テーマ:

 

いいお天気なので、思い立って井の頭公園へ行ってみました。毎度おなじみの妹を連れて、というより連れられて、ですね。

まだ枯木ばっかりじゃー。桜が咲くとどっと人が押し寄せるらしいけど、今日はちょうど具合のいい人数。
空いてるベンチがあちこちに散らばっている。ベンチが多い公園って好き。私はすぐくたびれるから。

池に向かってある、日当たりのいいベンチを選んで座る。シャーシャーという噴水の音が心地よい。鴨が3、4羽、暇そうに浮いている。鴨から見たら、反対に暇そうな人間だなあと思っているかもしれない。
なんだろう? あれは。杭か? 鳥か? 目をこらすと、杭にとまっている鳥だった。何の鳥だろう? えらそうに胸をはっている。カワセミのような姿だけど? カワセミはもっときれいな色をしているはず。

まあ何でもいいや、と池のまわりを見渡すと、まだ寒々しい枯木ばかり。こういう景色も渋くていいかも、と思いつつ伸びをしたら、枯木たちも空で伸びをしていた。
もう枯木じゃないのかも。枝枝がじわじわとつやっぽくなっているではないの。特に桜の木は、もうぶつぶつつぶやきはじめている。


何かちらつくと思ったら、隣りに座っている妹の、手の指が閉じたり開いたりしている。何それ?
「ハイクよ、ハイク考えてるの」「お姉さん、何かいいハイクできた?」
ハイクー、そんなもん全く考えてないよ。ただぼーっと景色を見て気持ちよくなっているだけ。
「そうなの? それじゃ私ががんばって作ってみるから」
とまた、指を折ったり開いたり、ウームとうなったりしている。

俳句では、その場で10句くらい作らねばならない吟行というのがあるけれど、私はどこの結社にも入ってないし、句会に出ることもないので、全く気ままに俳句を作っている。
素晴らしい景色に出会ったときは、ぼーっと見とれている。何にも考えない。ぼーっつ、ぼーっつ、ただぼーっと見ているだけ。


ベンチから立ち上がってしばらく歩いていったら、前方に桃色が…あっ、梅の花だ。一か所、梅林のように梅の木ばかりが数十本あって、今を盛りと桃色や白い花を咲かせている。
梅の木のかたちって面白いのね。何だかおばあさんが杖ついているみたい。

あっ鳥、と思ったら、若草色のメジロが梅の花の蜜を吸いに来ている。あっちにもこっちにも、花に首をつっこんでいるのもいる。
桃色の花に若草色のメジロ、春がもうそこまで来ているんだなー、と思う。

そういえば、梅の花って春の季語ですものね。梅に鶯っていうけれど、鶯はもう少し後に来る鳥じゃないかな。
前に住んでいた家に桜があって、桜の花が咲くころ、よく鶯が来てびっくりするようなきれいな声で鳴いていたもの。

ああ、いい日でした。今夜はぼーっと眠れるかな。
 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「みつはしちかこ日記」 の記事

テーマ:

 

あー、もー〆切りだー、大変だー、と目の前にクロッキーノートを広げているのだけれど、なかなかアイデアが決まらず、友だちに手紙を書きまくったり、熱心にトイレ掃除をし始めたり。
そういえば学生時代も、試験の前日などほじくるように掃除してたなーと、思い出してます。

若いときは徹夜なぞして一気に描き上げられていたけれど、もう年寄りなんですから、そーゆーことはできないのですから、長い日数をかけて、少しずつでもアイデアを出して、下描きをしておかねばならないのです。分かっているけど、〆切り間際にならないと始動しない。

私は何様? マンガ家ですよ、マンガ家。
好きなことを仕事にできている幸せに感謝しつつ、全精力を使って〆切りに向かいなさいっ!
 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

私の友人が骨折した。
エスカレーターから降りるとき、振り返って下で見送ってくれている別の友人に手を振った。一瞬、足元がお留守になり、エスカレーターの吸い込み口に突っかかって転倒し、足の骨を折った。
大事には至らなかったけど、何か月も足にコルセットを巻いて、大変だったとか。

それを聞いて、以後、私は人と別れるとき、振り向かないようにしている。
また、友人たちにもこのことを話して、「別れ際は決して振り向かないように、私も振り向かないから」と言っている。

ま、女性の多くは、明日会う人にも、別れるときは長々と別れを惜しむんですよね。振り返って、相手の姿が消えるまでペコペコおじぎをし合って。
あれは丁寧で美しい習慣のように思われますが、とても危ないのです。足元がお留守になるし、他の人の邪魔にもなるし、迷惑で危険な行為なのです。

「そういうことで、別れるときはお互い振り向いちゃだめよ」と、私はあちこちで念を入れて言い含めているのです。
別れるときはパッといさぎよく、あとはわが道をスタスタと行きましょう。


また、別の友人Uさんは腰椎骨折で胸にコルセットをして、1年間も痛くて不自由な暮らしを強いられていたそうな。
Uさんは、一緒に並んで歩いていた近所の人が転びかけ、とっさに手を差し伸べて二人一緒に転倒してしまった、ということ。
助けたUさんが下になって倒れてしまったので、Uさんは腰の骨を折り、転んだ隣人は無事だったとのこと。

Uさんはとても優しく世話好きな人で、倒れかけている隣人をとっさに助けようとしたのでしょう。
でも私だって、隣の人が転んだら、とっさに手を差し出すだろうと思いますが。

年をとったらわが身第一と、非情になりましょう。まず自分が転ばないように気をつけることですね。
このごろ友人との電話を切るときは、「お互い風邪をひかないように、転ばないようにね」と言い合うようになりました。
 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース