちらのページ からも

お問い合わせが可能です。


April 11, 2014

講座予定カレンダー(2014.4.11 21時現在)

テーマ:講座開催予定について

クローバー講座最新情報クローバー


現在、講座開講リクエストを受け付け中です。

日時のリクエストについては、

予約可能状況 をご参照ください。

(※最新情報は、こちらのページ をご参照ください。)


通信講座は、お申込みの都度、開講が可能です。




クローバーチャイルドセラピースペシャリスト養成講座クローバー

「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」は

子育て支援とセラピーの専門家として

認められる協会認定の資格講座です。


取得単位数によって、

「チャイルドセラピーアドバイザー」

(チャイルドセラピースペシャリスト レベル1)

「チャイルドセラピーコンサルタント」

(チャイルドセラピースペシャリスト レベル2)

「チャイルドセラピーインストラクター」

(チャイルドセラピースペシャリスト レベル3)

の資格が取得できます。


資格を希望しない方も、お好きな講座を受講できます。


通信コース、通学コースのどちらかをお選びください。

(組み合わせての受講も可能ですので、ご相談ください。)


ご興味のある方は、講座資料をご請求下さい。


講座名と料金については、下記をご覧ください。


(以下「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」

として開講していますが、資格を必要としない方も、

ご興味のある講座を自由に受講することができます。)


【基礎講座】

「チャイルドセラピー概論」(全3時間)

「チャイルドセラピー心理学」(全3時間)

「特別支援教育とチャイルドセラピー」(全3時間)

「チャイルドセラピーコンサルテーション」(全3時間)


【専門講座】「アロマテラピー概論」(全6時間)


「タッチセラピー概論」(全6時間)

「カラーセラピー概論」(全6時間)

「アートセラピー概論」(全6時間)

「フラワーエッセンス概論(1)」(全6時間)

「フラワーエッセンス概論(2)」(全6時間)



3時間の講座は受講料6,000円、

6時間の講座は、11,000円となります。

  

予約可能状況から

希望日をリクエストしていただくこともできます。


リクエスト可能な日時については

こちらのページ をご参照ください。


6時間の講座は、3時間ずつに分けて

リクエストしていただくことも可能です。


(ご希望の一週間前までに

希望日時をご連絡下さい。)


遠方の方は、通信講座もありますので、

講座要項をご請求下さい。


講座要項は、通学コース、通信コース共通です。


詳しくは、日本チャイルドセラピー協会サイト

を参考にされるか、要項をご請求ください。





クローバーベビータッチセラピーアドバイザー養成講座クローバー



6時間で「ベビータッチセラピーアドバイザー」

の資格取得が可能です。(認定証付き)


※「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」

  の「タッチセラピー概論」の単位取得が

  同時にできます。


※締切は、前日の午前中です。


※通信講座での受講も可能です。


受講料 11,000円


(※資格を希望される場合は、

原稿用紙5枚以上の論文提出と

論文審査料+資格認定料として

別途5,000円が必要となります。

今後の資格認定について

更新料は一切必要ありません。


ただし、基礎講座(4講座)の単位を

すべて取得されている場合は、

論文審査は免除され、

資格認定料1,000円のみで

資格が認定されます。)



クローバーチャイルドアロマテラピーアドバイザー養成講座クローバー



6時間で「チャイルドアロマテラピーアドバイザー」

の資格取得が可能です。(認定証付き)


※「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」

  の「アロマテラピー概論」の単位取得が

  同時にできます。


※締切は、前日の午前中です。


※通信講座での受講も可能です。


受講料 11,000円


(※資格を希望される場合は、

原稿用紙5枚以上の論文提出と

論文審査料+資格認定料として

別途5,000円が必要となります。

今後の資格認定について

更新料は一切必要ありません。


ただし、基礎講座(4講座)の単位を

すべて取得されている場合は、

論文審査は免除され、

資格認定料1,000円のみで

資格が認定されます。)



クローバーチャイルドカラーセラピスト養成講座



「チャイルドセラピーカラーカード」を使って

子育て支援にカラーセラピーを活用する方法を

学びます。


「カラーセラピー概論」の受講で

日本チャイルドセラピー協会認定

「チャイルドカラーセラピー資格」を

取得することができます。(認定証付)


受講料 11,000円+教材費5,000円= 合計16,000円


※資格を希望される場合は、

原稿用紙5枚以上の論文提出と

論文審査料+資格認定料として

別途5,000円が必要となります。


今後の資格認定について

更新料は一切必要ありません。


※基礎講座(4講座)の単位を

先に取得されている場合は、

論文審査は免除され、

資格認定料1,000円のみで

資格が認定されます。


※教材は、「チャイルドセラピーカラーカード」

 (別途5,000円)です。

 

 すでにお持ちの方はお申し出ください。


※通信講座でのご受講も可能です。


こちらの記事 もご参照ください。





クローバーチャイルドアートセラピスト養成講座


阪神大震災では、多くの子どもたちが

絵を描くことで心を癒したそうです。


カラーセラピーとアートセラピーを通して

子どもの心をケアする方法を学びます。


「カラーセラピー概論」「アートセラピー概論」


以上の2講座で

日本チャイルドセラピー協会認定

「チャイルドアートセラピー資格」を

取得することができます。(認定証付)


受講料 22,000円+教材費5,000円= 合計 27,000円


※資格を希望される場合は、

原稿用紙5枚以上の論文提出と

論文審査料+資格認定料として

別途5,000円が必要となります。


今後の資格認定について

更新料は一切必要ありません。


※基礎講座(4講座)の単位を

先に取得されている場合は、

論文審査は免除され、

資格認定料1,000円のみで

資格が認定されます。



※教材は、「チャイルドセラピーカラーカード」

 (別途5,000円)です。

 

 すでにお持ちの方はお申し出ください。


※通信講座でのご受講も可能です。


こちらの記事 もご参照ください。



クローバーフラワーエッセンスセラピスト養成講座クローバー


バッチフラワーレメディの基本を学び、

子育てや子育て支援に活用することを

目的とした講座です。


「フラワーエッセンス概論(1)」

「フラワーエッセンス概論(2)」


以上の2講座で

日本チャイルドセラピー協会認定

「フラワーエッセンスセラピスト資格」を

取得することができます。(認定証付)




※資格を希望される場合は、

原稿用紙5枚以上の論文提出と

論文審査料+資格認定料として

別途5,000円が必要となります。


今後の資格認定について

更新料は一切必要ありません。


ただし、基礎講座(4講座)の単位を

すべて取得されている場合は、

論文審査は免除され、

資格認定料1,000円のみで

資格が認定されます。


※通信講座でのご受講も可能です。


こちらの記事 もご参照ください。







クローバー日本チャイルドセラピー協会勉強会クローバー


「ニュースレター講座」として、開講いたします。


10月18日発行のニュースレター講座は、

「プレママセラピー塾 エッセイ編」が

テーマになっています。


詳しくは、こちらの記事 をご参照ください。




クローバープレママセラピー塾」通信講座開講!クローバー


プレママさん対象のトータルセラピーの通信講座です。


妊娠・出産・育児に役立つセラピーを学ぶのは、

出産前が理想的なタイミングです!!


妊娠前の方や独身の方も、大歓迎です!


最後に課題を提出して下さった方には、

修了証をお渡しします。



【主な内容】


 *「タッチセラピーを学ぼう!」

 *「バッチフラワーレメディを学ぼう!」

 *「カラーセラピーを学ぼう!」

 *「アートセラピーを学ぼう!」

 *「シュタイナー教育を学ぼう!」

 *「子育て数秘術を学ぼう!」

 *「子育て占星術を学ぼう!」

 *「アロマテラピーを学ぼう!」

 *「絵本セラピー・読書セラピーを学ぼう!」



随時生徒募集中!


定価12,960円となります。

(送料等1,000円が別途必要となります。)


要項やパンフレットなどは

特に用意しておりませんので、


「プレママセラピー塾」についての情報は

以下のブログ内でご確認ください。


seesaaブログ

「幸せな子育てのためのプレママセラピー塾」



クローバーアロマテラピー検定対応講座クローバー


(社)日本アロマ環境協会の認定教室です。



アロマ検定にも完全対応しています。


アロマテラピー&カラーセラピーサロンROSEMARY

開講いたします。)


アロマについて専門的に学びたい方、

アロマ検定の受検や

資格取得を目指されている方は、

お問い合わせください。


ご都合のよい時間に

マンツーマンからのレッスンが可能です。


「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」で

「アロマテラピー概論」を受講された方の

ステップアップ講座としても受講していただけます。


詳しくは、サロンROSEMARYのHP をご覧ください。


※リクエストは、初回講座開講希望日の2週間前までに

 ご連絡下さい。



クローバーセンセーションカラーセラピスト養成講座


カラーセラピスト&ティーチャーの資格が

12時間で取得できます。


ご都合のよい時間に

マンツーマンからのレッスンが可能です。

(6時間×2回、3時間×4回、2時間×6回など

ご都合のよい形をリクエストして下さい。)


「チャイルドセラピースペシャリスト養成講座」で

「カラーセラピー概論」を受講された方の

ステップアップ講座としても受講していただきます。


詳しくは、サロンROSEMARYのHP をご覧ください。


※リクエストは、初回講座開講希望日の2週間前までに

 ご連絡下さい。


星お問い合わせ・お申込み先星


info★childtherapy.jp

(★は@に変更してメールしてください。)


すべてのお問い合わせは、上記アドレスよりお願いします。


こちらのフォーム も利用していただけます。


星講座の会場星


アロマテラピー&カラーセラピーサロンROSEMARY

(広島市南区出汐)


お申込み時に詳しい場所をお知らせします。


最寄りのバス停などについては、

こちらも ご参照ください。


分かりにくいことがありましたら

お気軽にお問い合わせください。



※開講予定の講座締切は、いずれも前日の午前中です。


※新たな日時をリクエストされる方は、

 準備や連絡等の都合上、

 希望日の一週間前までにご連絡下さい。


(「アロマテラピーアドバイザー養成講座」と

「センセーションカラーセラピスト養成講座」は

二週間前までにご連絡下さい。)

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>