1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-05-24

中世の街、イヴォワール

テーマ:フランス旅行
ジュネーブからレマン湖沿いの道をフランス側に行きます。
エビアン・レ・バンを目指す途中の、イヴォワールという街に寄りました。
{777FF13B-F75B-40A7-9FED-6DDEB8D6DCB2}


ドライブショットは、湖、菜の花畑。
かわいい田園風景、快晴の空。

そしてかわいい家!藤が壁につたっています。
{71BC5083-AA3D-4D75-B5D2-93CBDF52B1FC}


途中道を間違えてもすぐ復帰できる単純さがまた素敵ラブ


国境をあっさり越えてフランスに入ると、突然道路標識が分かりやすく見覚えのある感じになりました。
{7CEF23EB-8857-496E-83E9-DC3AC5A59F8E}
イヴォワールに入りました、という標識。
フランスの道路標識は、全部大文字なので字が大きくて見やすいことに気がつきました。
スイスでは最初の一文字だけ大文字、あとは小文字だったので、
ときどき見づらいかな?というときがあったのです。

さてイヴォワールに入ると急に混んでいて駐車場もたくさん車が。
{DF1E023B-9131-417B-AC5E-B63C114F2D27}

観光のひとたちがたくさん。
{E0725533-0756-4F4C-91B2-1BE0B5802EF1}
中世の建物が残り、ところどころ花が飾られた小さな可愛らしい街です。
{BFD82E8B-96D5-455E-9851-B22C5C2AA67E}

{08DA021F-B503-460E-A1E7-5E53CE5B5500}

{1594127E-F99B-43B5-8572-B348224E286A}

わたしは3年前に行った南仏のエズにぎわいを思い出しました。
あの、江ノ島に似た雰囲気も含めて。

というのは・・・出ているお店がほとんど観光客向けだからです。Yvoireと書かれたタオルが売られていたり!
エズのときは、地形もなんとなく江ノ島に似ていたのでそう思ったのですが、
今回は例えるなら・・・お土産屋さんが並ぶ琵琶湖畔?




{5EACE345-6AAA-4451-811A-BD62E8FA1E9E}
お昼どき。どこのレストランも大繁盛でした。

こちらのお店に。
{B6FA1276-11BA-45EE-8464-7F32B87D5F06}
パーポ、と呼んでいるパトカーのおもちゃ。
これさえあればどこでも平気。


ワカサギの唐揚げのように見える、湖の魚とザリガニの料理を注文しました。
フライドポテト、いわゆるフリットが付いています。熱々でおいしい!
{3C437ADB-197F-403E-8876-5627219198DB}

{E20C1271-CD23-4A16-93A0-18D8E156AC45}
息子は魚をパクパク美味しそうにウインク
いつもあまり魚を食べない子なのに珍しい、よほどおいしいの?と思い食べてみましたが、
ソースは料理酒のような香りがし、子どもが好きな味とは思えません。(何種類かあるうち、このソースが店主オススメでした)
やはり、この場で食べるから子どもにも美味しく感じるのでしょう!

そしてサヴォワ地方(このあたり一帯)伝統のじゃがいもの料理、タルティフレット。
{29EAA3A2-379B-4997-99E5-1C4988D629F3}
じゃがいもにベーコンと玉ねぎ、チーズを焼いたもの。
シンプルな山の料理です。
食べる前から絶対美味しい!と思いましたが
やっぱり美味しかったです。


それにしても繁盛して忙しそうで、店の娘さん(10歳くらい)が手伝っていました。
あとで聞いたらフランスはいま連休中なのだとか。それで混んでいたのですね。

食事のあと、湖畔を散歩。
{4C7580E3-D105-4BC9-BD8D-F435F1CA431E}
対岸がスイスです。
とても透明度が高く、手前が透きとおった水色、奥の色は深いエメラルドグリーンで本当に美しかったです。

みんな思い思いに湖を眺め、ベンチでピクニックをする人もいました。

すれ違うひとたちのフランス語が聴こえます。
何を言っているか、わたしにも大体わかります。

フランス語がまったく聴き取れなかったときには、言葉ではなく意味がわからない音として聞こえていたため、旅行に行ってもそこにいる人々との心理的な距離がすごくあるように感じていました。

でも今は言葉として聴こえるし、話しかけることもできるから前より現地の人との距離が縮まった気が勝手にしています。
この感覚が、わたしには嬉しかったです。
他言語を学んでみてよかった、と思いました。

街をさらに散策。
{EAC2CA4B-BC86-4CE0-9C96-5DC1F169F840}
港はさらに賑わっていました。
船に乗り込み対岸のスイス方面へ帰るひとたち、大きなカフェテラスで食事をする人たちなどなど。


可愛い芝生で休憩しました。
{2016C9FB-5A21-4F38-9D73-1C47CDC281D4}
フカフカな芝に、白い小さなお花が咲いています。
{222F5FF3-1926-478A-8775-ACAE325C7B3C}
5歳くらいの女の子が座ってゲームをしていて、風景とマッチしていました。

白い花でブレスレットを作ったり、ゆっくりしました。
{9F34F8C8-5CDB-4D09-8F4E-7922A6BBA0FE}


午前中にジュネーブを発ち、ここまで午後2時半くらい。
このあと、宿泊地のエビアン・レ・バンへ!
といってもイヴォワールから25㎞ほどと、わりと近くです。
{216EE838-8673-42B5-B236-0026FCBB618C}



ちなみにこのイヴォワール、この日、フランス人と思われる観光客でいっぱいだったのですが、
私が行っているフランス語学校の先生のだれに聞いても「イヴォワール?知らない。」と言われました。
学校のお花見の時、10人くらいのフランス人に聞いたと思いますが誰も知っている人がいなかったんですキョロキョロ

混んでいたのにどうしてだろう・・・?
マイナーな街なのでしょうか。

福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-23

ジュネーブ散歩

テーマ:フランス旅行
先日まで行っていたフランス旅行は、アルプスの麓のかわいい街を見る、というテーマ。
前々から計画を進めていた、念願の旅でした。

スイスのジュネーブからスタートし、
レマン湖沿いのフランスの街からシャモニー・モンブラン、トンネルをくぐって北イタリア、そしてまたフランスのアヌシーと車でまわり、
またジュネーブに帰ってくる、というコースにしました。

ジュネーブの空港。
{5F5FC732-70CD-496B-99C6-F5A22DB180BD}
フランス側とスイス側、出口が分かれているのが面白かったです。

夜、到着したときのジュネーブの街。
{619A7B5C-7B5F-49CA-9D5C-F3CA6BB082A1}

{D7BB5F3E-27B5-413A-B454-4F7468DA9A55}
色々世界的な機関の本部が置かれる国際都市!
都会です。


本格的な始動は翌朝から。
朝食メニューのラインナップはチーズやハム、ヨーグルト。
{C4583A7A-A6BC-4286-A23C-B2AC7543AE84}
もしここがフランスの普通のホテルだったら、
これらとパンにぬるチョコレート、ジャムくらいだったりしますが、
ここではほかに、スクランブルエッグ、ベイクドビーンズ、ソーセージと塩分のある温かい食べものもありました。
アメリカやイギリスの人たちが好む料理というイメージです。
ジュネーブ、やはり国際都市だし色んな人たちがお仕事などで来るのかな、と思いました。



この日の午後にはフランスに入ってしまうので(といってもジュネーブから車で30分もしないところ)
朝の8時半からジュネーブの街を散歩!
{21832CE3-8CBD-4415-8503-B23508F77822}

{2082C37A-4974-416F-AE34-AE0133459403}


やはり、時計の街だなあ。
{E318C1FF-B367-45D6-8DB4-0A639437E649}

{32C5163F-8233-4348-B74C-135D14CE0069}

高級時計やブランド品の看板や広告が目立っていたのが、
すぐ近くのフランスよりも、
香港などにイメージが近いような感じだなと思いました。


そして路面電車が走っているのは日本の地方都市に似ています、広島や熊本など。
{7C9B3939-571A-4DC7-B3B5-69A405ED5FB9}

{ED6FE9D8-17EC-48B3-90C7-9E8A1B7873E4}



ジュネーブ大学の方に向かいました。
{61D69D36-58B5-4700-94BB-052D73389741}
なだらかな坂です。

途中にある広場は、石畳に緑。
なんだかパリにもありそうな雰囲気のところでした!
{6AF5E3EB-3A20-4878-8AD0-3C86EC570DD1}


ジュネーブ大学につくと、
構内の芝生で息子が走り回り、たんぽぽに喜んだりしていました。
子どもはどこにいても、おなじ行動です。
{3FBA245A-42C3-48E8-9B73-2A52B05B33B9}



大学生の集団は、あちこちでそれぞれ活動。
ドンブリのようなプラスチックの容器を投げ、それを一目散にひっくり返しにいくというなぞのスポーツをする団体もいました。
{4AAAA7F8-32DA-4414-8B2F-E10652CF2C26}


広場には地面に大きなチェス盤が12面ほど!
{9EC3F805-F59B-42D8-8EDB-316CFCCC1D00}
こんなに大きい駒!

そして、私が住む街に大好きな木があるのですが同じ木がここにもたくさん、嬉しくなりました。
{5614140A-8508-41E5-B166-679B0128D350}



ちなみに大学では藤が咲いていました!
藤って、日本的な花だと思っていましたが
ヨーロッパの街並みにも合うんだなあと思いました。
{609A9DD0-4554-446D-8683-83872CBDCAC9}
このあと、ほかの色んな街でも藤を目にすることになります。


さて、ジュネーブには、画家だった伯父がむかし絵を描きに来たことがあり、
その絵と同じところにも行ってみました。
{1FF3A3F9-75A9-42A8-A71B-9BB79CCFA1A5}

{1AB971C9-CE44-49B0-AE0A-B2F20BCEDD07}
昨年亡くなった伯父。
ああ、おじさんもここに立っていたんだな、と感慨深かったです。



ボートで対岸へ戻るため船着場へ。
やたら鴨や白鳥がたくさんいます。
{16D86CE1-828B-4061-A694-81F9436B6008}

{CFD02C47-03A5-4CDC-AAAD-15A35559E7DD}
川は透き通ってとてもきれい!


保育園のこどもたちが来ていました。
同じボートへ。
{8CC6A46F-84BA-44BA-82DC-C6D4315A96F9}
はしゃいでいる彼らを、息子はじっと見つめていました。

船、気持ちよかったです!
{FC771D51-53A5-4549-B6EF-24F51684478F}

{4516B40D-ACF2-4242-831B-707198F6288D}


このあと、この日の宿泊地であるエビアン・レ・バンに向かう前にもう一つ街を見学するのでそろそろ先に行こう、ということで
ちょっと一息、ボルビックの甘いお茶を駅で買い・・・
{C7551057-41F5-4667-912F-881CBF74A011}
なぜかトーマスの乗り物のなかでクッキーを食べて。ジュネーブといったんお別れ。


次はレマン湖畔にある中世の街、イヴォワールへ向かいます!
{F67F9635-D4F1-43D4-8E81-E229BBA0AEC6}



福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-18

スイートな天王洲

テーマ:日々のこと
旅行記を書く予定がなかなか進まずσ^_^;

近況を先に書きますラブラブ

天王洲アイルの第一ホテル東京シーフォートに、
子連れの母たち向けのスイートルーム貸し切りプランがあるということで、
チームヴィーナス(巨人マスコットガール)時代同期のサチと行ってきましたおねがい

{E0C22A6A-43D0-4EAA-98E3-1A7C7D1C2B4E}

{5D1358D1-76C3-48CB-A9C6-B8BA832CC29A}

昼間、宿泊客がいない時間にランチつきで部屋をリーズナブルに提供してくれますラブ

こどもの遊ぶスペース、DVD、おもちゃも完備で
至れりつくせり!
{30965792-8D8F-4D19-B77F-BB4A4FA80D53}



{ADA20031-37C8-47C6-AE25-CE9271CF6896}
かんぱーいピンクハート

{6C9D9C71-8421-4C86-8B32-F73CECD6134F}

{3DD4DD71-8DCB-4EB8-854A-3395C28BF238}

{EC43BA01-60AA-4F73-9B6C-E07F3156A353}
女友達と語らいながらのひととき、、、最高ラブ

と思いきや、
2歳前の男児が2人集まるとおもちゃの取り合いなどが勃発するので、
争いが大きくならないよう引き止めるのが大変でもありましたえーん

でも!ほかのお客様がいるようなところで食事するよりは気を遣わず羽根を伸ばせたし、
しかもちょっとリッチな気分も味わえるラブラブ

とてもいいプランだねラブと二人で絶賛でしたラブラブ

担当のスタッフの方に「末長く続けてください~~」とプレッシャーをかけてきました笑




福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-13

レマン湖、アヌシー湖、モンブランの旅

テーマ:
{1E27A9EC-9D74-4E61-B082-5FBB6E04A86E}

前々から大切に計画してきた旅行に行ってきました。
一週間でスイス、フランス、イタリアの国境あたりの街を巡りました。

大自然に癒されましたラブ

最初の写真はフランスのアヌシー湖です。


こちらはレマン湖。フランス側から見ました。
{55AC344C-50BD-416D-A9F7-9EDB33742C4B}



そしてこちらがモンブランの麓の街、シャモニー・モンブランです。
{F17985D5-8845-4291-9FFA-712DE2193304}


全部で9つの街を巡りました。
どこも素敵な街だったので、
それぞれの写真や思い出を
次回からちょっとずつブログに書いていきますウインク


そうそう。
エールフランスのセーフティビデオがとても可愛かったです!



福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-28

嬉しいけど寂しい

テーマ:息子一歳
{552C9EED-E8A4-4DDE-A25A-741656E904F0}

子どもの靴が急にキツくなり、
初めて履いた12cmから13.5cmに替えました。

子どもの足は春から夏にかけて大きくなると聞いていましたが
こんなに急に??
今月始めにはまだ12cmをぎりぎり履いていたのですがチュー

古い方、初めて履いた靴をしまいながら
大きくなったなあ~と成長が嬉しいのとともに
小さな姿は今しか見られないんだなあ、と
なんだかすこし寂しい気持ちにもなりました。


この初めての靴は、熊本にいる従兄弟がプレゼントしてくれたものです。
去年会った時にくれました。
そんな思い出もあるし、大事にしまっておきたいと思いますニコニコ





福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-27

収録あとのリラックスタイム

テーマ:仕事
今日はTokyoほっと情報のナレーションを収録しました。

MCの収録は先週、山口良一さんと。
{984B23BC-4A4E-4563-88A3-26ED741E87C7}
都議会の厚生委員会と経済・港湾委員会の活動をご紹介。
待機児童問題などを取り上げました。
《& (アンド)Tokyo》グッズも紹介しています。
5月3日、午前10時5分からテレビ東京で放送です。
よろしければご覧ください。


さて今日はナレーション後に移動して
とある企業さんのプレゼン映像収録のため大手町へ。


収録が早くおわったので和田倉噴水公園に来ましたニコニコ

{385DCE7C-35B6-4CCF-96AF-4B13419A3ACF}



{82DF6A36-597C-4DE9-8107-D2136307D151}

{0F8C898C-8303-4EE6-9345-40FB565F0D7A}

{B11FA0E0-DA33-4F44-8DFA-B9F12D4A5604}

久しぶりに来ましたが噴水が見られて
清々しい公園なので大好きです爆笑


風もちょうど良い感じに吹いて、気持ちいいクローバー

冬だと寒すぎて、
そして夏だと暑すぎて、
公園なんて10分くらい座れば十分笑い泣き

でも今はのーんびり。炭酸飲料を飲んでいます。
春は、いいなあウインク



福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-22

八重桜とメルヘンな季節

テーマ:日々のこと
{D5F5806C-DD47-48B6-817A-2CE8A5B25B55}

ソメイヨシノが終わっても、八重桜が咲いてくれる今の時期、
桜はやっぱりきれいだなあと思わせてくれます照れ

ソメイヨシノはいま若葉で、それはまた綺麗なのですがクローバー
写真はすこし前に近所で見た八重桜ですが、
別の木がいま見頃になっています。



外に出るだけでお花がたくさんあって、
元気になったり癒されたりする春は
本当に好きですガーベラ


花冠を作るのが好きなもので、
先週お散歩に行った時たんぽぽや野の花がたくさんあったので、
ついこれをつくりました(;^_^A
{0E2E3C03-4DDC-4BD8-9557-EDFF340780E9}
メルヘンBBA笑

でもこういうことでちょっと幸せな気持ちになったりしますニコニコ
福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-19

言葉にできない

テーマ:日々のこと
地震の起きた熊本に、父方の伯母と従兄弟家族が暮らしています。

熊本市中心部ですが幸いにも家は無事、
揺れの激しかった16日の夜は車で寝たようですが
その後は家で過ごしているようです。

熊本への配送を再開した宅配会社を使い、
物資を届けようと何が欲しいかと聞くと、
従兄弟のお嫁さんの実家が福岡にあることから、
車でたくさん届けてもらったそうで
当分はなんとかしのげそうだと聞きました。
コンビニも開いているから品数少なくてもどうにかなるわ、とも。

水道はチョロチョロしか出ないのでお風呂に入れない、
ただ、銭湯は開いているので行けば入ることができるとも聞きました。


また従兄弟には一歳半の子供がいるのですが、
電話口で元気な声を聞かせてくれたよ、と母が言っていました。

そして従兄弟たちも医療関係の仕事であることから
すぐ仕事に復帰しているようです。


つまり、とりあえず今のところなんとかやっているから心配しなくていいよ、とのことでした。
お嫁さんのメールでは『わたしたちは今回のことでまた家族になっていっている』とありました。
家族で力を合わせて前に進んでいくよ、という強い気持ちが感じられました。



でもやはり心配です。無事だという親族のことも
避難生活が続いている方々のことも。
そして熊本全部が。大分が、九州が。

情報を見てはため息、
いやこれじゃだめ、何か行動に移そう、
物資は全国から届き始めたらしい、でもなかなかうまく分配するのが難しいらしい、
じゃあ東京にいる自分はなにができるか…
なんだかもどかしい、
一番もどかしいのは被災して困っている方々なのに…
もう言葉にできない気持ち。


自宅などの倒壊で亡くなった方、土砂災害で亡くなった方、本当に心から悔しいことです。


車中泊が原因でエコノミークラス症候群で亡くなった方もいらしたと…
ご冥福をお祈りします。


余震がおさまらないのも不安で大変なことだと思います。

どうかこれ以上の被害が出ませんようにと祈るばかりです。


去年の今頃、熊本に行きました。
そのとき熊本の良さを改めて感じたことを綴りました。

まさか1年後にこのようなことが起こるとは思わなかった。

熊本の素晴らしさがどうか失われることなく
将来にわたってかわらない魅力を持ち続けていられるようにと切に願います。







福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-14

桜のあとは

テーマ:日々のこと
桜も散りましたね照れ
でも今年はいつもよりたっぷり桜を見られたような気がして、
満足です、毎年きれいな姿をありがとうラブ{8B1355BA-116E-4531-BA9D-5C09FDC604F6}

散った桜のピンクの絨毯も見られました。
{0BC99B19-43F7-4158-B52C-F2E547875AD0}


いまはつつじがどんどん咲いてきているし、
これから色々な花が咲きますねお願い
{EED8B615-052C-4100-AE6D-75F4DA44A74E}
{B72359B4-8EFC-4707-8A63-96AA8328813E}


春がいちばん好きな季節ですラブ
{CC5F39DA-69B4-4623-9259-6802ADE79985}


春のお花のようなデザート、フランス語の学校帰りにいただきましたニコニコ
{7EB6555C-A3E7-4B4A-9217-BE36756C1591}
マンゴープリンおねがい
美味しかったチュー


福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-04-11

海辺のフランス風のお家

テーマ:フランス語
書家、歌手、写真家のフランス人、ピエール=ジルさんのお宅にお邪魔しました。{6D3A4DC0-CB03-493B-8C55-82313B982E69}
海辺の街に新居を構えられたので、
お招きにあずかりましたラブ
見晴らしが素晴らしい!
こんな景色を自宅から見られるなんてうらやましいラブラブ

でもわたしがもっとうらやましいのは、
こちらの素敵な家具。
{DFEC697F-484F-4D1F-A7C6-96160151AE40}

この青い椅子が本当に素敵でラブ
フランスのお家から持ってきたそうです。
一言で言い表せない青い色!
小物のオレンジや、壁に飾られた絵の深い緑とも
シックな色合わせで、このセンスが大好きですラブラブ

ピエールさんは今年還暦を迎えられ、
3月には30年以上お勤めになった高校教師の職をご勇退なさったので、
プレゼントをお渡ししました。
{A7CAA71C-93D8-4C19-B7A3-BD652F8E9A83}

色のついた、南部鉄器のティーポットです!
これを見たとき、ピエールさんにぴったりと思い、
すぐに決めました。
他にもマゼンタ、ロイヤルブルーなどの色がありました。
ROJI、というメーカーのものです。

わたしは初めて見ましたが、とても素敵なシリーズでした。


さて、ピエールさんとは6年ほどのお付き合い。
ピエールさん主催の「フランス語で歌うコンテスト J'aime chanter !」に出場したのがきっかけで、
その後も獨協大学のオープンキャンパスライブや、
オーチャードホールでのヌーボー巴里祭、
テアトル銀座でのピエールさん来日30周年のコンサートで歌わせてもらったりしましたマイク

どれもとても大きな舞台で、
貴重な体験をさせていただきました。


そうした音楽活動がきっかけでウクレレを弾くようになったり、
フランス語の勉強もさらに頑張ろうと思えたり、
ピエールさんとの出会いはわたしにとってはとても大きいですニコニコ

年齢差はちょうど親子の関係と同じくらい。
(父の5つ下、母の1つ下びっくり
でも、大切な友人、と思っていますニコニコ

感謝の気持ちを持ちながら、
これからも、ずっと仲良くしていただけたらな、と思いました

福山知沙さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み