ハマル女

どの韓国ドラマを見るべきか迷ったら、一度見てみて!
1ページで完結にお伝えする事を目指してやってがんばります!


テーマ:

ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~

(2015 KBS 20話)

不当解雇に納得できずデモを続ける溶接工が、同じ思いをしている
人たちの力になるため、思惑を抱き接触してきた国民党の公認を得て、
新人議員として波乱の渦に飛び込み、挑む物語。

思惑:あり
陰謀:あり
事件:あり
復讐:あり
裏切り:あり
絆:あり
キャスティング:7
苛立ち:あり
恋愛:なしかな?

総合おすすめ度:6

 

キャスト
チン・サンピル:チョン・ジェヨン    

チェ・インギョン:ソン・ユナ    


キム・ギュファン:テギョン    
国民党
ペク・ドヒョン:チャン・ヒョンソン    

パク・チュンソプ:パク・ヨンギュ    

ホン・チャンミ:キム・ソヒョン    

カン・サンホ:イ・ウォンジェ    

~サンピル仲間~
ピョン・ソンギ:ソン・ジル    

オ・エリ:ユン・ボギン    


ペ・ダルス(ギュハンの義父):ソン・ビョンホ    

妻キム・ギョンア:イ・ハンナ    
娘 ジュヒ:キム・ジミン    

 

ざっくりあらすじ

不当解雇に抗議しデモ活動をするサンピルだったが裁判で敗訴する。

そんな時キョンジェ市の補欠選挙で与野党の攻防が繰り広げられる。


元エリート補佐官のインギョンは再起をかけ、出馬を狙うが、
頼りの綱の先輩ペク議員が選んだんのは溶接工サンピルだった。

 

「不当解雇の仲間をよりいい条件で解雇するようにする」というペクの
申し出に、サンピルは立候補をする。

 

しかしこの行為は仲間には裏切りに思え、反感を買い、サンピルは
孤独な選挙戦を強いられる。

 

インギョンはペクに裏切られただけでなく、次回を約束し、
彼の補佐官を命じられる。

 

そんな時、サンピルが信頼する先輩溶接工ダルスがサンピル立候補に抗議
活動中に、かつての現場で事故に遭い他界する。

 

死の直前にサンピルを応援する事にしたダルスだったが、
それを明らかにする前に死んだため、自殺ととらえられ、余計仲間から反感を
買ってしまうことに。

 

ダルスの前妻の子ギュファンは警察を目指していたが、父の訃報から
復讐目的にサンピルの秘書になり近づく。

 

国民党の公認はやはり強く、サンピルは新人議員に。

 

結末:ネタばれあり

ペクは次の選挙の為にサンピルを利用する為、お飾り議員として彼を議員にし、
自分の目論見を果たそうとしていた。

 

しかしサンピルは信念に基づき、異例尽くめの行動に出たことで、
ペクの反感を買ってしまう。

 

ペクは彼らの陰謀に遭い、次々と窮地に追い込まれる。

 

当初は素人のサンピルに対し反発していたインギョンもやがて彼の
真摯な活動に共感を得、彼を救い、ペクと対立していく。

 

陰謀により、汚職の罪を着せられたサンピルを救ったのは、
復讐の為近付いたギュファンだった。

 

彼は目的をペクらに知られると、取引を持ち掛けられ、彼をはめる手助けを
してしまった。


だが一緒にることで彼の人となりや誠意を目にし、融解し、彼を救う。

思惑で策略を続けるペクの悪行は暴露され、追いやられ、
サンピルも議員を辞める。

 

サンピルの活躍で仲間を取り戻した彼は別居していた妻と娘と復縁し
溶接現場に戻る。

 

そして彼の為に必死で戦ったインギョンはなるべくして議員になった。

 

おしまい

 

感想
私政治絡みのドラマあまり好きじゃない~見たくない政治の裏を見ると、
本当に嫌になるし、実際もそうなんだろうな~ってわかっているだけに
切ないからね~
ショボーン

それに大体は同じ。ニヤ

 

最初は「世を変える為」「国民を救うため」など太志を抱いて議員になるが、
結局は派閥の争いで、次の選挙にいかに勝つかや、より上を目指し、
出世し確固たる地位を得ようと活動するようになり、国民などを置き去りにする
ようになる。


時代劇でも、現代もそれは脈々受け継がれてきている。

 

だからみな政治界のヒーローを抱き、渇望する。

 

無力でも、たった一人でも、真意を持ち活動すれば報われる・・という
ヒーロー議員を求める。だからドラマはできる。
てへぺろ

 

しかし現実はどうだろう?託した議員で何かを成し遂げた人は何人いるかな?

 

公認・・・これさえあれば馬鹿でもなんでも知名度を使って当選。


勿論政治のこのなんて知らないど素人な彼らは、広告塔でしかない。
これもまた国民を馬鹿にしているよね?
にやり

 

サンピルのように、次なんてどうでもいい、しがらみなんてくそくらえ、
前例のないことだろうがやる・・こういう議員がいたらいいのにね~

 

私たちはそのうっ憤をドラマでしか解消できないのかな?

 

サンピルの演技には熱いものを感じた。いい役者だと思う。ほっこり

面白かったか?といえば・・・・


元来面白いものではないか~苛立ちはいっぱいしたけどね!ウシシ

 

そうそう元はインギョンのライバルだったホン議員が、こっちについたのは
痛快だったし、彼女とインギョンのやり取りなどは、重い場面を払しょくし、
笑わせてもくれたね~


彼女がこういういい役ってあまりないのでそのギャップも良かった。

テギョン君の場面がもっとあったら良かった。

 

最後に・・・

こういうドラマ最後は議員と補佐が恋に発展するけど、

妻がいるサンピルはどうなるのかな?って思ったら、恋にはいかなかった。

あくまでも同志・・これがサンピルらしいね~爆笑

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「チャン・オクチョン」 (2013 SBS 24話)韓流時代劇月見

韓国朝鮮史の中でも何度もドラマ化された有名な妖妃張ヒビンのお話。
今回はヒビンはそれほど悪い女だったのか?
ただ純粋に愛を貫いた側室という角度から描かれている。
韓国女優でいま最も美しいとされる才色兼備のキム・テヒが
今迄と違うヒビンを見せてくれる。

 

今迄の韓国時代劇との相違:あり
純愛:あり
陰謀&策略:あり
歴史とのギャップ:あり

キャスティング:6
(主演にお金を使ったのか、王室の面々が弱いキャスティング)

総合おすすめ度:6

 

キャスト:    
チャン・オクチョン:キム・テヒ    

朝鮮第19代王 粛宗 イ・スン:ユ・アイン    

 

オクチョン家族
父方叔父 チャン・ヒョン:ソン・ドンイル    
母;キム・ソラ    
兄 ヒジェ:コ・ヨンビン

 

王室
粛宗の母 大妃:キム・ソンギョン    
大王大妃:イ・ヒョチュン    
イニョン王后:ホン・スヒョン
インギョン王后:キム・ハウン    
淑嬪チェ氏:ハン・スンヨン

東平君イ・ハン:イ・サンヨプ

 

~西人派~
ミン・ユジュン:イ・ヒョジョン
キム・マンギ:イ・ドンシン    

 

護衛隊長ヒョンム:ペ・ジンソプ    

ヒョン・チス:ジェヒ

 

ざっくりあらすじ:言うまでもないけど・・・(感想

奴婢の母から生まれた才色兼備のオクチョンは服を作ることで、
身分の垣根を超えることを願っていた。
オクチョンが身分が低いって知らなかった?本当?
びっくり

 

偶然出会ったイ・スンを王様と知らずに恋心を抱く。
大体身元を隠すからね~っていうか王はそんなに街に出ない
ショボーン

 

身分事で苦しむ母を助けたいという思いと、父の従兄である叔父や
彼女の美しさを利用し巻き返しを図りたい大王大妃ら南人派の推薦で
オクチョンはイ・スンも自分を頼って王宮に来いといった事が決め手となって、
女官になることを決める。

そこで裁縫をつかさどる部署に配属に。
そうだった?フィクションだよね?

 

イ・スンに会い彼が王であることを知り、落胆するオクチョンだったが、
王の寵愛は深く、二人の仲は周知の知るところに。

やがて最初の妃インギョン王后が病で他界すると、次の王妃にほぼ決まっていた
イニョンの父らがオクチョンの美しさに恐れを抱き陰謀を図り、宮を追われる。

その間にイニョンは王妃に。
オクチョンの犠牲ありきで王妃になったってことね~

 

だがそれをばねにオクチョンは王宮に戻り、やがて側室に。
父ミンの陰謀が逆に追い風になったね~弱みを握った
ニヤリ

 

賤民出身で南人派が推すオクチョンは目障りだったことから、
身分を重んじる大臣や大妃らに何度も陰謀を図られる。
どうしても両家の娘の必要があったのね~しかしこれが厄介よね
ニヤリ

 

第一子を宿したオクチョンは大妃らの陰謀で流産をする。
っていうか殷賑を王に知らせようとしたとき、王が用があるから~って
では後で会ったときに話すね~ってさ~その後結構抱きしめあったりして
時間ありましたけど~
えー言っておけば流産は免れたかもなのに・・

 

結末

彼らの陰謀に負けず。オクチョンは王様の寵愛加護にヒビンに上り詰める。
再び妊娠したヒビンは、王妃が妊娠できないからだだと知ると強気に。
隙を見せたらやられる宮ってのはわかるけど、そこを責めるのはね~

 

そしてオクチョンは無事王子を産み、王から世子の座を約束される。
またまた大臣らが反発~それに頭を抱える王~ってさ~
こういうことになるから大臣の娘とかを王妃にするのはやめようって
一度もないよね~政権分離しないから陰謀合戦になるよね~

罰したくても世子の祖父だから~とかしがらみもなくできるからね!

 

そんな時、王が倒れ、意識不明の重体が続く。
大妃は祈祷を行い、王を救うが、その無理がたたって亡くなってしまう。
この大妃の演技がもう大嫌い~
ゲローあまり見ない女優さんだよね~

 

この機に~と王妃の父らはオクチョンを追い出し、王の叔父東平君を時期王に
立てる謀反を試みる。

実はこれは王の計画だった。これをきっかけに西人派を追いやり、
やがて嫉妬の罪で王妃を廃妃とし追い出す。
陥れる他なかったよね~しかし長い演技だったね。いつもベラベラ
話す御医らが今回はしっかり口をつぐむなんてね~
ニヤ

 

やがて王妃の座を息子の為、王と共に生きるために欲したオクチョンは、
王妃の座を手に入れる。

だがオクチョンの叔父が大妃の死に関わっていた事や、オクチョンへの
疑惑で心が離れて行ったかのように見えた時、下働きの賤民チェを
王は受け入れる。
チェってさ~英祖の母で奴婢出身のトンイのことだよね~
ドラマが変わるとこうも別人格になるんだね~KARAのスヨンはなかなかやる

 

イニョンは民の心を掴んだこと、依然イニョンを陥れた自作自演の
陰謀が元で、イニョンは王妃に返り咲く。
あの陰謀は見え見えだよね~オクチョンはちょっと抜けてる
ウシシ

 

更に叔父と兄が陰謀を図ったことがオクチョンの足かせになる。
そうそう兄ヒジェはトンイでも悪かった~むしろこっちは
ちょっと軽いよね~

 

オクチョンを守りたい王は、王の足手まといになりたくないと考える
オクチョンを再びヒビンの座に戻す。
そう変わるなら最初から欲を出すべきではなかったね~
欲は怖いよね~あの座に就くと皆変わってしまうのね~
ショック

 

権力を誇ったイニョン王妃の父が亡くなり、オクチョンから世子ユン
を奪い、可愛がった王妃も病に倒れる。
王妃も辛い人生だったね~父がああだったばかりに、
悪くならざる得なかったけど、やさしい人ではあった。これは一緒だね。

でも愛されないってわかってての婚姻でしょ?振り向かせられるって

思うのも傲慢だね?教育されてるから?しょんぼり


そんな時息子ユンもイギョン王妃同じ病に侵され生死をさまよう。
母の勧めもあって、禁止されてる祈祷をヒビンは行いユンを救う。
この母は本当にむかつく~この人も演技が下手。
お前のせいで王宮に入ったのに、娘を死なせる方向に向かせるなんて~

 

しかし王妃が亡くなった事で、側室となっていたチェ淑嬪の陰謀に遭い、
王妃を亡き者にする為の祈祷だったとされ、王に自害を求められる。
この時代は陰謀が簡単に成功する。検察や観察がされないからね~
ある意味だれでも、陥れさせられる・・怖いわ~
滝汗

 

王はやむを得ずその処罰にしたが、実は彼女を逃がす策略があった。
泣く泣くだよね~チョナ~張ヒビンを殺してください~って直訴。
良く王の女を貶めさせるよね~暴君にもなるよね普通
ムキー

 

だがユンと王を・・そして愛を守るため、オクチョンはそれを受け入れ
毒を飲み、亡くなる。
結局王を守るためにオクチョンはただ、愛を貫いたんだね~
ぼけー
ってそういう目線で見ると、深い愛が悲劇に行ったんだね~
足を引っ張り、引っ張られる王宮ではよくあることなんだろうね。
それを知ってても尚、王妃になりたい、王になりたいんだね~ごめんです
!)

 

追記
トンイを好きだった私はちょっとこのチェのストーリーは受け入れがたいけど、
あのトンイも凄いフィクションだからね~
ニヒヒ
史劇って言っていいのかな?元に描かれたフィクション時代劇っていうべきだね!

 

オクチョンは綺麗だったね~だからきつい表情がグッとくる。ラブ
初めて彼女を見た「天国の階段」を思い出したよ。うーん
彼女は悪役の方がいいね~


実際は才女だからあそこまで愛には生きそうにないね~

 

スクチョンのユ・アインは素敵だった~ラブ結構演技派なんだね~
今迄見たのではそう感じなかったから・・・


「成均館スキャンダル」といい、彼は時代劇の方がかっこいい。

 

トンイの王は軽すぎたから、ここでもギャップに苦しんだ。えー?

 

前にも述べたが、大妃や大王大妃、大臣など結構今迄脇でもちょい役だった
人たちが演じてる点でも、しっくりこなかった。
ぼけー


こう思うと脇でいい演技を見せるベテランは凄いんだな~って、
だからあちこちにでてるんだな~って実感した。


彼らの力がドラマには必要なんだね~安心感もあるし、重みも・・・

まあもともと大体の内容知ってるから別に見なくても良かったのかもね~
その程度ですが、ユ・アインが素敵だったからまあいいです。

 

栄華を欲しるのはわかるけど、派閥やら何やらでリスク高い。

やらば私は両班で地味に暮らし謀反とか関わらない人が一番です。

 

アンニョン

 

 

 

 

 

 

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

「わが愛しの蝶々夫人」 (2012-2013 SBS 51話) 

陰謀に巻き込まれ、夫と全財産を失ったトップスターナビが、
やむなく入った夫の実家で夫を待ち、必死で家族を守る中で、
恋をし、本当の幸せを掴むまでの物語。

 

陰謀:あり
過去の因縁:あり
家族の絆:あり
事件&事故&病気:あり
三角関係:あり
波乱万丈:あり
金持ちのエゴ:あり

イライラ:する
キャスティング:5

総合おすすめ度


キャスト:    
ナム・ナビ:ヨム・ジョンア    
イ・ウジェ:パク・ヨンウ    
ユン・ソラ:ユン・セア

 

ナビの家族
夫 キム・ジョンウク:キム・ソンス    
義父 ビョンホ:チャン・ヨン    
義母 ジョンエ:キム・ヨンエ    
義兄 チャンギ:キム・ジョンヒョン
義弟 ベッキ:チェ・ミンソン
妹 サルグ:キム・ガウン

ビョンホの母クムダン:キム・ヨンオク
ジョンエの母マンネ:チョン・ヘソン

母 ペ・シンジャ:イ・ボヒ

 

ワールドグループ(ウジェ家族)~    
ウジェの祖父サムグ:キム・ソンギョム    
ソンリョン:キム・イル    
ソンリョンの妻モラン:イム・ソンミン  

 

モク・スジョン:チャ・スヨン    
リ・グッキ:キム・ジュンヒョン
ヨン・ジヨン:イ・ヒジン    

イ・ユジン:パク・タミ    
シルビア・チェ(ユジンの義母):イ・ヘスク    

 

ざっくりあらすじ

ナビに振られた矢先、事故に遭い亡くなったソラの兄。
トップスターの気まぐれで兄は自殺に追い込まれたと思った
ソラは壮大な復讐を思いつく。

 

わがままでやりたい放題だったナビはその復讐の罠にはまり、
芸能界を追われ海外へ逃亡をする羽目に・・


そう仕組んだソラは助けるように見せかけ航空券を渡し、
ソラが仕込んだ男と出会わせ、結婚までさせる。

 

その男ジョンウクは実家を飛び出す際、盗んだ家と墓の権利書を
ソラが買い所有者となっていた事で弱みを握られ、その計画に加担する。

一年後?海外から帰国し結婚し幸せだったナビ。


しかし夫が募った投資話に全財産をつぎ込むと、夫ジョンウクの
共同経営者ムンに騙され、すべてを失う。

 

ジョンウクは詐欺罪で追われる身になったことで、ソラの支持で香港へ
逃げる。

 

財産も家も失い、行き場がなかったナビは、仕方なく夫の実家に。

十数年前に財産を奪って逃げた息子の嫁が突然現れ戸惑うジョンウクの
家族だったが、やむなく受け入れる。

 

スターで何もできずトラブルメーカーのナビに家族は呆れたが、
トップスターだった彼女が、夫の為に今の状況を受け入れ、
更に家族を守るために奮闘するさまを見、家族はナビに情が沸いていく。

 

妊娠した事を隠していた事、更に流産も隠したことに家族は憤るが、
断固として居座るナビ。

 

靴職人の舅の腕に惚れ、デパートの靴製造の復活を目論むウジェは
身分を隠して、舅の弟子に。

 

何度かの偶然で何かと助ける内に、ウジェはナビに惚れていく。

 

ソラの計画は順調だったが、かつての夫がナビに靡くことは予想外だった。
そして二人の関係が噂になった事で、ウジェの祖父は激憤。

再婚を果たしたいソラはここぞとウジェの祖父に近づき、協力を得る。

 

結末:ネタばれあり

ソラがすることなすこと裏目に出たことで、余計にウジェはソラから
離れていき、やがて祖父もソラの陰謀を知る。

 

結局二人の結婚は取りやめに。

 

一度は香港で死んだとされ葬式までし、後を追おうとまでしたナビだったが、
そのジョンウクが別の名前で現れた。

 

ジョンウクはナビと結婚する前に付き合っていたユジンに香港で
再会すると、騙されたソラに復讐を誓い、ユジンの協力を得、
奪われた財産や土地などをソラから奪い返し、彼女を破滅させる目的で
帰国する。

 

詐欺事件後女優に復帰したが、夫の事で主役のヨジンを殴り
告訴され、芸能界を追われた事で、舅の元靴を学び、ウジェの
協力で店まで持ったナビ。

 

他人の空似の振りするジョンウクと再会したソラだったが、
やがて正体を知ると再び接近を試みる。

 

やがてナビもウジェもそして家族も真実を知りショックを受ける。
更にあの幸せな結婚が偽装だったと知ったことで放心状態の
ナビは車にはねられ記憶をなくす。


そこでもウジェの存在がナビを支えた。

 

ナビの記憶喪失はソラやジョンウクを追い詰めるための振りだった。


ナビはユジンの協力でソラを追い詰める事とに成功し、逮捕される。


釈放の為、賠償金を払い一文無しになったソラはボロいアパートに引っ越す。
だが、実はあの詐欺で奪った金を隠し金庫に持っていた・・

 

ナビとは別れ、婚約しているユジンと結婚すると決めていたジョンウク
だったが、なれない実家で苦労し帰りを待っていたナビの事情を知ると、
心変わりしはじめナビにやり直したいと話し、実家に戻る。


ウジェはナビのせいで一度は会社を辞め、靴の修行の為舅の家に
住み込んでいたが、叔父が社長の座を退くと社長として復職する。

 

ウジェの足を引っ張りたくないナビは彼から離れ、ジョンウクと
やり直すふり?をする。

 

しかしジョンウクから離れ家を借り出て行ったナビと母とグッキ。

 

実業家のユジンの継母が韓国にやってきて、ワールドデパート乗っ取りを
企む。彼女は実はウジェの実母で自分のデパートと息子を奪った
ウジェの祖父(実は父)に復讐をするために帰国していた。

 

そこでジョンウクとさらに釈放させたソラを囲い、協力させる。


そしてソラはシルビアに買い取られた自分の店を隠し金で買い取る。

 

大株主となったシルビア・チェは息子と知らず、ウジェを苦しめ、
それによってナビにもつらく当たる。

 

やがてナビはシルビアがウジェの母だと知ると、二人を再会させようと
試みる。結局二人は愛し合っていたから離れられなかった。

 

失明の危機に立たされていたシルビアはソラらの陰謀を知ると、
ナビに詫び、ソラの隠し財産の資料を渡すとウジェを思って香港に戻る。

 

そんな時、チャンギとソラのいとこスジョンの結婚式に向かう
ジョンウクとナビの母の車が事故に遭い、瀕死の状態に・・

 

シルビアとウジェを合わせまいとするサングの手下がシルビアの
車を追う際、その車に乗っていたジョンウクとナビ母を拉致しそうに・・

 

そして詐欺事件と隠し財産の証拠を持っているジョンウクを追ったソラ。

2台の車が彼らを追ったことで起きた事件だった。

 

ナビ母は回復するもジョンウクは植物状態に。

 

その間証拠を探し続けるソラ。

 

やがてジョンウクは回復すると、今迄を悔い、ナビとの離婚に応じる。
そしてジョンウクの回復で証拠がみつかり、追い詰められたソラは
自殺未遂を図る。

 

そして結局ソラは自ら出頭して、罪を償う。

2年後、釈放されたソラは消息を絶っていたが、
靴の生地屋で働いていたところナビと再会する。

 

許しを請うソラはスジョンの親せきとして、ベッキとグッキの
結婚式に姿を現す。

 

ウジェのデパートに出店できる権利を勝ち取ったナビは、
ウジェと結ばれ幸せになっていた。

 

おしまい

 

感想
ああああ~だめだ~短く書けなかった~
笑い泣き
中途半端なだけに伝わりにくい文章になった~反省~
短くまとめるのは難しいね~
えー?

 

所で内容に関しては、あのヨム・ジョンアがこういうコミカルな感じの
演技をするのは驚いた~
びっくり


でも今になってみると、今迄のよりあってるかも?って気になった。

しかしあそこまでバカでわがままな人がね~おーっ!


時々苛立ったけど、まあ楽しめたかな?

 

そうそう最近私中年が気になる~ラブ


この主演のパク・ヨンウさん~「済州院」で見たとき、
みまたまたぞうに似てる~ってしか思わなかったけど、今回なんか素敵だった。
オジサンならではの魅力が~
ラブ

 

内容・・・
よくあるけど、窮地に追いやられた人が財を成しての復讐!
そんな馬鹿な~って。資金がないとできないことってあるじゃない?
ショボーン
で~資金があるなら病気のウジェを託したりしないでしょ?真顔

 

で~資金があるなら、その後の行方なんて簡単に調べるでしょ?ニヤ


すぐに手下に「○○の過去を・・」って調べるなら、」大切な息子の
消息は分かりそうなものでは?


確かにこの場合、ちょうど長男夫婦が死んで、その夫婦の子の籍に
ウジェを入れた~ってなってるけど、そうそう同じ年ってないしね~
ウシシ

 

あと一旦捕まったソラに対しての警察の捜査も甘い。えー?


だってシルビアが簡単に調べてたじゃない?

 

まあ~よくある似たり寄ったりの内容で、大体主人公のキャラも
元はわがままで次第にいい人に~ってのも同じ・・・
ほっこり


それでも見ちゃう私は馬鹿かね~ほっこり

 

51話にすべてを盛り込んでいたけど、やっぱ定番がないと盛り上がらないのかな?

 

所でこの役のヨム・ジョンアと「僕の妻はスーパーウーマン」の
キム・ナムジュは顔の感じも、整形の感じも、役柄も似てないかな?
ニヤリ


彼女は実年齢より10歳近く若い役だったね。

 

しかしよくドラマ内で「整形のくせに~」的なセリフを
整形美女がいう事多いけど、言いにくくないのかな?
びっくり

 

そうそう、言い忘れたけど、
このドラマで初めて「キム・ソンス」の演技がいつも一緒の
棒読みって気が付いた~あのセリフの言い方が苛立ったのは私だけ?
ぼけー

 

ああ~それと祖父役のおじいさんさ~16年位前からずーっと同じ風貌の
爺さんで杖ついているけど、変わらないのは驚きです。
てへぺろ

 

では~

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

7年使ってたノートパソコンが壊れた!

Vistaだからどのみち買い替えたいとは思っていたから、

何度も立ち上げたり、強制終了させたりしながら、頑張って引っ越しを~

前は東芝のDynabookだったから、今度はNECか?と迷った。

 

量販店もいっぱい行って質問しまくったし、口コミも見まくった。

最後まで迷ったが、同じ金額なら、スペックなどが高いDynabookを

ネットで買うことに~

量販店もちょうど7月に新機種になったばかりだから、旧タイプが値下げ。

でもCorei3かセルロンで10万切る旧型。

 

さすがネット~新型でCorei5に上げても9万弱!

東芝ダイレクトより、価格.comより、Amazonより、

Yahooや楽天を通した東芝ダイレクトが一番安かった~

しかも楽天は何やかんやでポイント7倍!

急いで購入した。

 

このタイプのOffice付きのを!

だが翌週更に2000円ほど値下げだった・・・

 

イラストを描く必要のある仕事の私は、

前から欲しかったペンタブも買うことに!

 

でも、これはラッキーなことに、同僚のRちゃんから古いものを譲り受けた!

今度はソフト!

イラストといっても簡単なものだから、フリーの

ファイヤーアルパカをダウンロード!

しかし使い方がわからない~

ってことで

 

 

を検討し、下を購入(私は本のタイプ)1200円くらいのを~

でこれが専門的過ぎて~そこまで求めてない私には使えない~~

 

だから上を買おうかな?

スキャナーで取り込んでからのやり方もあるらしいから~

高いけど~いらないかな~

 

まあWACOMペンタブはまじいいよ~

今迄マウスで絵をかいたりペイントしてたのがすっかり楽ちんに~

おすすめです!

 

前から描き溜めたスタンプの画像をこれで処理して、

LINEにUPできるといいな~

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「オー・マイ・ビーナス」 (2015-2016 KBS 16話)

かつては地元のビーナスだった太っちょ弁護士ジュウンが世界的トレーナーと
出会い、ダイエットに成功し、恋を成就させる物語。

シン・ミナが太っちょ女性になるために特殊メイクで熱演するのも魅力の一つ。
そして幼いころ病を患ったことで今もトラウマに苦しめられる御曹司を
切なさ溢れるジソプが見せてくれます。

 

ラブ:あり
過去:あり
裏切り:あり
妨害:あり
ダイエット:あり
四角関係:あり
切なさ:あり
笑える:あり
かわいい:あり
キャスティング:8

総合おすすめ度:7

 

キャスト

キム・ヨンホ(ジョン・キム):ソ・ジソブ    

カン・ジュウン:シン・ミナ    

イム・ウシク:チョン・ギョウン    

オ・スジン:ユ・イニョン    

 

チャン・ジュンソン:ソンフン    

キム・ジウン:ヘンリー    

ミン室長:チェ・ジノ    

 

ヨンホ家族(ガンホ)~
ヨンホの祖母(ガホン会長):パン・ヒョジョン    
ヨンホの父(ガホン理事長):チェ・イルファ    
ヨンホの継母ヘラン:チェ・ヘラン
異母弟 ヨンジュン:イ・スンホ
ヘランの兄チェ理事:キム・ジョンテ

チン・ギョン:キム・ソンチョル
    
ジュウン家族
母:クォン・ギソン
弟ジェヒョク:アン・ジフン
    

友人 イ・ヒョヌ:チョ・ウンジ    


ざっくりあらすじ

高校時代地元のビーナスだったジュウンは、メダリストスイマーウシクに
告白されて以来、ソウルで弁護士になった今でも付き合っていた。

 

しかしあのころの面影が全くなく太ってしまったジュウンはウシクに
振られ傷心の時、飛行機で倒れ、偶然居合わせたヨンホに助けられる。

 

さらに追い打ちをかけるように、ジュウンの勤めるローファームに
かつての友人スジンがいきなり上司となって表れ、ジュウンを振ったウシクと
付き合っていることが分かる。

 

一念発起したジュウンはその後何度も偶然再会しそのたび助けてくれた
たヨンホの元でダイエットを始める。

 

スジンの事あるごとに酷い仕打ちをされるジュウンだったが、
めげずにヨンホの言いつけを守ることで痩せ始め、
そして次第にウシクを忘れていく。

 

結末:ねたばれあり

ヨンホのお陰でダイエットに成功したジュウンはやがてヨンホの恋人に。

ヨンホは子供のころ骨肉腫で何度も足を手術し、リハビリに明け暮れ、
母も亡くし寂しく育った過去があった。


だから彼は病人にはひときわ優しかった。

 

かつての傷が疼くヨンホの苦しみを目にしたジュウンは
彼の力になろうとするが、ヨンホは一人でその痛みと戦う。

 

しかし彼は実はガホンの後継者である御曹司。


彼に敵対する継母の兄チェ理事は、妹へランいに対する会長らの対応に
苛立っていたが、後継者にへランの子でなくヨンホがつくことを良しとしなかった。

 

会長は亡くなった娘婿である理事長の子ヨンホを跡取りに決めたことで、
それを悲しむ母の姿に耐えられなかった腹違いの弟が服毒自殺を図ると、
ヨンホを亡き者にしようと考える。

 

そしてヨンホの弟子がヨンホの車で生き別れた母に再会しに出かけたその時、
チェ理事が自分を狙っていると気が付いたヨンホは彼らを追い、
身を挺して事故を防ごうとし、意識不明の重体に。

 

意識が回復したヨンホはそんな姿をジュウンに見せられないと、
距離を置く。

 

アメリカにわたりリハビリの末回復したジュウンの前にヨンホが・・

格差ある恋故、反対は覚悟だったが、
ジュウンに会い、会長は気に入り子供を産むという条件で認める。

 

ふたりはこうして幸せになった・・

 

ジュウンへの気持ちを捨てきれないウシクを目にし、嫉妬で

自殺を図るスジン。
しかしジュウンと真っ向からやりあったことで、かつての友情を
取り戻していった。

 

おしまい

 

感想

凄く端折った~しかしこういう短いあらすじを書くのが理想だった。
・・もっともっと短くしたいぐらいだが・・・
ニコニコ

 

スジンは昔太ってていけてなかった時代、友達だったジュウンに紹介された
冴えない男に暴言を浴びせられたことで、友人だと思っていたのに、
見下されてるって思ったんだよね~
ショボーン


それに実はウシクが好きだったから尚更~
これは理解できるわ~
プンプン


ジュウンも悪気はなかっただろうけど、あの男を紹介する時点で悪気が
あると思われても仕方ないもんね。


そのトラウマがスジンを強くし、逆に順風満帆だったジュウンが
自分に甘く太ってしまい、今に至らしめた。
酔っ払い


どっちも自分の身に起きそうなストーリーに共感できたわ~

シン・ミナちゃんのデブもかわいかったね~爆  笑


まあそんなに驚くほどデブとは言えないからオーバーだな?とも思えたけど、
しかしあのメイクはすごかったわ~違和感感じなかった。
笑い泣き

 

そしてジソプ~
まあ相変わらずトラウマを持った役はうまいわ~
ラブ
哀愁漂う彼にぴったりの役だったね。

 

あんなケガを更に負うのは驚いたけど、自分を盾にし、仲間を守る彼は
本当にいい人だった。


過去があるから優しくできるんだろうけど、立派ですよ。

とにかく二人が幸せになってくれて良かったです。ドキドキ

こういうラブコメはやっぱいいね~
演技派二人もいいキャスティングで良かったしね~
ニコ
アンニョン~

まだDVD化されてないのね~ガーン

 

 

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「バラ色の恋人たち 」(2014-2015 MBC 52話)

若くして子供を授かった学生カップルとその家族が
それぞれの問題に直面しながら成長していくホームドラマ。

 

出生の秘密:あり
生き別れ:あり
策略:あり
親のエゴ:あり
因縁:あり
狭い中での恋愛:あり
子供の熱演:あり
キャスティング:5

総合お薦め度

 

キャスト

パク家~チャドル家族    
チャドル:イ・ジャンウ    
母 チョン・シネ:イ・ミスク
兄 ガンテ:ハン・ジサン
姉 セラ:ユン・アジョン
娘 チョロン:イ・ゴウン

 

ペク家~ジェンミ家族
ジャンミ:ハン・ソナ    
父 マンジョン:チョン・ボソク
母 グムジャ:イム・イェジン
姉 スリョン:キム・ミンソ
祖母:キム・ヨンオク

 

ガンホグループ
会長 イ・ヨングク:パク・サンウォン    
妻 コ・ヨンファ:チャン・ミヒ    

ヨンファの母:パン・ヒョジョン    
ヨンファの弟 ジェドン:チェ・フィリップ    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ソ・ジュヨン:キル・ウネ    
チェ・ヒョンギ:キム・ミンヒョン    

(チルソンGP)イ・ジェユン会長:キム・ソニョク    
ジェユンの異母姉:ムン・ヒギョン  

 

ざっくりあらすじ感想

母親同士が友達のチャドルとジャンミは恋に落ち、妊娠。
チャドルが養子だとわかるとより反対する公務員ながら強欲なジェンミの父。
家族に迷惑を掛けられないと二人は駆け落ちさながら家を出、
苦しい生活の中出産をする。
この時は愛さえあれば~ってね~

 

貧しい中、生活の為大学も休学しバイトにいそしむチャドルとは逆に、
不安と寂しさからおかしくなったチャンミは育児放棄し、
両親に連れ戻されるとアメリカへ留学してしまう。
え?確か泊まることになった際、誘ったのはチャンミだぞ~
なんなのこの女~主役でいいのか?
えー

 

住む所も追われ路頭に迷ったチャドルに
ジャンミに父は更に追い打ちをかけ、娘チョロンを奪い、施設へ遣る。
いくら娘が可愛いからって、その子も孫だろが~信じられん
ショボーン

 

チョロンのいる保護施設にボランティアに来ていたガンホグループ夫人
ヨンファはチョロンを引き取ることに。
裕福でも子がいない夫人・・どうやら過去に出産経験があるみたい~
彼女の母が死産だと偽ってたから・・どうやらチャドルがその子みたいね。
運命のいたずらね~
ぐすん会うべくして会った

 

チャドルはジャンミの父に「ジャンミに今後関わらない」という覚書を
書き、居場所を聞き出す。
渋るヨンファを夫が制し、チョロンは奪い返したチャドルは
行くあてもなく結局養母の元に戻る。
奪い合いは切なかった~まあ結局は実家で預かってるってことだけど~
このことを養母シネらは知らないのがまた切ない
ショボーン

 

数年後~多分4年ぐらい

アメリカに渡ったジャンミはモデルとして帰国し、ドラマに出演することに。
偶然居合わせたチョロンを気に入った監督からのドラマのオファーの
電話を受けた姉セラが引き受けた事で、二人は同じドラマで共演する事に。
はい。また必然的出会い

 

ジャンミの付き人でそれを知ったチャンミ母と違約金を払えないセラは協力して
秘密裏にドラマ撮影を強行する。
ばれなければ~ってテレビはだれが見るかわからんのにのんきね~
ニヤ

 

しかしやがてチャドルもその事実を知ると、ジャンミに近付けないよう
ドラマ撮影に付き添い始める。
あらま~これで全員集合じゃん~赤い糸は切っても切っても繋がる・・


チャンミの件で両親の期待を一身に受けガンホグループ
会長の義弟と結婚させられる事になったスリョンはチャドルの兄ガンホ
と恋愛していたが、二人の件で別れたが未練いっぱいだった。
兄弟で同じ家の人との恋愛ね~世間が狭すぎだわ・・あるあるだけど
キョロキョロ

 

愛を貫きたいが、父の妨害で映画監督が出来なくなった事でスリョンは
父から5億ウォン貰いこの結婚に了承する。
愛が深いわ~彼に映画を~って自分を犠牲にしてね~
そのお金も匿名で彼のために使うなんて・・ならば昔もそうすれば・・

 

結婚式当日、やはり結婚できないスリョンは式場を飛び出しガンホの元へ。
チャドル家族はスリョンを受け入れ?一緒に暮らす事に。
ガンホも彼女の犠牲でなんて映画作れないよね~

 

結末:ネタばれあり

 

靴のデザインを手がけ、トラック販売をし始めていたチャドルは
彼を慕うジュヨンとデザインを完成させ商標登録もし、
通信販売も始めたが、もう一人の仲間ヒョンギの裏切りにあい、
デザインはガンホグループに売られ、製作費も持ち逃げされてしまう。
またあるある~仲間の家族が病気でやむなくってやつ~
いやいややむなくなんてないよね~
えー?

 

購入者への返金や工場への補償金などに困ったチャドルをジャンミが
内緒で助ける。
なるほど~あんな過去の爆弾のあるチャンミが芸能人になるって設定は
疑問だったけど、そうでもしないと大金持ってて助けられないもんね
ガーン

 

ちょうどセラがガンホグループに入社した事で、彼女の上司である
ジェドンの協力もあって、ガンホの買い取りが発覚。保証金を貰い
ジャンミに礼を言って返す。
ハイ!ここでもまた因縁が働いたね~
ニヤリ会長とチャドルが再会ってね

 

ジャンミを慕うチョロンの存在が二人を再び近付け、
チョロンを思う心に打たれたチャドルは少しづつ心を許し始める。

(チャドルは優しいっていうか甘いやつだね~
ニヤリ

 

だがまたしてもジェンミ父の欲が~
スリョンをガンホに嫁がせる事に失敗した事で、今度はジャンミを気に入って
CMに採用してくれたチルソンの会長とジャンミをくっつけるっ事に躍起になる。
節操がないわ~相手もバツイチだからってさ~だませないってわかると
告白するが受け入れられちゃったね~魚みたいな顔の男だ~
てへぺろ

 

ガンホの会長ヨングクの浮気を疑ったヨンファの母により、
仲良くしていたシネはヨングクが既婚者でシネとは浮気だと知らされる。
またまた因縁出来上がり~ここまで絡むんだ
ショボーン

 

実はシネはヨンファとは顔見知りで気を許す仲だったが、互いの素性をよく
知らないゆえ、ヨンファは夫の事をシネに相談していたのだった。
ヨンファの母はトラブルメーカーだね~チャドルを捨て、
そんな身の上を隠し財閥に嫁がせ、その恩恵を受けている婿を疑って
尾行までさせるなんてね~
ショボーン

 

シネはヨンファらに罵られ、娘セラも辞めさせられ、チャドルも妨害される。
別れるなら根こそぎ奪ってやる~って・・大体家族を養ってもらってた
分際で裕福に過ごせたのに、ひどい扱いだよね
ムキー

 

チャンミを受け入れたチャドルだったが、家族の反対は強固だった。
チャンミ父が区長に立候補し、チャンミのスキャンダルが明るみに。
チャドルを苦しめるチャンミに苛立った仕事仲間が暴露した
びっくり

 

するとチャンミ父はその暴露を逆手に取り、チャドルが悪かったっと
でっち上げた。
店舗を構えて軌道に乗っていたチャドルはチャンミファンから
「チャンミを捨て、子まで奪った」と罵られ、商売ができないよう妨害される。

まったく~どういう神経で?

 

しかしそんなヨンファが末期のすい臓がんに侵され余命いくばかりに・・
すると母は彼女に生きる望みを持たせるため息子が生きてると話、捜索する。

でた~病!なんでもありあり韓ドラでは、長編だとさらにありあり

 

シネがヨンファの病状を知り力になりたいと家政婦を買って出ると、
最初あきれたヨンファらだったが、シネの作るものだけ受け入れる姿に
母はシネに頼ることに。

こうでもしないと関係が断ち切られるからね~


ヨングクはシネを入れる事に反対するが、ヨンファの為になりたい思いから
受け入れる。


そしてヨンファにも真心が伝わり、シネに今迄のことを詫びる。

元は奥さんが疑うから旦那は嫌気でシネに逃げたんだもんね

 

チャドルを案じ記者会見ですべてを暴露したチャンミに父は監禁し
イ会長に再び近づくが、監禁の事実などから破談に。
そしてチャンミは姿を消す。

監禁・・・こんなの親がするか?

 

何度も別れようと試みるが、無理だった二人は、離れないことを決める。
そしてチャンミは初心に帰るため、あのアパートで独り暮らしをはじめ、
認めてもらえるまで頑張ることにする。

だからはじめにそうしてればね~でも後悔から学んだか・・照れ

 

スキャンダルもあったが区長選にチャンミ父は当選し区長に。

ええええ?何故に?どこの国も党の推薦は強しってやつね!

それに当選すれば汚職が明るみに出るからね~びっくり

 

一向に見つからない孫に危機を覚えたヨンファ母は替え玉を思いつく。
ヨンファは喜び、生き生きとなったが、替え玉の横柄な態度にやがて疑いを
感じDNA鑑定をする。

証拠だけで信じちゃったのがね~

 

シネと夫を再び怪しんだヨンファは、シネに迫るため家に行った際、
チャドルが自分が編んだものをチャドルがしているのを目にする。

シネからチャドルは養子だと聞いた会長は、義母とともにシネに
協力を得、DNA鑑定をし、チャドルがヨンファの子だと知る。


その時ヨンファも鑑定結果を受け取っていた。

知らないから相手を傷つけたんだろうが、何が起きるかわからないんだから

他人の子も傷つけるべきにあらず

 

今迄してきた事を思うと素直に喜べなかったヨンファだったが、
シネに諭されチャドルに会い、許しを請う。

 

そんな時ヨンファ母と親交のあったチャンミ祖母はチャドルがガンホグループの
御曹司だったと知ると、息子に話す。

こうやってうまいこと情報は伝わる・・だが悪人はツキがあったと思い込むが、

実はこうやって得たことでもっと追い込まれていくんだってね~

 

贈賄容疑があったチャンミ父はチャドルを利用する為、知らないふりをし、
二人を認めると言い出し、容疑を晴らそうとヨングクの家にチャドルを連れていき
協力を申し出る。

あんだけコケにしてきてよくも利用できるよね!ムキー

 

受け入れられないとチャンミ父は暴言を吐き、チャドルを罵る。
彼の本性を知ったヨングク一家はあきれ、チャンミとの結婚も反対し始める。

いい顔も続かないのが悪人の性よねゲッソリ

 

チャンミ父は賄賂でもらった金や紙幣を庭の穴に埋めるも、
発見され、父は逃亡する。

往生際悪しだね~チャンミがかわいそう!えーん


ショックを受けたチャンミ祖母は家族を追い出すと、痴呆症になり、
息子を探しさまよう。

こうやってボケさせなければ現実が辛いからね~

大概こういう結末になるよねお願いでも母なら窘めるべきだった


家も抵当に差し押さえられ家を失ったチャンミ家族はチャンミの
アパートで暮らす羽目に・・

だってもともと悪事で得ていた生活だったからね~やむないね

 

母の居場所を知ったチャンミ父は母を引き取りに行った所で逮捕される。
そして抵抗したチャンミ祖母は勢いで車に飛び出し亡くなってしまう。

息子が逮捕・・・死んだ方がましってやつだね!

 

母の面影で悪いことをしてはいけないと諭されたチャンミ父は自首する。

母の死がなければどうなっていたことだろうか・・母は死をもって教えた

 

ヨンファはチャドルとできる限り過ごした後、チャンミにチャドルを託し、
反対するシネを諭し亡くなる。

息子にも会えたし。旦那とも分かり合えたし・・

 

チャンミ父は出所後家には戻らず、母の墓のそばに小屋を建て過ごす。

 

スリョンが妊娠すると、さらなる幸福が~
ガンホの映画が投資を受けられることに~
そしてチャドルとチャンミは結婚式を挙げる。

チョロンにとって良かった結末だね!

でも父を母を苦しめた人が母の身内なんてつらい過去を背負うね

 

追記:

韓国の出生届しすシステムがとても気になる・・

いっかいのおばちゃんが出生を死産によそおえるなんて無理でしょ?

財閥ならまだしも~

 

二人の交際、出産でまあ凄まじく波乱な人生になったけど、

果たして遠回りしたからこそ成長していったことは、

遠回りしなければ得られない幸せだったのかな?

 

実際はチャドルの実の祖母がすべての始まりを作ったんだけどね~

でも世の中は悪人よりもその身内が傷つくんだよね~

それが一番悪人を苦しめることだから・・

 

ここでもチャドルの祖母の報いは母が受け、チャンミ父の報いは

祖母が・・ってね~受けた方はやってられないね!

やった人が不幸にならないと納得できないよ~

 

出演者は好きな人が出てないし、むしろ主演は嫌いなタイプだった。

にも拘らず最後まで楽しく見てしまった・・

脚本家が定番どころを抑えつつ、それを上回る演出で飽きさせなかった。

視聴率があったのも頷ける。

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ボーナス支給は嬉しい!

でも6,000円冬より上がって、手取りは10,000円下がった。

結局上がらないほうが良かったって酷くない?

仕方ないかー

ボーナスで社会保険引かれるのは納得できないわ。

 

面角型両面駆動HVTユニットサブウーファー(アンプ内蔵) 【品番】TS-WH1000A

http://list.qoo10.jp/item/パイオニア-パイオニア-PIONEER-21-CM-×-8-CM-2面角型両面駆動HVTユニットサブウーファー(アンプ内蔵)-品番/419476242?jaehuid=200002128&ITRACK_INFO=088126000902581520160705112142

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミセン~未生~」 (2014/tvN 20話)

学歴も経験もない将棋だけで生きて来たグレがコネ入社で大手商社に
入社し人生を将棋に見立て、奮闘してながら成長していく物語。

 

キャスト

~営業3チーム~
チャン・グレ:イム・シワン    

オ・サンシク課長:イ・ソンミン    

~同期~

アン・ヨンイ:カン・ソラ    

チャン・ベッキ:カン・ハヌル    
ワンインターナショナル

 

ざっくりあらすじ

幼少期から将棋漬けの人生を送って来たグレが、
将棋を諦め、コネで入ったエリート商社でバカにされながらも、
将棋で培った精神や勧め方で、徐々に能力を発揮し、
認められていく。

 

感想

商社話がほぼ締めた為、私には最初は魅力的だったが、
商社で繰り広げられる毎日が戦争のような張りつめた感じに疲れてしまった。

いくら頭が良くて、稼げたとしても商社は遠慮させて頂きたい。
・・その思いが強くなり8話で断念。

私のような会社人間でない女には難しかった。
一線で働く人たちには面白いと思われますが・・・・
って事でリタイアです。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ア行」 (7点以上がお勧めです)

「ア」

秋の童話  (2001) 7点 

あの青い草原の上で (2003)  8点 

愛してると言って  (2004) 8点
秋の童話  (2004)  7点

愛情の条件 (2004) 6

アイルランド  (2004)  3点

兄嫁は19歳  (2004) 8点 

愛は奇跡が必要  (2005) 6点

ある素敵な日 (2006)  6点

ありがとうございます  (2007) 10点

愛するなら彼らのように  (2007)  5点

愛に狂う  (2007) 9点

愛する人よ  (2007) 3点  

愛をたずねて三千里  (2008)  7点

アクシデントカップル (2009) 8点

あなた笑って  (2009)  8点

怪しい三兄弟  (2009) 途中棄権

IRIS(アイリス)  (2009) 5点

アテナ  (2010) 5点

会いたい(ポゴシッタ) (2012) 9点
蒼のピアニスト (2012) 8点

アイドゥアイドゥ (2012) 7点
愛もお金になりますか? (2012) 6点
愛の贈り物 (2012) 7点
アラン使道伝  (2012) 6点 
歴

温かい一言 (2013) 6点
アイアンマン~君を抱きしめたい~  (2014)  9点 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「イ」

威風堂々な彼女  (2003) 8点
1%の奇跡  (2003)  8点 

犬とオオカミの時間  (2007)  8点

イ・サン(正祖大王)  (2007) 8点 歴

インスンはきれいだ  (2007) 5点

一枝梅(イルジメ)  (2008) 10点 歴
イケメンですね   (2009)7点

イタズラなKiss  (2010) 6点

イケメンラーメン屋  (2011) 5点

いばらの鳥  (2011) 8点
イニョン王妃の男 (2012) 6点  
歴
いとしのソヨン (2012) 8点
いばらの花  (2013) 4点
イニョプの道  (2014) 6点 
歴韓流時代劇

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「ウ」
美しい彼女  (1997) 6点

美しき日々  (2001) 5点
噂のチル姫  (2006) 7点
運命の誘惑 (2010) 4点
運命のように君を愛してる (2014) 8点

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「エ」
エアー・シティ  (2007) 7点 

エデンの東  (2008) 7点
エンジェルアイズ (2014) 9点

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「オ」

おいしいプロポーズ  (2001) 6点

オール・イン  (2003) 7点

王の女  (2003) 4点 歴

男が愛するとき (コ・ス) (2004) 4点
黄金のリンゴ  (2005) 6点

王と私  (2007) 5点 歴

黄金の新婦  (2007)  7点

オンエアー (2008)
お嬢さんをお願い  (2009) 7点

黄金の魚 (2010)  5点

オーマイ・レディ  (2010) 7 点
王女の男  (2011) 9点  歴
女の香り  (2011) 8点 

お隣は元ダンナ  (2011) 7点
オジャッキョの兄弟たち  (2011) 10点 
応答せよ1997  (2012) 8点
応答せよ1994 (2013)10点
男が愛する時 (ソン・スンホン)(2013) 8点
オフィスの女王 (2013) 6点

オー・マイ・ビーナス (2015) 7点

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

韓国ドラマ 「カ行」

「カ」

勝手にしやがれ  (2002) 4点

ガラスの靴  (2002) 8点

完全なる愛  (2003)  6点

ガラスの華  (2004) 8点

悲しき恋歌  (2005) 8点

乾パン先生とコンペイトウ  (2005)  3点

怪傑春香  (2005) 7点

頑張れクムスン (2005) 10点  オススメ,肉球

神様、お願い (2005)  7点

カム・バック スネさん (2006) 4点

彼女がラブハンター  (2007) 4点

完璧な恋人に出会う方法 (2007)  5点

快刀ホン・ギルドン  (2008)  8点

風の国  (2008) 7点

風の絵師  (2008) 7点

家門の栄光 (2008) 7点

彼らが生きる世界 (2008) 4点

カインとアベル (2009) 8点

華麗なる遺産 (2009) 8点  ネコの肉球

神々の晩餐 (2012) 6点

瑠璃(ガラス)の仮面 (2012) 6点 

金よ出てこいコンコン (2013) 6点

彼女の神話 (2013) 6点
神の贈り物 14日 (2014)  6点

カッコウの巣 (2014)  5点 復讐モノ
家族なのにどうして (2014)  8点
頑張れチャンミ (2015) 6点

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「キ」

君に出会ってから  (2002) 7点

君はどの星から来たの (2006) 6点

きつねちゃん何してるの? (2006)  8点

90日愛する時間 (2006)  8点

9回裏2アウト (2007) 7点

君は僕の運命  (2008) 6点

強敵たち~幸せなスキャンダル~」 (2008)  7点

逆転の女王 (2010)  6点

きらきら光る (2011) 8点

キング~two hearts~ (2012) 6点

キムチ~不朽の名作~ (2012) 6点

君を守る恋~who are you~  (2013) 7点

キレイな男  (2013) 5点

奇皇后 (2013) 7点

君の声が聞こえる  (2013) 10点

君たちは包囲された (2014) 7点

キルミー・ヒールミー (2015) 7点

君を憶えてる (2015) 8点

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「ク」

グッキ (1999) 7点

九狐外伝 (2004) 5点

グリーン・ローズ (2005) 7点

グッバイ・ソロ  (2006) 6点

雲の階段  (2006) 4点

宮~love in palace  (2006) 9点 

クリスマスに雪は降るの? (2009) 8点

グロリア  (2010) 7点

グッドドクター (2013) 7点
九家の書  (2013) 9点

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「ケ」

結婚したい女  (2004) 6点

ゲームの女王 (2006)  6点

京城スキャンダル (2007) 10点

外科医ポン・ダルヒ (2007)  8点

剣と花 (2013) 4点
結婚の女神 (2013)  6点

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

「コ」

めん愛してる (2004) 8点

恋人   (2005) 5点

このろくでなしの愛  (2005) 6点
恋の花火 (2006) 6点
恋するハイエナ (2006) 7点

コーヒー・プリンス1号館 (2007) 8点

恋人づくり  (2009)  7点
コーヒーハウス (2010)  7点  
個人の趣向 (2010) 6点
恋せよシングルママ (2011) 6点
ゴールデンタイム (2012) 7点
傲慢と偏見 (2014)7点

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。