ご報告

テーマ:

この度は私事で沢山の方に不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございませんでした。
特にカメラマンの皆様には悪影響を与えてしまったこと、まず深くお詫び申し上げます。
そして、これまで写真を見続けてくださったファンの皆様、このような事態となり失望させたことと思います。ご期待に反してしまい誠に申し訳ございません。

私の不徳により世間をお騒がせしてしまいました。
当分の間、撮影活動及びSNS等の更新を自粛させて頂きます。
何も報告しないままというわけにもいかないと考え、今回に限り近況をご報告させて頂きたく更新致しました。

既に非常に多くのものを失っており、事の重大さを痛感しております。
申し訳ございませんでした。

それでは失礼致します。

*最後に私事ですが。現在ご連絡に対して返信できないでおりますので、この場をお借りしてご連絡致します。
このような状況にも関わらず、私を励まし、支えようとしてくださっている方達への感謝と御恩は生涯忘れません。
御恩を受けた皆様へ、時間は掛かるかと思いますが僕に出来ることをお返していくことを生きる望みにできればと考えています。


 

AD

私は、この度池田愛さんの撮影において、以下のようにご当人に大変不快な思いを与えました。
まず、ご本人がこのように感じたという事実については弁明の余地もなく、池田愛さんにはまずもって深く謝罪させて頂きたく思います。大変申し訳ございませんでした。

http://matomesbdybk.tumblr.com/post/120011479913/kakizakihiroshi

 

しかしながら、池田愛さんの主張において、私の方ではまったく承服しかねる内容でございました。
これまで風評があっても基本的には受け流す対応を取ってまいりましたが、種々の活動をしている立場上ここで正式にご意見申し上げたく思います。

まず冷静に当日の流れを記します。

1. 10:30頃、最寄駅で待ち合わせ池田愛(以下モデル)の自宅に向かう
2. モデル自宅内で撮影14:00頃まで撮影
3. ロケ撮影のため外で撮影。これが今回のテーマ撮影。(途中でバッテリーが切れる)
4. モデル自宅で充電させて頂く17:00頃
5. ここでセクハラにあったというモデルの主張
6. その後モデルと二人で友人の個展を見に行く(ここでたくさんの人と会ってます)19:00頃まで
7. 近場で簡単な撮影19:30頃
8. 秋葉原の居酒屋で打ち上げ 23:00頃?明確ではないです


以上のように、セクハラがあったという主張の後も随分長い時間一緒にいたことは明白だという事実はご承知ください。
また、モデル本人と仲良くしていたことは6番の個展会場にいた人が目撃しています。
さらに、撮影は既に終了した上で打ち上げにも行っております。
(時間については写真のタイムスタンプを確認して報告しています)
客観的な証拠として、写真もありますのでこれは掲載しましょう。

 


つづきまして当日以降の出来事をまとめます。

9. 私がTwitterを使って写真をアップする。撮影が楽しかったこと、池田愛が素敵なモデルであったことをtwitterで適時呟く(ほかのモデルでも同様の対応)
10. モデルはそれらのツイートをリツイートしている(削除済)
11. 数日後外で撮影したメインの作品をアップしたところモデルより、ある事情でこの写真は取り下げて欲しいとの連絡が来る
(事情については本人の活動に支障が出るとのことなので、私は理由を聞いているし公開したい気持ちも山々ですがここでは伏せます。しかしこのような事態に陥ったのは、モデル側に原因があることはモデル本人が認めています←同様の理由でこれも敢えて行為会しませんがLINEで会話が残っています)
12. 全力で今回のテーマに取り組んだにも関わらず、主たる作品を利用不可と言われたため、私は非常に憤慨したがモデル本人の主張のためしぶしぶ承諾
13. 着地点として今回の一連の写真を私が利用しないという趣旨で確認を取り、その上でその他の作品についてもモデル本人にも利用しないで欲しいという趣旨を申し上げた(私も冷静ではなかったので、突き放す様な言い方をしました)
14. 13の対応後、モデルがセクハラにあったという被害報告をする

以上がこれまでの経緯です。
Twitter等でやり取りを目撃している人もいるはずですので、私のミスがなければ事実に反している部分はないと思います。

 

さて、セクハラ行為についてやったやらないという水掛け論を展開したところで結論は出るわけもなく、またこれについて私から客観的な証拠を提示して否定することは不本意ながら何も出来ません。
私は事実無根と主張しますが、結局は被害者(と主張する)側の意見ばかり通るので、ここでは事実の有無についての不毛な議論は差し控えます。

しかし、上述の経緯をご承知頂いた上で、もう一度セクハラされたという趣旨を見直していただきたい。

>私が寝ぼけている間に腕枕を無理やりされていた驚きで目が覚めてすぐ起き上がり離れました。密室という事もあり何か言うと怖いのでその後は何事もなかったように過ごしました。

密室で怖かったから何事もなかったようにしたというのは、心情的に十分理解できる主張だと思いますが、セクハラをされ、ネットで晒すほどの絶大な嫌悪感を持つ相手と引き続き撮影を行い、撮影と関係ない個展を見に行き、更には夜遅くまで呑みに行くものでしょうか?


私としては、13の対応がモデルの自尊心を傷つけたため、カメラマン個人名を晒した上での被害報告という行動をとらせたたように捉えていますが、これはあくまで私の私見ですのでこれ以上の主張は控えます。


以上が今回の件の事の流れと、偏っているかもしれませんが私から意見です。


最後になりますが、私はモデルの頭を撫でる事を良くします。
撮影終了後、健闘をたたえて強く握手したり、仲がいい場合はハグしあうこともあります。

こういった行為が一部の人間にとっては不快であることは承知しておりましたが、決して下心ではなく、たたえ合う意味合いで実行しておりました。
しかしそれはあくまで私の私見であり、今後は誤解を避ける止めこういった行為はさし控えるべきであると深く反省しました。

そして、不快感を与えたというモデルの主張に対しては、もう一度、改めて心からお詫び申し上げさせて頂きます。申し訳ございませんでした。


■最後に■
このようにネットを使って特定の人を証拠なく攻撃するという行為はいかがなものでしょうか?
今回の件、このように私が弁明したところで基本的に私が100%加害者、モデルが100%被害者という形になると思います。なぜならたいていの人は被害者(とされる人)の意見しか聴かないことが多いし、被害者の主張ばかりが拡散されます。

また、これに乗じて事実無根のことを重ねて評判を落とそうとする人の被害にも合うでしょう。

今後これらの事情によって、ギャラリーや写真教室の運営が滞るとなれば流石に法的措置に出たいところですが、冷静になれば私側に十分な物的証拠があるわけでもなく、状況証拠しかありませんから名誉毀損でどこまで行けるか疑わしいものです。

一方的に私が不利益を被る事になるのかと思うと、この拡散の時代の闇でもあると感じざるを得ません。
愚痴ですね。すみません。


以上、この報告を持ってこの件に関する私の意見の全てとさせて頂きます。
(細々と対応すると煽られて嫌なので)

最後までご精読頂いた皆様には、感謝につきます。

AD

生きるってこと

テーマ:
今日は高井つき奈さんの撮影をしました。
とても素敵な人で、作品に残したいって思える人。

生きるってのは、選択していく事。
そんなことを考えながら。
 
AD
人を知るときに、言葉だけに頼ってはいけないと思う。
人を知るときに、外見だけを信じてはいけないと思う。
人を知るときに、振る舞いに騙されてはいけないと思う。

素敵な人は隠すから。
でも隠しても、滲み出るものがあるでしょ。
それを知って撮ればいいと思ってる。


 


できれば、ランキングのポチも。

いや、できればでいいんですが。。。

↓両方、1日1クリックしていただけると、このブログの順位が上がります↓

人気ブログランキング-人物写真ランキング  ←クリックお願いします

日本ブログ村-人物写真-ランキング  ←できればこちらも。クリックお願いします<

お久しぶりでございます。
蛎崎です。

TwitterとFacebookの気軽さとレスポンスの良さにすっかり魅了されて、あっち側の住人になっていた僕ですが、ゆっくりと思いをしたためられるblogの素敵さに今更ながら心震え帰ってきました。

ソロモンよ!私は帰ってきた!!←無視して下さい




はい。
というわけで、TwitterではちらほらUPしてるんですけどね、どんどん流れちゃってもったいないので、これまでに撮った写真をこちらで再度UPしていこうと、そう考えたわけです。

写真はたんまりたまっているので、気が向いたらお付き合いいただければ幸いです。

はい。
なので、ランキングボタンなんかも復活してみたりして。
コツコツやっていこうとおもいます。
よろしくね!

佐藤椿 
一発目は佐藤椿の写真でした。
最近とても仲良くしている、もはや娘のような存在です。




コメント、感想お気軽に。。。



できれば、ランキングのポチも。

いや、できればでいいんですが。。。

↓両方、1日1クリックしていただけると、このブログの順位が上がります↓

人気ブログランキング-人物写真ランキング  ←クリックお願いします

日本ブログ村-人物写真-ランキング  ←できればこちらも。クリックお願いします<

あまりに急な告知ですが。
明日12日の17:30~18:30、原宿にて大切な人の撮り方というトークショーを行います。
ココハナというチャリティーイベントの一環として参加させて頂きます。

ナマダ写真を使って、僕の写真の撮り方をアレコレを惜しみなく吐き出そうと思います。


写真が行き詰まっている人。
新しい価値観を見出したい人。
蛎崎の写真の撮り方に興味がある人。

なんとか台風も留まってくれそうなので是非是非ご来場ください。
写真集の販売なんかもします。

当日券もOKですが、予約頂くと確実です。
ぜひ。
ぜひ。


予約はこちら。
http://kokohana12.exblog.jp/





僕が主催しています東京写真教室Photons***。
盛況につき、2014年もビギナーコース受講生(第三期生)を募集致します。

詳しくはリニューアルしたHPをチェックしてください!
東京写真教室Photons***

女子。今年女子の申し込みが男子に負けてるので。
ぜひ女子にもっと参加して欲しい!3期生になって、切磋琢磨しようぜ!

受講生の声
スタッフ紹介


そして、Photons***受講生のグループ展colors of lifeが9月2日より3週間に渡って開催されます。
ひとまずビギナーコースのHPがわかりやすいのでリンク→ここ

そして、僕の孤独の花も3週にわたって展示致します。
孤独の花のHPは→ここ


ばたばたどーんな感じですが。
とにかく女子待ってます。女子、Photonsに来てください。優遇します。
男子はきっとかってにきてくれr(ry


モデル:菖蒲理乃

 




写真集買っていますか?

テーマ:
下の写真は、我が家の中央に鎮座するカップボード。ここが僕の写真集専用シェルフです。
多忙を理由に荒れに荒れてしまった部屋を片付けがてら、今日、シェルフの中身も入れ替えました。

本当はもっともっとたくさん持っているのですが、キリがないのでシェルフに乗せられる分だけ、外に置いておくことにしています。


ところで皆さん写真集を買っていますか?
まだ買ったことないよっって人は、写真集って高いなって感じると思います。
ぼくも最初買う時は、ためらいましたから。
1冊2000~3000円するのザラだし、丁度ためらうくらいの価格ですよね。

ところで僕のシェルフに並んでる写真集の右側は、海外の写真集なんだけど、ピンキリですが海外のものは4000~8000円がザラで、高いものだと5万くらいしたりします。
ほら、国産の写真集が安く思えてくるでしょ?ふしぎだよねw


さて、昔話。
写真を撮り始めた当初、写真について他人の影響を受けたくないっていう理由でぼくは写真集を買うことをしませんでした。まぁ、今にして思えば井の中の蛙ってやつですよ。かわいいもんです。

でも、とある写真家さんに「カッキーならこの辺の写真集を読んでみたらどう?」って、ニューカラーというジャンルの写真集を勧められたんですね。
もともと写真集には強い関心がなかったのですが、尊敬する人の勧めでもあったので、ひとまず購入。そしたらね、目からウロコですよ。

「あぁ、そうか。これが写真か。」ってね。
ポートレートばっかり撮っていた僕ですが、その頃色々感じていた違和感がすっと解消されてしました。あっさりですよ。僕の悩みってなんだったんだろう。


先人の写真を見るっていうのは、とても意味が有ることだと思います。
時代とともに変わるものはなにか?
変わらないものはなにか?

自分が問い続けた答えって、実は何十年も前にわかっていたことじゃないのか?
最先端のフォトグラファーは何を撮っているのか?

写真が好きという人は、カメラやレンズを買うのにお金を惜しまない人が多いと思います。
(カメラでリボ払い始めると悲惨になるからやめようね!)
そういう人は是非、レンズ一本我慢して写真集を買ってみてはいかがでしょうか?

写真を撮ること、写真を見せること、写真をまとめること、写真で伝えること。
何を撮るか、どう撮るか、何故撮るか。
たくさんのことが学べます。


そして、これが特に大事なんだけどね。

写真集はとても面白い。


最初は写真集の読み方が分からなくて苦労すると思います。
だけどね、写真集の読み方が分かるようになってくると写真集の価値が分かるようになる。

写真集の読み方を勉強したいっていう人は、僕の写真教室の2年生の講義で詳しく取り上げます。
簡易版をセミナーやってもいいかもなぁなんて思ったり。


とりとめなくなってきたので、今日はここまで。
でわでわでわ。



僕にはとても尊敬するカメラマンがいます。
小林幹幸さんという方で、写真好きな人はご存知かもしれません。
なかでも少し青みがかった清々しい写真が有名で、とても人気があります。
小林幹幸HP
最近ですと、2014年2月に渋谷パルコで行われたインフィニティ vs展に行かれた方もいらっしゃるかもしれません。


僕は、幹幸さんの写真は崇拝するくらい大好きで、いつも写真を見ては凄すぎて打ちのめされます。


何もかもすごいので、幹幸さんの写真を説明するのには「凄すぎる」という表現が僕にとっては一番しっくりくるのですが、今日はblogなので読者の皆さんにも伝わるように、あえて僕が一番感じる部分を言語化してみようと思います。
ただし、あまりに主観的な僕の感想になってしまうので、あくまで1つの意見という感じで生暖かく聞いてあげてください。


でね、僕が幹幸さんの写真の一番すごいと感じる部分は、写真の中にある音です。


は?って思うかもしれませんが、幹幸さんの写真には音が感じられるんです。
それは、音が聞こえるくらいリアリティーがある写真とかそういうことじゃなくて、写真の中の世界からメロディーを感じるんです。人物写真であっても、風景の写真であっても共通していて、とても心地良く心の中に響いてきます。

写真毎に流れる音は色々あるけれど、そのメロディーによって写真の世界観に一気に引きずり込まれて、その世界に埋もれてしまうんです。そして、幹幸さんの写真の中に溢れる音は、どれもとても美しく、洗練されていて、それでいて厚みがある。
気持ちいいだけじゃなくて、濃い。
それがまた本当に凄いんです。
だから写真を見終わったあとも、しばらく余韻に浸れるし、また見たいって思っちゃうんです。

もちろん、その他のテクニックやら構図やらテーマやらもう何もかもが、とんでもなくすごいわけで、ちゃんと説明しようと思うと、けっきょく、すごいって言葉に収束しちゃううんでここまでにしときます。

とまぁ、感覚的な話になってしまい申し訳ないんですが、僕がガチで皆さんにオススメしたいカメラマンさんなんだなぁという、ガチな思いは伝わったかなと思います。




で。
その幹幸さんが使っていた愛機があるんですよ。
色々なカメラを使われるんですが、かなり使った愛機。
PENTAXの645Dです。

ここ見るとよくわかります。
PENTAX 645D
*ちなみに、このリンク先ページの下にプロフィールがあって、とんでもない人だってわかります。

昨今645Zが発売され、そこにも携わっていらっしゃるのでRICHOから作例が見られます。
DLもできます。僕は内緒で壁紙にしています。
RICHO645Z作例



↓↓ここから自慢話なので、お時間に余裕がある人、心に余裕がある人どうぞ↓↓


実は僕、中判デジタルが欲しいなーと思っていたんですが、さすがに645Zは買えない。
(レンズ合わせたら100万いっちゃう)
なので、645DいいかもなーなんてTwitterでつぶやいたところ・・・

ちょうど幹幸さんが645Zに移行するということで、645Dを手放すというタイミングだったらしく、安く譲ろうか?というご提案を頂きまして。
たしか夜中の2時くらいだったと思うんですが、飛びつきましたw

僕にとっては、憧れの幹幸さんの使っていたカメラ。
相場より高くても欲しいくらいなのに、非常に状態のいいものをだいぶ底値な感じで譲っていただき・・・
まぁ、詳細は伏せますが受け取りの日には沢山のサプライズ頂きました。

僕はカメラは道具だって思うタイプで、めちゃくちゃ丁寧に扱ったりはしません。
写真を生み出すために、どんどん使いたいように使えばいいと思っています。

ただ、道具とはいえ想いは宿ると思っているし、それが作品に影響を与えるとは思っています。自分にとって特別な存在にはなり得る道具だと思っています。

幹幸さんが使っていたカメラを引き継げるということは、僕にとってはとても意味のあることです。
これから、このカメラを使ってどんな作品を生み出せるのか。


それが楽しみで仕方ありません。




っていう、長い長い自慢話なんです。
はい、すみません。

ほんと嬉しかったのです。




ストラップも頂いて、ちゃっかりサインも頂きました。