秋山のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

格差と経済成長はトレードオフにあるという主張がある。クズネッツによる理論であり、正しいのだと盲信している人間も少なからずいる。最近、むしろ逆の相関にあるのではないかという、実証研究に基づく主張が増えており、それは正しいが、調べてみればトレードオフはクズネッツの主張ではない。クズネッツの逆U字仮説を検証する上で、そのような相関が(途上国において)出たという話がひとり歩きしているのである。

 

クズネッツの観察によって導かれた逆U字仮説であるが、所得格差とは何なのかという視点が弱すぎる。農村から都市に人が移動して、農業より工業の方が多少賃金が高くても、労働者間の賃金の差はたかが知れているのである。所得格差とは雇用者と被雇用者の差だ。技術が進歩し、生産能力が上昇すれば、雇用者は取り分を多くするチャンスである。上昇分が適切に被雇用者に分け与えられることは稀であろう。特に技術の流入という形での生産性の向上なら、この傾向はより強くなる。ようするに途上国において観察されたのは、技術の流入という交絡因子によっておこったことである。

本来格差は生産を抑制するものである。供給面から見れば、下層の労働者の家庭の教育レベルを下げるという問題がじわじわ効いてくるだろう。それよりも需要面、有効需要の問題が大きい。高所得層は大部分を消費に当てたりせずに、貯蓄に励むため、需要が足りなくなり、生産は縮小され、当然生産のための設備投資もおこなわれなくなる。すなわち経済成長はおこらなくなる。途上国がそれでも成長したのは、とにかく増産部分を輸出して海外に買ってもらったため、国民の収入増はあまり関係がなかったからだろう。

 

経済成長は、技術の進歩、技術の流入によっておこるものである。格差の増大は、生産能力の増大によっておこることがある。格差の増大は、経済成長を抑制する。これがこの件に関するそれぞれの関係である。(格差の拡大によって経済成長がおこることはない)

 

ちょっと蛇足。

トレードオフという話がさらに暴走して、トリクルダウンという話に繋がったらしいが、これはさらに暴論である。成功例が探されたようだが、どれもトリクルダウンによって成功したわけではない。

中国は先富政策をうたっていたが、成功の理由は外国からの技術流入で全て説明がつくだろう。

高度成長期の日本の成長が著しかった理由は、労働者への十分な配分と、強力な再分配がおこなわれたからである。一部の経済学者が言っているような、経済成長が格差を是正したわけでも、ましてやトリクルダウンが上手くいったわけでもない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回はこの本。

 

実証が重要であるというのが、このブログの主張の一つである。現時点で経済学において実証がどれだけ重要視されているか知るというのが、この本を手にとった理由だ。読んだ結果は、なかなか面白い内容があった。それらを取り上げて考察してみようと思う。

 

経済学においても現在実証が尊重される傾向にあるのは確かなようだ。アメリカ経済学会の学会長が2016年の基調講演でP13『エビデンス(科学的証拠)に基づいた経済学を構築すべきだとしている』。これはまさに正しい方向性であり、医学においてはその十年以上前に提唱され、常識化した内容を、経済学もやっと認め取り入れようとしているということだ。

 

最も面白かったのが、P52『「誘導型推定」v.s.「構造推定」』である。どちらがより信頼性のある手法か2010年に大論争になったという。構造推定といえば、安田洋祐氏が2007年に実証研究の手法として猛威を振るっていると書いている。やり方は、まずP53『一般性のある経済理論に依拠して、経済主体の行動を仮説から演繹的にモデル化する』。その後、「経済主体の最適化問題を解いてモデル内のパラメータを推定する」といった方法だ。別のページだが、『パラメターの値が推定できれば、理論モデルで現実を描写するのに必要なすべてを得たことに』なると考えられているようだ。これはおかしい。ここで一般性があると言われている経済理論の多くが、エビデンスによる裏付けのないものである(しばしば誤りである証拠すらある)。定式化にしても、その構造が適切なのかも分からないものだろう。私の考えた異論は、論争の火付け役であるアングリストとピスケ(誘導型推定派)も同じことを考えたようで、P54『理論仮説が検証されることはきわめてまれである』『パラメトリックな定式化も、理論的な裏付けを欠いたその場しのぎ(ad hoc)である』と主張している。これに対して、構造推定派も反論している。しかしながら構造推定が正しいことを示すのではなくて、誘導型推定(自然実験などで因果関係を証明するもの)の問題点をあげることに注力している。構造推定をおこなう人間も、その指摘がなくてもP32『多くの限界』があることは理解しつつ使用しているので、そんなものかもしれない。

この論争後に関しても記述がある。当然のことながら、誘導型推定が優勢になっているようである。しかし筆者は、あくまでも両方とも正しいツールであるという前提に立って、その後の発展などについて記述している。その内容は私には情緒的な主張にしかみえない。構造推定が大きな改善を得て、実用的になる日が来る可能性もある。しかし、そのためには依拠する経済理論が一つ一つエビデンスで証明される必要があるだろう。そして構造推定で出した答えが、ある程度現実と一致することが確認されてのみ、この手法は市民権を得られる(ざっと調べた限りでは、そのような痕跡はない)。それまでは決して肯定しなのが、科学的には当然のことである。

 

話は変わって、ルーカス批判の話題もあった。ルーカス批判をうけて、DSGEモデルやVARモデルでの分析がおこなわれたことを説明している。ルーカス批判も、DSGEモデルも、VARモデルも以前考察したことがある。しかし経済学におけるエビデンス重視の傾向を示すこの本を読んで、また別の視点のルーカス批判の批判を思いついた。

政策の変更を受けて国民が行動を変えると考えるのは当然である。しかしその影響が取るに足らないものである可能性も十分にある。ルーカスはケインズ経済学の手法の確実に存在する弱点を説明しただけで、それがどの程度のものなのか証明していない。現実で影響があったというエビデンスを示したわけではない。逆に言えば、国民の意識や行動の変容がどの程度の影響があるのかは、たいへんな作業になりそうだが調べることができるだろう。

 

まとめ。

経済学がエビデンスを重視しだしたのは、たいへんよい傾向である。

今後、様々な理論の現実での検証がおこなわれ、誤りであることが分かった理論は廃棄され、証明された正しい理論が安心して使えるようになることを望む。

残念ながら現在も、証明されていないモデルで、政策を評価するなどのことがおこなわれている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アマゾンKindleでまたタダの本を読んだ。2冊である。一つは「経済物理学の発見」高安秀樹氏の著作で、もう一つが「経済古典は役に立つ」竹中平蔵氏の著作である。

 

「経済物理学の発見」は、前半に書かれた内容に関しては、大いに納得できる内容であり、たいへん勉強になった。経済物理学とは、『物理学の手法と概念を活用して、データに基づいて実証的に現実の経済現象に立ち向かう』新しい分野だそうだ。特に印象に残ったのは、債券市場おける『売買取引には微小な誤差を拡大するカオスのしくみが内在しており、需要と供給が釣り合って市場の価格が安定することはありえない』という話で、主流派経済学で常識とされていた原理が誤りであることを、綺麗に証明している。そして当初から経済学を科学にするために私が主張していることと同じことを書いている。観察される事実を何より優先するのが重要であるということだ。『「理論は正しくて、間違っているのは現実だ」という論理を固持することは科学者であることを辞めること』という表現はまさに同感である。

残念なのは後半部分である。貨幣とは何かということを理解できていないために、間違っている。企業の収益の推移をみて、成長を論じているが、ナンセンスだ。アマゾンのレビューでも、後半部分に対する批判がいくつかある。その通りだ。

 

「経済古典は役に立つ」という本は、古典と言われる経済学者の理論をアダム・スミスから順に説明しているものだ。事実関係においては大凡(ピグーの主張をケインズの主張だと間違えているところがあった)正しく、分かり易くもあり、その辺りは評価できる。ところが説明においては、新古典派的な考え方が所々見られた。そこが問題である。

そこに出てくる各経済学者が言っていることは、その時の状況に対処するための理論で、大凡正しいという主張がなされている。従って状況が変われば適応しないが、彼らの発言は従うべき真理という扱いだ。ノーベル賞をとった等の権威付けも盛んにおこなわれている。

データによる裏付けや、何故そうなるのか正しい機序の説明なしに、権威のある人物の発言だからという理由で、定理であるかのように考えるのは、科学的思考とは正反対のものであるが、その罠に気付かずに鵜呑みにしてしまう人も少なくないかもしれない。

 

この2冊の本は、実に対照的であった。前者は正しい科学的な方法論に則りながら、経済に関する全般的な知識が足りない。後者は経済全般に関する知識は実に豊富ながら、科学的とは対照的な方法論をとっている。なかなか実行は難しいが、両方ともそろって初めて正解にたどり着けるものであることは、一般的に理解できることであろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。