リングサイドで野次を聞いた ~独善的ボクシング論

マニアの隠れ家を目指します。
船橋ホストの情弱さん、お断り。

NEW !
テーマ:

日本ユースの設立や他地域王座の認定を呼び掛けるなど、ファンのニーズとかけ離れたところに行ってるワタナベ体制ですが、言うなればC級~A級のタイトル獲得以前の選手への補填の意味が強い様に見えます。好意的に観れば、どこのジムも自分のところのホープに箔を付けたいものでしょうしね。

ただ、本当にフォローアップが必要なのは、ある程度上り詰めた選手に対してでないかなあと思います。例えば日本とか東洋を獲得して王座防衛を重ねて返上した後。

階級によっては世界挑戦への算段が組めたりするでしょうが、それが適わないケースもあります。中~重量級だと無為にキャリアを浪費するだけで先方からのお声がかかるのを待つだけの場合もありますし、テーマ無く試合を積み重ねるだけなのは勿体無い。

例えば加藤善孝や天笠 尚。金子大樹等は先が見えにくい状況で試合をこなしてたりする様に見えます。加藤以外は世界挑戦までしたのですから、ある程度の達成感は得られてるのかもしれませんが、ここから巻き返しを狙う上での展望が見えていない。そして、これは選手だけでは無理であり、所属ジムの力によっては階級的に難しいこともあるので、ここらへんを上手くフォローアップさせられる様な制度が出来ればなとは思います。

大竹秀典や帝里木下は陣営の思惑が色濃いマッチメイクを続けてる様に見えるのでまた話は別になるのかも知れませんが。

 

帝拳では亀海や三浦が海外で上手くテーマのあるた戦いを出来る環境にあり、後は本人の実力次第の部分まで環境を整えられてます。しかし、これも帝拳だから出来るのかも知れません。何よりも一度海外での世界戦で敗れた小原に今後の展望が見えて来ないし、日本王座を返上した岡田も首尾よく次のステージへ進めるのかを考えると不安になります。

そして亀海も含めて、小原、岡田の3人がSライト~Sウエルターという世界的に層の厚い階級へ風穴をあける可能性を感じさせてくれるだけに業界で飼い殺しにしてしまうことになるのを憂慮します。

関西圏で粛々と防衛を重ねてる中谷や野中にも次のステージを用意してやるべきですし、こういう選手達の海外進出等のフォローアップを行うのは一ジムの責任でなく業界全体でやれればと思うのですが、せせこましく小銭稼ぎのために無駄なベルトを量産してる現状では無理なのでしょうか。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ボクシング」 の記事

テーマ:

かってミニマム擁護論をぶった身としては肩身が狭い状態が続いてます。

歴史が浅いにも関わらず、国内外で多くの名王者を輩出してきたのですが、最近の凋落っぷりは目に余りますね、もともと海外ではアジアや中南米偏重であったのですが、最近は自国の選手同士でタイトルマッチを組むことも多くなり、ベルトが他国に流出しにくくなってるのも不活発化の一因ではないかと思います。

何故、こんなことになったのか?ま、思い当たる節はいくつかのあるのですが。

例えばアジア諸国に関しては

①韓国の衰退

日本、タイと並ぶアジア主要のボクシング大国も今は昔。かってライトフライでも張正九や柳明佑などの名王者を輩出したかの国はミニマム(ストロー)でも5度防衛の記録を持つ金奉準、ライトフライ級も交えて二階級制覇した崔漸煥、崔熙壙などが出てきて活況を呈していました。かっての列強の衰退があきらかに層の薄さを促進させてしまったのは残念。

 

②タイや日本での同国人同士の世界戦開催の増加

世界と名前がつけば何でもいいというお手ごろ感から、この階級に目を付けて、後は海外流出の危険性を極力排除したマッチメイクに終始してるのがこの二国の現状でしょうか。タイではワンヘン、ノックアウト、日本では高山ががっちりと握って不活発化を促進してます。

高山の試合などは世界戦という括りで見なければ、国内での後輩相手のハードマッチメイクとも捕えられるだけにイメージ・ダウンは勿体無いのですがね。あれを世界タイトルマッチと認めてしまう現状が哀しい。

正当に手順を踏んでるのは福原だけですかね。山中や加納もあわよくばという陣営の思惑が見え過ぎて応援する気にはなれません。

 

外的要因に関しては、80年代と比較すると、青年の平均体格が向上してきたこともあげられるのではないかと思います。以前は先進国と後進国の経済格差から来る食糧事情や環境面等の問題から(当然、遺伝などの影響もあるでしょうが)平均体格に差が付いていましたが、近年はこの差が縮まってきている印象を受けます。我が国においても180~190cmの背丈の方をごく日常的に観る機会が増えてきています。

今ある階級を廃止するのは現実的ではないですし、何よりもロペスやこの時代のロマゴンなどの名王者の活躍が歴史に埋没して忘れ去られてしまうのが怖い。ならば、再び価値を見いだせる様な環境を整えて欲しいなと思います。

 

     

 

     

 

     

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
全選手の入場です!!!
 
               
 
UWFというのは書き手のセンスが問われる題材です。
格闘技ファンからすると疑似格闘技に他ならないとなるし、プロレス・ファンからはあれはプロレスとは言えないと揶揄される。特に格闘技寄りのマスコミに書かせると単なる事実(=悪口)の羅列に終始する人も多い。一部で再評価されてる格闘技探検隊もその私怨丸出しで幼稚な文体からは本当に格闘技を観戦者の立場から良くしていこうという思いは感じられなかった。その思いは今も変わらない。
解答が出た今の時代にUWFを振り返ると、羊頭狗肉の部分はあったかも知れない。しかし、あの時代にUWFがあればこそ、格闘技は食べていくことが出来る様になったし、プロレスは十年以上、強さの幻想を維持出来たりもしたわけで、この事実は変わらない。
そして、前田も髙田も引退し、船木や鈴木ですら、総合格闘技とリンクしなくなった現代において、UWFは過去の遺物として忘却されようとしています。そこに独自の観点で光を当てたからこそ「1984年のUWF」はあの時代に青春を過ごしたものの熱意を呼び起こしたところは確かにあるだろう。
しかし・・・佐山視点というのは確かに新しい視点だが、彼がやりたかったのはUWFでなく、修斗だったはず。だから、スーパー・タイガーはアッサリとリングから消えたのだ。だから佐山はUWFの功績など求めていない。その後もリングに上がり続けてUWFを見せていたのは他ならぬ前田達。だから前田は今回、批判の矢面に立たされる。それがUWFの功罪ではないか。
敢えて言えば1986年の前田日明はその功罪を背負っていく覚悟が見えていたからこそ、魅力があった。あの年の前田をリアル体験したからこそ、何を言われ、書かれても自分の中の前田像はまったく持って揺るがない。
書籍による事実の羅列はあの時代の空気を再現してるとは言えない。だからこそ、「1984年のUWF」は自分には片手落ち感が強い。
 
~閑話休題~
 
時代は代わり、誰もUの魂を継ぐものがいなくなったかに思われたが、唯一、Uに拘った存在として田村潔司の存在は外せない。オープンフィンガーよりも掌底、ストップ・ドント・ムーブよりもロープ・エスケープ、ポジショニングでなく回転体、そして脚先にはレガーズ。心の中には小太刀。
新生UWFでデビューして団体解散、そして参加したUインターでは最初は自分の思想にブレは無かったはず。団体の序列はあるものの、練習を重ねて強く、魅せれる選手になることだけを考えてれば良かったのが1992年まで。普段と違う試合で強さを見せつけるために行ったマシュー・サー・モハメッドとの格闘技戦もあくまでも自分のための箔付けで行ったシュートでした。北尾の参戦も上の人達が対応していて他人事ではあったわけだし。
 
しかし、No.2という立場では団体運営の中で関わらなくてはいけない部分も出てきた。
ベイダーの参戦、一億円トーナメントの開催。練習で培ってきたことを披露出来ない試合が増えてきた。93年という年は国内ではパンクラスが旗揚げし、海外ではUFCが産声を上げていた。安生が道場破りに失敗し、団体のイメージが失墜する。93~94年にかけての田村は危機感があったはずだ。
そして1995年の田村潔司はUWFを背負いつつも実験をリング上で繰り返す。
①垣原との2連戦
②オブライトとの2連戦
③新日本との対抗戦出場拒否→K1でのパトスミとのアルティメット戦
 
         
 
 
田村が目指したのはパンクラスなのかと言われたが、それは違う。例えば垣原との1戦目(95年2月18日NK)はパンクラスのリングで行われても遜色無いものだったが、本人が志向したのは2戦目(95年7月28日博多)の方だ。
持ち味を潰さずに道場で培った技術の攻防を魅せるよりリアルに近づくUWF。純度100%のリアルでないが、それはリアルなものを凌駕するリアリティを指すのではないかと思う。
練習してるものは上に上がり、してないものは下に下がる。コンテストでありながら、お客さんを満足させて家路に付かせるものではなかったか。
しかし、それは上の選手がシュートそのものでないにしろ、安穏としていられないことを意味する。リングの行いで問いかけそのものがよりシュートに迫ってくるからだ。
失うものが無い若い選手は田村を支持したのも当然だろう。このときの傾倒が深い程に後の溝も埋まらなかったりする弊害も出たのだが、そうヤマケンのときみたいに。
しかし、外人は田村に懐疑的だった。それがオブライトとの2戦に当たる。
こんな試合やってられないと顔面殴ったり、膠着したり、試合後に椅子を投げた1戦目。
あっさりと技の途中でギブアップして呆気なさしか残さなかった2戦目。
オブライトは垣原と違い、田村にNOを付きつけた。そして全日本へ移籍する。
 
新日本プロレスとの対抗戦も素手によるVTも本意とするところではなかったはずだが、よりUWFに近いものとして後者を選択した田村のセンスは危うくも鋭い。そして、パトリック・スミスとの対戦で生き残ったことで更に田村は悩んでいくようになる。
時代はVTからMMA、素手の拳からオープン・フィンガー・グローブへ。
リングスもKOKもPRIDEやDREAMも本当にやりたいことでは無かったのかも知れない。
U-STYLEでさえも所詮は箱庭にしか過ぎなかった。やりたい舞台がないことで、20年以上経った今も田村は悩み続けている様に見える。
しかし、1995年の実験を切り抜けてきたからこそ、UWFを背負うことが許されるのかも知れない。
 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
アムナットがキックの試合で那須川天心と戦い、4RでKO負け。大方の予想通りでした。
ただ、以前に魔娑斗がK1で行ったvsボクサー戦で見せたローキック主体の戦いでなく、パンチで倒してのものですからキックの試合であるものの、これは天心のポテンシャルを褒めるべきでしょう。
ムエタイの試合をチューンナップで行ってるとはいえ、当たり前に異種の試合を行い、予想通りに負けても「明日があるさ」とばかりに笑顔を見せるタイ人にはある種の強さも感じます。いや、皮肉でなくてね。
出生のときからwiki記載通りであればアムナットは凄い人生を歩んでいますが、それはリング上の変換も然りです。ムエタイ→アマ国際式→プロ(世界奪取)。プロのリングに上がりつつ、五輪出場して、ムエタイ復帰。そして今回の那須川戦。
面子を大事にする日本人は負けた後は精神的に落ち込むことも多いのですが、タイ人は国民性からか立ち直りが早いです。競争が激しいとはいえ、ムエタイの試合数は半端でないですから落ち込む暇も無いのでしょう。この切り替えが彼らの強さ、逞しさの源でもあると思います。しかし、凄い振り幅ですね~。
 
          
 
          
 
          
         
 
          
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
真正ジムの山中竜也が一度も防衛戦を行わずに東洋の王座を返上しました。
その前には暫定ながら加納睦がやはり一度も防衛戦を行わず返上。その後に高山とのWBOの王座決定戦があったとはいえ、OPBFのミニマム級王座の扱いは酷いものです。
世界へ挑む前の通行手形としてしか認識してないにしろ、この階級は国内では選手層が充実してるのだから、せめて1~2度防衛してからでないと身内以外のファンは納得しないでしょう。関西圏の選手に奪取→即返上の傾向が強く感じるのですが、偏見ですかね?
 
この階級みたいに世界挑戦への腰掛け程度にしか思われてないものもあれば、誰も挑もうとしない階級もあります。去年の11月に戴冠したばかりですが、どうして誰もマーク・ジョンヤップに挑もうとしないのか?
 
        
 
かって2000年代に同じOPBFのバンタム級王者だったジェス・マーカには多くの日本人が挑んでは敗北を重ねていきましたが、それでもその経験を生かし、後に世界へ到達した選手もいますよ。川嶋とか。長谷川なんかはマーカ戦が文字通りステップ・アップの1戦になったわけですし。
2000年代後半には日本に定着したマルコム・ツニャカオがやはり日本勢の壁となりましたが、大場浩平をはじめ、中広や本田とかはリスクを顧みずに雄々しく勝負を挑みましたよ。
ロリー松下が王者の頃も然り。日本王者だった三谷将之とか第二次政権下においては大場とか船井とかがチャンスを掴もうと挑んでいきました。
 
近年ではOPBFのSフェザー級王者だったジョムトーンに挑んだ金子大樹の例もあります。本当に上に行こう、のし上がろうという勇敢なマッチメイクに挑む選手は勝敗に関わらず、応援したくなります。
そして、日本人を応援する以前に自分はボクシング・ファンですから、果敢な戦いを見せる選手、勇敢な試合をする選手は国籍問わず応援したくなります。せっかく、日本人が挑みやすく、日本のジムに所属してこの国を主戦場にしてくれてるわけです。この階級でこれから世界を目指すならばジョンヤップを無視するのは物凄く失礼なことではないでしょうか。
 
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。