実りの秋、近場で採れたいちじくをジャムにしました。バニラビーンズを加えて風味UP。次なる秋の味覚は栗の渋皮煮かなぁ。
余談ですが、暖炉の上に置いた左側の鍋、イタリア製の圧力鍋なのですが、蓋が壊れて間欠泉のようにブシューーッと吹き上がり、危うく大惨事になるところでした。圧力鍋爆弾の脅威を身を以て知る寸前でした。死因が鍋なんて笑えない!圧力鍋は年期が入った古すぎる物、やたらに軽い物は危険ですね。皆さんもご注意ください。













8月31日まで我が家に逗留したバレエのおばちゃんのスイス土産のカウベル。左側の方が倍以上の値段だそうで、音色も南部鉄器の風鈴に似ていてよく響きます。ただ、これって実用はせず、飾るものですよね?おばちゃんはドアにぶら下げたら?と言いますが、結構な音がしてうるさい💦
他にもどっさりのチョコレートなど貰いましたが、写真を撮る前にいろんな人の口へと消えました。その中に、リキュールがたっぷり入ったチョコがあったのを知らず、高校生の生徒に食べさせてしまったダメ教師です。


またまたご無沙汰気味でスミマセン。
突然の腰痛、猛烈な台風、夏バテ&台風疲れで猫の真似をして過ごしてみたりしながらも、芸術の秋、読書の秋、スポーツの秋、そしてもちろん食欲の秋を貪るこの頃。今回の台風はかなり激しく、私が台風銀座の宮崎に来てから十数年の中でも2~3番目に強い台風でした。夜中に家の前の通りをカーポートがガランガランと飛んでいましたから!右往左往するカーポートを、冷や冷やしながら家族で2階の窓から眺め、激しい風雨の音と避難勧告&各種警報のスマホが何度も鳴って殆ど眠れずでした。

猛暑の夏の疲れ(と言うか、もう10月なのにいつまでも暑いし!)も出たり、まだ買って1年半ほどのプリンターが壊れて買い替えたり、つまらない日常トラブルに振り回される中、楽しい事も同じぐらいありました。その1つは、マンゴーのおじさんが我が家を見に来てくれたこと。ようやく今年のマンゴーのあれこれも一段落し、ゆっくり遊びに来られたワケです。家中の内覧会をし、私のピアノを聴き、一緒にご飯&お茶、そしてひたすらトークトークトーク(女子か(笑))。
マンゴーのおじさんと私は、大相撲の場所中は3~4日に一度は相撲談義の電話をし合う数少ない相撲友ですから、秋場所のテレビ中継も一緒に観戦。自称相撲通の我ら、優勝争いだとか横綱昇進云々よりも、十両や幕内下位でも光るものがある一番一番を観る事が楽しいのです。立ち合いが高いとか、今日の相撲は速かったとか、脇が甘いとか、お互いなかなか的確な解説・評価を展開し、popさんは若干ひいていました(笑)















私の突然の腰痛の原因はベッドが悪いせいだと大騒ぎをして買い替えたベッド、ノアゴンのお気に入りに。自分の為に買ってくれたものだと信じているようです。ノアゴンに遠慮しながら寝るので腰痛になりそう(爆)















もうすぐハロウィンと言うことで、可愛い魔女を飾りました。リースは、へんこちゃんハウスの庭に蔓延る山芋の蔓で私が編んだもの。
この魔女は、ご近所のクロたんさんの手作りなので、手作りコラボです。
クロたんさんは年に一度、手作り作品のお仲間=美魔女たちと展示会をなさるのですが、それが先日、我が家から徒歩10分足らずの会場で開催されたのです。
会場を訪れると、一番前に陳列されていたのがこの魔女っ子たち。たくさん並んだ魔女っ子、それぞれに個性があって、スカートの裾飾りが違っていたり、目の表情が違っていたりで面白かったです。その中でも気に入ったこの2人を買い求め……の筈が、頂いてしまいました。しかも、陽気な美魔女の皆さんとさんざんお喋りして楽しい時間を過ごさせて頂きました。















猛烈な台風で家族みんなが心配する中、一人ではしゃいでいた人。
手作りの魔女っ子が、このいたずらっ子の餌食にならないよう、手の届かない所に飾りました。
そう言えば、いつの間にか気付いたら、バージュのお腹ハゲが治っていました!もう長年、お腹はハゲで地肌が見えてピンク色だったんですけれどね。綺麗にふわふわの毛並みになっているのが写真でもわかるでしょうか?
ノアゴンの異常な若返り同じく、これも引っ越し効果なのかもしれません。私もいきなりスレンダー美人とかにならないかなぁ。














今年の夏、何度も楽しませて貰ったクロたんさんちの月下美人も今年ラスト。大型台風が来る直前の開花でした。今回も夜更かしコンビ、真夜中に照明さん&カメラさんの撮影隊で乗り込みました。
月夜に白く浮かぶ姿、何度みても美しいです。













横顔もパチリ。今年最後のせいか、花のサイズが今までで最も大きく、香りも強かったです。














こちら、猫界の月下美人!
真っ白な肢体を惜しげもなく見せてくれるへんこちゃん。どんなに蒸し暑い日でも涼しげなアイスブルーの瞳に胸キュンです♪

世帯主へんこちゃんのお陰か、猛烈な台風にも関わらず、少し雨漏りが見受けられただけで済みました。ジャングル庭なだけあって、鬱蒼と生い茂る木々と草に守られて風当たりが弱まったのもあるでしょう。
まぁ、台風上陸の数時間前、家の周りの飛ばされそうな物を片付けたり、雨戸を閉めたりといろいろ対策したのですが……1時間に130mlの記録的豪雨の中を!(上陸の何時間も前だったのに~汗)
車が水没しそうになるのも怖いですが、雨が激し過ぎて走り慣れた道がわからない・見えないって初めての経験でした。みんな時速5kmぐらいのノロノロ運転で進んでいました。怖かったけれど、可愛いへんこちゃんの為なら何のその。









さてさて、月末恒例お薦めクラシックコーナーです。芸術の秋到来と言うことで、今月のテーマは「コンサートを聴きに行った気分になってみよう」!
有り難い事に、古今東西で行われた様々なコンサートをYoutubeで聴ける時代になりました。 もちろん生演奏とは違いますが、せっかくの恩恵を堪能しない手はありません。
なんかYoutubeの貼り付けが簡単に出来るようになりましたね。今まではリンク方式でしか出来ませんでしたが、今回からは動画が直接みられると思うので、是非、再生
して聴いてみて下さい。


さぁ、コンサートの始まりです。


◆ミハイル・プレトニョフ:ブダペストコンサート(1987年)








プログラム
・シューマン:ウィーンの謝肉祭 op.26

・リスト:ハンガリー狂詩曲12番

・シューマン:アラベスク op.18

・グリーグ:抒情小曲集
鐘の音 op.54-6
郷愁 op.57-6(43分30)
子守歌 op.38-1
蝶々 op.43-1
おばあさんのメヌエット op.68-2
過ぎ去った日々 op.57-1(54分35)
小人の行進 op.54-3

~アンコール~
農民の暮らしと情景より 第3曲 カーニバル op.19-3




歴史的名コンサートもたくさんあって、どのコンサートをご紹介しようか迷ったのですが、去年発見して以来、何度も繰り返し聴いているこちらに決めました。
プレトニョフは5本の指に入るぐらい好きなピアニストなのですが、このコンサートの内容の濃さ……しかも1987年のコンサートですからプレトニョフ30歳の若さであることに驚愕しました!
冴えた音、非常に音楽的でありながら知的で情に溺れない精神バランス、コントロールされ尽くしたテクニックはこの年齢にして既に完成していたのですね。

プログラム1曲目のシューマンのウィーンの謝肉祭は、中高生も挑戦したりする曲ですが、実は聴かせるのがかなり難しい曲。ともかく異常に強いパワーが演奏者が押し返して来るのです。しかしプレトニョフは、テコでも動かないような余裕を見せつつ、決して勢いに任せて弾くようなところはないけれどちゃんと勢いがあり、品格のある歌心もある素晴らしい演奏っぷりで聴かせてくれます。

2曲目のリストは、華麗なるテクニックを見せる「盛り上げ役」的な曲。何度も言っていますが、私はリストを好んで聴く事はまずありません。でもプレトニョフのリストはどうでしょう、華麗なるテクニックは見せながらも、音楽的にもテクニック的にも知的コントロール下にある感じなので、聴いていてリストならではの嫌みやバカバカしさを殆ど感じません。これは、掛け離れているイメージかもしれませんが、ホロヴィッツとも共通するものです。尤も、ホロヴィッツは道化役を演じて、極度にデフォルメする技も使っていますが。


コンサートは、恐らくここで休憩が入ったと思われます。


プログラム後半のグリーグの抒情小曲集がまたイイですね!グリーグの素朴な抒情の世界が表情豊かに繰り広げられています。どの曲も本当に魅力的ですが、私の推しは3曲目の「郷愁」と、7曲目の「過ぎ去った日々」です。どちらも何とも言えない寂しさや切なさ、悲しみに胸を締め付けらるようで溜まりません。それぞれ何分からか書いていますのでチェックしてみて下さい。

アンコールも同じグリーグでおしまい。

コンサート、いかがでしたか?

















◆プレトニョフリサイタル


シューマン:色とりどりの小品 op.99



オマケで短いのをもう1つ。これも感動して聴いた動画です。

この色とりどりの小品は、本当はもっと長ったらしい曲で、中盤過ぎからどうも間延びして飽きるのです(シューマンって、部分的にはメチャクチャ素敵なのに~って言う残念なパターンが多くてホント勿体無い!)。それ故か、あまり演奏されない曲集なのですが、プレトニョフが弾いているこの5曲は「5つの音楽帳」と言う、最も魅力的な部分。全曲とは言いませんが、せめてこの5曲だけでももう少し演奏されるべき魅力があると思うのですが。

ところで、最初の拍手で映し出される会場のお客さんの中に、アルゲリッチに見える長い黒髪のニコニコ笑った女性が居るのですが、私の見間違いでしょうか?



プレトニョフは一時期、指揮者としての仕事しかしなくなっていましたが、このところまた精力的にピアノのコンサートを行っていて、最近ではたびたび日本へも来ています。この秋にも来日するとか。
気になった方は是非、生で聴いてみてはいかがでしょうか?




前々回記事のコメントお返事&ご訪問がまだ途中です。この月末恒例お薦めクラシックコーナーを何とか「月末」に滑り込ませる為に、記事を書く方を優先してごめんなさい。30日、ギリギリセーフ。締め切りに追われる漫画家みたいですが、誰もそこまで月末に待っていないでしょうが(笑)

お返事は必ず一両日中に書きますので、どうぞ覗いてみて下さいね。
AD





久しぶりの猫グッズシリーズです。引っ越して来て、またジワジワと、着々と猫グッズが増えています♪

こちらは、立本倫子さんのコロボックルシリーズの猫型カード。猫好き、絵葉書収集好きな私としては見逃せません。ほっこり和む猫なので……トイレに飾っています!
いやいや、トイレのインテリアってかなり重要ですよね。トイレを綺麗にするとウン、、、運気が上がるとも言いますし(笑)















こちらはとらこさんに頂いた猫のキッチンクロス。春先に引っ越し祝いとして、お手製の珍しいお茶の数々や、ゆずりはさんの手作り石鹸セット等など、他にもたくさん頂いていたのにご紹介できずスミマセン。
それにしてもこの猫さん、強烈なインパクト!目の表情と言い、服装や佇まいと言い、タダ者ではありませんね。メチャクチャ好きです!見る度にニヤリ。




個性的な風貌の猫画を見ると、どうしてもノアゴンと重なってしまいます。どことなく似ているような。













こちらは生徒さんからの可愛い引っ越し祝い。ノアファミリーのミニポーチと黒猫ミラー。親御さんからの贈り物ももちろんとても有り難いですが、生徒さん本人が買って来てくれた物はやっぱり格別に嬉しいのです。しかも、こうして私の猫バカ度を十分に理解しながら選んでくれたのがわかる品々ならば尚更です!















リサラーソンのオールドキャットは一目惚れして、自分への引っ越し祝いと言う名目でセット購入。こちらはティッシュカバー。ティッシュにお洒落なカバーを被せるだけで生活が楽しくなる(←単純)♪
家じゅうのティッシュにカバーを被せるのが夢です(大袈裟)。
















冷蔵庫の横に掛けているレジ袋ストッカーもインテリアの一部に。帆布のような強い生地なのもgood。
横の赤いポットは、台所洗剤Magicaのオマケで付いていたリサラーソンのマグネット。Magicaはサラサラ水っぽくて油落ちが悪いので使わないのですが、うちのトイレ(アラウーノと言う自動洗浄トイレ)の洗剤として推奨されているのでこのオマケ付きのビッグサイズを購入した次第です。
そしてカレンダーは、毎年使っている週めくり猫カレンダー。猫尽くしなコーナーです。














収納ボックスも勢いで買ってしまいました。
よ~く見るとこの猫たち、顔や姿勢が微妙に違う子が混ざっているのです。間違い探しみたいですが、完全に正面を向いて座っている子、口を少し開けて笑っている子、それぞれ見付けられるでしょうか?
猫グッズは楽しいですね~!


~~~~~~~~~~~~

バレエのおばちゃんは十分に楽しんで帰って行きましたが、なんと私、人生で初めてぎっくり腰風なものになってしまい、ピノキオのようにギクシャクした動きで過ごしています。でも、ぎっくり腰のように「あの瞬間、ギクッとなった」と言う瞬間はなく、数時間かけて痛くなって行ったので、ぎっくり腰とはまた違うと思います。痛みもぎっくり腰ほど強烈ではありません。
今は痛みもほぼ無くなり、腰は曲げられるまで改善しましたが、他の部位に変な負担が掛かったせいか、背中じゅうがミシミシ言っています。マンゴーのおじさん御用達のマッサージさんでも頼もうかなぁ、と考えているこの頃です(笑)
従って、引き続きブ活スローペースですが、前回記事のお返事やご訪問、必ずしますので暫くお待ち下さい。

AD





popさんの高校時代、美術の先生をしていた方のお宅の庭は、どの季節も植物でいっぱい。
左手のピンポン玉大の赤茶色い実が生る木は椿。この実の中にある種が椿油の原料となりますが、間も無く収穫期なだけあり、色も大きさも完熟と言った感じです。
秋風が吹き始める頃、生産者の直売所には黄金色に輝く搾り立ての椿油の瓶が美しく並びます。夏から秋への季節の移り変わりを告げる小さな風物詩です。

右手の赤い花はなんの花でしょうか?塀よりも高い背丈からわかるかと思いますが、かなり大型の目を引く花です。珍しい花なのか、他では見た事がありません。















前々回記事の丸鶏のローストチキンの残った骨を炊き出して、そのダシで炊き込みご飯を作りました。あれだけ大きな丸々一羽分の骨、凄いダシ!我が家は炊飯器を使わずガスでご飯を炊くので、ストウブの24cm鍋でたっぷりと。具材は、みじん切りにした人参、ごぼう、こんにゃく、地場産の乾燥わらび、ベビーホタテ、仕上げに由比ヶ浜の桜えびを散らして完成。鶏のダシが凄いので、味はかなり薄味です。ほんのりお焦げも出来て、香ばしくて美味しい!でも、具材を欲張って入れ過ぎて、これだけでお腹いっぱいになりました。













丸鶏を焼く際、ローストチキンから滴り落ちた肉汁も利用します。身だけでなく、骨も肉汁も無駄にしません!
これはフランスで売られているプレロティ(ローストチキン)のマネ。フランスの肉屋の殆どで、ぐるぐる回しながら焼くプレロティの下にポテトが置かれています。滴り落ちるチキンの肉汁を待ち構えていて、それを一身に吸い込ませようと言う素晴らしい作戦(笑)
プレロティを買う際には、必ずこのポテトも一緒に付けて貰わなければ人生大損します。下手をすると、主役のプレロティを上回るほどこのポテトが美味しいと言う、罪な脇役です。














先日のこと、ご近所のクロたんさんが、どっさりの美味しい高原野菜のお裾分けと共に、こんなキュートな引っ越し祝いまで届けて下さいました。さすが猫友さん!
マットは本来はバスマットらしいのですが、いきなりノアゴンが鎮座していたので、占領されるのは時間の問題でしょう。北欧クリッパン風の色とデザインが甘くなり過ぎなくてイイ感じなのと、国産の織りの肌触りの良さがポイント。ノアゴンの「良い物・新しい物センサー」がしっかり反応しているので間違いありません。

手前のストラップはイタリアの革製です。クロたんさん、もしかして山形屋のイタリア展の物ですか(山形屋は宮崎の奥様御用達の宮崎最大のデパート)?
赤と黒、2つも!popさんと分けっこして可愛がります。
















ノアゴンお気に入りのマホガニー製の教会椅子。1日の大半をこの椅子の上で超ご機嫌に過ごしています。振り返れば冷蔵庫の中が確認できること、キッチンが見渡せること、テーブルで人間が食事をする様子が見張れること(笑)、これらがお気に入りの理由でしょうか。



さて、月末恒例お薦めクラシックコーナーです。
南米初の開催となったリオデジャネイロオリンピックも閉幕しましたが、メダルラッシュだった日本ではまだその興奮が残っていますね。と言うことで、今月のテーマは「南米」。
クラシック音楽の中心はもちろんヨーロッパですが、遠く離れた南米にも素晴らしい作曲家・演奏家がたくさんいます。特にピアニストはビッグネームがいっぱい!古くはクラウディオ・アラウに始まり、ゲルバー、バレンボイム、ネルソン・フレイレ、そしてアルゲリッチ等など。いずれもヨーロッパ系やユダヤ系、ロシア系の彼らですが、いずれも確実に南米臭が演奏の中に息づいているのが興味深いです。それは激しいパッションであり、エネルギッシュなリズム感でもあり、強い打鍵でもあります。それらが時には、曲によっては違和感を覚えたりもするのですが、南米独特の魅力がクラシック音楽の世界に新たなる光を与えた功績を忘れてはなりません。






◆ヴィラ=ロボス:苦悩のワルツ (P:abnader ・domingues )



リオデジャネイロ出身のヴィラ=ロボスのピアノ小品。
何ともセンチメンタルな苦悩のワルツです。いい意味で、私たちの持つブラジルへのイメージを裏切ってくれるシットリとした美しい曲ですよね。演奏者は、ブラジルの若手男性ピアニストらしいと言う以外に情報がありませんが、静かに内面を歌った美しい演奏だと思います。情熱的な中間部は南米っぽさが感じられますね。
ヴィラ=ロボスの代表作は「ブラジル風バッハ」ですが、非常に多作な人で、ピアノ曲も数多く残しています。その中にはこうした魅力的な小品もあるのですが、あまり一般的なピアノ演奏レパートリーになっておらず、聴く機会が殆どないのは残念です。子供のコンクールの課題や、大人の趣味のピアノにももってこいな作品が結構あると思うのですが。ブラジル人ピアニストだけではなく、もっと世界的に弾かれるようになるとイイですね。















◆ピアソラ:レビラード (P:セルジオ・ティエンポ&カリン・レヒナー)


お次はブラジルから更に南下し、アルゼンチンへ。
南米を代表するピアソラの音楽は、まさに私たちがイメージする南米そのもの。ピアソラの情熱的でセクシーでカッコイイ音楽は世界中で人気。
演奏者のアルゼンチン出身のセルジオ・ティエンポとカリン・リヒナーは兄弟(弟と姉)デュオ。そのキレの良い演奏は、確かなテクニックに裏打ちされています。特に弟のティエンポは、同じくアルゼンチン出身のアルゲリッチにその才能を見出だされ、10代の頃から世界的に活躍しています。甘いマスクも手伝って、日本でも認知度の高いピアニストです。
本来ならばクラシック音楽ではあまり感心されない叩きつけるようなタッチも、南米のノリ、アクティブなアルゼンチンタンゴにはぴったりですね。






◆ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲 第3番 (P:アルゲリッチ)



次もアルゼンチンの作曲家です。
ヒナステラは今年、生誕100年。一般的に広く知られているワケではありませんが、熱狂的なファンの多い作曲家の一人かもしれません。
その特徴はなんと言っても凄まじいエネルギー。私はヒナステラ以上に野蛮とか破壊的と言う言葉が似合う作曲家はいないと思います!

言わずと知れた世界を代表するピアニストであるアルゲリッチも、アルゼンチンの人なんだなぁ、南米の魂を持っているなぁと強く思います。そんなアルゲリッチの冴え渡るテクニックも爽快な、ヒナステラの3つのアルゼンチン舞曲から第3番をどうぞ。



もっともっとヒナステラの破壊的なパワーに驚嘆したい方はこちらも是非!


◆ヒナステラ:ピアノソナタ第1番
(ヒナステラの代表作です)

この曲をパリでクラスメイトが弾いているのを初めて聴いた時、「こんな疲れそうな曲をなんで弾くんだろう?」と思ってしまったのが率直な最初の感想でした(笑)
ヒナステラが好んで弾かれる理由の1つは、「カッコイイから」なのでしょう。派手なパフォーマンスが期待できるカプスーチンを好んで弾く人と理由が似ているかもしれません。ただ、それは果たしてヒナステラの本意なのだろうか?とも思います。ともあれ、南米の土臭さのようなものは他にはない魅力ですね。



◆ヒナステラ:ピアノコンチェルト第1番 第4楽章

こちらは更にパワフル……と言うよりも、もはや暴力的。ゴジラとかガメラとかの戦争みたい!この異常なパワーと不穏さは狂気の沙汰と言うぐらいで、聴いていると何だか怖くなります。心臓の悪い人は聴かない方がイイかも?先月のお薦めクラシックコーナーでご紹介したサティのジムノペディ~血圧や脈拍を安定させ安眠効果もある為、病院で掛けられる事もある~とは真逆ですね。こんな曲が病院で掛かっていたら「殺す気か!」と、苦情が殺到すること間違いなしでしょう(笑)


















◆ミヨー:スカラムーシュ (P:アルゲリッチ&キーシン)

①ヴィフ(快活に、急速に)
②モデレ(中庸のテンポで)
③ブラジルの女


最後は、フランス人の描くブラジルで。
リオのカーニバルで陽気なサンバを踊る女性たち、これこそまさに私たちが抱く南米のイメージですよね。
ミヨーのスカラムーシュはハチャメチャに楽しい作品ですが、私は中高生の頃に通ったソルフェージュのグループレッスンの際、初見演奏で冷や汗をかいた思い出のある曲です。何しろテンポが非常に速い上に、ピアノデュオ作品なので2人で合わせなければならないのですから。でも、こうした名作を初見のレッスンで触れさせて下さった事は本当に良い音楽経験になりました。フォーレのドリーや、ドビュッシーの小組曲なども初見の課題にして下さいました。安川加籌子先生のソルフェージュのグループレッスンを受け、フランス留学なさった竹島先生ならではの初見課題だったと思います。
ピアノデュオと言うもの自体、コンクールや受験に追われている中高生には縁が無いですから、冷や汗をかきながらも音楽的な充足感を味わったものです。


アルゲリッチとキーシンの贅沢過ぎる二人の組み合わせは必聴。ピアノデュオってどうも「ソロでは力量不足な人同士がやるもの」みたいな捉えられ方をされ勝ちですが、ある意味でそれは仕方ない事かなぁと思います。と言うのも、ピアノデュオと言うものは本来が余興的な要素が大きく、真剣に向き合って推敲に推敲を重ねて深めると言うよりも、友達や男女の距離を縮めるお楽しみを目的に作られた曲が多いからだと思うのです。本気じゃなく遊びだからこそ楽しい。なので、このアルゲリッチ&キーシンのように、ある音楽祭限定とか、その場限りの即席デュオと言うのが多いのも頷けます。
世界の最高峰にいるピアニスト2人が組むとこんなスペシャルな演奏になるワケですが、「だったら私たち、ピアノデュオとして活動しましょう」とは決してならない(笑)あくまでも勢いでやっている余興だからイイのだと私は思います。
年齢も音楽性も大きく異なるアルゲリッチとキーシン、天才×天才で悪い化学反応を起こしそうな気もしますが、息もピッタリ!こんなに速い曲でも寸分のズレもありません。それでいて、それぞれの個性もちゃんと光っています。強い打鍵から放たれるアルゲリッチの輝く音は取り分け素晴らしいですね。



夏バテ気味で灼熱の太陽はもう勘弁と言うこの頃ですが、南米パワーを味方に残りの夏を乗り切りましょう!

















一昨日からバレエのおばちゃんが来ています。1週間の逗留です。バージュがゲストルームに布団を敷いてくれました(笑)
しばらくの間、ブ活動はスローペースになります。
AD