popさんの高校時代、美術の先生をしていた方のお宅の庭は、どの季節も植物でいっぱい。
左手のピンポン玉大の赤茶色い実が生る木は椿。この実の中にある種が椿油の原料となりますが、間も無く収穫期なだけあり、色も大きさも完熟と言った感じです。
秋風が吹き始める頃、生産者の直売所には黄金色に輝く搾り立ての椿油の瓶が美しく並びます。夏から秋への季節の移り変わりを告げる小さな風物詩です。

右手の赤い花はなんの花でしょうか?塀よりも高い背丈からわかるかと思いますが、かなり大型の目を引く花です。珍しい花なのか、他では見た事がありません。















前々回記事の丸鶏のローストチキンの残った骨を炊き出して、そのダシで炊き込みご飯を作りました。あれだけ大きな丸々一羽分の骨、凄いダシ!我が家は炊飯器を使わずガスでご飯を炊くので、ストウブの24cm鍋でたっぷりと。具材は、みじん切りにした人参、ごぼう、こんにゃく、地場産の乾燥わらび、ベビーホタテ、仕上げに由比ヶ浜の桜えびを散らして完成。鶏のダシが凄いので、味はかなり薄味です。ほんのりお焦げも出来て、香ばしくて美味しい!でも、具材を欲張って入れ過ぎて、これだけでお腹いっぱいになりました。













丸鶏を焼く際、ローストチキンから滴り落ちた肉汁も利用します。身だけでなく、骨も肉汁も無駄にしません!
これはフランスで売られているプレロティ(ローストチキン)のマネ。フランスの肉屋の殆どで、ぐるぐる回しながら焼くプレロティの下にポテトが置かれています。滴り落ちるチキンの肉汁を待ち構えていて、それを一身に吸い込ませようと言う素晴らしい作戦(笑)
プレロティを買う際には、必ずこのポテトも一緒に付けて貰わなければ人生大損します。下手をすると、主役のプレロティを上回るほどこのポテトが美味しいと言う、罪な脇役です。














先日のこと、ご近所のクロたんさんが、どっさりの美味しい高原野菜のお裾分けと共に、こんなキュートな引っ越し祝いまで届けて下さいました。さすが猫友さん!
マットは本来はバスマットらしいのですが、いきなりノアゴンが鎮座していたので、占領されるのは時間の問題でしょう。北欧クリッパン風の色とデザインが甘くなり過ぎなくてイイ感じなのと、国産の織りの肌触りの良さがポイント。ノアゴンの「良い物・新しい物センサー」がしっかり反応しているので間違いありません。

手前のストラップはイタリアの革製です。クロたんさん、もしかして山形屋のイタリア展の物ですか(山形屋は宮崎の奥様御用達の宮崎最大のデパート)?
赤と黒、2つも!popさんと分けっこして可愛がります。
















ノアゴンお気に入りのマホガニー製の教会椅子。1日の大半をこの椅子の上で超ご機嫌に過ごしています。振り返れば冷蔵庫の中が確認できること、キッチンが見渡せること、テーブルで人間が食事をする様子が見張れること(笑)、これらがお気に入りの理由でしょうか。



さて、月末恒例お薦めクラシックコーナーです。
南米初の開催となったリオデジャネイロオリンピックも閉幕しましたが、メダルラッシュだった日本ではまだその興奮が残っていますね。と言うことで、今月のテーマは「南米」。
クラシック音楽の中心はもちろんヨーロッパですが、遠く離れた南米にも素晴らしい作曲家・演奏家がたくさんいます。特にピアニストはビッグネームがいっぱい!古くはクラウディオ・アラウに始まり、ゲルバー、バレンボイム、ネルソン・フレイレ、そしてアルゲリッチ等など。いずれもヨーロッパ系やユダヤ系、ロシア系の彼らですが、いずれも確実に南米臭が演奏の中に息づいているのが興味深いです。それは激しいパッションであり、エネルギッシュなリズム感でもあり、強い打鍵でもあります。それらが時には、曲によっては違和感を覚えたりもするのですが、南米独特の魅力がクラシック音楽の世界に新たなる光を与えた功績を忘れてはなりません。






◆ヴィラ=ロボス:苦悩のワルツ (P:abnader ・domingues )



リオデジャネイロ出身のヴィラ=ロボスのピアノ小品。
何ともセンチメンタルな苦悩のワルツです。いい意味で、私たちの持つブラジルへのイメージを裏切ってくれるシットリとした美しい曲ですよね。演奏者は、ブラジルの若手男性ピアニストらしいと言う以外に情報がありませんが、静かに内面を歌った美しい演奏だと思います。情熱的な中間部は南米っぽさが感じられますね。
ヴィラ=ロボスの代表作は「ブラジル風バッハ」ですが、非常に多作な人で、ピアノ曲も数多く残しています。その中にはこうした魅力的な小品もあるのですが、あまり一般的なピアノ演奏レパートリーになっておらず、聴く機会が殆どないのは残念です。子供のコンクールの課題や、大人の趣味のピアノにももってこいな作品が結構あると思うのですが。ブラジル人ピアニストだけではなく、もっと世界的に弾かれるようになるとイイですね。















◆ピアソラ:レビラード (P:セルジオ・ティエンポ&カリン・レヒナー)


お次はブラジルから更に南下し、アルゼンチンへ。
南米を代表するピアソラの音楽は、まさに私たちがイメージする南米そのもの。ピアソラの情熱的でセクシーでカッコイイ音楽は世界中で人気。
演奏者のアルゼンチン出身のセルジオ・ティエンポとカリン・リヒナーは兄弟(弟と姉)デュオ。そのキレの良い演奏は、確かなテクニックに裏打ちされています。特に弟のティエンポは、同じくアルゼンチン出身のアルゲリッチにその才能を見出だされ、10代の頃から世界的に活躍しています。甘いマスクも手伝って、日本でも認知度の高いピアニストです。
本来ならばクラシック音楽ではあまり感心されない叩きつけるようなタッチも、南米のノリ、アクティブなアルゼンチンタンゴにはぴったりですね。






◆ヒナステラ:3つのアルゼンチン舞曲 第3番 (P:アルゲリッチ)



次もアルゼンチンの作曲家です。
ヒナステラは今年、生誕100年。一般的に広く知られているワケではありませんが、熱狂的なファンの多い作曲家の一人かもしれません。
その特徴はなんと言っても凄まじいエネルギー。私はヒナステラ以上に野蛮とか破壊的と言う言葉が似合う作曲家はいないと思います!

言わずと知れた世界を代表するピアニストであるアルゲリッチも、アルゼンチンの人なんだなぁ、南米の魂を持っているなぁと強く思います。そんなアルゲリッチの冴え渡るテクニックも爽快な、ヒナステラの3つのアルゼンチン舞曲から第3番をどうぞ。



もっともっとヒナステラの破壊的なパワーに驚嘆したい方はこちらも是非!


◆ヒナステラ:ピアノソナタ第1番
(ヒナステラの代表作です)

この曲をパリでクラスメイトが弾いているのを初めて聴いた時、「こんな疲れそうな曲をなんで弾くんだろう?」と思ってしまったのが率直な最初の感想でした(笑)
ヒナステラが好んで弾かれる理由の1つは、「カッコイイから」なのでしょう。派手なパフォーマンスが期待できるカプスーチンを好んで弾く人と理由が似ているかもしれません。ただ、それは果たしてヒナステラの本意なのだろうか?とも思います。ともあれ、南米の土臭さのようなものは他にはない魅力ですね。



◆ヒナステラ:ピアノコンチェルト第1番 第4楽章

こちらは更にパワフル……と言うよりも、もはや暴力的。ゴジラとかガメラとかの戦争みたい!この異常なパワーと不穏さは狂気の沙汰と言うぐらいで、聴いていると何だか怖くなります。心臓の悪い人は聴かない方がイイかも?先月のお薦めクラシックコーナーでご紹介したサティのジムノペディ~血圧や脈拍を安定させ安眠効果もある為、病院で掛けられる事もある~とは真逆ですね。こんな曲が病院で掛かっていたら「殺す気か!」と、苦情が殺到すること間違いなしでしょう(笑)


















◆ミヨー:スカラムーシュ (P:アルゲリッチ&キーシン)

①ヴィフ(快活に、急速に)
②モデレ(中庸のテンポで)
③ブラジルの女


最後は、フランス人の描くブラジルで。
リオのカーニバルで陽気なサンバを踊る女性たち、これこそまさに私たちが抱く南米のイメージですよね。
ミヨーのスカラムーシュはハチャメチャに楽しい作品ですが、私は中高生の頃に通ったソルフェージュのグループレッスンの際、初見演奏で冷や汗をかいた思い出のある曲です。何しろテンポが非常に速い上に、ピアノデュオ作品なので2人で合わせなければならないのですから。でも、こうした名作を初見のレッスンで触れさせて下さった事は本当に良い音楽経験になりました。フォーレのドリーや、ドビュッシーの小組曲なども初見の課題にして下さいました。安川加籌子先生のソルフェージュのグループレッスンを受け、フランス留学なさった竹島先生ならではの初見課題だったと思います。
ピアノデュオと言うもの自体、コンクールや受験に追われている中高生には縁が無いですから、冷や汗をかきながらも音楽的な充足感を味わったものです。


アルゲリッチとキーシンの贅沢過ぎる二人の組み合わせは必聴。ピアノデュオってどうも「ソロでは力量不足な人同士がやるもの」みたいな捉えられ方をされ勝ちですが、ある意味でそれは仕方ない事かなぁと思います。と言うのも、ピアノデュオと言うものは本来が余興的な要素が大きく、真剣に向き合って推敲に推敲を重ねて深めると言うよりも、友達や男女の距離を縮めるお楽しみを目的に作られた曲が多いからだと思うのです。本気じゃなく遊びだからこそ楽しい。なので、このアルゲリッチ&キーシンのように、ある音楽祭限定とか、その場限りの即席デュオと言うのが多いのも頷けます。
世界の最高峰にいるピアニスト2人が組むとこんなスペシャルな演奏になるワケですが、「だったら私たち、ピアノデュオとして活動しましょう」とは決してならない(笑)あくまでも勢いでやっている余興だからイイのだと私は思います。
年齢も音楽性も大きく異なるアルゲリッチとキーシン、天才×天才で悪い化学反応を起こしそうな気もしますが、息もピッタリ!こんなに速い曲でも寸分のズレもありません。それでいて、それぞれの個性もちゃんと光っています。強い打鍵から放たれるアルゲリッチの輝く音は取り分け素晴らしいですね。



夏バテ気味で灼熱の太陽はもう勘弁と言うこの頃ですが、南米パワーを味方に残りの夏を乗り切りましょう!

















一昨日からバレエのおばちゃんが来ています。1週間の逗留です。バージュがゲストルームに布団を敷いてくれました(笑)
しばらくの間、ブ活動はスローペースになります。
AD




盆ジュール、皆さん。
オリンピックで熱く、やたらに暑いこのお盆、暑さで盆くら頭になってしまいそうだね。
そんなお盆休みこそ、我らダジャレンジャーの出番だ!
久々のダジャレンジャー、早速スタート!
まずは隊長のノアゴンからだよ。













実家に帰っている時に気を付けることは?
















寄生虫。……帰省中。

次はバージュレンジャー!












涼やかな花ってなんの花?














ヒヤシンス。
私も冷やして欲しいとよ~。















ぷぷぷ。バージュレンジャーは素直なお子ちゃまね。
へんこレンジャーからもなぞなぞよ。

休みの日に食べたいもの、な~んだ?















答えはお麩(オフ)。

お麩をハンバーグの繋ぎのパン粉がわりに使うとフワッとするのよ。

最後は天使のあの方ね。
















お盆で寄生虫……帰省中のマガリレンジャーだよ。みんな覚えちょる?

ジャングル化した旧chat-vertガーデンは緑がいっぱい、鳥や虫もいっぱいやとよ。林立した樹では、毎日セミが何匹も羽化しちょっとよ。













セミの脱皮、それはまさに……セミヌードだ。
でもすぐにセミリタイアしなきゃならんで可哀想じゃがね~。
あ、でもセミの寿命が1週間って言うのは違うげなよ。実際は1ヶ月ぐらい生きるから、よく言う「八日目のセミ」はまだまだセミヌードし立てってことになっとよね~。

じゃあ、天使のマガリレンジャーはそろそろ行かなならんかい、またね~!















お父さん……マガリレンジャー、セミに詳しいなんてカッコいい!















セミに詳しいとカッコいいのか?ノアゴン的には、ハンバーグにお麩を入れるへんこレンジャーの話の方が興味を引かれたんだが。
もっと外に居るセミを眺めて勉強しなきゃな。


皆さん、楽しいお盆休みを!


※前回のお薦めクラシック記事に頂いたコメントのお返事はもう少しお待ち下さい。



AD





友人から引っ越し祝いにと送られて来た丸鶏、その大きさにビックリ!見れば宮崎県産(笑)
フランス時代、どこの肉屋さんの店頭でも、ぐるぐると回りながらガスで焼く大きな専用焼き機で丸焼きされていたローストチキン。ローストチキンをフランスではプレロティと言い、当たり前のように1羽丸々を習慣的に食べていました。ぐるぐる回りながら焼かれるので、回転焼きとかも言っていました。日本では、クリスマスやパーティーの時ぐらいしか食べないですが、フランスでは決して特別なご馳走ではない値段で普通に売られていました。
夕方、仕事帰りの人達が、このプレロティの焼き機の前に列をなし、肉屋のおじさんがイイ香りをいっぱいに漂わせる熱々の丸鶏を紙袋に入れてくれる光景は、フランスの食の豊かさを感じさせるものでした。














念願だったガスオーブン、半分はこのローストチキン=懐かしのプレロティを焼きたいが為に取り付けました。
覗き込むバージュの顔が奇跡のコラボ!

ガスで丸焼きしたプレロティは物凄くジューシーで、中でも胸肉の美味しさは驚くほど!パサパサして固いイメージが強い胸肉ですが、ガスで丸焼きした場合、モモ肉のそっちのけで争奪戦です。もうフワッフワでメチャクチャ柔らかになるのですから。














こちらはBellさん から届いた引っ越し祝い。
レチューザと言う、独自の灌水機能を備えたドイツ製の観葉植物用プランター。この機能を上手く使えば、水やりで失敗する事がないと言う優れ物です。デザインもスタイリッシュで機能的、さすがはドイツです。早速バージュが売り子さんをしようと、製品チェック♪バージュと比較すると、その大きさがよくわかりますね。何を植えてどこに置こうかなぁ。
Bellさん、こんな高価な物をどうもありがとうございました☆















おうち猫になってから、体の白さがどんどん際立っているへんこちゃん。本当にイイおうち猫になりました。最近のブームは、お姫様だっこと、ゴム手袋をした手での撫で撫でです!お姫様だっこがこんなに綺麗に出来る猫、あまり居ないのではないかと思うほど身を委ねて来ます。ゴム手袋の撫で撫では、ムダな抜け毛がよく取れるので、ブラッシングに似た効果があるようです。ちなみに、布団や毛布やカーペット、洋服(特にフリース素材のような生地)など、あらゆる布に付いた猫の毛も、コロコロやガムテープで取るよりゴム手袋で取った方が格段に綺麗に、しかも簡単に取れます。

もう外の世界には殆ど興味がない様子なへんこちゃんですが、ごくたまに窓から庭を眺めています。その目線の先には……













大きく育ったくるみの樹。
発芽したくるみの実を植え付けてから5年になりますが、残念ながら今年もまだ花は咲きませんでした。桃栗3年、柿8年と言いますが、くるみはもっと年月を要するのかもしれません。いつか実を生らせるのを気長に待つとします。













さて、月末恒例お薦めクラシックコーナーです。今月は、今年2016年が生誕150年のアニバーサリーイヤーのエリック・サティをご紹介します。
写真は、サティがロシアバレエ団の依頼で作曲したバレエ音楽「パラード」の、衣装と美術を担当したピカソによる舞台画。誕生日が同じピカソ大好きな私ですが、中でもこの絵は最も好きな絵で、常に部屋に飾っています。いつかは絵葉書ではなく本物を~、な~んて。絵葉書の方が気楽でイイです(笑)
ちなみにこの写真の絵葉書を置いているのは、イギリス製の100年前のアンティーク椅子。それがもしも本当ならば、パラードがパリのテアトル・シャトレで上演された1917年には、この椅子は既にこの世に存在していたと言う事になります。


クラシック音楽の枠を越え、サティにしか出来ない独特な音楽観・世界観を繰り広げたサティ。「犬のためのぶよぶよした前奏曲」、「不愉快な概要」、「はた迷惑な微罪」と言った突飛なタイトルや、約1分の同じモチーフをひたすら840回も繰り返す「ヴェクサシオン=嫌がらせ」と言う世界最長の曲、家具や壁紙のような音楽を目指し「お喋りを止めずに、決して耳を傾けて聞き入らないで」と観客に要請したと言うエピソード等、どう見ても変人・異端児なサティ。
私自身は、正直なところ特に愛着のある作曲家ではなかったのですが、渡仏して間もない頃、ノルマンディー地方を旅行する機会があり、その際、サティの生まれ故郷であるオンフルールの「サティの家」に偶然に立ち寄ったのがきっかけで興味を持つようになりました。この「サティの家」は、サティが少年時代を過ごした家で、ポップで摩訶不思議な現代アートやフィルムや調度品が散りばめられた中にサティの音楽が流れるミュージアム。オンフルールと言う場所柄のせいか来館者は少ないのですが、こじんまりとした田舎風な可愛い外観の家からは想像も出来ないほど楽しさ盛り沢山でした。変わり者だと言う事は改めてよくわかりましたが、必ずしも気難しいワケではないと思いました。






◆エリック・サティ:ジムノペディ1~3番、グノシエンヌ(P:アルド・チッコリーニ)


まずは誰もが必ず耳にした事があるこちらから。ジムノペディ、グノシエンヌ共にサティ20代の作品です。名ピアニスト チッコリーニの演奏でどうぞ。チッコリーニはサティ作品を積極的に演奏・録音しました。いい演奏ですね。

ジムノペディには、血圧や脈拍を安定させたり、安眠にも効果があるとか。大きな動きが全くなく、メロディーも綺麗だけれど劇的な感動をもたらすワケではない静けさがそうさせるのでしょうね。この頃から、家具や壁紙のような音楽……つまりBGMのように人の邪魔にならない音楽を作っていたとも言えますね。
しかし、こうした動きの少なさ、常に同じような事の繰り返しは、ピアノ学習者にとってはテクニック的にはあまりに簡単過ぎて、当然ながらコンクールや試験の課題になる事もない為、サティは素人が弾くものと言う概念を生みました。知名度の割りに演奏機会が極端に少ない作曲家たる所以です。しかし、いざ弾いてみると、たっぷりと豊かに歌い、テクニックを駆使する事に慣れた私達にとって、これほど感情の起伏なく淡々と弾く事の難しさを思い知らされる事になります。
そう言うものに、華麗なる超絶技巧の持ち主だったチッコリーニが取り組んだのは本当に意義のある事だったと思います。






◆エリック・サティ:ピアノ曲集(P:アンヌ・ケフェレック)


お時間のある方、サティのピアノ曲をもっと聴きたい方はこちらも是非。
アンヌ・ケフェレックは、話し方、容貌、服装、演奏、全てにおいてともかく「感じが良い」と思います。フランス語で言うsympa(サンパ)がピッタリ来ます。
クリアな音質で奏でられるその音楽は女性らしさを残しつつもきびきびと歯切れがよく、程よい歌心が気持ち良く聴かせてくれます。












暑さに弱く、毎年いの一番に夏バテしていたフランス人ムッシュー。しかし、引っ越して来てからいきなり若返ったノアゴンにはもはや夏バテと言う文字がありません。
こんなキトキトの目をして、言葉を発する2秒前の口(笑)
猫としては超無口なノアゴンですが、ある日、自然と人間の言葉を喋り出しそう……忘れかけているフランス語、勉強しておかねば息子と会話も出来ません。





◆エリック・サティ:ピカディリー
(演奏:EnsembLe Chat Noir)


伝統的で堅苦しい音楽学校生活に収まり切れる筈もなかったサティは、モンマルトルのキャバレーに出入りするようになり、そこで多くのアーティスト達とも出会い、場に相応しい音楽を作りました。ピカディリーはそんな中の代表作、聴いた事がない人は居ないでしょう。超革新的なダダイストかと思いきや、こんな愉快な曲も作れたなんて意外と多面性がありますね。
ピアノ演奏される事が多い曲ですが、イイ雰囲気の楽しい演奏を見付けたのでこちらをどうぞ。EnsambLe Chat Noir と言う名前も駄洒落を含んでいてグッド(アンサンブルの最後のルを、ル シャノワール「黒猫」に掛けている)。





















ここからは、ご近所のクロたんさん宅で史上最多の大量開花をした月下美人の美しき花の画像と共にお楽しみ下さい。
















ちょうどこの頃、2週間近く、マンゴーのおじさんに「信頼出来る人でないと任せられんから」と頼まれて、レッスンの合間を縫って高速道路の出店の販売員をしに行っていたのでクタクタだった私。何しろ早朝から炎天下で何時間もでしたから!
ここぞとばかりに、私のマンゴーの知識と、おじさんのマンゴーの美味しさ、他との違いを語れて、その甲斐あってかそりゃもう驚くほど売れに売れて面白い経験ではあったのですが(あまりに詳し過ぎて「生産者の方ですか?」と何度も聞かれたと言う(笑))。普通のアルバイトを全くした事がない私、売り子さんなんて後にも先にもこれっきりでしょうが、思わぬ才能の開花かしら~、カリスマ店員?と、クタクタになりながらも楽しみました。

そんなで、照明さんのライトアップも、カメラさんの撮影も疲れの為に精度が悪いです。寝落ちしそうだったので、時間も夜11時とまだ早かったせいで、花の開き具合ももう少しですね。
















翌朝、クロたんさんが咲き終えた花がらを摘み取って数えてみると、なんと23輪もあったそうです!香りがむせかえるほど強かったのも納得です。
こんなに大量の月下美人がいっぺんに咲くなんてなかなか無いことだと思います。クロたんさん、長年の愛情の籠ったお世話の賜物を見せて頂きありがとうございました。





◆エリック・サティ:幕間


最後はこちら。
映画音楽にも携わったサティ、幕間は亡くなる1年前の作品です。映画はまだ若かりしルネ・クレールの短編娯楽映画。娯楽映画とは言っても、かなり前衛的な作品なので、これと言った意味やストーリー性は皆無です。音楽も然りで、同じような事を繰り返す方式。「幕間」の名の通り、バレエ「本日休演」(こちらも音楽はサティ)の休憩時間に上映された映画です。
こう言うのは好き嫌いがハッキリ分かれるかもしれませんが、無調性音楽の先駆けとなり、BGMの先駆けとなり、様々な実験的作品を作って来たサティ最晩年の集大成の作だと思うと興味深いです。パリ時代、アヴァンギャルドな映画を山ほど観た私としては、こう言うシュールな作品はかなり好物だったりします。繋がりだとか意味だとかは考えず、その場その場の映像の面白さや印象を楽しむ作品ですね。
ちなみに、映画冒頭に登場する2人の男性の帽子を被った紳士の方がサティですよ~!



サティ音楽の世界観と多様性、楽しんで頂けたら幸いです。






マンゴー販売員に駆り出されていた為、前回記事のコメントのお返事・ご訪問が遅れています。あと少しお待ち下さい。







~~~~~~~~~~~~~~~

シナリオコーヒーロースターズ(13:00~20:00)水曜定休


03-6421-8698

〒158-0083
世田谷区奥沢 4-15-13 小林アパート1F


・自由が丘(南口)より徒歩11分
・奥沢駅(出口2)より徒歩3分
・田園調布駅東口より徒歩10分



popさんをヨウジヤマモトに引き入れてくれた30年来の友人夫婦が、自由が丘に開いた小さなコーヒーショップ。拘りのコーヒーは驚くほど香り高い!
ここで流れる音楽は私のセレクトです。






「不条理な弱点」

カツオシさんのショートショートの新刊。
ともかくメチャクチャ面白いので、たくさんの方に読んで貰いたいです!





AD