大阪のフットケアのお店ブログ。

ドイツ式フットケアサロン大阪
北浜、淀屋橋より徒歩3分!感動の連続!!
『足のトラブル専門店』


テーマ:
大阪 淀屋橋 北浜 本町 ドイツ式フットケアサロン &台湾式リフレクソロジーサロン
PediBaseのモチですカナヘイうさぎ
 
 
私は、たぶん少し変わっていて(笑)
人の足裏をお手入れするのが大好きですポイント
 
 
一般的に数少ない、比較的変わったタイプの仕事なので、
初めてのご来店のお客様によく質問されます。
 
『私がなぜこの仕事をしているのか。』ネタヨッ
 
 
 
 
まぁ私は、ここにたどり着くまで色んなストーリーがあってしているのですが
とりあえず皆さんのたっぷり溜まった爪垢とか、ガタガタの爪をまっすぐ綺麗に整えるのが好きなんです。
 
 
だって先端が揃うとすごーく気持ちいいものドキドキ(私も)
(しかも私の担当するお客様は私好みの足になりますぺたキラキラココも!
 
 
それに、どっと疲れて疲れ果てている時に、私のことを思い出してくださって
痛~い足つぼを受けに来てくださることは、とてもとても嬉しいのですドキドキ
我慢すればするほど身体が楽になる事が約束されているというか・・・・
 
 
もう痛い思いした自分へのプレゼントな訳ですけど・・・プレゼント
 
 
 
 
なので、私は素手で皆様の足裏に触れることも全く嫌なことではなくて
楽しんでお仕事させていただいてるのですが、たまーにあるのです。
 
こんなことが↓
 
 
 
 
 
 
先日、男性のお客様で
 
『角質を何とかしたい』ということでご来店いただきました。
 
拝見するとすぐ白癬(はくせん、水虫さん)だなとわかり。。。
 
 
 
『皮膚科に行かれた事はありますか?』
 
 
と確認すると、一年前に行って白癬の薬を頂いてたとのこと。
 
 
 
その後いつ病院に行ったか確認すると、
 
 
『たまーに薬をもらいに行ったり・・・・へへへ
 
こんなんですみません。。。』
 
 
と仰って、最後まで行ききってないので、それが原因だと理解されてる様子。
 
 
う~ん。。。
 
 
それって私は、問題ないですが、結果お客様が不快なだけだと思うのです。
 
 
改善したいのに中途半端な動き方。
 
 
もちろん、私も好きな仕事とはいえ、ひどい白癬だと分かってお手入れするのは気持ちの良いものではありません。
 
お手入れしても、薬を飲まない(塗らない)と治らないと分かっていながら、仕事をするのも気持ちの良いものではありません。
 
 
『自分の足裏はなぜこんなボロボロなのか分からないから聞きたい!』
 
 
という方は全然オッケーです。むしろ、皆さん相談にお越し頂きたいですOK
 
 
異常に心配性な方も居られますしね。それは、大丈夫OKとお伝えしたいです。
 
 
 
白癬は、他人にも移る可能性がありますしね。
 
 
だってカビだもんビックリ
 
 
臭いもするし。
 
 
 
病院で薬をもらって飲めば、2ヶ月くらいで綺麗になるので簡単ビックリマーク
 
 
その更に次のステップで、もっと美しくなりたい!運気を上げたい!魚の目の痛みを何とかしたい!という様な意識の高い方は、ドイツ式フットケアを継続して楽しんでいただきたいと思うのです。
 
 
いくら綺麗にしても、カビの力には勝てません涙
 
 
お手入れもすぐ意味がなくなってしまいます。
 
(強烈に痛いけど、毎日ご自身で足つぼをすることで改善させ方法もあるですが、労力と時間が掛かります)
 
 
時間もお金も頂く訳なので
最大限に一回一回の効果を実感いただきたいので、どうかどうか同時進行で皮膚科にも行ってくださ~いびっくり
 
 
 
というのが水虫さんに思うこと。でございますニコ
 
image
 
 
 
PediBase.....0662260212.....黒電話
 
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。