かもめ食堂とめがねのような暮らし。

北欧雑貨・作家ものの器・読書・お散歩・かもめ食堂やめがねにパンとスープとネコ日和にしあわせのパンとすいかが好き。
毎日を穏やかに丁寧に暮らしています。

NEW !
テーマ:

今日は穏やかな冬晴れ。

娘も息子も仕事。

いつものようにたくさんのお洗濯と7LDKすべての部屋をお掃除して

手の治療に行ってきました。

このところ毎日お買い物以外で出かけて忙しくしています。

手を休める暇がないほど忙しい。

明日は父のところに行って母のお墓参りなどしてきます。

 

先日、米満麻子さんの色絵レモンの木飯椀が届きました。

 

image

 

今まで東屋のお茶碗を使っていた娘のものをあたらしく米満麻子さんのレモンの木にしました。

このシリーズは好きでお皿とか何枚も持っています。

 

現代の食卓に馴染む常食器を作る「九谷青窯」から、米満麻子(よねみつあさこ)さんがつくる「色絵レモンの木」のシリーズです。

洋の雰囲気も楽しめる可愛らしいデザインです。

 

 

 


こちらも愛用していますが使い勝手の良い大きさです。

 

 

 

小皿も愛用していますが今はどこにもないようです。

 

 
それからボタニストも届きました。
 
image
 
先月買ったシリーズも良かったのですが次に使うのは以前使っていたものにしようと思って再度購入です。
 
image
 
image
 
ウインタースペシャルセットはもう販売終了です。
 
 
今回購入したものはこちらから買えます。

 

 

 

 

それから馬路村農協http://www.yuzu.or.jp/からいつものごっくん馬路村とゆずぽん酢、ゆずこしょう、ぱっと馬路村届が届きました。
 
image
 
今年も来年のカレンダーをいただきました。
 
image
 
今夜は「先に生まれただけの僕」を観たり
木皿泉劇場「散歩」http://www4.nhk.or.jp/P4679/を観たり
宮下奈都さんの「緑の庭で寝ころんで」を読んだりしてして過ごします。
 
image
 
 

ふるさと福井で、北海道の大自然の中で、のびやかに成長する三人の子どもたち。
その姿を作家として、母親として見つめ、
あたたかく瑞々しい筆致で紡いだ「緑の庭の子どもたち」(月刊情報誌「fu」連載)
4年分を完全収録。
ほかに、読書日記、自作解説ほか、宮下ワールドの原風景を味わえるエッセイ61編、
掌編小説や音楽劇原作など、単行本初収録の創作5編も収載。

本屋大賞『羊と鋼の森』誕生前夜から受賞へ。
そしてその後も変りなくつづく、愛する家族とのかけがえのない日々。
著者充実の4年間のあゆみを堪能できる、宝箱のようなエッセイ集! 

地元の新聞社が月に一度発行する情報誌『fu』に、
二〇一三年からエッセイを連載してきた。
「緑の庭の子どもたち」という、子どもたちがテーマの文章だ。
本になるとは思っていなかったので、ずいぶんリラックスして書いている。
寝ころんで読んでもらえるくらいでちょうどいいなと思う。
読んでくれた方の夢も、きっといつのまにか叶っているに違いない。
これはしあわせのエッセイ集なのだ。 (「まえがき」より)

【本書の目次】
●まえがき

●一章 緑の庭の子どもたち 2013-2015
●大きな鳥(音楽劇原作)

●二章 日々のこと(暮らしの気づき、身辺の出来事)
●リトルピアニスト(音楽劇原作)

●三章 本のことなど(書評、本にまつわる文章)
● 左オーライ(掌編小説)

●四章 自作について(2014年以降に発表した作品の自著解説)
●椿(テレビ番組のための書き下ろし)

●五章 羊と鋼と本屋大賞 (『羊と鋼の森』執筆背景〜本屋大賞受賞まで)

●六章 緑の庭の子どもたち 2015-2017
●いまだよ(Nコン2017小学校の部 課題曲)

 

 

 

 

今日も読んでくださってありがとうございました。

明日も素敵な一日をお過ごしください。

 

良かったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 雑貨ブログ 北欧雑貨へ
にほんブログ村

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。