『チャイルドドクター・ジャパン』

アフリカで医療支援活動するNPOチャイルドドクター・ジャパンのブログです。

NEW !
テーマ:
経理の横山です。
先日自分の家族と共に、皆さんにご支援頂いているニャンブラちゃんの家を訪問しました。

ケニアでは、お母さんになった女性に対し○○ちゃんのママ、という呼称を使う習慣があるのですが、ニャンブラちゃんのお母さんも以下ママニャンブラと呼ばせていただきます。

ニャンブラちゃんは8歳、脳性まひの慢性疾患を持っていますがここ一年ほど体調が良くありません。
今年の新年が明けてすぐ、チャイドククリニックでぐったりとしたニャンブラちゃんを抱えたママニャンブラの姿を見ました。

それからすぐにニャンブラちゃんはケニヤッタ国立病院へ入院しました。
入院中に、チャイドクスタッフのメンバー2人とお見舞いに訪れましたが、高熱でぐったりと眠っているニャンブラちゃんを見て、ただ病気の回復を祈ることしかできない自分がいました。

お祈りをすることしかできませんでしたが、ケニヤッタ病院の病室で皆でニャンブラちゃんを囲みお祈りした際、自分たちのそばに「神様」がいてくださったように感じました。
ニャンブラちゃんはその後4ヶ月入院し、回復が見られなかったためゲートルーズ小児病院へ転院、そこでも数週間入院しました。

今回の訪問は、ゲートルーズ小児病院を退院後のニャンブラちゃんに会いました。
ケニヤッタ病院ではぐったりと眠ったまま、こちらの声にも反応できないほど弱っていたニャンブラちゃんでしたが、訪問時には握手をするとしっかりと握って、「ニャンブラー、ニャンブラー、サーサ!」と挨拶をするとにっこりと笑うニャンブラちゃんの姿がありました。

足もよく動かし、以前より活発さも見られました。
ただ、痙攣は相変わらず頻繁で日中の痙攣は減りましたが夜間の痙攣は相変わらず多いとのことでした。 ママニャンブラが食事の与え方も見せてくれました。
食事は胃ろうと言って、胃に穴をあけチューブを通し食事を与えるのですが容易ではありません。
摂取できるものも限定されていてお粥、牛乳、ほうれん草を液状にしたもの等を3時間毎に与えているそうです。
プラスチック注射器のような容器にを吸引し、50mlほどの量を4,5回に分けてチューブに通し与えていました。その際、容器に空気が入らないよう、慎重に確認してからチューブへ流します。空気があると胃の中にそのまま入ってしまうからです。

飲み物も口にすることができません。のどを詰まらせてしまうと呼吸困難となるので危険です。
ママニャンブラはとても強い女性です。体も丈夫で、何よりも心にパワーがあります。
ケニヤッタ病院では病院で寝泊りし、夜中の痙攣にも付き添い、家と病院の往復が4ヶ月続きました。
そして周りの人にも愛情深い女性です。



家を訪れた際に、ママニャンブラとの会話の中で「チャイドクはどうですか?」と尋ねた際、ママニャンブラからは「チャイルドドクターには心から感謝している。感謝以外に何もありません。」との返事でした。

「2年前にチャイルドドクターに助けを求めてやってきた際、私たち家族はとても困窮していたの。ニャンブラにセラピーを受けさせるお金もなくなり、家の中のものを売りさえもした。そのような中、チャイルドドクターに出会ったの。チャイルドドクターは本当に素晴らしい。チャイルドドクターの存在がなかったら、今ニャンブラはここにいなかったことでしょう。」

「薬代も毎月多額の費用がかかるけれど、それもチャイルドドクターが出してくれている。それがどれだけ助けになっているか。」
ママニャンブラの言葉を聞きながら、隣でキョロキョロと目を動かし私たちの会話を聞いているような素振りのニャンブラちゃんを見ながら、チャイルドドクターの活動がどれだけ意義のある、価値のある活動を行っているかを感じました。

そしてチャイルドドクターの活動は日本の支援者さんのお気持ちがあって成り立っています。
ニャンブラちゃんは支援者の方に支えて頂いている一人の子で、ほかにも同じように、日本の支援者の皆さんに支えていただいている多くの命があります。

今日のこのレポートを通し、皆さんからのご支援が一つ一つの家族にこんなにも影響を与えているということを少しでも感じていただけたなら私も嬉しいです。

横山
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ルーベンセンター小学校4年生のボニーくん
先天性の奇形のため両脚がありません。
学校には、スラムのでこぼこ道を学校から寄贈された車いすで通っています。

昨年から、アクロバティック部に入り、放課後週に2回の練習をしています。
ボニーくんは見る見る頭角を現し、現在では学校のみんなのヒーローとなりました!


ケニアでは、ハンディキャップのある人は道端で物乞いをして生活をしている人が多く、
ボニーくんのようなハンディキャップを乗り越えられる道を探すことができたらいいなと思います。

スタッフ グレース






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



『ポケモンGO』をケニアでプレイをしてみたら。
ということで、アプリをダウンロードしてみました!

まず外国人は外を歩いているだけで襲われる可能性があるので歩くときはポケットに身を守る為の現金を入れ、手ぶらで歩きます。
スマートフォンは特に狙われるので町中では極力画面を見ないようにしています。

路上に車を停めると警察官からの嫌がらせや、犯罪に巻き込まれる可能性があるので駐車できません。
ショッピングモールに多くのポケモンが出現するそうですが、人が集まる場所でのアルシャバーブ系テロの可能性があるのでゆっくりしていられません。

ケニアでポケモン狩りはなかなか難しいようです・・・

ちなみに、チャイルドドクターのスタッフにポケモンGOに関してインタビューをしてみましたが、プレイをしている人はゼロでした。大学生のキャロラインの弟だけが、学生友達とショッピングモールまで行って、遊んでいるようです。

大人は時間がないので、ゲームには興味がないそうです。
また、ナイロビではWifiが繋がるスポットは、少々値の張るコーヒーショップ等なので、アクセスするのも難しいようです。またUPデートしますね。

塚原
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高校に通いだし2学期目の終盤を迎えているカシオカくん。
寄宿学校に入っているので、クリニックに診察やお薬を受け取りに来る回数が減ったのですが、時々顔を出す度に痩せていくのが目に見えました。

昨年7月の記事

医師によると、今まではネフローゼ症候群のため、むくみや、ステロイドの影響でかなりふっくりとしていましたが、健康状態は良いとのこと。
ですが、沢山のお薬を服用していますので、寄宿所での食生活の改善お願いの手紙を書きました。

学校側は医師からの手紙だけでは、承諾をしてくれなかったので、今回、クリニックの責任者のルフィンとスタッフのレミー、それから奨学金を出してくださっているKESTESの皆さんと共に学校訪問を行い、カシオカくんの病気の説明に行きました。

ケニアの寄宿学校では、主に豆とトウモロコシを煮た「ギゼリ」や「ウガリ」が多く、栄養価に関してはほぼ考えられていません。

カシオカくんだけの特別メニューにしてもらうことはとても難しいことですが、時々下記の食材を使ってもらえるようにお話をしてきました。特別メニューの予算に関してはKESTESさんからのご協力をいただきます。

・鶏肉 ・ニンニク ・卵 ・唐辛子 ・カリフラワー ・りんご ・オリーブオイル



レミーとルフィンとカシオカくん
ルフィンはチャイドクの子ども達のお婆ちゃんのように、
支援しているチャイルド一人ひとりと話をし、お世話をしてくれています。



左から
カシオカくんのお父さん
KESTESのさやかさん(協力隊の任期を終え、帰国されます)
担当スタッフのレミーとクリニック責任者のルフィンです。


カシオカくんのクラスの様子です。
担任の先生からのお話では、カシオカくんはクラスで上位の成績、
とても礼儀の正しい生徒だそうです。

塚原
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


女の子たちが遊んでいるのは「コラ」と言うゲームです。

ルールは日本で昔流行った「チェーリング」と似ていて、
駒である自分の石を上に投げている間に輪の中の石を掴み取ります。
一番石を集めた人が勝ちです。

女の子たちは学校の休み時間に夢中になって遊んでいますよ。

スタッフ グレースより


こちらがチェーリング。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。